ニート脱却してバイトをしたい!応募電話で緊張しない方法や会話例を紹介

ニート脱却してバイトをしたい!応募電話で緊張しない方法や会話例を紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・ニートがバイトの応募電話をかけるときには、緊張してしまうケースが多い
  • ・ニートがバイトの電話で緊張すると「敬語を使えない」「話がまとまらない」などが起こる
  • ・ニートがバイトの応募電話で緊張しないためには、事前の準備が大事
  • ・ニートで緊張しやすい方は、バイトの応募電話をかける前にシミュレーションしておこう
  • ・極度の緊張によってバイトの応募電話ができないなら、転職エージェントを利用しよう

長くニートをしていたせいで、バイトの応募電話を緊張し過ぎてかけられないという方も多いのではないでしょうか?
事前準備をしっかり行えば、バイトの応募電話をかけるときの緊張を緩和することは可能です。
このコラムでは、ニート生活から抜け出してアルバイトをはじめようとしている方に、応募電話の緊張への対処法や会話例などを解説します。
早く新たな人生の第一歩を踏み出したい方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ニートの多くはバイトの応募電話に緊張する

ニートの方の多くは長く働くことから遠ざかっていたことが大きな原因となり、いざアルバイトをしようとして応募電話をかけようとした際に、緊張して上手に話せなくなることがあります
インターネットが普及して、メールやSNSでやり取りする機会が増えている今の時代では、電話に対して苦手意識を持つ人が多いようです。特に、家に引きこもって会話が少ない状態を長く続けたニートの方は、コミュニケーションに不安を抱えることも少なくありません。

「アルバイトを始めよう!」と思って求人を見ると、電話での応募が必須となるケースもあります。
また、電話に苦手意識がある人は、会社相手だとさらに緊張してしまうことも考えられるでしょう。
「どうしたら用件が伝わるのだろうか」「上手く受け答えできなかったらどうしよう…」など、電話をかける前から過度に緊張してしまう方もいるでしょう。

電話ではなくネット上の応募フォームやメールで応募できるアルバイト求人も存在しますが、その場合でも応募先から折り返しの電話がかかってくることもありえます。
アルバイトに応募して合格するためには、事前に何らかの対策をしておかなくてはいけません

ニートがバイトの面接に受かるための方法を知りたい方は、バイトの面接でニートがよく聞かれる質問なども書かれているコラム「ニートがバイトの面接に受かるコツ!空白期間はどう説明する?マナーも解説」をチェックしてみてください。

アルバイトをするのが怖くてその対処法を知りたい方には、バイト先に馴染むコツなどを紹介しているコラム「バイトが怖いと感じる理由とその解消方法をご紹介」がおすすめです。

バイトの電話で緊張したニートがやりがちな4つのミス

ニートがアルバイトの応募電話をかける際に、緊張し過ぎることでやってしまう4つのミスについて紹介します。
これからアルバイトをはじめようとしている方は、注意点として確認しておきましょう。

1.相手の聞き取りやすさへの配慮が欠けている

緊張した状態でバイト応募の電話をかけてしまうと。自分のことで精いっぱいになってしまい、相手への配慮ができなくなるケースがよくあります。
一方的に話してしまったり、声が小さくなったりなどしないように、相手のことを考えて会話を進めてください。
また、バイト応募の電話をかける場所も大切です。騒がしい場所から電話をかけると声が聞き取りにくくなってしまうため、できるかぎり静かなところから電話しましょう。

2.相手が忙しい時間に電話をかけてしまう

応募先の企業が忙しい時間帯に問い合わせると、「配慮ができていない」と悪い印象を与えてしまう恐れがあります。
たとえばランチ営業している飲食店へ電話する際には、繁忙期のお昼時は避けるなどの配慮が必要です。

また、営業時間外に電話をかけるのも避けましょう。

営業時間外にバイトの応募電話をかけるとマナー違反とされることが多く、面接通過の成功率を下げてしまいます。

3.上手く話せなくて内容にまとまりがない

極度に緊張してしまうと上手く話すことができなくなって、内容にまとまりがなくなってしまうことが起こりえます。話がまとまっていないと、伝えたいことが相手に理解してもらえなかったり、相手に不快感を与えてしまったりする恐れも。そのようなことが起きないように、事前に話す要点をまとめておきましょう

4.間違った敬語を使ってしまう

緊張し過ぎて間違った敬語を使ってしまい、相手の印象を悪くしてしまうこともあります。
仕事をするうえで敬語を正しく使用することは最低限のマナーです。正しい敬語を使うようにして、バイト応募の電話をしてください。
もし緊張して敬語を大きく間違ってしまった場合は、謝るのも良いでしょう。

長くニートをしていて自分にはどんな仕事ができるか分からない方は、「ニート脱出におすすめのバイトは?正社員として就職できる?」のコラムを参考にしてみてください。

ニートでコンビニのバイトをしてみたいという方には、コンビニバイトの仕事内容などを紹介しているコラム「ニート脱出の第一歩?コンビニバイトの仕事内容や特徴」がおすすめです。

バイトの応募電話の話し方の例

ここでは、アルバイトの応募電話の見本となる話し方を、会話例を交えて紹介します。
事前に応募電話でどのような会話がなされるかをシミュレーションして理解しておけば、緊張を緩和することができるでしょう

【バイト応募電話の会話例】
バイト先の企業 「はい。△△です。」
応募者 「お忙しいところ失礼いたします。アルバイト情報を見てお電話させていただきました、〇〇と申します。担当者の△△様はいらっしゃいますか?」

このときに、電話に出た方が担当者であった場合はそのまま会話を続けることになり、そうでない場合は「しばらくお待ちください。」などという回答が返ってきて、電話が保留になります。
担当者の方が電話に出たら、もう一度以下のように名前と電話をかけた理由を伝えてください。

【バイト担当者との電話の会話例】
応募者「アルバイト情報を見てお電話させていただきました〇〇と申します。募集はまだ行っておりますか?」
バイト先の担当者「はい。現在も募集中です。」
応募者「それではぜひ面接を受けたいので、よろしくお願いいたします。」
バイト先の担当者「それでは面接日時を決めたいと思います。〇月〇日の〇時は空いていますか?」
応募者「はい、問題ありません。お忙しい中ご対応いただきまして誠にありがとうございました。〇月〇日〇時にお伺いしますので、よろしくお願いいたします。それでは失礼いたします。」

ここまでがバイトの応募電話の一連の流れとなります。
もし指定された日時だと面接に行けない場合は、以下のように、お詫びと都合がつく日時を伝えましょう。

【面接の日程をずらしてほしい場合の会話例】
応募者「申し訳ございません。その日はお伺いするのが難しいため、〇月〇日や、△日で面接をお願いすることは可能でしょうか?時間帯はいつでも構いません。」
バイト先の担当者「分かりました。それでは△日の〇時はいかがでしょうか?」
応募者「調整いただきましてありがとうございます。△日の〇時でお願いします。」

お詫びとお礼を伝えると、丁寧な印象を与えることができます。
また、別の日程を指定する際は、日程・時間帯の候補を広く提示するのがおすすめです。企業が日程を調整しやすくなります。

もし質問がある場合は、日程調整後に確認を忘れずにしましょう。

「面接時の服装の指定はありますか?」「面接当日に必要な持ち物はありますか?」などを確認しておくと安心です。

企業へ電話をかける時間帯に不安がある人は、「企業へ電話をかける時間帯は決まっている?知っておきたいマナーと注意点」のコラムもあわせてチェックしてみてください。

バイト応募で折り返しの電話がかかってきたときの例

Web上でアルバイトに応募した場合、折り返しの電話がかかってくることがあります。
自分からかけるときと異なり、折り返しの電話はいつかかってくるか分かりません。いざ電話がかかってきたときに緊張しないように、話し方を知って心の準備をしておきましょう
また、折り返しの電話に出られず、アルバイト先の企業に電話をかけ直すときの会話例も紹介しますのであわせて確認してください。

【Web応募後の折り返しの電話に出るときの会話例】
応募者「はい。〇〇です。」
バイト先の担当者「お世話になります。△△会社の△△です。先日ご応募いただいたアルバイトの件でお電話しました。今お時間よろしいでしょうか?」
応募者「かしこまりました。メモを用意するので少々お待ちいただいてもよろしいでしょうか?」
バイト先の担当者「承知しました。」
応募者「…お待たせいたしました。お伺いいたします。」

まずは落ち着いて電話に出て、名前を言いましょう。
手元にメモ帳と筆記具があればそのまま会話を進めても構いませんが、もし手元にない場合は、この会話例のように断りを入れてから用意しても問題ありません。時間がかかる場合は保留にしましょう。

【折り返しの電話に出られず、かけ直すときの会話例】
応募者「お忙しいところ恐れ入ります。先日△△のアルバイトに応募いたしました〇〇と申します。本日の10時頃に御社からお電話をいただいたのですが出られなかったため、折り返しのお電話をさせていただきました。担当の△△様はお手すきでしょうか?」
バイト先の担当者「折り返しのお電話ありがとうございます。私が担当の△△です。面接日程を設定したいと思い、お電話しました。今お時間よろしいでしょうか?」
応募者「はい。よろしくお願いいたします。」

相手が出たら、折り返しの電話であることを伝えてください。
また、折り返しの電話はできるかぎり早くかけ直しましょう
相手が再びかけ直してくれればよいですが、もし電話がなかった場合、アルバイトの求人が埋まってしまう恐れがあります。また、アルバイトへの応募意欲を示すためにも早めの折り返しがおすすめです。

ただし、電話をかけ直す場合も時間帯には注意してください。

早朝や深夜など、企業に電話をかけるのにふさわしくない時間帯に着信に気づいた場合は、すぐにかけ直すのは避けたほうがよいでしょう。日時をあらためてかけ直してください。

バイトになかなか受からないニートの方には、面接に落ちる原因などが書かれているコラム「バイトに受からない人の特徴とは?面接でやりがちな失敗や改善方法を解説!」がおすすめです。あわせてご覧ください。

ニートが緊張するバイトの応募電話への6つの対応策

ここでは、バイトの応募電話で緊張をしないようにするための6つの方法を紹介します。
以下に記載したことを行うことにより、ニートから脱却できる可能性を高めることができるでしょう。ぜひ実行に移してみてください。

1.電話をかける場所を決めておく

できるだけ落ち着いてアルバイトの応募電話をかけるために、静かな場所を選んでください
周囲がうるさいと自分の声がアルバイト先の企業に伝わりにくくなります。また、相手の声も聞き取りにくくなり、何度も聞き返さなければならない事態になることも。気まずさを感じたことから、緊張につながってしまうこともあるでしょう。

2.電話をかける時間帯を決めておく

あらかじめ電話をかける時間帯を決めておきましょう。時間を決めておけば、落ち着いて準備ができるはずです。
なお、早朝や深夜、始業・終業の前後、企業にとって忙しい時間帯などは避けてください。アルバイト応募先の企業の営業時間内で、適切な時間帯にかけましょう。

3.電話の操作に慣れておく

電話中にトラブルが起こると、緊張したりパニックを起こしたりする原因となります。バイト応募の電話をかける前に、電話の操作方法を確認しておきましょう
携帯電話よりも電波が安定している固定電話がおすすめです。固定電話を普段は使用していない場合は、電話のかけ方や切り方、保留のON・OFFの方法などを確認しておきましょう。
スマートフォンを利用する場合は、電波が安定した場所から電話をかけてください。電話中にタッチパネルに顔や指が触れて通話が切れてしまう恐れもあるので、誤タップには気を付けましょう。

4.シミュレーションをしてから電話をかける

全く緊張しないでバイトの応募電話をかけることはできなくても、事前に会話の内容と自分が話すことを想定しておけば、緊張を緩和することができます。
可能であれば事前に何度か声を出して練習してください。言葉遣いにも気をつけながら練習をして、それから電話をかけましょう。

シミュレーションでは声が小さくなりがちなので、適切なボリュームかどうかも意識してください。

家族や友人など、自分以外の第三者に確認してもらうのがおすすめです。声の大きさだけでなく、聞き取りやすさや話し方についてもアドバイスをしてもらいましょう。

5.事前に話す内容をメモしておく

事前に話すことをメモしておくと、緊張が和らいで落ち着いて会話をすることが可能になります。
予期せぬことを聞かれてパニックにならないように、会話する可能性があることは全てメモ帳に記載しておくと安心です。アルバイトの応募企業に聞きたいことも、全部記載しておきましょう。

6.転職エージェントを利用する

極度の緊張によりどうしてもアルバイト応募の電話ができないという方は、転職エージェントを利用するのも一つの有効手段です
転職エージェントであれば、面接日の調整なども応募者に代わってしてくれます。また、電話のかけ方や面接マナーなど、働くにあたって必要となることを丁寧に教えてくれるエージェントもあるでしょう。

若年層の就職や転職をサポートしているハタラクティブは、未経験からの就職に強みを持っています。ニートから脱却したい方、ぜひ支援させてください。
ハタラクティブでは、求人探しから応募、内定までをトータルにサポート。面接日程の調整は担当アドバイザーが行いますので、スケジュール管理や電話の手間がかかりません。面接が決まったあとの対策や模擬練習にも対応しています。
サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご相談ください。

バイトの電話で緊張してしまうニートの方のお悩みQ&A

「ニートをやめてアルバイトがしたい!でも電話で緊張してしまう…」と悩む人も多いでしょう。ここでは、アルバイトの電話に関するさまざまなお悩みについて、Q&A方式で回答していきます。

今ニートです。バイトに応募しようと思いましたが、緊張して電話できません…。

電話をかける前に、できるかぎりの準備をしてみましょう。伝えたいことをあらかじめ考えておいたり、相手が言ったことをすぐにメモできるように紙とペンを用意したりするなどがおすすめです。事前の準備をすればするほど、緊張が和らぐでしょう。「面接で緊張しない方法と気持ちをコントロールするコツ」のコラムでは、緊張をほぐす方法も紹介しているので、あわせて参考にしてください。

引きこもりのニートだったので、バイトに応募するのが緊張します。電話の仕方を教えてください。

まずは挨拶して、自分の名前を言いましょう。次にアルバイト求人の担当者につなげてもらって、応募したいという旨を伝えてください。まだアルバイトを募集していれば、面接の日程調整を進めてくれるはずです。このコラムの「バイトの応募電話の話し方の例」では、アルバイトの応募のために電話したときの会話シミュレーションが載っているので、ぜひ参考にしてください。

あがり症です。バイトの電話も緊張してしまうのですがどうしたらよいですか?

練習をすることによって、緊張しにくくなる可能性があります。電話で話す内容を口に出して練習してみましょう。また、経験を重ねることも緊張の緩和に有効です。バイトの面接に一度通らなくても、ほかにチャンスがあります。「経験ができた」ととらえて次に活かしましょう。もし人とできるかぎり話さない仕事がしたい場合は、「対人恐怖症でもできる仕事は?おすすめの職種と各種支援をご紹介」のコラムもご覧ください。

ニートですが働きたいです。でも履歴書の選び方が分からず、電話をためらっています。

まずは履歴書を用意しましょう。履歴書の種類には一般用のほか、パート・アルバイト用の履歴書や転職活動用のものなどがあります。応募先に合わせて選びましょう。さらに詳しく知りたい方は「履歴書はどこで買う?バイト・新卒・転職など状況別に準備方法を解説」のコラムを参考にしてください。また、ニートから正社員就職を目指したいのであれば、未経験からの就職に強いハタラクティブにご相談ください。履歴書の添削や模擬面接にも対応しております。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION