ニートを脱却してバイトをしたい!応募電話で緊張しない方法や会話例を紹介

ニートを脱却してバイトをしたい!応募電話で緊張しない方法や会話例を紹介の画像

この記事のまとめ

  • ニートがバイトの応募電話を掛けるときには、緊張してしまうことが多い
  • 準備せずバイトの応募電話すると、話がまとまらなくなることもある
  • ニートがバイトの応募電話で緊張しないためには、事前の準備が大事
  • ニートで緊張しやすい場合は、バイトの応募電話を掛ける前にシミュレーションしておく

「バイトの応募電話を緊張してかけられない」「バイトの電話をするのが怖い」というニートの方も多いでしょう。事前準備をしっかり行えば、バイトの応募電話を掛けるときの緊張を緩和することは可能です。このコラムでは、ニート生活から抜け出してアルバイトをはじめようとしている方に、応募電話の緊張への対処法や会話例などを解説します。「新たな環境で働き始めたい」と考えている方は、ぜひご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 仕事を始めても続かない・・・
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • どうすれば見つけられるんだろう?
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニート生活からバイトに応募電話する際は緊張する

ニート生活からバイトに応募電話する際は緊張するの画像

ニートとして働くことや人と話すことから遠い生活をしていると、アルバイトに応募する際の電話に緊張する場合があります。インターネットが普及してメールやSNSでやり取りする機会が増えていることが、電話への苦手意識につながっているようです。アルバイトの応募電話は、家族や友人との電話とは違い会社相手であるため、「用件は伝わるか」「上手く受け答えできなかったら…」と、電話を掛ける前から緊張してしまう方もいるでしょう。
しかし、電話での応募が必須とされているアルバイト求人は少なくありません。なかには、ネット上の応募フォームやメールから応募できる求人も存在しますが、その場合でも、応募先から折り返しの電話がかかってくることがあります。電話への苦手意識がある状態からアルバイトへ応募の電話を掛けるには、事前に対策をしておくのが大切です。

未経験OK多数!求人を見てみる

バイトの応募電話でやりがちな4つのミス

バイトの応募電話でやりがちな4つのミスの画像

この項では、アルバイトの応募電話を掛ける際、緊張によって起こりやすい4つのミスをご紹介します。これからアルバイトをはじめようとしているニートの方は、注意点として確認しておきましょう。

1.相手の聞き取りやすさへの配慮が欠けている

バイト応募の電話を掛けると緊張でいっぱいになってしまい、相手への配慮ができなくなることがあります。一方的に話し続けてしまったり、声が小さくなったりしないよう、相手の聞き取りやすい話し方を考えて会話を進めることが大切です。また、電話を掛ける場所は、静かなところを選びましょう。騒がしい場所から電話を掛けると声が相手に届きにくくなってしまいます。

2.相手が忙しい時間に電話をかけてしまう

応募先の企業が忙しい時間帯に電話をかけてしまうと、「配慮ができていない」と悪い印象を与えてしまう恐れがあります。たとえば、飲食店へ電話する際には、ランチやディナーの営業時は避けるなどの配慮が必要です。また、営業時間外に電話を掛けるのも避けましょう。営業時間外にバイトの応募電話を掛けるとマナー違反と見なされ、面接通過の成功率も下がってしまいます。

3.上手く話せなくて内容にまとまりがない

極度に緊張すると上手く話せなくなって、内容にまとまりがなくなってしまうことがあります。話がまとまっていないと、伝えたいことを相手に理解してもらえなかったり、不快感を与えてしまったりする恐れも。事前に話す要点をまとめ、分かりやすく伝えられるようにしましょう。

4.間違った言葉を使ってしまう

緊張し過ぎて間違った言葉を使ってしまい、相手からの印象を悪くする場合があります。仕事をするうえで言葉を正しく使用することは最低限のマナーです。バイトの応募電話をするときは、若者言葉や略語ではなく正しい言葉や敬語を使うように意識しましょう。もし緊張して敬語を大きく間違ってしまったときは、落ち着いて訂正すれば問題ありません。

コミュニケーション能力とはどんなスキル?高い人の特徴と鍛え方」のコラムでも、会話で役立つ情報を紹介しているので、ぜひあわせてご覧ください。

バイトの応募電話の話し方の例

ここでは、アルバイトの応募電話の話し方を、会話例を交えて紹介します。応募電話でどのような会話がなされるかを事前にシミュレーションしておけば、緊張を緩和できるでしょう。

【バイト応募先への電話の会話例】

バイト応募先の企業:「はい。△△です。」
応募者:「お忙しいところ失礼いたします。アルバイト情報を見てお電話いたしました、◇◇と申します。担当者の○○さまはいらっしゃいますか?」

このときに、電話に出た方が担当者であった場合はそのままアルバイト希望であることを伝えます。そうでない場合は担当者に替わるため「しばらくお待ちください。」などという回答とともに電話が保留になるでしょう。その後担当者の方が電話に出たら、もう一度以下のように名前と電話をかけた理由を伝えてください。

【バイト担当者との電話の会話例】

応募者:「求人情報を見てお電話いたしました、◇◇と申します。アルバイトの募集はまだ行っておりますか?」
バイト応募先の担当者:「はい。現在も募集中です。」
応募者:「ぜひ応募したいと思っております。」
バイト応募先の担当者:「それでは面接日時を決めたいのですが、△月△日の◇時は空いていますか?」
応募者:「はい、問題ありません。お忙しい中ご対応いただきまして誠にありがとうございました。△月△日◇時にお伺いしますので、よろしくお願いいたします。それでは失礼いたします。」

ここまでがバイトの応募電話の一連の流れとなります。もし指定された日時だと面接に行けない場合は、以下のように、お詫びと都合がつく日時を伝えましょう。

【面接の日程をずらしてほしい場合の会話例】

応募者:「申し訳ございません。その日はお伺いするのが難しいため、△月△日や、△日で面接をお願いすることは可能でしょうか?時間帯はいつでも構いません。」
バイト応募先の担当者:「分かりました。それでは△日の◇時はいかがでしょうか?」
応募者:「調整いただきましてありがとうございます。△日の◇時でお願いします。」

お詫びとお礼もあわせて伝えると、丁寧な印象を与えられます。また、別の日程を希望する際は、相手側が日程を調整しやすいよう、日程・時間帯の候補を広く提示するのがおすすめです。もし質問がある場合は、日程調整後に確認をしましょう。面接時の服装指定や必要な持ち物などを確認しておくと安心です。

企業へ電話を掛ける時間帯やマナーについてさらに詳しく知りたい方は、「企業へ電話をかけても良い時間帯はいつ?知っておきたいマナーと注意点」のコラムもあわせてチェックしてみてください。

バイト応募で折り返しの電話がかかってきたときの例

Web上でアルバイトに応募した場合、折り返しの電話がかかってくることがあります。自分から掛ける場合と異なり、折り返しの電話はいつかかってくるか分かりません。いざ電話がかかってきたときに緊張しないように、以下の例を参考に準備しておきましょう。また、折り返しの電話に出られず、アルバイト先の企業に電話をかけ直すときの会話例も紹介するのであわせて確認してください。

【Web応募後の折り返しの電話に出るときの会話例】

応募者:「はい。◇◇です。」
バイト応募先の担当者:「お世話になっております。△△会社の○○です。先日ご応募いただいたアルバイトの件でお電話しました。今お時間よろしいでしょうか?」
応募者:「ご連絡いただきありがとうございます。メモを用意するので、少々お待ちいただいてもよろしいでしょうか?」
バイト応募先の担当者:「承知しました。」
応募者:「…お待たせいたしました。お願いいたします。」

まずは落ち着いて電話に出て、名前を伝えましょう。手元にメモ帳と筆記具があればそのまま会話を進めても構いませんが、もし手元にない場合は、この会話例のように断りを入れてから用意しても問題ありません。時間がかかる場合は保留にしましょう。

【折り返しの電話に出られずかけ直すときの会話例】

応募者:「お忙しいところ恐れ入ります。先日△△のアルバイトに応募いたしました◇◇と申します。本日の10時ごろに御社からお電話をいただいたのですが出られなかったため、折り返しのお電話をいたしました。担当の△△さまはいらっしゃいますでしょうか?」
バイト応募先の担当者:「折り返しのお電話ありがとうございます。私が担当の△△です。面接日程を設定したいと思い、お電話しました。今お時間よろしいでしょうか?」
応募者:「はい。よろしくお願いいたします。」

折り返しの電話は早めにしよう

相手が電話に出たら、自分の名前とともに折り返しの電話であることを伝えてください。また、折り返しの電話は、早めに掛けましょう。相手が再び掛け直してくれる場合もありますが、もし電話がなかった場合、アルバイトの募集枠が埋まってしまう恐れがあります。また、アルバイトへの応募意欲を企業側に示すためにも、早めの折り返しがおすすめです。

電話をかけ直す場合も、時間帯には注意してください。先述した営業時間外の時間だけでなく、早朝や深夜など、企業に電話を掛けるのにふさわしくない時間帯に着信に気づいた場合は、すぐに掛け直すのは避けたほうが良いでしょう。時間を置いて営業時間や翌日になってから改めて掛け直してください。

ニートが緊張するバイトの応募電話への6つの対応策

ニートが緊張するバイトの応募電話への6つの対応策の画像

ここでは、バイトの応募電話で緊張をしないようにするための6つの方法を紹介します。落ち着いてバイトに応募できるように、以下に記載したことを参考にしてぜひ実行に移してみてください。

1.電話を掛ける場所を決める

前述したように、落ち着いてバイトの応募電話を掛けるため、静かな場所を選びましょう。周囲がうるさいと、自分の声が相手の電話に届きにくくなる恐れがあります。自分も相手の声を聞き取りにくくなり、何度も聞き返さなければならない事態になることも。気まずさを感じて、さらなる緊張につながってしまうこともあるでしょう。

2.電話を掛ける時間帯を決める

あらかじめ電話を掛ける時間帯を決めておきましょう。時間を決めておけば、落ち着いて準備しやすくなります。なお、早朝や深夜、始業・終業の前後、企業にとって忙しい時間帯などは避けてください。アルバイト応募先の企業の営業時間内で、適切な時間帯にかけましょう。平日から土日のどこに休業日があるかもチェックしておくのがおすすめです。

3.電話の操作に慣れる

電話中にトラブルが起こると、緊張したりパニックを起こしたりする原因となります。バイト応募の電話を掛ける前に、電話の操作方法を確認しておきましょう。携帯電話よりも、電波が安定している固定電話がおすすめです。固定電話の使用に慣れていない場合は、電話のかけ方や切り方、保留のON・OFFの方法などを確認しておくのがおすすめです。
スマートフォンを利用する場合は、電波が安定した場所から電話をかけてください。電話中にタッチパネルに顔や指が触れて通話が切れてしまう恐れもあるので、誤タップには気を付けましょう。

4.シミュレーションをしてから電話を掛ける

全く緊張せずにバイトの応募電話を掛けることが難しくても、事前に会話の内容と自分が話すことをシミュレーションしておけば、緊張を緩和できます。事前に話す内容を言葉遣いに気をつけながら練習をして、それから電話を掛けると良いでしょう。
緊張すると声が小さくなりがちなので、適切なボリュームかどうかも意識してください。可能であれば家族や友人などに、声の大きさや聞き取りやすさ、話し方についてアドバイスをしてもらいましょう。

5.事前に話す内容をメモする

事前に話すことをメモしておくと、落ち着いて会話をすることが可能になります。予期せぬことを聞かれてパニックにならないように、バイト応募先の担当者と会話する可能性がある内容はすべてメモ帳に記載しておくと安心です。アルバイトの応募企業に質問したいこともあわせて記載しておきましょう。

6.就職・転職エージェントを利用する

アルバイトだけでなく、正社員への応募も検討しているという場合は、就職・転職エージェントを利用するのも一つの有効手段です。就職・転職エージェントであれば、面接日の調整なども応募者に代わって対応してくれます。また、キャリアプランについて、プロの視点からアドバイスが得られる場合もあるため、正社員就職という選択肢が見えてくることも。
働くうえで正社員にも興味がある方は、「ニート脱出におすすめのバイトは?正社員として就職できる?」のコラムを参考にしてみてください。

若年層の就職や転職をサポートするエージェントのハタラクティブは、求人探しから応募、内定獲得までをトータルでサポートします。未経験OKや学歴不問の求人を数多く取り扱っており、ニートから脱却して働きたいと考えている方の支援実績も豊富です。面接日程の調整は担当アドバイザーが行うため、スケジュール管理や電話の手間がかかりません。面接が決まったあとの対策や模擬練習にも対応しています。サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご相談ください。

バイトの電話で緊張してしまうニートの方のお悩みQ&A

「ニートで長い間電話する機会がなかった」「電話で緊張してしまう…」と悩む方も多いでしょう。ここでは、アルバイトに応募する電話に関するさまざまなお悩みについて、Q&A方式で回答していきます。

ニートからバイトに応募したいのですが、電話で話せるか不安です

電話を掛ける前に、できるかぎりの準備をしてみましょう。伝えたいことをあらかじめ考えておいたり、相手が言ったことをすぐにメモできる紙とペンを用意したりするのがおすすめです。きちんと準備をして臨めば、緊張が和らぐでしょう。「面接で緊張しない方法と気持ちをコントロールするコツ」のコラムでも緊張をほぐす方法も紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

バイトの応募電話で、店長と緊張せず話せる方法を教えてください

事前に会話の手順を確認しておくと、緊張を緩和できるでしょう。具体的な手順としては、まず挨拶をして、自分の名前を言います。次にアルバイト求人の担当者につなげてもらい、応募したいという旨を伝えてください。まだアルバイトを募集していれば、面接の日程調整を進めてくれるでしょう。このコラムの「バイトの応募電話の話し方の例」では、アルバイトの応募のために電話したときの会話シミュレーションが載っているので、ぜひ参考にしてください。

あがり症で、バイトの電話もテンパったらどうしたらよいですか?

落ち着いて電話を掛けるには、伝えたい内容をメモしておくことが大切です。また、バイトの応募にいくつかチャレンジするなかで会話の経験を重ねることも、緊張の緩和に有効です。緊張しすぎて電話で要件を伝えられなかったり、バイトの面接にまでたどり着けなかったとしても、ほかにもチャンスはあります。「経験ができた」と前向きに考え、次に活かしましょう。「面接で緊張しない方法と気持ちをコントロールするコツ」のコラムでも緊張と上手に付き合う方法を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

履歴書が選べず応募電話をためらっています

履歴書は、一般用のほか、パート・アルバイト用の履歴書や転職活動用のものなどがあります。応募先に合わせて選び、丁寧に書いて提出しましょう。さらに詳しく知りたい方は「履歴書はどこで買う?サイズや種類など購入時のポイントを解説」のコラムを参考にしてみてください。履歴書添削や応募先との面接対策は、ハタラクティブの専任アドバイザーがサポートします。ぜひお問い合わせください。

この記事に関連するタグ