何がしたいかわからないニートから脱却!悩む理由や就職のポイントとは?

何がしたいかわからないニートから脱却!悩む理由や就職のポイントとは?の画像

この記事のまとめ

  • ニートをしていて、何がしたいかわからないという気持ちは珍しいものではない
  • ニートをしている中で徐々に何がしたいかわかる人もいる
  • 何がしたいかわからない人は、ニートのなった理由を自問自答しよう
  • 何がしたいかわからないために仕事が見つけられないなら、プロへ相談するのも手

社会復帰をしたいけど、何がしたいかわからないとお悩みのニートの人も多いでしょう。悩む理由は人それぞれですが、その答えは自分で見つけなければいけません。このコラムでは、ニートが抱える悩みの種や、やりたいことを見つける方法を解説しています。具体的な就活の方法も紹介しているので、社会復帰をしたいニートの人は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニートが「何がしたいかわからない」と悩む理由

今現在ニートとして生活している人の中には、「何がしたいかわからないから就職できない」と考えている人も多いでしょう。まずは、なぜ「何がしたいかわからない」と思ってしまうのか、その原因を探ってみます。

自分の気持ちに素直でない

何がしたいかわからないニートの多くは、自分の「本当の気持ち」を、心の中に閉じ込めてしまっているようです。中には、SNSやインターネット上では本当の自分の気持ちや価値観をぶつけられるものの、実生活でそうした感情を素直に表現できないということもあります。自分の気持ちを素直に認識できない生活をしている人は、何がしたいかわからない状況に陥ってしまうでしょう。

他人の評価が気になって実行できない

何がしたいかわからないと思っているニートの中には、本当はやりたいことが明確になっている場合があります。自分の興味のある仕事や業界がわかっているにも関わらず、親や兄弟、友人など周囲の評価が気になって、やりたいことを押し殺してしまっているのでしょう。

自分で限界を決めている

何がしたいかわからないと思っているニートの方は、自分自身で限界を決めてしまっていることもあるようです。他人から見れば「そんな得意なことや趣味があるなら仕事に活かせそうなのに」という分野があっても、本人は仕事にできるほどではないと、自分で限界を狭めてしまっています。

人と関わることが少なすぎる

自分は何がしたいかわからないニートは、小さな悩みを深刻化してしまっているでしょう。ニートは家に引きこもりがちで、友人・知人とも繋がりも切ってしまうことが多いため、人と関わることが少ない傾向にあります。
そのため、悩みを抱えていても共有できる相手がおらず、どんどん悩みが深くなってしまうのでしょう。さらに、家族関係が良くない場合、親や兄弟ともコミュニケーションを取る機会も少なくなります。ほかの人との繋がりを絶ち自分の世界のみで生きているニートも少なくないでしょう。そうなると、当然客観的なアドバイスが受けられず、やりたいことややるべきことも見失ってしまうことがあります。
インターネットで他人と関わる機会を持っているニートもいますが、インターネット上の情報がすべてと思い込んでしまうのも、現実とズレていることがあるので危険です。

人生を他人ごとで考えている

ニートは自分の人生を他人ごとで考えている傾向があります。ニートは収入がないので、家族に金銭的な負担をしてもらわなければいけません。次第に、金銭的以外のことも家族に頼るようになってきます。そのため、自分の問題や悩みに対して他力本願になってしまいがちです。
ニート期間が長くなると「どうせ親がやってくれる」「自分が就職できるのは不景気のせい、社会のせい」という考え方を持つ人も少なくないでしょう。
自分の人生に降りかかる問題は、基本的に自分で対処すべきです。何がしたいかわからないニートの方は、まず自分の人生を自分ごととして考える癖をつけましょう。

「本当に何がしたいかわからないけど、社会復帰は頑張りたい」という人は、やりたい仕事がない人の適職の見つけ方を解説したコラム「転職で何がしたいのかわからない人に適職の見つけ方を解説!」を参考にしてください。

何がしたいかわからないニートが抱える悩みの種

ここからは、何がしたいかわからないと悩むニートが抱えている悩みの種を深堀りしていきます。自分自身に思い当たるところがないか、自問自答してみてください。悩みの種が分かれば、それを解決する方法が浮かんでくるはずです。

社会人経験がなく空白期間が気になる

「何がしたいかわからない」というニートは、経歴上の空白期間が、就活で悪い評価をもらうことを恐れ、就職から逃げている可能性があります。社会経験がなく空白期間に悩んでいるニートの人は、自己肯定感が低過ぎることも特徴です。社会経験がないことを理由に「どうせ自分なんて…」と、決めつけている人も少なくありません。
就職した経験がある人もない人も、ニート期間が長引けば就職活動は難しくなるでしょう。何がしたいかわからないのではなく、「ニート期間をうまく説明する理由がないと就活ができない」「ニートを雇ってくれる会社なんてない」と決めつけ、就職することから目をそむけているだけの場合もあります。就職を目指すのであれば、「これから頑張って働く」という未来への意欲が大切です。確かにニート期間は就活においてハンデとなりますが、前向きに捉える必要があるでしょう。

朝に起きられる気がしない

ニートの中には、夜ふかしや不規則な生活が続き、一般的な社会人の生活リズムで過ごしていく自信がないため、「何がしたいかわからない」と言ってニートを続けている人もいるでしょう。
朝に日光を浴びながら活動すると、体内時計がリセットされ自律神経も整うとされています。その逆に、長期間夜型生活を続けていると自律神経が乱れてしまうことも珍しくありません。ニートを卒業して就職を目指すのであれば、生活リズムを朝型に戻すことがおすすめです。
どうしても朝型の生活リズムが無理だという人は、夜勤やシフト制で昼や夜から始まる仕事を選ぶという選択肢もあります。

​​自分に自信を持てない

何がしたいかわからないニートの多くは、自己肯定感が低いようです。ニートになった原因は人それぞれですが、何か挫折するような経験をしたり、積み上げてきた自分を否定されたりするような経験をしており、自分に自信を持てない人も多いでしょう。
たとえば「新卒就活を頑張ったけど、何社受けても通らなかった」「学生時代、親にすべてを否定されていて無気力になってしまった」など、自己肯定感を傷つけられる経験をしたことがある人も多いはずです。
自分に自信がなければ、就職でも自分を売り込めず、不採用が続きます。不採用が続けばさらに自己肯定感が落ち、負の連鎖が始まってしまうでしょう。
そのため、ニートを脱出して就職するには自己肯定感を高めることが大切です。後ほど詳しく解説しますが、まずは小さな目標を達成することから始め、自己肯定感を高めましょう。
「自分に自信を付けたい」「自己肯定感はどうすれば高まる?」という疑問がある人は、自己肯定感の高め方やコツを解説したコラム「自分に自信をつける方法とは?前向きに生きるコツ!」を参考にしてください。

何がしたいかわからないニートがやるべき考え方

漠然と「就職したい」「社会復帰したい」とは考えているものの、具体的に何がしたいかわからないと困っているニートは少なくないでしょう。ここでは、本当にやりたいことややりがいを感じることを見つけるために必要な、考え方や価値観を紹介します。先述のとおり、ニート生活が長引くと自己肯定感が下がり、自分に自信が持てなくなることも少なくありません。下記を参考に、自分の考え方をポジティブに変えてみましょう。

自分自身の価値観でものごとを決める

他人軸で考えがちな癖をやめ、自分でものごとを決めるように意識してみましょう。
人は、自分が信頼している人や、長い付き合いのある大人など、ほかの人の言うことから大きな影響を受けます。そのため親や先生、友人が「無理だ」ということは無理な気がしてしまうものです。逆にポジティブな意見をたくさんもらえると、前向きな気持ちになってくるでしょう。
当然、自分がやりたいことに関して周囲からマイナスな評価や、「そんなこと仕事にできるわけがない」というような消極的な意見をぶつけられると、その影響を受けて「自分には無理」と考えてしまいます。
何がしたいかわからないのではなく、「やりたいことに自信が持てない」というニートも多いはずです。自分の価値観を大切にし、周りの意見に流されて諦めるクセを辞めてみるよう、意識してみてください。

他人の評価より自己評価を優先する

何がしたいかわからないというニートの中には、「やりたいことはあるけど自分なんて評価されるほどではない」という人もいるでしょう。
人から認められたいという気持ちはときに大きなモチベーションになります。しかし、場合によっては不必要なプレッシャーとなったり、自分の本当にやりたいことから逸れる原因になったりすることもあるもの。
自分が本当に満足できる道やチャレンジすることは大切です。若いからこそ、そうした挑戦や失敗も許されるという気持ちを強く持つようにしましょう。他人の評価よりも、「自分がやりたいことをやる」「自分が楽しいと思うことをやる」といった考え方を持つと、ポジティブになれます。

完璧主義を辞める

ニートの中には、「うまくやらなければ」「完璧にやらなければ」「失敗したくない」と考えている人も多いでしょう。やりたいことや就職活動も「うまくいかないかもしれない」と考え、行動に移せない人は多くいます。「何がしたいかわからない」のではなく、「やりたいことがあるけど失敗しそうだから」と諦めているだけの可能性もあります。
失敗することに対する恐怖は、挑戦を妨ぐものです。しかし、成功は失敗なくしては得られません。ビジネスやスポーツ、クリエイティブなどの分野で成功している人も、多くの失敗を重ねてきています。「完璧にやらなければ」と気負い過ぎず、「失敗しても良いからやってみる」というマインドを持つことも大切です。
働く自信がないときの対処法!相談先はどこが良い?ニートも卒業できる?」のコラムでは、自信がないときの対処法や相談先を紹介しているので、参考にしてください。

何がしたいかわからないニートが就職する具体的な方法

ここからは「何がしたいかわからない」と悩んでいるニートの人が、仕事を見つけたり就職したりする具体的な方法を解説します。ニートの人が社会復帰を目指すのであれば、まずは小さなことから始めてみてください。自己肯定感を高めながら、自信をつけていくためには、この方法がおすすめです。いきなり就活を始めてしまうと、ハードルが高く挫折してしまう可能性もあるでしょう。たとえば、散歩をしてみる、友人と会ってみる、買い物に行ってみるなど、少し頑張ればできそうなことから、少しずつ社会との繋がりを増やすことが大切です。

ポジティブに考える

「何がしたいかわからないニートがやるべき考え方」で紹介したとおり、ニートが就職するにはポジティブな考え方を持つことが大切です。就職では、ネガティブな人や過去の失敗を引きずっている人は採用されにくい傾向があります。過去の失敗やニート期間に関しては反省の意を見せ、今後は仕事を頑張っていく成長意欲をポジティブにアピールしなくてはなりません。自分の良いところや長所を認め、前向きな価値観を持ちましょう。

自己分析をする

自分は何がしたいかわからないという人は、自己分析をしてみるのもおすすめです。自己分析というと小難しい印象ですが、過去の自分を振り返ってみることであり、気張る必要はありません。
子どものころ好きだった遊びや科目、熱中していた部活動など、過去の経験を分析してみると、自分に向いていることや得意なことが見つかるでしょう。ニートになった経緯や失敗経験、苦手だったことを分析すれば、不得手な分野がわかるため、就職先を絞り込むのにも役立ちます。
自分の歴史を振り返り、得意分野・不得意分野を見つけ、冷静に自己分析することによって、やってみたいと思う仕事の分野に気づく可能性もあるでしょう。自己分析をする際は、「自己分析が大事!「やりたいこと探し」の方法とは」のコラムも参考にしてください。

アルバイトから始めてみる

「社会復帰したいけど、いきなり正社員になるのはちょっと怖い」という人は、アルバイトから社会復帰をするのもおすすめです。ニートから正社員となると、責任も重くプレッシャーに感じる人も少なくありません。しかし、アルバイトであれば、ある程度気軽に働け、社会復帰の第一歩として取り組みやすいでしょう。
また、アルバイトなら掛け持ちも可能です。昼は配送をやって、夜は居酒屋でアルバイトをするなど、自分に合った働き方や仕事を見つけられるのもメリットといえます。いろいろな仕事を経験していくうちに、何がしたいかわからないと思っていた人も、やりたいことが見つかることもあるでしょう。 ニートからの卒業は、なにも正社員だけが正解ではありません。人それぞれニート歴や事情が異なるので、自分に合った復帰方法を探しましょう。

スキルを身につける

正社員として何がしたいかわからないというニートは、興味のあることについてスキルを身につけることもおすすめです。ニートの就活は既卒枠になるため、新卒採用よりも就職難易度は高まります。社会経験がなくニート歴の長い人であればなおさらです。
実務の経験がなくても、独学やスクールで学んだスキルがあれば、就職しやすくなるでしょう。外国語やプログラミング、建築や不動産関連の専門知識などを身につけていれば、その分野の仕事では評価されます。

職業訓練校に通う

ニートがスキルを身につける方法の一つは、職業訓練校に通う方法です。職業訓練校に通うメリットは、無料で就業に必要なスキルを身につけられることといえます。プログラミングや3DCADといった専門的な分野の学習も可能なので、検討してみましょう。詳しくは、「ニートが受けられる職業訓練とは?受講方法や費用についてご紹介」のコラムを一読ください。

民間のスクールを受講する

スキルを身につけたいなら、民間の各種スクールを受講することも手です。しっかりと学習のサポートをしてくれることがメリットといえます。ただし、収入のないニートにとっては、お金が掛かることはデメリットとなるでしょう。興味のある分野や何がしたいかわかっている方は、就職に役立ちそうな分野のスクールを選んでみましょう。資格の勉強をしてみるのもおすすめです。

第三者のアドバイスを受ける

何がしたいかわからないという人は、第三者からアドバイスをもらうのも手です。自分の人生である以上、自分の将来を誰かに代わって決定してもらうというのは、あまり賢明な判断とはいえません。しかし、人生の先輩やあなたのことをよく知る人からのアドバイスは、ときに大きな気づきのきっかけになることもあるものです。自分では気づかなかった得意なことが見つかることもあるでしょう。何がしたいかわからないためにニートを続けている人は、積極的にいろいろな方のアドバイスに耳を傾けてみてください。

就活に取り組む

何がしたいかわからないニートでも、アルバイトや勉強を続けていれば、やりたいことや得意なことが見えてくるでしょう。目標が定まったら、正社員としての就職を目指してみてください。
就活の方法としては、求人サイトから自分で応募する方法やハローワークの利用、就職エージェントの利用などが挙げられます。ニートの就活であれば、就職エージェントの利用がおすすめです。
就職エージェントサービスとは、人材を募集している会社と求職者をマッチングして、就職を支援する民間のサービスのことを指します。ニートや既卒者の就職を得意としているエージェントもあるので、求人探しから内定承諾まで一貫したサポートが受けられるでしょう。そのため「長年ニートをしていて、就活のやり方がわからない」という人も、安心して就活に取り組めます。

「ニートを脱却して就職したい」「何がしたいかわからないけど、正社員として社会復帰したい」という方は、一度ハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブは、ニートの就職を支援している就職エージェントサービスです。専任のアドバイザーが、丁寧にサポートを行うので、初めての就活でも安心して取り組めます。これまで、多くのニートの方がハタラクティブを利用して社会復帰を果たしてきました。やりたいことが決まっていない、就職する決意ができていないという人でも、現状を変えたいとお考えの方は、お気軽にご相談ください。

何がしたいかわからないニートのお悩みQ&A

ここでは、何がしたいかわからないとお悩みのニートの方へ、よくある質問をQ&A形式で解決していきます。

ニートでも正社員として就職できますか?

ニートでも、正社員として就職することは可能です。経験や学歴を問わない職種を狙い、これから成長していく前向きな姿勢を見せれば、内定を獲得できるでしょう。「ニート歴10年でも就職できる!就活のポイントを知ろう」のコラムでも、ニートから就職するためのポイントを紹介しているので、参考にしてください。

やりたいことがわからない…何をすれば良いですか?

何がしたいかわからない場合は、まず少しでも興味をもったことに取り組んでみましょう。アルバイトや資格の勉強、スクールに通うなど、何でも構いません。何かに取り組んでいるうちに、やりたいことや得意なこと、逆にやりたくないことが明らかになるでしょう。このコラムの「何がしたいかわからないニートが就職する具体的な方法」も参考にしてください。

いつかは就職しようと思っているけど、何歳までニートでいて良いですか?

一般的には、20代までがニートの期限といわれています。30代になると、経験者向けの求人が多く、社会人経験のないニートの就職が難しくなるためです。20代のうちなら、若さややる気を評価して採用してくれる会社も多いため、早めに就活を始めましょう。「フリーターは何歳まで名乗れる?就職を考えるべき年齢を知ろう」のコラムも参考にしてください。

ニート期間が長く人に会っていないので、就活が不安です…

就職活動に欠かせない面接を不安に思うニートの方は多いでしょう。就職支援サービスのハタラクティブでは、求人の紹介だけでなく、面接練習も行っています。就職したいけど面接でうまく話せるか不安という方は、アドバイザーとともに面接対策を行ってから本番に臨みましょう。

この記事に関連するタグ