新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターは何歳までに就職するべき?メリットやデメリットを解説

フリーターは何歳までに就職するべき?メリットやデメリットを解説

公開日:

最終更新日:

フリーターは何歳までに就職するべき?メリットやデメリットを解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・フリーターが許されるのは一般的に20代までと考えられる
  • ・企業は若い人材を求める傾向にあるため、30代からフリーターの就職が難しくなる
  • ・何歳までフリーターで良いのか迷ったら現状のメリットとデメリットを分析してみよう
  • ・何歳まで、という年齢に囚われて正社員の道を諦めないようにするのが大切
  • ・何歳までなら大丈夫、と考えず正社員になるなら今すぐ行動しよう

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

何歳までフリーターでいても良いのだろう?と将来を考えて不安に感じている方もいるでしょう。一般的に30代のフリーターは転職がしづらくなるといわれています。このコラムでは歳を重ねるほど就職が難しくなる理由やフリーターのメリット・デメリット、正社員転職を成功させるコツなどをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

フリーター、何歳まで続けますか?

現在フリーターとして働いている方の中には、今後のことを考えて正社員になろうかと検討している方も多いでしょう。
何歳までフリーターでいるのか迷っているのなら、将来的な安定や結婚などライフスタイルの変化を視野に入れ、検討してみることをおすすめします。
「何歳まで今のままで良いのか…」と考えている方には、いずれ状況を変えなければならないという意識があるはず。特に20代の方は、現状を変えたいのならばそろそろ行動に移すべき時期です。
フリーターでいることのメリット、そしてデメリットを分析し、自分の将来にとってより良い進路を選択しましょう。

 

フリーターが許されるのは何歳まで?

フリーターが許されるのは一般的に20代までとされています。その理由は、30代になると未経験可の求人数が減り、就職が難しくなってしまうためです。一般的に企業では、育てやすい若い人材を求める傾向にあるため、就活は若ければ若いほど有利だと考えられます。

歳を重ねれば重ねるほど、内定を取り辛くなる傾向にあるので、正社員を目指すなら20代のうち、できれば思い立ったその瞬間から就職活動を始めるのが得策です。

 

30代のフリーターが就職しづらい3つの理由

ここでは、フリーターが30代に入ると就職が難しくなる理由をご紹介します。

1.企業は若い人の方が育てやすいと考える傾向がある

正社員を募集する企業では、柔軟性のある若い人材を求める傾向にあります。
まだほかの企業に染まりきっておらず、素直で物事を柔軟に捉えられる人材のほうが吸収力が高く、自社のことを教えていきやすいと考える企業も多いようです。さらに若い人材は活気があり、モチベーションも高いことからポテンシャルを見込んで採用されることもあります。
そのため、30代よりも20代のほうが積極的に採用され、30代の就職が難しくなってしまうようです。

2.30代になると実績やスキルが求められる

30代に入ると、20代とは違いこれまでの経験や実績、スキルが求められるようになります。
中途採用の場合は、基本的な社会人としてのマナーを身に着けた「社員教育が必要ない人材」という前提で即戦力を期待して採用されることが多々。
そのため「業界への知識や経験」「企業の業務内容などに関連した資格」「マネジメント経験」など、企業の即戦力になり得るスキルを持っていることを望まれます。
そうした経験やスキルなどを問わない求人自体が少ないため、30代のフリーターの就職は難しくなってしまうのです。

3.忍耐力や責任感がないと思われてしまう

30代までずっとフリーターを続けていたという経歴から、忍耐力がないのではないかと判断されてしまい、就職が遠のくこともあります。
非正規社員は正社員に比べ一般的に責任があまりないと考えられるため、「正社員としての責任を持って働けるだろうか」「正社員の仕事に耐えられるだろうか」「すぐに辞められたらどうしよう」と心配する企業も多いようです。

フリーターのメリット・デメリット

ここでは、フリーターを続けることのメリットとデメリットについて解説します。
「何歳までならフリーターでいても大丈夫だろう」と考えずメリットとデメリットを知り、必要であれば今すぐ行動できるようにしておきましょう。

フリーターのメリット

まずはメリットからご紹介します。

勤務形態を選べる

フリーターで自分に合ったは勤務形態・働き方を選べるため、自分のやりたいことを優先しやすい点がメリットです。
たとえば、短期アルバイトをして貯まったお金で海外旅行や趣味活動をしたり、深夜帯のアルバイトをして日中の時間を自由に使ったりするなど、自分のしたいことに合わせた働き方が選べるのは大きな魅力といえるでしょう。

比較的責任が軽い

働く以上どのような雇用形態であっても、きちんと責任を持って働くことは当然ですが、フリーターと正社員では、任される仕事内容が違います。

正社員の場合、年数が経っていくごとに責任のある仕事を任されることになりますが、フリーターは大きな責任を負う仕事を任されることは少なく、正社員ほどプレッシャーを感じることなく働けるでしょう。

さまざまな経験ができる

興味のある仕事や気になる業界の仕事にチャレンジしやすいのもフリーターの利点です。
正社員の場合は1度入社すると簡単に辞めるわけにはいきませんが、短期アルバイトや雇用期間の決まっている派遣での仕事を選べば、多くの職種を経験することが可能です。

残業が少ない

フリーターは業務時間が定められているため、基本的に残業になることは少なめ。
突発的な残業があった場合でも、その分の給料が発生することがほとんどであるため、サービス残業の心配がありません。

フリーターのデメリット

メリットの次は、フリーターのデメリットを確認しましょう。

生涯年収や年金額が正社員に比べて激減する

フリーターにはボーナスがなく、大幅な昇給も少ないため、生涯年収や年金額が正社員に比べて大幅に少ない傾向にあります。
アルバイトでは勤務日数・時間によって収入が変動するため、シフトを思うように入れられなければ、収入を得られません。また、給与が固定ではないことが多く、収入が安定しないことも不安要素の一つです。体調を崩したり怪我をしたりして働けなくなってしまった場合、その間の収入がなくなってしまうこともあります。何歳までなら健康に働ける、という保証はないので万が一を考えても大きなデメリットの一つと考えられるでしょう

社会的地位や信用が低い

フリーターの場合は、収入に変動があることから問題や将来的な見通しが立ちづらく、社会的信用を得にくい現状です。社会的信用がない場合、ローンを組むことは非常に難しいためマイホームを建てることも難しいでしょう。 
一方、正社員であれば安定した収入と保障があるため社会的な信用を得やすく、人生設計も立てやすいと考えられます。

将来への不安を抱え続けることになる

先述のような生涯年収額や、社会的地位や信用が低いことからフリーターを続ける以上、将来への不安がまとわりつくこともデメリットの一つです。

また、フリーターのまま定年を迎えたときに余裕を持って生活できるだけの貯金をして年金を支払えているという人は少ない傾向にあるようです。そのため、老後も金銭面の不安も抱えることになります。何歳までに就職すれば大丈夫、と自分に言い聞かせても不安はなかなか拭えないでしょう。

スキルが身につかない

正社員であれば入社時に行われる社員教育によって学べる基礎スキルも、フリーターでは学べるチャンスが少ないことが多いです。そのため、なかなかビジネススキルを身に着ける機会がないという点もデメリットとして挙げられます。
さらに、フリーターは責任のある仕事を任されることが少なく、キャリアアップができるほどの知識が身につくことは少ないでしょう。

雇用状態が不安定

正社員は雇用期間が無期限なのに対し、フリーターなどの非正規雇用の多くは雇用期間が定められています。期間満了後の更新は企業側が決めるため、フリーターの雇用状態は不安定です。
さらに、会社の景気が悪くなれば人件費削減のあおりを受ける恐れもあります。

何歳までのフリーターなら正社員になれる?

ここでは、正社員を目指せるフリーターの年齢や、その年齢を過ぎてから正社員を狙う方法などを解説します。何歳まで、という年齢を過ぎてしまったからといって正社員への道を諦めることはありません。

正社員を目指せるのは一般的に20代まで

正社員を目指せる年齢は、一般的に20代までと考えられています。このコラム「30代のフリーターが就職しづらい3つの理由」でご紹介しているように、企業は若い人材を好む傾向にあることや、30代以降は実績やスキルが求められることが理由です。

30代前半はスキルや経験次第で就職のチャンスがある

30代に突入してから正社員を目指す方は、今までフリーターとして活躍してきたなかで身につけたスキルや経験を活かせるような仕事を探しましょう。
30代に突入してしまったからといって、正社員になることを諦める必要はありません。スキルや経験次第でまだチャンスはあります。

30代後半なら非正規から正社員登用制度を狙う

30代後半になると、いきなり正社員を目指すのはさらに難しくなります。そのため、あえて派遣社員や契約社員を目指し、正社員登用制度を狙うのもおすすめです。

派遣社員や契約社員から正社員になれるケースは珍しくありません。アルバイトのなかにも正社員登用制度がある求人もありますので、狙ってみても良いでしょう。

 

フリーターから正社員転職を成功させる5つのコツ

フリーターから正社員の転職を成功させるためのコツをご紹介しますので、「何歳まではフリーターで良いや」とは決めずに、思い立ったらすぐに就職活動にチャレンジしてみましょう。

1.何かしらのスキルや資格を身につける

正社員を目指す際は、何かしらのスキルや資格を持っていることが理想です。会社の求めるスキルであれば、ほかの求職者との差別化でき、有利になると考えられます。
何歳までなら大丈夫、という就職が確約される年齢はありません。そのため、現在の仕事で培ったスキルを活かせるような仕事を探すのがおすすめです。もしくは、目指したい仕事があれば早いうちからその職業に必要なスキルや資格を知り、身に付けるように心掛けると良いでしょう。

2.未経験を採用してくれる会社を見つける

未経験でも採用してくれる企業を狙うのもおすすめです。さらに、業界によっては未経験でも積極採用している企業もあります。
販売やIT関連、介護などは人手不足ということもあり、一般的に未経験でも挑戦できる求人が多い傾向です。ほかにも、営業職は経歴や学歴を問わず、人柄や意欲重視で採用する傾向にあるため未経験でも就職しやすいといえるでしょう。

3.フリーターでいた理由を考えておく

転職活動をし、面接に進んだ場合必ずといって良いほど聞かれるのは「なぜ今までフリーターだったか」という質問です。そのため、今までなぜフリーターでいたのか理由を言えるようにしておきましょう。
また、フリーターとして働くなかでどのようなことを身に着けたのか、どう取り組んできたのかといったエピソードもいえるようにしておけることが望ましいです。

4.今すぐ行動する

フリーターから正社員になるには早ければ早いほど成功しやすく、歳を追うごとに難しくなります。
何歳までならフリーターでいても大丈夫、と考えずにできるだけ早く行動することをおすすめします。

5.転職エージェントを活用する

フリーターから正社員を目指すなら、転職エージェントを活用することをおすすめします。正社員として働いた経験がないと、どうやって仕事を探して良いのか分からない方や「正社員になりたいとは思うけど、アピールできるスキルや資格、職歴もないから難しいのでは…」と諦めている方もいるでしょう。転職エージェントでは、就活の仕方が分からない方や、やりたい仕事がない方の相談に乗り、一人ひとりに合った求人を紹介しています。

なかでもハタラクティブは、フリーターや既卒など正社員経験のない方の就活も支援している就職エージェントです。書類の書き方や面接対策など、内定に向けたサポート体制もしていますので、フリーター生活に焦りを感じている方は、お気軽にご相談ください。

こんなときどうする?フリーターに関するお悩みQ&A

フリーター生活を続けるか悩んでいる方もおおいのではないでしょうか。ここでは、フリーターに関しのお悩みをQ&A方式で解決していきます。

フリーターを続けるデメリットは?

フリーターとして働き続るデメリットは、将来の生活が安定しづらくなることです。正社員は、生活面や仕事面での保証が手厚く受けられます。一方でフリーターは保証が十分ではなく、怪我や病気で働けなくなれば収入が減ってしまい、生活が苦しくなってしまう場合も。また、一定の年齢を過ぎてしまうと正社員として就職しづらくなってしまう可能性があります。詳しくは「フリータを続けることで生じる問題点」でご紹介しています。

フリーターと正社員の違いは?

フリーターと正社員は、雇用の安定性や年収入などが違います。また、社会的信用度にも違いがあり、フリーターだと雇用や収入が安定しないためカードや住宅などの審査に通りにくい場合も。詳しくは「フリーターと正社員の驚くべき差!今から就職するには?」でご紹介しているので、ぜひチェックしてください。

フリーターから就職しやすい業界は?

未経験を募集している企業や人手不足の業界は比較的就職しやすいでしょう。たとえば、日々高齢化が進み人手不足の介護業界は、資格や経験を問わず未経験者を歓迎している企業が多いです。また、未経験者を募集している企業では、研修制度が整っており、働きながらスキルを身につけられることも。フリーターが就職しやすい業界については「フリーターが就職しやすい職業は?」をご覧ください。

フリーターから社員を目指すには?

フリーターから正社員を目指すには、できるだけ早く行動しましょう。企業はポテンシャルがある若年層を選ぶ傾向があるため、年齢を重ねるごとに就職が難しくなります。また、フリーターからチャレンジしやすい職種に応募するのもいいでしょう。正社員になりたいけど就活の仕方が分からない…とお悩みの方はハタラクティブにご相談ください。専門のアドバイザーがカウンセリングを基に、あなたに合った仕事をご紹介します。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?