1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーター、何歳までに就職するべき?

フリーター、何歳までに就職するべき?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・「フリーターのままで良いか」迷ったら、現状のメリットとデメリットを分析してみよう
    ・フリーターのメリットは、勤務形態が自由で仕事の責任が軽いこと
    ・フリーターのデメリットは、収入と雇用不が安定で社会的な信用が低い点
    ・フリーター生活に不安を感じる人は、年齢が上がる前に正社員を目指すのがおすすめ

ゆくゆくは正社員になることを考えていても、なかなか今の生活から抜け出せず就職活動に踏み切れないフリーターの方もいるでしょう。何歳までフリーター生活を続けますか?
フリーターのメリットとデメリット、参考にして下さい。

フリーター、何歳まで続けますか?

現在フリーターとして働いている方の中には、今後のことを考えて正社員になろうかと検討している方も多いでしょう。
何歳までフリーターでいるのか迷っているのなら、将来的な安定や結婚などライフスタイルの変化を視野にいれ、検討してみることがおすすめです。
「何歳まで今のままで良いのか…」と考えている方には、いずれ状況を変えなければならないという意識があるはず。特に20代の方は、現状を変えたいのならばそろそろ行動に移さなければならない時期です。
フリーターでいることのメリット、そしてデメリットを分析し、自分の将来にとってより良い進路を選択しましょう。

次の項目では、フリーターとして働くメリットとデメリットを解説します。

フリーターのメリット・デメリット

 

フリーターを続けることのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

それぞれ解説していきましょう。

メリット

勤務形態を選べる

さまざまな勤務形態の中から自分に合った働き方を選ぶことができるのはフリーターとして働くメリットの1つ。例えば、短期アルバイトをして、貯まったお金で海外旅行や趣味活動をする、深夜帯のアルバイトを選び、日中の時間を自由に使うなど、自分のしたいことをするために、働く・休むのサイクルを繰り返すことが可能です。

やりたいことを優先した働き方が選べるのは大きな魅力といえるでしょう。

比較的責任が軽い

働く以上どのような雇用形態であっても、きちんと責任を持って働くことは当然ですが、フリーターと正社員では、任される仕事内容が違います。

正社員の場合、年数が経っていくごとに責任のある仕事を任されることになりますが、フリーターは比較的大きな責任を負う仕事を任されることは少なく、正社員ほどプレッシャーを感じることなく働けるでしょう。

さまざまな経験ができる

興味のある仕事や気になる業界の仕事にチャレンジしやすいのもフリーターの利点です。正社員の場合は一度入社すると簡単に辞めるわけにはいきませんが、短期アルバイトや雇用期間の決まっている派遣での仕事を選べば、さまざまな職種を経験することが可能です。

デメリット

収入面

勤務日数・時間によって収入が変動するアルバイト。高額な時給の仕事を選んだ場合でも、シフトを思うように入れられなければ、収入に繋がりません。給与が固定ではないことが多く、収入が安定しないことも不安要素の1つです。

また、ボーナスがなく、大きな金額が纏まって入ることがないので貯金をするのは難しいかもしれません。

社会的信用

フリーターの場合は、収入面の問題や将来的な見通しが立ちづらいことから社会的信用を得るのが難しいのが現状です。社会的信用がない場合、ローンを組むことは非常に難しく、結婚をしてマイホームを建てるのは夢のまた夢と言えるでしょう。 
正社員として年数を重ねていけば、社会的な信用を得ることができます。安定した収入と保障があるので、人生設計も立てやすいでしょう。

将来への不安

フリーターとしていつまでも自由なスタイルで働くことができれば良いですが、会社の景気が悪くなり、人件費削減のあおりを受けるのはアルバイトやパートといった非正規雇用のスタッフであることが多いのも事実です。 
また、歳をとることでアルバイトとしての働きにくさを感じる職場もあるでしょう。アルバイトは若い世代に入れ替わり、上司が自分より若い正社員になることもあり得ます。 
転職をするにしても、歳を重ねれば重ねるほど求人募集が少なくなっていくのが現状です。 


いかがでしたか?以上のようなメリット・デメリットを確認することで、何歳までフリーターを続けられるかの参考になったのではないでしょうか。

正社員を目指すなら20代のうちに早めの行動を!

将来のことを考えたら、何歳までフリーターでいられるのかより、何歳までが就職活動に有利なのかを基準に行動に移すのがおすすめ。 


企業側は、正社員にするならポテンシャルがあり、育成のしがいがある若年層を選ぶ傾向にあります。年齢が上がると、ある程度の経験とビジネススキルを求める求人がほとんど。アルバイトの経験は一般的には職歴とみなされないことが多いので、フリーターの経験しかない人にとっては厳しい就職活動となることが考えられます。
フリーターでの生活に不安を感じているなら、できるだけ早めに就職活動を始めるのがおすすめです。 

一般的に、就職時の壁となる年齢は「25歳」「27歳」「30歳」だといわれています。特に未経験の業界や職種に挑戦する場合は、若いほど採用の可能性が高まるでしょう。

中でも大きな基準となるのは30歳で、30代になってしまうと未経験向けの求人や経歴を問わず挑戦できる求人はほとんどなくなってしまいます。

フリーターは一般的に、年齢を重ねるごとに就職が難しくなるもの。そのため、正社員を目指すにはできるだけ早い行動が大切なのです。

就職活動のやり方がわからない、自分に向いている仕事が知りたい…そんな悩みを抱えている方は、就活のプロにそうだんしてみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、フリーターの方を始め、高卒、既卒、第二新卒の方など、多数の若年層の就活をサポートした実績がある就職支援サービス。職歴や学歴に自信がないという方の就職活動もしっかりサポートし、内定獲得を応援します。
就活をするか悩んでいるというフリーターの方は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

こんなときどうする?フリーターに関するお悩みQ&A

フリーター生活を続けるか悩んでいる方もおおいのではないでしょうか。ここでは、フリーターに関しのお悩みをQ&A方式で解決していきます。

フリーターを続けるデメリットは?

フリーターとして働き続るデメリットは、将来の生活が安定しづらくなることです。正社員は、生活面や仕事面での保証が手厚く受けられます。一方でフリーターは保証が十分ではなく、怪我や病気で働けなくなれば収入が減ってしまい、生活が苦しくなってしまう場合も。また、一定の年齢を過ぎてしまうと正社員として就職しづらくなってしまう可能性があります。詳しくは「フリータを続けることで生じる問題点」でご紹介しています。

フリーターと正社員の違いは?

フリーターと正社員は、雇用の安定性や年収入などが違います。また、社会的信用度にも違いがあり、フリーターだと雇用や収入が安定しないためカードや住宅などの審査に通りにくい場合も。詳しくは「フリーターと正社員の驚くべき差!今から就職するには?」でご紹介しているので、ぜひチェックしてください。

フリーターから就職しやすい業界は?

未経験を募集している企業や人手不足の業界は比較的就職しやすいでしょう。たとえば、日々高齢化が進み人手不足の介護業界は、資格や経験を問わず未経験者を歓迎している企業が多いです。また、未経験者を募集している企業では、研修制度が整っており、働きながらスキルを身につけられることも。フリーターが就職しやすい業界については「フリーターが就職しやすい職業は?」をご覧ください。

フリーターから社員を目指すには?

フリーターから正社員を目指すには、できるだけ早く行動しましょう。企業はポテンシャルがある若年層を選ぶ傾向があるため、年齢を重ねるごとに就職が難しくなります。また、フリーターからチャレンジしやすい職種に応募するのもいいでしょう。正社員になりたいけど就活の仕方が分からない…とお悩みの方はハタラクティブにご相談ください。専門のアドバイザーがカウンセリングを基に、あなたに合った仕事をご紹介します。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる