フリーターは何歳まで名乗れる?就職を考えるべき年齢を知ろう

フリーターは何歳まで名乗れる?就職を考えるべき年齢を知ろうの画像

【このページのまとめ】

  • ・フリーターが何歳まで名乗れるかは、一般的に34歳までと考えられる
  • ・企業は若い人材を求める傾向にあるため、30代からフリーターの就職が難しくなる
  • ・何歳までフリーターで良いのか迷ったら現状のメリットとデメリットを分析してみよう
  • ・面接ではフリーターを続けた理由を聞かれる可能性が高いため、答えを明確にしておこう
  • ・「何歳までならフリーターでも大丈夫」と考えず、正社員になるなら行動しよう

「何歳までフリーターでいても良いのだろう?」と将来を考えて不安に感じている方もいるでしょう。一般的に30代からのフリーターは就職がしづらくなるといわれています。このコラムでは歳を重ねるほど就職が難しくなる理由やフリーターのメリット・デメリット、正社員転職を成功させるコツなどをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーターが許されるのは何歳まで?

フリーターが許されるのは一般的に20代までとされています。その理由は、30代になると未経験可の求人数が減り、就職が難しくなってしまうためです。一般的に企業では、育てやすい若い人材を求める傾向にあるため、就活は若ければ若いほど有利だと考えられます。
歳を重ねれば重ねるほど、内定を取り辛くなる傾向にあるので、正社員を目指すなら20代のうち、できれば思い立ったその瞬間から就職活動を始めるのが得策です。

フリーターは何歳まで名乗れる?

総務省統計局によると、フリーターと呼べる年齢は15歳から34歳までとされています。
なお、フリーターに明確な定義はありませんが、一般的には以下のような人がフリーターとされるようです。
・パート、アルバイトとして働いている人
・パート、アルバイトの仕事を探している人(現在は無職)
また、厚生労働省の定義によると、「男性は継続就業年数が1~5年未満」「女性は未婚」という条件も加えられています。

参照元
総務省統計局
16A-Q09 フリーターの人数

フリーターの年齢制限についてさらに詳しく知りたい方は、「正社員になれるのは何歳まで?フリーターの最終期限やメリット・デメリット」のコラムもご参照ください。

フリーターは何歳まで正社員になれる?30代が就職しづらい理由

ここでは、フリーターが30代に入ると就職が難しくなってしまう理由をご紹介します。何歳までのフリーターを正社員として採用するかは会社によって異なりますが、正社員就職を目指しているフリーターの方は、以下の理由を念頭に置き行動を起こす必要があるでしょう。

企業は若い人の方が育てやすいと考える傾向がある

正社員を募集する企業では、柔軟性のある若い人材を求める傾向にあります。ほかの企業のやり方に染まりきっておらず、素直で物事を柔軟に捉えられる人材の方が吸収力が高い、自社のことを教えていきやすいと考える企業が多いようです。若い人材は活気がありモチベーションも高いことから、ポテンシャルを見込んで採用されることもあります。何歳までを若いとするか明確な定義はありませんが、30代よりも20代フリーターのほうが積極的に採用されやすいのが現実。「育てやすさ」「伸びしろ」の観点から、30代フリーターの就職が難しくなってしまうようです。

30代になると実績やスキルが求められる

30代に入ると20代とは違い、これまでの経験や実績、スキルが求められるようになります。30代の中途採用の場合は、基本的な社会人マナーを身に着けた「社員教育が必要ない人材」という前提はもちろん、即戦力を期待して採用されることが多いです。そのため「業界への知識や経験」「企業の業務内容などに関連した資格」「マネジメント経験」など、企業の即戦力になり得るスキルを持っていることを望まれます。フリーター経験は正式な職歴とはみなされないため、30代フリーターは即戦力となるスキルがないと判断される可能性が高いでしょう。経験やスキルなどを問わない求人で30代を対象にしている企業は少ないため、就職が難しくなってしまうのです。

忍耐力や責任感がないと思われてしまう

30代までずっとフリーターを続けていたという経歴から、忍耐力がないのではないかと判断されてしまい、就職が遠のくこともあります。非正規社員は正社員に比べて責任が軽い仕事が多く、退職もしやすい立場です。責任感がないと思われやすいため、「これから正社員としての責任を持って働けるだろうか」「すぐに辞められたらどうしよう」と心配する企業も多いようです。

日本には新卒採用が根付いている

日本の多くの企業には、新卒採用の方針が根付いています。新卒の一括採用では、採用コストや教育コストの軽減が見込めるうえ、長期に渡っての活躍が期待できるからです。新卒は他社での経験がまったくないため、20代フリーター以上に自社のやり方に染めやすく、仕事へのモチベーションも高い傾向にあるといわれています。新卒を高く評価する就職市場の価値観も、30代フリーターの就職が難しくなる理由の一つです。

面接のハードルが上がる

30代までフリーターをしていた人が面接を受ける場合、20代の人に比べてハードルが上がります。「なぜ30代までフリーターをしていたのか」という質問は高確率で聞かれるため、面接を受ける際は採用担当者が納得する回答を用意しなければいけません。
面接のたびに「新卒で就職しなかった理由は?」「何歳までフリーターを続けるつもりだったのか?」といった質問をされるうちに、就職活動が億劫になってしまうことも。しかし、明確な理由があれば採用担当者を納得させることができます。面接のハードルを下げるためにも、理由の説明方法を考えておきましょう。

30代のフリーターが就職するための方法について詳しく知りたい方は、「30代フリーターは就職しないとやばい?後悔しないよう正社員を目指そう!」のコラムもあわせてご参照ください。

就職は何歳までが限界?20代前半と後半のフリーターの違い

ここでは、20代前半と後半のフリーターが企業に求められることの違いについて解説します。フリーターから正社員を目指せる現実的な年齢は、20代までといえるでしょう。「フリーターは何歳まで正社員になれる?30代が就職しづらい理由」でご紹介しているように、企業は若い人材を採用する傾向にあることや、30代以降は実績やスキルが求められることが理由です。しかし、同じ20代のフリーターでも前半と後半で企業が求めるものは異なるので、その違いを頭に入れておきましょう。

20代前半のフリーターに企業が求めること

20代前半のフリーターに多くの企業が求めることは、ポテンシャルや意欲です。新卒や第二新卒、既卒にあたる20代前半は、新しい仕事に比較的適応しやすい年齢といえます。企業側も実務経験やスキルはなくて当然と考えているので、能力の高さより仕事における熱意や人間性などを重視して採用を行うでしょう。

卒業後3年以内は新卒枠で応募できることもある
2010年に厚生労働省が「3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!」と発表をして依頼、学校を卒業後3年以内は既卒枠ではなく新卒枠で応募できる会社が増えました。学校を卒業後3年以内のフリーターは、応募先企業が中途採用を行っていない場合、新卒枠で応募できるかを確認してみると良いでしょう。

参照元
厚生労働省
3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!!

20代後半のフリーターに企業が求めること

20代後半のフリーターに多くの企業が求めることは、基本的なビジネススキルです。一人前とはいえずとも、新卒の社員に仕事の基礎を教えられるレベルの実務経験があることが求められます。また、志望する企業や業界に関連する資格を取得していると、採用の可能性が高まるでしょう。

何歳までフリーター?このまま続けるデメリット

ここでは、フリーターを続けることのデメリットについて解説します。「何歳までならフリーターでいても大丈夫だろう」と考えず、デメリットを知って必要であれば今すぐ行動できるようにしておきましょう。

フリーターは生涯年収が正社員より低い

フリーターにはボーナスがなく、大幅な昇給も少ないため、生涯年収や年金額が正社員に比べて大幅に少ない傾向にあります。アルバイトでは勤務日数・時間によって収入が変動するため、シフトを思うように入れられなければ、まとまった収入を得られません。また、給与が固定ではないことが多く、収入が安定しないことも不安要素の一つです。体調を崩したり怪我をしたりして働けなくなってしまった場合、その間の収入がなくなってしまうこともあります。何歳までなら健康に働けるという保証もないので、万が一を考えても大きなデメリットの一つと考えられるでしょう。

フリーターは社会的信用度が低い

フリーターの場合は、収入に変動があることため問題や将来的な見通しが立ちづらく、社会的信用を得にくいのが現状です。社会的信用がないとローンを組むことが難しいため、車やマイホームの購入が現実的ではなくなります。

フリーターは将来の不安を抱えやすい

前述のように、生涯年収額や社会的信用が低いフリーターを続ける以上、将来への不安がつきまとうのもデメリットの一つです。フリーターでいる期間が長くなるほど就職成功率も下がっていくため、「正社員になれないままで大丈夫だろうか」という精神的な不安も生まれていくでしょう。また、フリーターのまま定年を迎えたときのために、余裕を持って生活できるだけの貯金ができているという人は少ない傾向にあります。何歳までに就職すれば大丈夫、と自分に言い聞かせても不安はなかなか拭えないでしょう。

フリーターはスキルが身につかない

正社員であれば入社時の研修によって学べる基礎スキルも、フリーターでは学べるチャンスが少ないです。そのため、ビジネススキルを身に着ける機会がないという点もデメリットとして挙げられます。さらに、フリーターは責任のある仕事を任されることが少なく、キャリアアップができるほどの知識が身につくことも少ないでしょう。

フリーターは雇用が不安定

正社員は雇用期間が無期限なのに対し、フリーターなどの非正規雇用の多くは雇用期間が定められています。期間満了後の更新は企業側が決めるため、フリーターの雇用状態は不安定です。
さらに、会社の景気が悪くなれば人件費削減のあおりを受ける恐れもあります。

フリーターは年齢を重ねると選択肢がなくなる

人は年齢を重ねるごとに体力が落ちていくため、時給の良い肉体労働や夜勤のアルバイトは次第に難しくなっていきます。若いころにはできていた仕事ができなくなってしまい、応募できる求人の数も少しずつ減ってしまうでしょう。何歳までフリーターを続けられるかは人によって異なりますが、アルバイトでも採用されにくくなってきたら限界と考えられます。

フリーターでいることのデメリットについて詳しく知りたい方は、「フリーターのリスクとは?将来の見通しや正社員になるためのポイントを解説」のコラムも合わせてご参照ください。

フリーターが正社員転職を成功させる6つのコツ

ここでは、フリーターから正社員の転職を成功させるためのコツをご紹介します。「何歳まではフリーターでも良い」と決めずに、思い立ったらすぐに就職活動にチャレンジしてみましょう。

1.何かしらのスキルや資格を身につける

正社員を目指す際は、何かしらのスキルや資格を持っていることが理想です。会社の求めるスキルであればほかの求職者との差別化を図れるため、選考が有利になると考えられます。
20代までが就職しやすいとはいえ、「何歳までなら必ず正社員になれる」という明確な定義はありません。そのため、少しでも採用の確率を上げるためにも、これまでのアルバイトで培ったスキルを活かせるような仕事を探すのがおすすめです。目指したい仕事があれば早いうちからその職業に必要なスキルや資格を知り、身に付けるように心掛けると良いでしょう。

2.未経験を採用してくれる会社を見つける

未経験でも採用してくれる企業を狙うのもおすすめです。業界によっては未経験でも積極的に採用している企業もあります。特に販売やIT関連、介護などは人手不足ということもあり、未経験でも挑戦できる求人が多い傾向です。ほかにも、営業職は経歴や学歴を問わず、人柄や意欲重視で採用する傾向にあるため、未経験でも就職しやすいといえるでしょう。

3.フリーターでいた理由を考えておく

転職活動をし、面接に進んだ場合必ずといって良いほど聞かれるのは「なぜ今までフリーターだったか」という質問です。そのため、今までなぜフリーターでいたのか理由を言えるようにしておきましょう。また、フリーターとして働く中でどのようなことを身に着けたのか、どう取り組んできたのかといったエピソードもいえるようにしておけることが望ましいです。

4.今すぐ行動する

フリーターから正社員になるには早ければ早いほど成功しやすく、歳を追うごとに難しくなります。
何歳までならフリーターでいても大丈夫と考えずに、できるだけ早く行動しましょう。また、アルバイト以外の職歴を作るためにも、多少希望に沿わない条件でも就職できるのであれば、一度正社員として働いてみるのもおすすめです。

30代フリーターは派遣社員で職歴を作るのも良い
前述のとおり、30代で正社員になるのは難しい場合があります。そのため、まずは派遣社員として就業し、職歴を作るのも良い方法です。派遣社員は正社員に比べて採用ハードルが低いため、30代でも採用されやすいといわれています。また、紹介予定派遣として採用されれば、一定期間を派遣社員として就業したあと、双方が合意すれば正社員になれる可能性が高いでしょう。

5.アルバイト経験をアピールする

アルバイトで得た経験のアピールも、就職活動において効果的です。アルバイトは正式な職歴として認められませんが、履歴書に記載は可能です。応募企業で活かせそうなアルバイト経験があれば、仕事への取り組みをアピールすることで採用に繋がる可能性が上がります。アルバイトで自分が担当した業務や仕事での成功体験などは、面接で話せるようにしておきましょう。

6.転職エージェントを活用する

フリーターから正社員を目指すのであれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。正社員として働いた経験がない方のなかには、「どうやって仕事を探して良いのか分からない」「正社員になりたいけど、アピールできる資格も職歴もないから…」と諦めている方もいるでしょう。転職エージェントでは、就活の仕方が分からない方や、やりたい仕事がない方の相談に乗り、一人ひとりに合った求人を紹介しています。就職活動に困っている方は、ぜひ活用してみてください。

ハタラクティブは、若年層向けの就職・転職支援エージェントです。正社員から別の企業へ転職したい方はもちろん、フリーターやニートなど就職経験のない方の支援も行っています。書類の書き方や面接対策など、内定に向けたサポート体制は万全。サービスはすべて無料なので、フリーター生活に焦りを感じている方は、ぜひハタラクティブへお気軽にご相談ください。

フリーターを何歳まで続けるか悩む人に向けたQ&A

ここでは、フリーターに関しのお悩みをQ&A方式で解決していきます。

フリーターを続けるデメリットは?

フリーターとして働き続けるデメリットは、将来の生活が安定しづらくなることです。正社員は、生活面や仕事面での保証が手厚く受けられます。一方でフリーターは保証が十分ではなく、怪我や病気で働けなくなれば収入が減ってしまい、生活が苦しくなってしまう場合も。また、一定の年齢を過ぎると正社員として就職しづらくなってしまう可能性があります。詳しくは「フリーターを続けることで生じる問題点」でご紹介しています。

 

フリーターと正社員の違いは?

フリーターと正社員は、雇用の安定性や年収などが違います。そのため、社会的信用度にも違いがあり、フリーターだとカードや住宅などのローン審査に通りにくい場合も。詳しくは「フリーターと正社員の驚くべき差!今から就職するには?」でご紹介しているので、ぜひチェックしてください。

 

フリーターから就職しやすい業界は?

未経験を募集している企業や人手不足の業界は比較的就職しやすいでしょう。たとえば、高齢化が進み人手不足の介護業界は、未経験者を歓迎している企業が多いです。また、未経験者を募集している企業では、研修制度が整っており、働きながらスキルを身につけられることもあります。未経験から正社員になりやすい仕事については「未経験でもできる仕事とは?」のコラムをご覧ください。

 

フリーターは何歳まで就職できる?

29歳までであれば、フリーターからの就職は比較的しやすいでしょう。当コラムの「フリーターは何歳まで正社員になれる?30代が就職しづらい理由」でも解説したとおり、企業は新卒をはじめとする若年層の20代を採用したいと考えているため、30代以降の就職は狭き門になるといえます。

 

フリーターから社員を目指すには?

できるだけ早く行動しましょう。企業はポテンシャルがある若年層を選ぶ傾向があるため、年齢を重ねるごとに就職が難しくなります。また、フリーターからチャレンジしやすい職種に応募するのもいいでしょう。正社員になりたいけど就活の仕方が分からない…とお悩みの方はハタラクティブにご相談ください。専門のアドバイザーがカウンセリングを基に、あなたに合った仕事をご紹介します。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る
  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る
  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る
  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る
  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細見る
  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細見る
  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る
  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る
  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る
  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION