フリーターは結婚できる?できない?後悔しないために必要なポイントを紹介

フリーターは結婚できる?できない?後悔しないために必要なポイントを紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・フリーターが結婚できるかどうかは相手の判断次第
  • ・フリーターが結婚を避けられやすい大きな理由は、収入が不安定なこと
  • ・フリーターが結婚後の関係を良好に保つには、ある程度のお金が必要
  • ・フリーターが結婚する確率を上げるには、正社員就職を目指すのがおすすめ
  • ・フリーターが正社員になると「安定した収入」や「社会的信用」が得られる

将来結婚できるかどうか不安なフリーターは多いでしょう。フリーターが結婚できるかどうかは相手の判断次第です。また、相手が許してくれても、相手の親がフリーターとの結婚を許してくれない場合も。このコラムでは、結婚生活に必要な費用や正社員との収入差、フリーターが持つべき心構えなどを紹介しています。フリーターのままで結婚しても後悔しないかどうか、このコラムで判断してみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

フリーターは結婚できる?できない?

フリーターが結婚できるかできないかは、交際相手の判断次第といえます。交際相手が「フリーターでも構わない」と判断すれば結婚は可能です。ただし、交際相手が認めてくれたとしても、相手の親がフリーターとの結婚を許してくれない場合もあります。
また、「付き合う分にはフリーターでも構わないけど、結婚は考えられない」「結婚相手がフリーターだと知人や友人に紹介しづらい」という人も一定数いることを頭に入れておきましょう。

フリーターとして結婚するにあたり、周囲の理解が得られるか不安な方は「フリーター同士の結婚、周囲の理解は得られるの?」をご参照ください。

フリーターとの結婚が避けられる大きな理由

フリーターとの結婚が避けられる大きな理由としては、「収入が不安定で将来が不安」という点が挙げられます。このコラム内の「フリーターが結婚後の関係を良好に保つにはお金が必要」で紹介しているとおり、結婚生活には生活費や養育費など多額の費用が必要です。
正社員であれば、公休が多い月でも基本的に毎月決まった給与が支払われます。また、昇給やボーナスがあるのも正社員の特徴です。しかし、フリーターは、毎月働いた分だけしか給料が発生せず、大幅な昇給やボーナスは基本的にありません。
以上の理由から、フリーターは結婚を避けられやすいといえます。フリーターと正社員の収入にどれくらいの差があるかは、次の項目でご確認ください。

フリーターと正社員の収入格差

ここでは、フリーターと正社員の収入格差を、賃金と年収に分けて紹介します。

フリーターと正社員の賃金格差

厚生労働省による令和2年賃金構造基本統計調査の「結果の概況『雇用形態別』(p1)」に掲載されている、フリーター(正社員・正職員以外)と正社員・正職員の賃金格差は、以下のとおりです。

第6図「雇用形態、性、年齢階級別賃金」の画像

第6図「雇用形態、性、年齢階級別賃金」の画像

引用:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況『雇用形態別』(p1)

賃金のピークを、男女別かつフリーターと正社員に分けて表にすると、以下のようになります。

  フリーター
(正社員・正職員以外)
正社員・正職員
男性 約27万円(60~64歳) 約44万円(55~59歳)
女性 約20万円(35~39歳) 約30万円(55~59歳)

※カッコ内は、賃金ピーク時の年齢です。

上表から、フリーターと正社員における賃金のピーク差は、男性の場合は約1.6倍、女性の場合は約1.5倍の差があると分かります。男性の場合は、定年間際まで働き続けても、賃金のピークが正社員・正職員の3分の2にもおよびません。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況「雇用形態別」

フリーターと正社員の年収格差

国税庁の「民間給与実態統計調査(p15)」に掲載されている、2019年のフリーター(非正規)と正社員(正規)の年収を表にすると、以下のようになります。

  フリーター 正社員
男女計 175万円 503万円
男性 226万円 561万円
女性 152万円 389万円

上表から、2019年におけるフリーターと正社員の年収は、性別問わず正社員の方が高いと分かります。その差は約3倍です。仮に、22歳から65歳まで43年間働くとすると、生涯賃金は以下のようになります。

  フリーター 正社員
男女計 7,525万円 2億1,629万円
男性 9,718万円 2億4,123万円
女性 6,536万円 1億6,727万円

フリーターと正社員の生涯賃金格差は、男女計および男性の場合は約1億4千万円、女性の場合は約1億円です。ただし、上表はフリーターと正社員の年収をもとに単純計算したものなので、賞与などを加算するとさらに差が広がると考えられます。

フリーターと正社員の賃金格差は「絶望的な賃金格差…フリーターのデメリットについて」でも触れているので、併せてご参照ください。

参照元
国税庁
民間給与の実態調査結果(全データ)

フリーターが結婚後の関係を良好に保つにはお金が必要

フリーターだけでなくすべての人に当てはまることですが、結婚後の関係を良好に保つためにはある程度のお金が必要です。結婚式や披露宴は、規模にもよりますが総額300万円以上の費用がかかるといわれています。さらに、必要なのは結婚式や披露宴の費用だけではありません。この項目では、結婚後の生活に必要とされている主な2つの費用を紹介します。

結婚生活で主に必要な費用

結婚生活で主に必要とされている費用は、「生活費」「学習費」の2つです。それぞれどれほどの金額が必要なのか、フリーターの収入でまかなえるのかどうかを以下で確認してみましょう。

生活費

生活費とは、人が生きていく中で最低限必要な費用のこと。総務省による家計調査年報(家計収支編)の「家計収支の概況(二人以上の世帯)(p4.p5)」に掲載されている、2019年の世帯消費支出(2人以上の世帯)を表にまとめると、以下のようになります。

費目 縦軸
食料 80,461
住居 17,103
光熱・水道 21,951
家具・家事用品 11,717
被服および履物 11,306
保険医療 14,010
交通・通信 43,814
教育 11,495
教養娯楽 30,679
その他消費支出 50,843
293,379

上表から分かるように、結婚後は月々約30万円の支払いがあることを想定しておかなければなりません。また、結婚に伴って引っ越しする場合は、引っ越し代および家具や家電をそろえる費用も必要です。このコラム内の「フリーターと正社員の賃金格差」で述べたとおり、フリーターの賃金はピーク時でも30万円を切っています。生活費を支払う割合は夫婦ごとに異なりますが、フリーターのままだと余裕を持って生活できない可能性が高いでしょう。

参照元
総務省
家計調査年報(家計収支編)2019年(令和元年) 家計の概要

学習費

文部科学省の「子供の学習費調査ー平成30年度子供の学習費調査(p5)」によると、2018年における学年(年齢)別の学習費総額は以下のとおりです。

表2「学年(年齢)別の学習費総額」の画像

引用:文部科学省「子供の学習費調査ー平成30年度子供の学習費調査(p5)

上表をもとに、幼稚園から高等学校(全日制)まで通った場合の学習費総額を算出すると、すべて公立の場合は約542万円、すべて私立の場合は約1830万円です。大学に進学させる場合は、さらに費用が加算されます。夫婦のどちらかがフリーターで共働きする場合の学習費は、保育園や幼稚園に通わせることを前提にして考えておくと良いでしょう。
また、上表はあくまでも「学習費」なので、養育費は別で考えなければなりません。将来結婚して子どもが欲しいフリーターの方は、自分の収入と学習費を照らし合わせ、フリーターのままで良いのか検討してみましょう。

フリーターで結婚は考えられる?ライフプランの描き方」でも、結婚生活に必要な費用を紹介しているので、気になった方はぜひご覧ください。

参照元
文部科学省
結果の概要-平成30年度子供の学習費調査 2.調査結果の概要

フリーターが結婚率を上げるための3つのポイント

フリーターであっても、夢や目標があったり正社員を目指して就活したりしている場合は、結婚相手として認めてもらえる可能性があります。そのほか、家事能力の高さもアピールポイントになるようです。フリーターが結婚するために必要なポイントを、以下で確認してみましょう。

1.夢や目的を持つ

フリーターが結婚するためには、夢や目的を持つことが重要です。ただ何となくフリーターをしている人と目的があってフリーターをしている人であれば、後者の方が信頼度は高いといえます。ただし、いつか叶うと信じて夢を追い続けた結果、何も得られずに終わることもあるでしょう。そのため、夢や目的には期限をつけてください。「○○までに成功しなければ就職する」と交際相手に約束すれば、さらに結婚できる確率が上がるはずです。

2.家事能力を高める

家事能力を高めるのも、フリーターが結婚するうえで重要なポイントといえます。世の男性・女性の中には、「フリーターであっても家事さえしっかりできれば良い」と考える人も一定数いるでしょう。そのため、家事能力を高めておけば、仕事だけに集中したい人と結婚できる確率が高まるといえます。「夢や目的がなく、正社員就職の願望もないけど結婚したい」というフリーターの方は、家事能力を高めておくと良いでしょう。

3.正社員を目指して就活する

フリーターが結婚率を上げたい場合、正社員を目指して就職するのがおすすめです。現状はフリーターだとしても、正社員を目指して行動していれば相手は安心して結婚を考えられるはず。ただし、正社員になることだけが目的になってしまうと、就職してからモチベーションを保てない可能性があるため注意してください。就活の進め方が分からない方は、このコラム内の「フリーターが結婚前に正社員就職するための方法」を参考にしてみましょう。

女性フリーターは結婚できない?良縁を引き寄せるには」には、女性フリーターが結婚するために必要な情報がまとめられているので、活用してみてください。

フリーターが後悔のない結婚をするために必要なこと

フリーターが結婚で後悔しないためには、「万が一」の状況を考えることが重要です。万が一の状況とは、「ケガや病気」「離婚」「親の介護」などを指します。

フリーターが結婚後にケガや病気をした場合

フリーターは、基本的に働いた時間分だけ給料がもらえるため、ケガや病気で働けなくなった場合は収入がなくなります。さらに、収入がなくなるだけでなくケガや病気の治療費が必要です。相手の給与だけで十分生活できるのであれば問題ありません。ただし、2人の収入で生活している場合は、一方の収入がゼロになると生活が立ち行かなくなる可能性もあります。

フリーターが結婚後に離婚した場合

正社員経験が全くないフリーターは、一般的に、30歳を超えると就職が難しくなるといわれています。仮に、離婚後すぐ就活を始めたとしても、就職先が決まって最初の給料日になるまでは収入が入りません。そのため、万が一離婚をした場合、どのように生計を立てるかは結婚前に決めておく必要があります。

フリーターが結婚後に親の介護をする場合

フリーター本人が健康でも、親の介護が必要になった場合、やむを得ず退職しなければならないこともあるでしょう。その場合、上記の「ケガや病気をした場合」と同様に、相手の給料だけで生活することになります。また、相手が親の介護を理由に退職するときは、フリーター側の収入だけで家計を支えなければなりません。

フリーターが結婚を考える場合、あらゆる状況を想定し「現在の収入で家計が支えられるか」を判断することが重要です。

フリーターが正社員になることで得られるもの

フリーターが正社員になると得られるのは、「安定した収入」や「社会的信用」です。将来結婚しようと考えているフリーターの方は、この項目で正社員になるメリットを知りましょう。

安定した収入

正社員になると、フリーターのときよりも安定した収入が手に入ります。正社員は、基本的に雇用期間の定めがありません。そのため、長期的に安定して働けます。会社によっては住宅手当や資格手当などの各種手当があるほか、成果に応じた報酬や賞与などが支給されることも。経験や能力に応じて収入は高くなる傾向があるので、生涯年収はフリーターより大幅に高くなります(フリーターと正社員の生涯賃金格差は、このコラム内の「フリーターと正社員の年収格差」で紹介)。

一方、フリーターの給与は年齢を重ねてもほぼ横ばいといえます。また、年齢とともに体力の低下や病気の不安も増すので、若いときと同じように稼ぐのは難しくなるでしょう。

社会的信用

正社員は、フリーターよりも社会的信用があるといえます。なぜなら、上記の項目で述べたとおり、「安定した収入」があるからです。たとえば、クレジットカードの審査やローンの審査では、「月々のローンの返済がきちんとできるかどうか」という社会的信用が重視されます。パートナーの両親へ結婚の挨拶をするときも、社会的信用のある正社員の方が印象は良いといえるでしょう。
正社員で働くメリットは?フリーターとの違い」では、正社員として働くメリットやフリーターとの違いを紹介しています。フリーターから正社員になるメリットをより詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

上記から、正社員は、フリーターが結婚を避けられる理由である「収入が不安定で将来が不安」という項目をクリアしていると分かります。結婚前に「フリーターから正社員を目指そう」と決意した方は、次の項目を参考にしてみてください。

フリーターが結婚前に正社員就職するための方法

正社員を目指しているフリーターは、遅くても結婚の1年前に就職すると良いでしょう。1年間しっかりと働けば、仕事に慣れるだけでなく、有休やボーナスがもらえることもあります。「何から始めたら良いのか分からない」という方は以下の方法を参考にし、自分に合ったやり方で就活を進めましょう。

就職サイトやハローワークで探す

就職サイトやハローワークで求人を探す方法に向いているのは、自分のペースで就職活動に取り組みたいフリーターの方です。それぞれの特徴を以下で解説します。

就職サイトの特徴

就職サイトとは、業界や職種別、地域別などで企業情報や採用情報が検索できるサイトです。応募はサイトを通して行うか、電話で直接行うのが一般的。選考の日程調整も自分で行います。空いた時間でマイペースに就活できるのがメリットです。一方で、やる気がないと時間がかかってしまうというデメリットがあります。

ハローワークの特徴

ハローワークとは、職業紹介や雇用対策などを行っている公的機関です。最寄りのハローワークに登録すると、求人情報提供端末の利用が可能に。窓口で職業相談もできるため、自分のやりたい仕事や希望条件が分からない場合でも、相談しながら決められます。また、面接の受け方や応募書類の作成などに関するセミナーへ参加できるため、就職活動の基本を押さえることも可能です。

就職エージェントを利用する

「1人での就職活動が不安」「何から始めたら良いか分からない」というフリーターの方は、就職エージェントを利用しましょう。就職エージェントに登録すると、アドバイザーに求人を紹介してもらえます。

就職エージェントの「ハタラクティブ」は、フリーターや既卒、第二新卒など若年層の就職や転職に特化しています。面接の日程調整や応募書類の作成、面接対策など、転職・就職活動をマンツーマンでサポート。「フリーターから正社員になって結婚したい」「将来のためにも安定した職業に就きたい」という方は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細見る

  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る

  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る

  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION