フリーターに不安を感じた時にするべきこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターに不安を感じた時にするべきこと

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・フリーターとして生活する人は多いが、金銭面や雇用の不安定さから30代に近づくほど不安を抱く人が増加する
    ・不安を感じたら目標を設定し、実現のための具体的な行動を考える
    ・就職を決意したら、ハローワークや転職エージェント、職業訓練所を利用する

これまではフリーターでも楽しく暮らせるから良い、と考えていたのに、30代に近づくに連れて不安を抱きはじめていませんか?

どうしてフリーターの将来は不安と言われているのでしょうか。不安に感じた時に効果的な対処法があるのか、もし就職を考えたらどうすれば良いのか、詳しくご紹介します。

◆フリーターだと何故不安に感じるのか?

働き方が多様化している昨今、フリーターとしての生き方を選択する人は多くいます。

企業側も職種によっては、正社員よりもアルバイトやパート採用に力を入れているところも少なくありません。 
では、なぜフリーターを続けるのは不安と感じる人は減らないのでしょうか?

 

自分のライフスタイルに合った働き方や、興味のある仕事を色々試せる点においては、フリーターという就業スタイルは自由度が高く魅力的ですが、同時に不安定な部分も持ち合わせています。 
働き方によっては正社員と同程度の給与が得られるため、一見それほど差がないように感じますが、長期的にみると手元に残るお金は正社員の手取りよりも少なめ。

福利厚生も対象外で利用できないこともあり、生活面での保証が少ないと言えるでしょう。 

正社員は月給制で有給休暇や各種休暇も使用でき、年に数日程度であればさほど問題視することはありませんが、時給制や日給制のアルバイトでは、1日休んでしまえばその分収入に直接響きます。

心身ともに健康的に過ごしやすい20代であれば乗り切れますが、30代になり、体力が低下したり親の介護が必要になったりしてバランスが崩れ始めると、どうなるか分かりません。

 

雇用に関してもアルバイトは年齢の若い人の採用が中心で、30代、40代になると求人は減少傾向に。

 

社会的なステータスや信用度も、正社員の人に比べると低くみられがちで、ローンなどの金銭的な審査が通らないことがあります。

よく聞く恋愛相談やインターネットの悩み相談などには、「付き合っている彼がフリーターで結婚に踏み切れない」「フリーターのままで結婚できるのか不安」「親や友人に紹介しづらい」といった話も。 

「愛があれば何とかなる」と安易にいえない切実な問題です。

 

フリーターとしての生活は、自由というメリットがある反面、金銭面、体力面、雇用面、社会面などさまざまな点においてデメリットのほうが多いと言えるでしょう。

◆フリーターに不安を感じた時にまずするべきこと

フリーターとしての不安や問題に直面した場合、何をしたら良いのでしょうか?

・自分の将来設計や目標などを設定する

「こんな仕事に携わり○○を実現したい」「将来はこんな風になりたい」など、収入や生活の基盤になるものを具体的に決めます。
この時、フリーターのままでは実現できないと判断できた場合、就職を考えたほうが良いでしょう。

 

・目標達成に向けた具体的な行動案を提示する

目標が決まったら、「それを叶えるためにはどうするべきか」を煮詰めていきます。 
例えば、やりたい仕事に就くためには資格が必要だから○月の試験に向けてスケジュールを組んで勉強をする、という具合です。
資格が必要のない仕事で正社員登用のチャンスがある会社なら、最初は不安定でもバイトとしてキャリアを積むことで正社員になれる可能もあるでしょう。

目標を達成するには何をすればよいのか最初にしっかり調べることが、実現するための近道です。

 

◆就職に向けてできること

目標達成のために就職を決意したものの、どんな仕事を選べばよいか分からない、フリーターから目指せるのか不安と感じる人もいるでしょう。

就職を検討し始めた方は、以下を参考にしてください。

 

・ハローワークで求人を探す

ハローワークは失業した人が転職するために利用する場所と思っていませんか?

ハローワークは年齢や職業に関わらず就職支援を行っているため、フリーターも利用可能です。

 

・職業訓練所を利用する

専門性の高いスキルを身につけて仕事を探すのも一つの方法です。

ある程度、興味のある分野を絞ってから職業訓練校へ入学する必要がありますが、ハローワークの職員の方に自分にどんな適性がありそうか相談しながら選んでみるのも良いでしょう。

 

・転職エージェントを使う

ハローワーク同様、転職エージェントもフリーターの就職支援を行っていることがあります。

どんな特徴の就職支援を行っているのかは、企業によって違うので、自分に合いそうなエージェントを探しましょう。

将来の安定や結婚を考えている方は、1日でも早く正社員を目指して就職活動を始めたほうが、余裕を持って就活できます。


そうはいっても、正社員としての経験がない方が就職先を見つけるのは困難な道。

書類や面接などで、今までフリーターとして働いてきた理由を説明し、ポジティブな入社の動機をアピールしなければなりません。
ハタラクティブでは専任のアドバイザーがそんなフリーターの方を支援し、内定までを手厚くバックアップするサービスを展開しています。
まずはアドバイザーと1対1のカウンセリングで就活の疑問や悩みを解消!
正社員への第一歩を踏み出しましょう。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ