一生フリーターでもいい…は危険!抜け出す方法は?

2018/06/24

【このページのまとめ】

  • ・フリーターを続けていくことは、将来を考えると厳しい
    ・フリーターを続けていきたいと思う人が多いのは、時間の自由や責任のない気楽さに魅力を感じているため
    ・年齢が若いうちに就職活動を開始し、フリーター生活を抜け出そう

フリーターを一生続けていくことは、多くの方が考えたことがあるのではないでしょうか。
しかし、将来のことを考えると、フリーターとして生活を続けるのは難しいと言わざるを得ません。
今回は、フリーター生活を抜け出す方法を中心に解説していきます。

◆一生フリーターでいることは可能?

近年は正社員にならず、一生をフリーターとして過ごすことを考えている方が増えているようです。
しかし、フリーターで生きていくのは、長い目で見ると厳しいものがあります。

特に「一生働き続けていれば問題はない」「生活保護を貰えるから大丈夫」「なんとかなる」というように、軽い気持ちでフリーター生活を続けている方は注意が必要です。

年齢を重ねていくと、応募できる求人は徐々に減っていき、体力面でも不安が生じてきます。
基本的に時給制であるフリーターは、病気や怪我で入院が必要になる、仕事が減る、何らかの事情で働くことが困難になるといった状況に立たされたときに、収入が途絶えてしまう可能性も。
そのようなリスクも考えた上で、今後どうしていくべきかをしっかり見つめ直しましょう。



◆そもそもフリーターを続けたい理由って?

前項で述べたように、一生フリーターを続けていくのは将来的なリスクが伴います。
それでもフリーターを続けたいと思っている方は、一定数いるようです。
その理由は、主に以下のようなものが挙げられます。

・自分のペースで生きられる

自分にとって無理のないペースで働けるのは、フリーターのメリットの1つ。
そのため、「空いた時間を自分の趣味や勉強のために費やしたい」「朝が弱いので遅い時間から働きたい」「ゆっくり過ごす時間がほしい」など、自分のライフスタイルを重視している方は正社員よりもフリーターを選ぶ傾向にあるようです。

・責任やプレッシャーを感じなくて済む

フリーターは、基本的に仕事で大きな責任を背負うことはありません。
そのため、「責任のあることから逃れたい」と考えている方や、正社員時代にプレッシャーをかけられることが多かった方は、フリーターとしての生活に魅力を感じているようです。



◆一生フリーターから抜け出すには?

フリーターには自由というメリットがあるため、将来に不安を抱きながらも「一生フリータで良い」と考える方がいるようです。

しかし、現状に少しでも不安を感じているなら、フリーター生活を続けていくことのデメリットにもしっかり目を向けましょう。

年齢が若いうちであれば、応募できる求人は多くあります。
生活や立場を安定させたいと考えているのであれば、できるだけ早くに就活を始めるのがベストです。
正社員であっても、自分のライフスタイルに合う企業を見つけることはできます。
正社員求人の中から、自分の希望に沿った仕事を探してみると良いでしょう。

フリーターから正社員を目指したい方は、就職エージェントの活用がおすすめです。

ハタラクティブでは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を中心に、就職のサポートをしています。
専属のアドバイザーがマンツーマンで自己分析の指導やカウンセリングを実施するので、これまで正社員の経験がないという方も安心です。
面接対策や応募書類の添削も行っているため、万全の状態で就職活動を始められます。
自分に合ったお仕事を見つけたいと考えている方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ