バイトが怖いと感じる理由とその解消方法をご紹介

バイトが怖いと感じる理由とその解消方法をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • バイトが怖いのは、考え過ぎや過去の失敗にとらわれているのが要因
  • バイトが怖いときは「メモをとる」「質問をする」などで対処する
  • バイト先の人間関係が怖いときは「笑顔」「コミュニケーション」を忘れない
  • バイトが怖い場合は面接対策や事前調査などで軽減できることがある

「バイトに行くのが怖い」「憂鬱になる」と感じている方も多いのではないでしょうか。バイトが怖いと感じるなら、理由を明確にして正しい改善方法をとることが重要です。このコラムではバイトをはじめたい方に向けて、怖く感じる主な理由や対処法を解説します。仕事に慣れるコツや面接のポイントなども紹介するので、バイト未経験で緊張している方や過去の経験が理由で踏み出せずにいる方もぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

なぜアルバイトを怖いと感じるのか

アルバイトを怖く感じる理由には、「想像力が豊かでネガティブなことまで考え過ぎてしまう」「過去の失敗にとらわれ過ぎている」といったことが挙げられます。以下にいくつかの例をあげるので、自分が当てはまるかどうか確認してみてください。

アルバイトが怖いのは「考え過ぎ」が原因の一つ

仕事で大きな失敗をするかもしれない、人間関係がうまくいかないかもしれない、上司に怒られるかもしれないなど、アルバイトでの労働に対するマイナス面を考え過ぎてしまうことが原因となっていることがあるようです。

アルバイトが怖いのは過去の失敗が要因であることも

以前アルバイトで働いていた職場で大きなミスをした、人間関係のトラブルがあったなど、過去の失敗を繰り返してしまうことへの不安感が要因になっていることもあります。

アルバイトが怖い人は考え方を変えよう

アルバイトで大きなミスをするとは限りませんし、人間関係が良好な職場も多くあります。良くも悪くも、物事は想像どおりのままに進まないのが現実です。ネガティブな想像も、実現することは少ないといえるでしょう。特にネガティブ思考が身についてしまっている人は時間があるとつい「起こり得るかもしれない未来」をイメージしてしまうため、できる限り暇な時間を作らない、もし想像する場合はポジティブな内容も合わせてイメージしてみるといった対処をしてみるのがおすすめです。

初日のプレッシャーが怖い人も

アルバイトが怖い人の中には「初日から仕事を完璧にこなさないと」と考え、自分で自分にプレッシャーをかけてしまう人も。しかし、ほとんどのアルバイトでは初日を含めて仕事を覚えるまでは先輩や上司が指導をしてくれますし、新人に対して完璧な仕事は求めないでしょう。最初のうちは、完璧に仕事をこなすことよりも「早く仕事を覚える」「環境に慣れる」「なるべく失敗を減らす」方が重要。「時間はかかっても、失敗しない」という意識を持って仕事に取り組むのがおすすめです。

アルバイトを怖いと思わず馴染むコツ

アルバイトに早く慣れるには、メモをとること、積極的に質問をとること、自分から良好な人間関係構築のために努力することなどが挙げられます。

常にメモを取る

初めて行う仕事はもちろん、手順が覚えられない仕事や疑問点など、業務に関することは何でもメモを取りましょう。その際、ただメモに残すだけでなく、その日のうちにメモを使って業務内容を頭の中で反復し、次のアルバイトのときにできるだけスムーズに取り組めるようにするのが大切です。疑問点については先輩スタッフに早い段階で質問しておきましょう。
また、アルバイトに限らず、社会において仕事内容をメモに残さない人は「やる気のない人」と捉えられてしまう可能性が。メモをとっていなくても業務ができれば評価される場合もありますが、「以前伝えた内容について聞く」のは減点対象となることが多いです。業務態度への評価のみならず、信頼関係面への影響も大きいといえます。「自分は覚えていられるから大丈夫」と安易に考えず、必ずメモはとっておき、質問をする前に見返すと良いでしょう。

分からないことは質問する

自分から質問するのが苦手でどう聞けばよいか分からない、せっかく教えてもらったのに疑問を抱いてしまったのが気まずい、質問して怒られて怖い思いをした経験があるなどの理由から、質問ができない人も多いようです。とはいえ、分からないまま仕事を進めると、大きなミスにつながり全体に迷惑をかけてしまう可能性も。一方で、新人からの質問を機に職場環境・業務内容の改善が行われたという例もありますから、疑問点があればその場で解消していきましょう。

挨拶をしっかりする

話すことやコミュニケーションが苦手、という人も挨拶はしっかり行いましょう。挨拶をしない人に対して良い印象を持つ人は少なく、良好な人間関係のためには挨拶は肝心だからです。

職場の人の名前を覚える

人間関係が心配な場合は、職場の人の名前を覚えて積極的に声を掛けるのもおすすめ。名札がある場合は、覚えるまで参考にすると良いでしょう。名札がない場合は、業務内容のメモをとる際に関わった人の名前を一緒に記名しておくと覚えやすいです。名前を呼ぶことで親近感や信頼感が生まれ、人間関係がスムーズになることが期待できます。

相談できる相手をつくる

同僚や先輩、上司など、職場に1人はなんでも相談できる相手をつくると良いでしょう。仕事に関する悩みを気軽に相談することができます。

仕事に慣れない。悩み解決のヒントは?」でも仕事に慣れるポイントをご紹介していますので、あわせて参考にしてください。

アルバイトに行くのが怖いと感じる理由と解消法

ここでは、アルバイト先へ出勤するのが怖い場合の対処法を、理由別にご紹介します。

人間関係がうまくいっていない

アルバイト先の人間関係の中でも、対象と対処法は異なります。

同僚が怖いとき

同僚との人間関係トラブルの場合、相手があなたに対して業務上の姿勢・対応に不満がある、コミュニケーション不足で信頼関係が築けていないなどが考えられます。まずは勇気をもって笑顔で挨拶し、コミュニケーションをとりましょう。業務を行う際は、「連携」を意識することが大切。相手が今なにをやっているのか観察し、自分がすべきことをよく考えて行動していきます。それでも解消できないときは、上司に相談しシフトがかぶらないようにしてもらう、配属先を変えてもらうといった方法でも対処可能です。

上司が怖いとき

上司が怖いのは、同僚との人間関係と同じ理由であることもあれば、上司の性格・志向による部分が大きいことも。上司との関係改善を図るには、上司の性格や考え方を知ると良いでしょう。中には特定のスタッフとは仲が良いという上司もいるので、スタッフ間で情報共有するのも有効です。
とはいえ上司が怖いのは、人間関係トラブルの中でも特に対処がしづらいもの。「上司が怖いと感じるのはなぜ?萎縮する原因の分析が重要!対処法も解説」も参考にしながら取り組んでみてください。

お客さまが怖いとき

こちらのミスでお客さまを不快にさせてしまうこともあれば、お客さま自身の気分が最初から良くないということも。お客さまとのトラブルを起こさないためには、ミスのない業務を行うこと、常に笑顔で対応すること、相手の立場になって考えること、冷静に上司や先輩に相談し判断を仰ぐ・対応を変えてもらうことが重要といえるでしょう。

業務に対して不安がある

業務がうまくできない、ミスをしてしまうといった不安感は、先述したメモで解消することが可能です。自分自身でなぜ仕事がうまくできないのかを振り返り、思い当たる行動を変えていきましょう。
それでも不安が残るときは、先輩スタッフに相談し、アドバイスをもらうのがおすすめです。

アルバイト初日に行くのが怖い

アルバイトの初出勤は誰でも緊張するものです。中には、アルバイト初日で行くのを辞めようか迷っている方も少なくありません。アルバイト初日の怖さを克服するためには、次の3つを意識してみましょう。

・元気な挨拶を心がける
・分からないことは聞いて、メモを取る
・敬語で話す

人間関係は第一印象が大切。大きな声で元気よく挨拶するだけで、印象はかなり良くなります。バイト初日が怖いと感じている方は、ぜひ参考にしてください。

アルバイトに行くのがどうしても怖いときは

アルバイト先は1つではないため、どうしても怖い、現状を回復できないといった場合は別の場所を探してみても大丈夫です。「次のアルバイト先でも人間関係や業務になにかあったら」と不安に思っても、その一方で自分に最適な場所が見つかる可能性もあることを覚えておくと良いでしょう。

アルバイトに応募するのが怖いと感じる理由と解消法

ここでは、アルバイトに応募することが不安と感じる理由とその対処法をご紹介します。

自信のなさからくる不安

得意なことがない、褒められた経験が少ない、失敗することが多いといった人は、自信のなさからアルバイトに応募するのが怖いと感じたり、不安を覚えたりすることも。人は経験を積まなければ成長できないと考え、チャレンジしてみましょう

アルバイト先に馴染めるか分からなくて怖い

アルバイト先の人間関係や業務内容に馴染めるのかといった不安は、「やってみなくては分からない」というのが実状です。本人の得意分野とは違う業務内容であれば馴染める可能性は低いですし、人間関係も個々のコミュニケーション能力やほかのスタッフとの相性によるところが大きいので、やはり一度挑戦してみる必要があるといえるでしょう。

ブラック企業ではないか不安

アルバイト先がブラック企業であるかを判断するのは難しいですが、常に求人票が展開されている場合は「入職してもすぐ人が辞めてしまう」ような職場環境であることも。事業拡大に伴う採用を行っている可能性もあるため一概にいえないものの、目安の一つにすると良いでしょう。

応募のための電話への苦手意識

電話が苦手な人は、事前に伝える内容をメモに書いておき、相手からの質問にもスムーズに答えられるようにしておきましょう。また、メモは空欄も残しておき、相手から伝えられるアルバイト面接の日程・持ち物などについて書けるようにしておいてください。

面接への苦手意識

面接が怖いという意識も、事前の準備を行うことで軽減できます。服装や持ち物の確認はもちろん、あらかじめ想定される質問とその回答を考えておきましょう。職務の空白期間があると、ほとんどの会社でなぜ働いていなかったのか、空白期間に何をしていたのかを問われます。「アルバイトで脱ニート!面接に必要な対策とは」では、面接対策について解説しているので、確認しておきましょう。

アルバイトの面接で落ちても気にしない

アルバイトの採用では、「土日祝に入れる人を優先したい」「夜勤中心に入れる人を探している」など、シフトの関係上で合否を決めることがあるため、学歴や経験に関係なく不採用になることがあります。不採用の連絡を受けると、対策をして面接に臨んだ分だけショックは大きく「また応募するのが怖い」と思うのも当然ですが、面接に落ちたことにとらわれていてはチャンスを逃してしまう可能性も。どのような経歴を持つ人物であっても、必要なタイミングでなければ採用に至らないこともあると前向きに考え、次のアクションを起こしましょう。

アルバイト面接の対策ポイント

店舗や会社の都合によって合否が決まることもあるアルバイトですが、面接対策はあらかじめ行うのが前提です。以下を参考に面接に臨みましょう。

志望動機

正社員の面接のように、企業理念や将来のビジョンに触れなければならないといった暗黙のルールはありません。家から近く通いやすい、もともと商品のファンで価値を広めたい、生活費を稼ぎたいといった内容でも大丈夫です。

長所や短所

長所は応募先の仕事内容に活かせる内容がおすすめ。短所は長所を言い換えると矛盾が生じません。

例:長所→集中力がある 短所→熱中すると周囲が見えなくなる
  長所→協調性がある 短所→自分の意見を押し出せないことがある

長所が思いつかないときは、短所を言い換えてみると良いでしょう。

仕事内容を事前に予習しよう

アルバイトへの不安を減らすには、具体的な仕事内容をあらかじめ知っておくのも有効です。企業のWebサイトには事業内容や展開店舗などの情報が記載されているため、参考にしてみましょう。社内の雰囲気を紹介している企業もありますが、人間関係に関しては個人によって感じ方に差があり参考にならない可能性も。業務内容を知るためのツールとして活用しましょう。

また、接客業であれば、実際に店舗に足を運んでスタッフの雰囲気や業務内容の一部を確認することも可能。面接のときに「店に来たことがあるか」といった質問で回答しやすくなるほか、「スタッフの雰囲気に惹かれた」など志望動機にもなり得ます。

バイトではなく正社員を目指している、基本的な面接マナーが知りたいという方は、転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、若年層特化型の転職エージェント。扱う求人の多くは未経験歓迎です。「正社員経験が1度もない」「未経験の職種に挑戦したい」という方はもちろん、「自分に合った職種が知りたい」という方もぜひご利用ください。専任の転職アドバイザーが、多くの転職希望者をサポートしてきた経験から、あなたの適性やスキルに合わせた求人をご紹介。応募書類の作成方法や面接対策のコツなどもしっかりとお伝えしています。「コミュニケーションに不安がある」という方は、納得するまで何度でも模擬面接を行うことも可能!サービスはすべて無料で利用していただけます。お気軽にお問い合わせください。

アルバイトに対する不安を解消するQ&A

ここでは、アルバイトに対する不安を解消できるよう、よくある疑問に答えていきます。

アルバイトへ応募・電話するのが怖い…。

アルバイトへの応募を含め、未体験のことに挑戦するのは緊張を伴って当然です。特に相手の表情が見えない電話に苦手意識を感じる人は多く、怖いと思っても仕方のないことといえるでしょう。しかし、電話への苦手意識を克服・軽減することは可能です。「ニート脱却してバイトをしたい!応募電話で緊張しない方法や会話例を紹介」をご覧ください。

アルバイト初日を終えたもののもう行くのが怖い…。

アルバイトに対して恐怖心を抱くのは人それぞれ違う理由があり、おかしなことではありません。特に初めてのアルバイトだったり、アルバイト経験があってもこれまで辛く感じたことが特になかったりする場合、なんらかの原因で「怖い」と思うのは当然です。恥ずかしいことではないので、まずは環境になれること、現状をよくすること、無理をしないことに努めましょう。

アルバイトが怖い人におすすめの仕事はある?

怖い理由によっておすすめのアルバイトは異なります。人間関係が怖ければ工場作業員やデータ入力といった一人でできる仕事内容のものを、体力に自身がなければシフト制の職種などが挙げられるでしょう。「ニート脱出におすすめのバイトは?正社員として就職できる?」でもおすすめのアルバイトを紹介しています。

怖いという理由でアルバイトを辞めると就職に不利?

履歴書には退職理由を細かく書く必要はなく、面接でも前向きな答えを示すことが基本のため、就職で不利になる可能性は低いです。履歴書の書き方については「引越しのための退社は履歴書にどう書く?退職理由の書き方を確認しよう」をご参照ください。ただし、就職に対する不安感は面接で伝わりやすいため、あらかじめ払拭しておきましょう。

この記事に関連するタグ