フリーターを続けて後悔…その理由とは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・収入が少なく、貯金が難しいなどの経済的な理由でフリーターを後悔する人は多い
    ・不安定な雇用であることや福利厚生が適用されないなどの待遇面も後悔する理由として挙げられる
    ・フリーター生活に不安を感じている場合は、早めに正社員を目指そう

パートやアルバイトは正社員よりも責任感が軽いと思う場合が多いため、「フリーターのまま過ごしたい」と感じている人もいるのではないでしょうか。
一方で、「ちゃんと就職しておけば良かった…」と後悔している人もいるのが現状です。
それでは、何故フリーターであることを後悔してしまうのでしょうか。
当コラムでは経済面や待遇面からその理由を紹介します。
フリーターから脱出したいと考えている方はぜひご一読ください。

◆フリーターを後悔する理由:経済面

経済的な理由からフリーターである状況に後悔している人がいます。

・収入が少なく生活が厳しい

収入が少ないことから、趣味や外食などに金銭を回さずに過ごしているという人もいるようです。
なるべくお金を使わないように自炊をし、休みの日は外出しないという選択をしている人も。

・昇給や賞与のチャンスが少ない

パートやアルバイトなどの場合は、昇給したり賞与が貰えたりする機会が少ないのが現状です。
長く勤めていてもこのようなチャンスが少ないとモチベーションが下がってしまうことも考えられます。

・貯金が難しい

働いて得た収入は家賃や生活費に消えてしまうため、貯蓄ができないこともフリーターを後悔する理由の1つとして挙げられるでしょう。
バイトを掛け持ちしても大きな稼ぎが得られる訳ではないので、悩みを解消するには難しいと言えます。

常に生活を圧迫されたり、貯金ができなかったりと、収入面における後悔は大きいと考えられるでしょう。

◆フリーターを後悔する理由:待遇面

フリーターは、待遇面においても後悔することがあります。
企業によって異なりますが、特にアルバイトの場合は下記のようなデメリットがあると言えるでしょう。

・雇用が不安定

フリーターは雇用が不安定であるため、将来に不安を感じながら過ごしているという人も少なくありません。

・研修制度が適用されない

知識や技術を高められないまま、フリーターとして働き続けている人もいるのではないでしょうか。
研修制度はアルバイトに適用されないことが多いため、スキルアップしたい人にはデメリットと言えます。

・福利厚生が適用されない

企業によっては一部のみ適用される場合がありますが、基本的にアルバイトには福利厚生が適用されないのが現状です。
正社員は給与だけでなく、資格取得支援制度や各種手当などのさまざまな福利厚生を受けることができます。

ある程度フリーター生活を続けていると、正社員との待遇の違いに不満を感じることもあるのではないでしょうか。
安定した雇用で、生活を安定させたいと感じているフリーターは多いと言えるでしょう。

◆フリーター生活に不安があるなら

フリーター生活に不安を感じている方は、早めに正社員を目指すのがおすすめです。
就職市場では、年齢が上がるにつれて経験やスキルを求められるようになります。
若いほどポテンシャル採用のチャンスがあり、未経験職種にチャレンジしやすいと言えるでしょう。

アルバイト経験が活かせる職種を希望する場合は、業務を通して身につけたスキルを積極的にアピールしましょう。
バイト先での成果や実績を伝えられれば、即戦力として活躍できる可能性があります。

「就活をしたいけど、何から始めたら良いかわからない」「内定をもらえるか心配…」という人は、就職エージェントに相談してみませんか。
ハタラクティブでは、20代に特化して就職活動をサポートしています。

専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、あなたにマッチした求人を提案。
応募書類の書き方はもちろん、自己分析のお手伝い、模擬面接、就活の悩みに対するアドバイスなどを行っています。
ハタラクティブの手厚いサポートを受けながら正社員を目指しましょう!



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、1,700人以上の方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ