新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 高学歴でフリーターを続けても大丈夫?非正規の危険性と正社員になる方法

高学歴でフリーターを続けても大丈夫?非正規の危険性と正社員になる方法

公開日:

最終更新日:

高学歴でフリーターを続けても大丈夫?非正規の危険性と正社員になる方法の画像

【このページのまとめ】

  • ・高学歴フリーターを続けると、年齢や経験不足から正社員への就職が難しくなる
  • ・就活の失敗や高い理想がある人は、高学歴フリーターになりやすい
  • ・非正規雇用のままだと、昇給や昇進のチャンスを得られない可能性がある
  • ・就職を成功させるには、キャリアプランの構築や自己分析など早めの行動が重要
  • ・就職しやすい企業や第二新卒枠を選んで、高学歴フリーターから脱却しよう

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

高学歴でフリーターを続けていてもいいのだろうか…大学を出ても、アルバイトとして働いている自分に不安を抱えている人も多いでしょう。
フリーター期間が長くなると、たとえ高学歴であっても就職が難しくなります。しかし、早めに行動すれば、正社員への就職は十分に可能です。このコラムでは、高学歴フリーターから正社員を目指す方法をご紹介。フリーター生活から抜け出したい人は、ぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

高学歴だけどフリーターを続けても大丈夫?

高学歴でフリーターを続けると、将来に大きな影響を及ぼす可能性があります。
大学・大学院を卒業してからフリーターになった場合、これまで学んできたことを就職に活かせなかったとみなされ、採用時に企業へマイナスなイメージを与えてしまう恐れがあるでしょう。また、フリーター期間が長くなることで年齢が上がると、学歴よりも実務経験やスキルを重視される傾向にあるため、就職が難しくなることも。
就職が不利になりやすい要素を増やさないためにも、フリーターとしての生活が長くなる前に行動を始めれば、十分に就職できる可能性があるでしょう。

高学歴フリーターから就職するためのポイントについては、「高学歴フリーターから抜け出すには?現実と就活のコツ!」でも詳しく解説しているので、併せてご覧ください。

高学歴でフリーターになりやすい人が抱えている3つの特徴

高学歴でも就職できなかった人には、主に3つの特徴があります。

就活が上手くいかなかった

自分が希望する就職先から内定がもらえず、そのままフリーターに至ってしまう場合があります。
大手企業や一流企業は競争率が高く、内定取得は難しいもの。万が一落選しても、ベンチャー企業や中小企業など十分な選択肢があります。しかし、高学歴にこだわり、就職先の理想を高く設定している人も少なくありません。そのため、望んでいない企業からの内定は断ってしまう人も多いようです。

やりたいことが見つからない

学生時代にやりたことが見つからず、就職先が決まらないまま卒業してしまう人がいます。
また、学歴やスキルに自信があるぶん、妥協せず自分に合った仕事を探し求めたり、フリーターを続けながら就きたい仕事を見つけようとしたりする人も多いようです。
しかし、自由が利くフリーター生活から抜け出せず、なかなか就活に踏み切れないことも。「高学歴だから大丈夫」と気楽に考えてしまうと、やりたいことが見つからないまま、フリーターをだらだら続けてしまう恐れもあるでしょう。

自分の理想を追い続けている

将来の夢や理想を追うために、大学卒業後もあえてフリーターを選択する人がいます。
歌手や俳優、専門性のある職種などを目指している場合は、フリーターとしてアルバイトをしながら専門学校に通ったり、資格の勉強をしたりする人もいるようです。
夢を持つことは将来へのモチベーションにもつながる反面、日常生活の忙しさに追われて就職のタイミングを逃してしまう恐れもあるでしょう。
それでも、「自分は夢を実現させるために頑張っている」と就職していないことを正当化してしまう人もいるようです。

高学歴フリーターが抱える現状については、「高学歴ニートの脱出方法!」でも詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

高学歴フリーターが増えている背景とは?

高学歴でフリーターになった人の背景には、社会的状況や個人の事情など、人によってさまざまです。ここでは、高学歴フリーターになる主な理由について解説します。

不景気の影響

高学歴フリーターの増加には、経済状況も大きく関わっています。
2008年のリーマン・ショック以降、世界的な経済悪化による就職への影響として、新卒採用を中止した企業が増加しました。また、採用を止めたことでその後の人材確保や育成などの採用力を下げてしまった企業も少なくありません。
これらの状況下で行う就職活動は、高学歴であっても就職できるか分からないことへの不安につながります。そのため、企業の将来に期待が持てず、就職自体を諦めてしまう人も多いようです。

やりたい仕事に就けない

大学で身につけた知識やスキルを活かせる職種が見つからず、高学歴でもフリーターを選択せざるを得ない場合があります。また、企業や職種によっては新卒採用を行っていないことも。
その際、自分が目指す方向とは別の道に進むか、そのまま就職を諦めてしまう人もいるようです。
フリーターを選んだ場合、大学卒業後はアルバイトで生計を立てていくことになります。しかし、就職したくても求人が見つからなければ、フリーター生活から抜け出せなくなってしまう可能性もあるでしょう。

高学歴でもフリーター生活をする理由は人それぞれです。詳しく知りたい方は「高学歴なのにフリーター生活をする理由とは?」をぜひご覧ください。

高学歴フリーターはどれくらいいる?

文部科学省「調査結果の概要(高等教育機関)」のデータによると、平成31年3月に大学を卒業した人数は572,639人。その中で卒業後に就職をした人数は446,794人で、全体の約78.0%を占めています。
また、就職者約78.0%のうち、非正規雇用で就業した人は約2.8%です。統計上では高学歴フリーターが少ないように見えますが、就職後の短期離職者が含まれていないためといえるでしょう。
さらに、大学卒業後に進学・就職をしなかった人数は38,232人であり、卒業者全体の約6.7%が進路不明確。これらを含めると高学歴フリーターの人数はもう少し増えることが推測されます。

調査結果の概要(高等教育期間)[卒業後の状況調査](13p)の表

 

引用元:文部科学省「調査結果の概要(高等教育期間)[卒業後の状況調査](13p)

高学歴フリーターは、学歴があることから大手や有名企業のみに就職先を絞ってしまい、なかなか就職先が決まらない状況に陥ることも少なくありません。
スムーズに就職を成功させるためにも、自分の志向や適性を十分に見極めたうえで就活を行うことが大切です。

参照元
文部科学省
調査結果の概要(高等教育期間)[卒業後の状況調査]

高学歴でフリーターを続けることに悪影響はある?

高学歴でフリーターを続けると、就職が難しくなるだけでなく、日常生活に影響を及ぼす可能性も。
ここでは、主に考えられる例を解説します。

高学歴が無駄になる

フリーターは、学歴が大きな影響を与えることはありません。
アルバイトは誰にでもできる仕事が多いため、たとえ高学歴でも給料や仕事内容がほかの学歴をもつ人々と同等の扱いになる可能性があります。
一方、正社員は採用時に学歴が重視され、給料が優遇される場合があります。これまでに大学で学んできたことを無駄にしないよう、高学歴を活かして就職することが望ましいといえるでしょう。

高学歴でもキャリアアップが困難になる

アルバイトは、企業からの評価対象にならないことが多いため、キャリアアップが難しくなります。
一般的に、役職のあるポジションや責任を伴う仕事は正社員の役割です。そのため、アルバイトで経験を積んでも、やりがいのある仕事を任せてもらえない可能性があるでしょう。
自分の将来を描くためには、評価制度によって昇給や昇進のチャンスがある正社員への就職がおすすめです。

ニートやひきこもりになる可能性がある

フリーターを続けていると、同世代との格差から「自分は孤立している」と感じるようになり、ニートやひきこもりになる恐れがあります。
また、金銭的な理由から実家生活を続ける人も多く、社会的に自立できないことへのプレッシャーから、精神的に気を病んでしまうことも。さらに、フリーターのまま年齢を重ねると就職自体も困難になり、社会復帰ができなくなる状況に陥ることも少なくありません。
「自分は高学歴だから大丈夫」と安堵することなく、早めに就職を考えることが重要といえます。

高学歴フリーターが就職するためにやるべきこと

高学歴フリーターから就職を目指すためには、自分自身としっかり向き合い、早めに就活準備を始めることが重要です。ここでは、就活時に取り組むべきポイントをご紹介します。

早めに行動へ移す

一般的に、企業は若い人材を求める傾向にあるため、なるべく20代のうちから就活を始めましょう。
企業によっては、20代後半でも若手として人材育成を行ってくれます。また、高学歴フリーターの中には、過去に経験した就活の失敗から、働く意味を見失っている人も多いようです。高学歴を十分に活かすためにも、仕事に対する意識を改め、就職できるチャンスが多いうちに行動しましょう。

自己分析をする

自分に合った仕事を見つけるためには、丁寧な自己分析が重要です。
フリーターを長く続けていると、自分のやりたいことや向いている仕事が不明瞭になっている場合があります。自分を客観的に振り返ることで、長所や短所、価値観などが明確になり、より適性のある就職先が見つけやすくなるでしょう。また、自己分析ができれば企業とのミスマッチを避けられるので、早期離職を防ぐことにもつながります。

キャリアプランを構築する

自分が5年後、10年後にどうなりたいかを深く考えて、キャリアプランを立てましょう。
将来の目標を定め、それに向けて何をするべきかのキャリアプランを決めることで、具体的な行動ができます。また、キャリアプランを明確にすれば、入職後も目標達成に向かって努力し、モチベーションを保つことが可能です。さらに、高学歴は就職時の十分な強みになります。採用面接では、キャリアプランについて質問されることが多いため、高学歴を活かしたキャリアプランの説明ができれば、企業側から高評価を得られるでしょう。

資格に頼らないようにする

資格は就職で有利になることが多いものの、必ずしも内定を獲得しやすいとはいえません。
特定の資格が必要な職種は、多くの応募者が同じ資格をもっている場合があります。その際、採用担当者は資格以外の強みをみて、内定者を決めることが多いようです。
企業側から必要とされる人材として判断してもらうためには、自己分析で資格以外にアピールできる強みをできるだけ多く見つけておきましょう。

就職に学歴は関係ある?学歴以外でアピールする方法」では、就職における学歴の重要性や学歴以外のアピールについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

高学歴フリーターが不利にならない就職先を見つけよう

高学歴フリーターから就職を成功させるためには、幅広い視野をもって企業を探すのがおすすめです。また、第二新卒として有利に就職できる可能性も。下記を参考に就活を始めてみましょう。

30代になるとフリーターから正社員就職は厳しくなる

早めに行動へ移す」でも述べたように、一般的に30代からは正社員としての採用率が低くなります。そのため、就職先には、未経験者や職務経験なしでも挑戦できる企業を選びましょう。
また、高学歴でも、フリーター期間を経てから大手や有名企業を受けた場合、周囲との差を感じて早期離職につながる恐れもあります。企業の知名度や大きさにこだわらず、自分の適性に合った職先を見つけることが重要です。

第二新卒枠を狙える可能性もある

大学卒業から1~3年後の25歳前後であれば、第二新卒として採用対象になる可能性があります。
第二新卒は、新卒と比較して社会人の基礎ができていたり、前職からの影響が少なかったりすることから、企業側にとって需要のある人材です。また、若いうちは実績で判断することが難しく、学歴が採用の判断基準として評価されこともあるでしょう。高学歴が有利に働くよう、第二新卒枠の求人を探してみるのもおすすめです。

高学歴を無駄にせずフリーターを抜け出したいなら、若年層向け就職エージェントのハタラクティブがおすすめです。
マンツーマンのカウンセリングから、一人ひとりに合った求人情報をご紹介します。また、履歴書の添削や面接対策なども行っているので、久しぶりに就活を始める方も安心です。
登録・利用料は無料。ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ