営業職とは何をする仕事?向いてる人の特徴や男性・女性別の年収を解説!

営業職とは何をする仕事?向いてる人の特徴や男性・女性別の年収を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 営業職とは、顧客に自社のサービスや商品の購入を促して契約を取り付ける仕事のこと
  • 営業職には「対人スキル」「分析力」などがある人が向いている
  • 営業職には、「メーカー営業」「システム営業」などさまざまな種類がある
  • 営業職とは、顧客のリサーチや商品の手配など業務が多岐に渡る
  • 営業職には、「結果が給与に反映される」「人脈を広げられる」などのやりがいがある

営業職に興味を持っている人の中で、「営業職とはどんな仕事?」「向いてる人の特徴は?」などの疑問がある人も多いのではないでしょうか。営業職とは、自社のサービスや商品で、客の願望に答え課題解決して契約に繋げる仕事のことで、年齢を問わずに活躍できる業種です。このコラムでは、営業職の種類や販売職との違い、未経験者におすすめの業種を解説しています。営業職への転職に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

営業職とは

営業職とはの画像

営業職とは、自社のサービスや商品で、顧客の願望に答えたり課題解決したりすることをアピールして、契約に繋げる仕事のことです。営業が契約を取り付けて商品やサービスを提供することで、売上が発生するため、企業にとって営業の存在は欠かせません。
「営業職=対面で客と関わる」というイメージがある人も多いでしょう。しかし、営業職の中には、電話でアポイント(会う約束)だけを取り付ける「テレアポ」や、電話やメールだけで契約に繋げる「インサイドセールス」などがあります。

どのような形態であっても、営業職に求められるのは、コミュニケーション能力や課題解決力です。それらは、客の悩みを解決したり願望に答えたりするために必要となります。
また、営業職は「自社と他社の違い」を意識することも大切。顧客に契約してもらうには、商品やサービスの良さだけでなく、競合他社と比べた自社の良さをアピールすることも必要だからです。

販売職との違い

販売職と営業職は「客に何かを売る」という点で共通していますが、客の購入意思が異なります。販売職は店に来た客の商品購入をサポートする仕事です。来店した時点で客はその店に興味がある状態なので、購入意思は高めといえるでしょう。
営業職は、自社の商品やサービスを知らない客に対して、営業活動をして購入や契約を促す仕事です。さらに、単に「売る」だけでなく、相手が抱える課題や疑問を解決できる提案をする点も、販売職と大きく異なります。営業職だけでなく販売職についても詳しく知りたい方は「活躍の場は多い?販売職のやりがいと仕事内容とは」をご覧ください。

営業職はきつい?向いてる人の特徴

営業職はきつい?向いてる人の特徴の画像

「営業職はきつい」と言われることもありますが、適性がある人にはやりがいを実感できる職業でもあります。特に、コミュニケーション能力や説明能力といった対人スキルがある方は、営業職として活躍できるでしょう。営業職に向いている人の特徴は以下も参考にしてください。

1.コミュニケーションスキルがある人

前述したように「営業の基本は対人」なので、営業方法・営業形態問わず人とのやり取りが発生します。そのため、相手の要望を聞きながら、自社商品やサービスを提案したり、自分の考えを正しく伝えて意思疎通できたりする人が営業職として活躍できるでしょう。発言するだけ・聞くだけでは結果につながらない可能性が高いといえます。

2.情報収集・分析スキルがある人

営業職には相手の求めていることや、市場で求められているニーズといった情報収集能力も重要。単純に「自社が売りたい商品」を案内しても、相手が欲しいとは限りません。情報収集能力や分析スキルがある人であれば、相手のニーズを理解し、需要に合った提案が行えるでしょう

3.相手に分かりやすく伝えるスキルがある人

営業職には、難しい内容や専門的な話を、分かりやすい表現に置き換えて顧客に伝える能力も重要です。相手が自社商品の分野に詳しくないこともあります。専門用語を使わずに商品の特徴を伝えられるのは、営業職として強みになるでしょう。

4.対応力がある人

相手と対面する営業職は、その場の対応力が求められます。商品に対する疑問を聞かれたり、些細な相談をされたりすることもあるため、想定外の内容でも、相手を不安にさせない対応が必要です。あらかじめ、聞かれやすい質問をまとめたり、すぐに答えられないときの対応方法を考えたりすることで、相手との信頼関係が築けるでしょう。
営業に就職するには?自分に合った求人選びのコツやおすすめの業界をご紹介」では、営業職に不向きな人の特徴も紹介しているので、あわせてご覧ください。

営業職の種類

営業職と聞いて思い浮かべるのは「新規営業」や「訪問営業」「飛び込み営業」でしょう。しかし、一口に「営業職」といっても、営業相手や営業方法はさまざまです。

営業相手による分類

以下は営業相手によって分類した営業職の種類です。

個人営業

個人消費者を対象とした営業スタイルで、金融や車、住宅など生活に直接関係する商品を取り扱うのが一般的。法人に比べて顧客の感情をダイレクトに受ける一方、対人関係を築きやすい特徴もあります。

法人営業

法人営業は、法人(企業)に対して営業を行う方法です。個人営業に比べると、より高い水準のビジネスマナーや問題解決能力が求められるのが特徴。営業に成功すると大規模な契約につながることも珍しくありません。

営業方法による分類

以下は営業方法によって分類した営業職の種類です。

新規営業

新しい顧客を探して開拓するのが、新規営業です。営業職のイメージとして定着している「飛び込み」や「テレアポ」などが該当します。契約成立に至るまでが難しい傾向にあるため、強いメンタルが必要なようです。

ルート(既存)営業

ルート営業は、ルートセールスや御用聞き営業とも呼ばれており、すでに取引をしている企業や個人に対して、さらなる営業を掛けます。納品の際に新たな商品の情報を提供したり、ほかに必要なものがないか確認したりして次の契約を取るのが主な業務です。

深耕営業

既存客に対して、新たなニーズを見つけて取引を増やす営業方法。ルート営業と似ていますが、顧客とより深い関係性を築くことが必要です。「深耕」の名のとおり、顧客をより「深く耕して」ニーズの拡大を狙います。

営業場所による分類

以下は営業場所によって分類した営業職の種類です。

訪問営業

事前にアポイントを取ったうえで、顧客を訪問して営業を行います。営業の基本スタイルで、訪問数が結果につながる場合が多いようです。

飛び込み営業

アポイントは取らず、突然訪問するスタイルの営業。訪問営業の一種ではありますが、突然訪問するため相手に拒否されることも多いようです。飛び込み営業に興味がある方は「飛び込み営業とはどんな仕事?成功のコツや向いている人の特徴を紹介」もあわせてご覧ください。

内勤営業

訪問営業や飛び込み営業とは異なり、オフィス内で営業を行います。内勤営業の代表は、電話だけで営業を完結させる「テレコール」やメディアを利用して宣伝を行い、それに興味を示した顧客に対して営業活動を行う「反響営業」。
よく聞く「テレアポ」は、あくまでも電話でアポイント(会う約束)を取り、営業活動は対面で実施します。

営業形態による分類

以下は営業形態によって分類した営業職の種類です。

メーカー営業

メーカー系の営業職は、主に自社商品とサービスの売り込みを実施。BtoB営業が大半を占めるため、ビジネスモードの人間関係を上手く構築できる人が活躍するでしょう。メーカーによっては、海外営業を行うこともあります。

代理店営業

自社商品を販売してくれる代理店に対して行う営業職。顧客はあくまでも代理店であり、エンドユーザー(個人消費者)ではないのが特徴です。

システム営業

技術やテクノロジーに関する知識を活用する営業職。顧客の課題解決に向けて技術的な知識を用いて、商品やシステムを提案します。

面接で「営業職とは何か?」と聞かれたときは
面接時に採用担当者が、応募者の「会社に対する熱意」や「営業職への理解度」を確認するためにこの質問をすることがあります。まず結論を述べ、次に結論に至った理由、最後に「営業職としてどのような仕事がしたいか」を伝えて締めましょう。この質問に回答するには、自己分析や企業研究をしっかり行い、「営業職」に対する自分自身の考えを持っておくことが必要になります。

営業職の勤務の流れ

営業職の勤務の流れの画像

営業職は、仕事を取ってくるだけでなく、顧客のリサーチや商品の手配、アフターフォローなども行います。営業職の種類や勤務先によって異なりますが、主な仕事の流れは以下です。

1.顧客のリサーチ

営業職では、顧客に商品やサービスをアピールするために、まず顧客についてリサーチする必要があります。顧客のニーズや課題に合うアピールをすれば、商談が成功しやすいからです。

2.営業活動や見積もりの作成

顧客のもとへ日々足を運んで信頼関係を築いたり、商品やサービスの見積もりを作成することも営業職の仕事の一つ。営業活動では、顧客の懐に入り込むためのコミュニケーション能力が必要になります。見積もり作成の際には、数字などにミスや漏れのない見積もり書が必要とされるため、正確性が求められるでしょう。

3.商品やサービスの手配

商談が成立した場合は、営業職が商品やサービスを手配します。顧客に一番近い存在である営業職は、手配の際に、顧客の要望に沿った内容になっているか確認が必要です。

4.納品

納品が完了したか、商品に欠陥品がないか確認することも営業職の仕事です。ここでミスが起こった場合、早急かつ臨機応変な対応が求められるでしょう。責任を持って、最後まで商品やサービスを見届けることで、顧客への信頼を得ることに繋がっています。

5.アフターフォロー

一連の業務が終了したあとの顧客へのアフターフォローも営業職の重要な業務です。納品後に不具合やトラブルがあった場合は迅速に対応します。迅速かつ丁寧にアフターフォローをすることで、顧客満足度が向上し、良好な関係性を築けます。また、その後の新たな商品やサービスの営業活動も続けやすくなります。

営業職の4つのメリット

営業職として働くメリットには、以下の4つがあります。

1.どんな企業でも通用する力が身につく

営業職では、市場のリサーチや顧客へのアポ取り、商談の進め方などの業務をこなすことで仕事の基本を学べます
上記以外にも、スケジュール管理能力や仕事の優先度の判断能力、コミュニケーション能力といった「ビジネスの基本」が身につくのは大きなメリットでしょう。

2.頑張り次第で収入を増やせる

営業成績に準じてインセンティブを設ける企業であれば、頑張りを給与に反映させることが可能です。特に販売価格の大きな商品はインセンティブも高く設定される傾向が強め。個人営業なら車や不動産が該当します。

3.年齢や経験を問わずに活躍できる

営業職は成果がはっきりと数字で示されるため、学歴や職務経歴、年齢などに関係なく実力で評価されます。実力があると判断されれば、高評価を得たりキャリアアップにつなげたりすることも可能です。

4.社外の人脈を増やせる

自社商品を社外の人に紹介するのが営業職の仕事。内勤に比べて社外に人脈を築きやすいため、仕事に対する視野が広がったり、転職の際に声をかけて貰えたりすることもあるようです。

そのほか、営業職のメリットについては「未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」でも触れているため、ぜひ参考にしてください。

営業職のデメリット

営業職の多くはノルマや目標が定められており、結果が重視されやすい傾向です。多くの営業職の方が感じる苦労を以下にまとめました。

・ノルマや目標がある場合が多い
・常に数字に追われている感覚になる
・初対面の人と上手くコミュニケーションを取る必要がある
・結果を重視する傾向が強い
・営業方法によっては精神的に辛くなる
・不規則な勤務となる場合がある

ノルマや目標は、達成すれば評価や給与につながる一方、未達成なら業務量が増えたり再度営業を行ったりしなければならないことも。また、「営業職は契約がすべて」と考える企業もあるため、契約までのプロセスや努力は評価対象にならないケースもあるようです。そのため、就業時間後や休日の営業など不規則な勤務になる可能性もあります。
そのほか、常に数字を気にしなければならず、初対面の人と話す機会が多く緊張してしまうことを苦労と捉え、ストレスに感じる人もいるでしょう。

【男性・女性別】営業職の年収

この項では、厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」のデータをもとに集計した、営業職の年収例を男女別で紹介しています。営業職を目指す方は参考にしてみてください。

  年収想定額
男女計 450万6,200円
男性 515万9,900円
女性 329万1,800円

引用:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査

上記の表から分かるように、営業職の年収は男女計で約450万円です。男女別にみると、男性が約516万円、女性が約329万と約190万円の差が発生しています。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査

未経験者におすすめの営業職とは?

営業職の中でも、特に未経験者におすすめなのは「法人営業」「広告営業」「保険営業」の3つです。営業職は多くの企業に存在する職種であり、売上に直結する仕事なので転職求人数が多いといわれています。さらに、学歴や職務経歴、資格の有無を問われないことも多いので、未経験でも挑戦しやすいでしょう。

法人営業

営業職の中でも法人営業は企業を相手にするため、個人営業に比べるとアポイントを取りやすいといわれています。また、すでに関係性が構築されている例も見受けられるため、新規営業に比べて精神的な負担の少ない既存営業や深耕営業が多いことも。社内チームでの対応が基本になるといった点も、未経験者が挑戦しやすい理由です。

広告営業

商品やサービスを一般に広げるために、多くの企業では広告を利用しています。対象となる企業が多いので、営業職の経験が無くても営業を行いやすいでしょう。なかでも、求人広告を扱う人材系やメディア系の営業は、未経験歓迎の傾向が強いといわれています

保険営業

法人営業や広告営業とは異なり、基本的に顧客は個人となるのが保険営業。営業方法も、新規と既存どちらも実施します。近年では、昔ながらの「個人を訪問する」営業スタイルではなく、顧客が来店する来店型に切り替える保険会社が増えているようです。また、来店型の保険ショップに対して代理店営業を行う例もあります。必ずしも「保険営業=個人営業」ではないのが実情です。

営業職とはどんな仕事?に関するお悩みQ&A

ここでは、営業職の仕事についてよくある質問に回答しています。 営業職に興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

営業職に向いてるのはどんな人?

営業職に向いてるのは、コミュニケーション力があり、情報の分析に優れている人です。顧客のニーズを汲み取る必要があることから、人の気持ちに寄り添える人も向いています。営業職というと「強気で個人プレーを好む人」を想像する方もいるかもしれませんが、営業スタイルは多岐に渡るので、必ずしもそのような人物が求められるとは限りません。まずは自己分析をして、自分にどんな営業が向いてるのか検討してみるのをおすすめします。「営業に向いている人はどんな人?」もあわせてご覧ください。

営業職にはどんな種類がある?

営業職は、その方法と営業先によって大きく分けられます。営業方法は、それぞれ新規顧客を開拓する「新規営業」、取引先にさらなる営業を掛ける「ルート営業」、既存客のニーズを掴んで取引の拡大を図る「深耕営業」の3種類です。また、営業先には、個人客向けの「個人営業」と法人向けの「法人営業」と2つあります。なお、新規営業とルート営業の違いを詳しく知りたい方は「ルート営業と新規開拓営業の違いは何?仕事内容と適性」の記事をご覧ください。

自分に合う営業職が知りたい

営業職は、「個人プレーを好むかどうか」「成果が目に見えたほうが良いかどうか」など、その人の性格によって適しているものが違います。念入りに自己分析を行ったうえで、多くの求人を見てみると良いでしょう。また、ほかの人からアドバイスを受けるのも有効です。ハタラクティブでは丁寧なカウンセリングを通じて、個人に適した営業職をご紹介します。営業職をお考えの方は、ぜひご利用ください。

営業職初心者におすすめの営業形態は?

数ある営業形態のなかでも、法人営業、広告営業、保険営業の3つが特におすすめです。これらは法人相手であったり、店舗型であったりするため、個人営業よりも難易度が低いとされています。1つ前の質問のように、個々人で向いている営業職は違うので、自分の性格から判断しても良いでしょう。「就活アドバイザーが教える!法人営業のお仕事」では法人営業について解説しているので、チェックしてみてください。

関連タグ

  • arrow