未経験でもできる仕事とは?正社員になれる職種や就活のポイントを解説

未経験でもできる仕事とは?正社員になれる職種や就活のポイントを解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・未経験でもできる仕事で正社員を目指すには「未経験歓迎」の求人を探す
  • ・未経験でもできる仕事では柔軟性や将来性、人柄の良さを求められる
  • ・未経験でもできる仕事には販売・サービス職、営業職、事務職などがある
  • ・資格が必要な仕事や経験が重視される仕事は未経験からチャレンジしにくい
  • ・未経験から就職するためには自己分析や企業研究、面接対策が重要

「正社員になりたいけれど、未経験でもできる仕事は少ないかも…」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。業界や職種によっては、未経験でも正社員を目指すことが十分可能です。
このコラムでは、未経験でもできる仕事の種類や応募する際のポイントについて解説しています。また、フリーターの方や30代・40代の方が就活を成功させるためのコツもご紹介。未経験の仕事にチャレンジしたい方はぜひ参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

未経験でも正社員を目指せる仕事はある!

未経験でも正社員として就職できる可能性は十分にあります。未経験でもできる仕事での就職を成功させるためには、「未経験者歓迎」と書かれている求人に応募することがポイントです。未経験者歓迎の求人は採用のハードルが低くなっていることが多く、内定を獲得しやすい傾向があるといえます。

企業が未経験を募集する理由

企業が未経験者を採用するのは、柔軟性・将来性のある人材を求めているためです。企業は業界の常識にとらわれない新たな発想を未経験者に期待しています。また、未経験者は業務に関する知識や先入観がない分、新たな技術を吸収し教育もしやすい人材といえるでしょう。これまでの経験やスキルよりも人柄を重視して採用するという企業も多くなっています。

「未経験OK」求人の3つのパターン

求人における「未経験でもできる仕事」には主に3つのパターンがあります。応募の対象となる人材がそれぞれ異なるので、以下の内容を理解しておきましょう。

業界未経験

職種を変えずに別の業界へ転職するパターンです。職種を通じた経験があるので、即戦力が期待される可能性があります。

職種未経験

「アパレル業界の事務→アパレル業界の企画へ転職」のように、同じ業界で異なる職種へ転職するパターンです。業界の知識があるため、職種が未経験でも歓迎される場合が多いといえます。

完全な未経験

業種も職種も異なる仕事から転職するパターンです。基本的な社会人経験があれば応募可能と考えて良いでしょう。

求められている人物像をイメージする
求人に記載されている「未経験」がどのような意味を持つのか、応募前にしっかりと確認することが大切です。求められているものを発揮できる仕事に応募することが、未経験でもできる仕事で内定を獲得するための近道といえます。

未経験でも正社員を目指せる仕事の特徴

未経験でもできる仕事の特徴を知ることで、未経験からのチャレンジでも内定に繫げることが可能です。経験がなくても就職できるのか不安でなかなか踏み出せないという方も、以下を参考にしながら未経験でもできる仕事を探してみましょう。

人手不足や成長業界で採用に積極的

業界全体が成長している場合、増員や新規事業進出のために未経験者採用が積極的に行われます。また、従業員の高齢化が進んでいる業界では、新しい人材の継続的な採用が必要不可欠のため、未経験者を歓迎する傾向があります。

教育制度が整っている

研修や教育制度が充実している企業は働く人の将来性を重視しているため、未経験者が受け入れられやすい環境といえます。未経験者を積極的にサポートする社風の中で着実にステップアップできるので、経験がなくてもスムーズに業務に慣れることができるでしょう。

専門知識や技術が不要

ルーティンワークがメインとなる仕事の場合、業務がマニュアル化され誰でも比較的短期間で覚えることができます。そのため幅広い年齢に向けて募集していることが多く、未経験でもできる仕事の中でも特にチャレンジしやすいといえるでしょう。

未経験でもチャレンジできる仕事の例

未経験でもできる仕事の具体的な例をご紹介します。

販売・サービス職

食品や雑貨、アパレル、商業施設のコンシェルジュなど、物やサービスを紹介・販売する仕事です。常に一定数以上の人員を確保する必要があるため、年間を通して比較的求人数が多くなっています。また、未経験でも応募可能な求人も多く、チャレンジしやすい職種といえるでしょう。
商品知識や接客スキルなどを日々の業務で無理なく身につけられることが、この職種ならではのメリット。自分の興味のある分野で応募先を探してみると、高いモチベーションで業務に取り組 むことができます。

求められるスキル

接客が主となる仕事なので、目指す際には言葉遣いや礼儀などのマナーはもちろん、コミュニケーション能力が重視されます。人と明るく接することができる、笑顔に自信がある、初対面の人とも臆せず会話できることは、就職活動において良いアピール材料となるでしょう。

営業職

営業職は求人数が比較的安定していて、未経験者を歓迎する企業も多い職種です。業種を問わず求められる職種なので、未経験でもできる仕事の中でも異業種への転職がしやすいのが特徴です。営業職で身につけた提案力やコミュニケーション能力は職種を問わず活かせることが多いので、就職未経験の方が今後のキャリアプランを考える上でも、チャレンジするメリットは大きいでしょう。
営業職は、商品のジャンルや単独制かチーム制かによって、仕事の進め方やモチベーションの保ち方が異なります。自分の適性や興味と合う営業職がどのようなものか、前もって見極めておきましょう。

求められるスキル

すべての営業に共通して求められる資質は、お客さまのニーズに迅速に応えられるためのリサーチ力やマーケティング力。加えて、人との付き合いが基本となるため、礼儀やマナー、コミュニケーション力も必要不可欠です。
営業職については「営業職とは何をする仕事?販売職との違いや営業の種類について解説!」でも詳しく解説しているので参考にしてください。

事務職

データ入力や総務などの事務職はルーティーンワークがメインで、業務の中で自然とスキルや知識を身につけることができます。比較的スムーズに習得できるため、未経験でもできる仕事の中でもチャレンジしやすい仕事といえるでしょう。
一方で、経理や財務、人事などは未経験での正社員採用が難しいのが現実ですが、アシスタントであれば未経験者でも応募可能なケースも。また、簿記などの資格があると採用に有利になる場合もあります。ただし、最近は派遣での雇用が増えているため、正社員採用はハードルが高い場合も。紹介予定派遣であれば、自分に合う仕事かどうかを見極めた上で正社員を目指すことが可能です。

求められるスキル

事務職はコツコツと物事を進めることが好きな人、正確に作業できる人におすすめです。データ入力などの業務であれば、タイピングやオフィスソフトのスキルがアピール材料になります。

IT系の技術職

IT系の仕事は、専門知識やスキルを使ってさまざまな物やサービスを生み出す技術職です。インターネットやスマートフォンの普及によって成長を続けているIT業界では、採用枠を広げる傾向が強く、未経験者でもチャレンジしやすい求人が多くあります。IT技術を活かして他領域への進出をする企業も増えているため、今後も継続した成長の可能性がある業界です。未経験者を積極的に採用しているため、手厚い教育制度や資格取得支援制度などによって、人材育成を進める企業が増加しています。
業界自体のニーズの高まりや、専門的な技術や知識が身につけられるメリットを考えると、安定したキャリアプランを描ける仕事のひとつといえます。エンジニア職で身につけたスキルを基に、技術営業やコンサル職に転身するなど、未経験でもできる仕事の中でも異職種への応用が利きやすいことも特徴です。

求められるスキル

IT業界は技術が進化するスピードが速く事業領域の拡大も顕著なので、常に勉強し続ける姿勢、新しいことを吸収する意欲が大切です。また、独学で身につけた技術があれば積極的にアピールしましょう。

カスタマーサポート

カスタマーサポートとは、企業の商品やサービスに対するお客さまの問い合わせに電話で対応する仕事。商品やサービスを消費者に提供しているメーカーであれば業界を問わず必要とされるため、ニーズが高い職種です。求人数も比較的多く幅広い業種の中から選べることは、未経験でもできる仕事を探す中で大きなメリットといえます。興味のある分野、業種に絞って応募することで、問い合わせ対応に必要な商品知識やトークスキルなどを自然に身につけることが可能です。
カスタマーサポートは、基本的な質問に対応する「フロント」、より高度な質問に対応する「バックヤード」という2つの体制に分かれて運営されるのが一般的です。フロントはアルバイトや派遣社員などの非正規雇用のスタッフが務め、バックヤードとスタッフのマネジメント業務を正社員が担当することが多くなっています。

求められるスキル

お客さまと直接やり取りする業務のためコミュニケーション能力が重視されます。また、さまざまな状況に冷静に対応できること、スピード感を持って正確に処理できることも重要です。
カスタマーサポートについて詳しく知りたい方は「カスタマーサポートとは?仕事内容やキャリアパスをご紹介」も参考にしてください。

介護・福祉関連

介護施設やデイサービスなど、介護・福祉業界では高齢化による人材不足のため採用活動が積極的に行われています。介護福祉士やケアマネジャーとして働くためには資格が必要ですが、専門的な技術や資格がなくても介護施設で働くことは可能です。また、入社後に資格取得を支援する制度が充実しているのも介護業界の特徴なので、未経験でもできる仕事をしながら勉強もしたいという人にもおすすめ。
介護・福祉関連の仕事では、これまでの身につけてきたコミュニケーション能力や知識を活かせるのが利点です。介護の専門知識がなくても、趣味や特技で身につけたことを業務の中で活かすことができるのがこの仕事の魅力。異業種からの転職も多く、さまざまな経験を持った人が協力しながら働ける仕事といえます。

求められるスキル

常に人と接しながら働く介護の仕事では、周囲に気を配りながら思いやりを持って働ける人が求められます。チームで仕事をすることも多いため、協調性や前向きな姿勢をアピールすると良いでしょう。

美容・ブライダル関連

美容業界の中でもエステティシャンやブライダルコーディネーター、結婚式場スタッフなどは、資格を持たない未経験者でも採用されやすい職種です。最近では男女を問わず美容に対する意識が高まっているので、積極的に採用を行う企業が増加しています。専門的な知識は実際の業務の中で身につけられることが多く、未経験でもできる仕事の中でも経験を積みやすい仕事のひとつです。

求められるスキル

美容やブライダルに高い関心があることに加え、お客さまと信頼関係を築くための人柄も重視されます。人の話を丁寧に聞きながら一緒に問題を解決する姿勢をアピールしましょう。

運輸・物流

商品の運搬や商品がお客さまに届くまでの過程に関わる仕事です。ネット通販の利用者数が増加傾向にあるため業界の需要は高く、物流拠点の拡大や新たなサービス展開に伴い未経験者を積極的に採用する企業が増加しています。
流通加工・包装・荷役・保管・輸送・情報処理などの各分野では専門性が求められる業務もありますが、教育制度が充実していることが多く、未経験でもできる仕事としてチャレンジしやすいといえるでしょう。

求められるスキル

体力に自信のある人や、さまざまな状況で臨機応変に対応できる人が求められます。スピード感を持って正確に処理する能力も重要です。

工場スタッフ

製造業をはじめとした工場スタッフは、充実したマニュアルや教育制度により未経験でも働きやすい仕事のひとつです。安定した工場運営のために幅広い年代の人材が求められています。
製造のほかにも組立や検査、梱包、マシンオペレーターなどさまざまな職種があり、自分に合った仕事が見つけられる可能性が高いのも利点。また、人と接する機会が比較的少ないため、対人関係に悩むことなく自分の仕事に集中したいという人にもおすすめです。

求められるスキル

安全や効率が重視されるため、マニュアルに沿った作業を慎重に行う能力が重視されます。細かい確認や精密な作業などコツコツと仕事をするのが得意であれば、面接の際にアピールすると良いでしょう。

企業に貢献できる仕事を選ぶ
未経験でもできる仕事で正社員を目指すためには、入社後企業にどのように貢献できるのかを考えることが重要です。仕事内容だけでなく、求められる能力や姿勢についても理解を深めておきましょう。仕事に活かせる経験や特技は積極的にアピールすることを忘れずに。

未経験からチャレンジしにくい仕事とは?

特定の資格や経験が必要な仕事は、未経験からチャレンジするのは難しくなります。効率的に就職を成功させるには、未経験では採用されにくい仕事を知っておくことも重要です。目指したい仕事がすでに決まっている人も、必要な経験や資格はないかあらかじめ調べておきましょう。

資格が必要な仕事

医師や弁護士は国家試験受験の前提として大学に行く必要があり、試験自体の難易度も非常に高いことで知られています。資格が必須の職業は資格取得のための勉強に時間がかかるので、すぐに就職を希望する人にはおすすめできません。正社員就職は年齢が若いほど有利になるので、まずは1日も早く未経験でもできる仕事を見つけましょう。
ただし、「介護職員初任者研修」といった比較的簡単に取得できる資格であれば、就職のために取得する価値があります。資格が必要な職種であっても入社後に取得すれば問題ないケースもあるため、求人の内容をよく確認しましょう。

経験が重視される仕事

正社員の求人には、一定の経験がなければ応募できないものもあります。たとえば、企画職のように社内の複数の部門で経験を積み、業界の知識を得た上で就くといった仕事です。もし企画職を目指すなら、まずは営業職として就職し、社内でキャリアアップするのが現実的なルートといえるでしょう。同様に、システムエンジニアも未経験での募集は少なく、まずはプログラマーとして経験を積みキャリアアップするのが一般的です。目指す職業が未経験者を募集していない場合、未経験でもできる仕事の中から、その仕事に就くために必要なスキルや経験を得られる求人を探すことから始めましょう。キャリアアップについては「キャリアアップとは?その意味や成功へのポイントを詳しく解説!」も参考にしてください。

公共職業訓練で未経験分野のスキルを身につける
やりたい仕事が具体的に決まっている人は、ハローワークが実施している職業訓練コースを受講してみるのもおすすめです。学校で学びながら就職活動を続けることができ、科目によっては専門分野の資格を取得するチャンスも。未経験でもできる仕事での選択肢が広がります。
詳しくは「公共職業訓練とは?コースの種類や受講するメリットを解説!」でご紹介していますので参考にしてください。

無資格・未経験でもできる仕事を探すときのポイント

無資格・未経験でもできる仕事を探す際は、求人の応募条件を確認するだけでなく、アピールできる強みについても併せて考えておくことが重要です。フリーターの方や30代・40代の方が就職活動を行うときのポイントを解説します。

フリーターの方の場合

フリーターの方は、企業にアピールできる経験が少ないため、自己分析を徹底的に行うのが重要です。また、企業との相性や仕事への意気込みなど、資格以外のアピールポイントを見つけておきましょう。応募した企業の業務に関連するスキルがある場合は積極的に伝えるのも効果的です。
また、ハローワークや就職エージェントを活用するのも良いでしょう。ハローワークには多くの求人のが集まるので、あなたの条件に合った求人が期待できます。就職エージェントでは未経験でもできる仕事を紹介してもらえるので、効率的に就職活動を行えるでしょう。

30代・40代の方の場合

30代・40代の方は、未経験でもできる仕事の中でも「30代・40代活躍中」と記載されている求人に応募するのが効果的です。女性の場合、子育てが一段落し就職活動を行う方が多いため、30代・40代向けの求人数も期待できます。これまでの社会経験や人生経験をもとにしたコミュニケーション能力や柔軟な姿勢が求められるので、積極的にアピールしていきましょう。男性の場合も、業種を問わず活かすことのできるマネジメント能力や問題解決力が評価のポイントとなります。体力に自信のある方は、それをアピールすることで仕事の選択肢も広がるでしょう。
30代からの就活については「30代で初めての正社員を目指すには?就活のコツやおすすめの業界を解説」でも詳しく解説しています。

自分に合う仕事が見つからないときは…
時間をかけて探してみても自分に合う仕事が見つからないときは、「仕事が見つからない時に考えてほしいポイント」を参考にしながら、仕事探しの方法や考え方を一度見直してみましょう。

未経験でもできる仕事にチャレンジする際の注意点

未経験の職業に挑戦することは自分の世界を広げる大きなチャンスです。しかし、就活を進めるうえで気をつけなければいけない点もあります。未経験でもできる仕事で注意すべきポイントを確認しておきましょう。

年齢が上がるにつれて就職の難易度も高くなる

未経験でもできる仕事では経験よりも将来性が重視されることが多いため、より若い人が優先して採用される可能性が高くなります。内定を獲得するためには、できるだけ早く行動を起こすこと、年齢という弱みを強みに変えるアピールポイントを見つけることが重要です。

労働環境が良くない企業に当たることも

未経験でもできる仕事の中には、労働環境が良くない企業が紛れ込んでいる可能性があります。求人が頻繁に更新されていたり、残業や休日について詳細が記載されていなかったりする場合は注意が必要です。就職を焦る気持ちがあると良い条件にばかり目がいってしまいがちですが、同業他社と比較して妥当な条件であるか確認するのを忘れないようにしましょう。

スキル不足や経験不足を乗り越える気持ちが大切

未経験でもできる仕事であっても、スキル不足で悩んだり周りと比較して落ち込んでしまったりすることもあるでしょう。年齢や経験で不利を感じることも少なくありません。就活を成功させるためには、そんなときでも前向きに乗り越える気持ちを持ち続けることが大切です。

未経験での就職に不安は付き物
未経験の分野に飛び込んでいくことは誰しも不安に感じます。思うように就活が進まず悩むことも多いのではないでしょうか。「就職が決まらない…焦りへの対処方法や中途採用の対策もご紹介!」では、不安を軽減するための具体的な方法について解説しています。

未経験職種への内定を獲得するためにやるべきこと

未経験でもできる仕事での就職を成功させるためには、押さえておくべきポイントがあります。以下の内容を確認し、自信を持って就活を進めましょう。

自己分析を行い就職の軸を明確にする

目標を明確にするためには、自己分析を行うことが必要不可欠です。自己分析とは、自分の過去の経験や思考から「長所・短所」「得意・不得意」「価値観」などを客観的に分析する作業のことで、向いている仕事を分析するときや、志望動機や自己PRを考えるときに役立ちます。
自分の適性が必ずしも「やりたい仕事」に結びついているとは限りません。未経験でもできる仕事の中で自分の能力を活かせる仕事を選ぶのか、適性よりもその仕事をやりたいという熱意で選ぶのかを考えるうえでも、入念な自己分析で就職の軸を明確にすることが大切です。
自己分析については「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」でも詳しく解説しています。

企業研究をして仕事への理解を深める

未経験でもできる仕事で就職後のミスマッチを防ぐには、企業研究を十分に行うことが重要です。しっかりと調べることで会社ごとの特徴を把握でき、自分に合う企業を見つけることができます。事業内容や企業の強み、社風、関連企業などを調べておくと良いでしょう。
企業研究の目的や具体的な方法については「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」でも解説しているので参考にしてください。

最低限の知識を身につける

社会人としての基本的なビジネスマナーやパソコンのスキルを身につけておくと、未経験での就活を有利に進めることができます。業務に必要な知識についても、教わるのを待つのではなく前もって自分から勉強しておく姿勢が大切です。
未経験の場合は入社後に覚える仕事が多くあります。業務に早く慣れるためにも、最低限必要な基礎知識は先に身につけておきましょう。

面接対策をする

未経験の仕事の面接では、質問に対してどのように答えたら良いか悩むこともあります。以下の点について、どう説明するかを考えておくと良いでしょう。

・なぜ未経験からこの仕事に応募しようと思ったのか
・入社したらどのように働きたいのか
・どのような経験を仕事に活かせるのか

志望動機と今後どのように働きたいのかを説明することで、あなたの仕事に対する意気込みが伝えられます。たとえ未経験でも、あなたのこれまでの経験で仕事に活かせそうな事柄を話し、応用力や将来性をアピールしましょう。
未経験でもできる仕事での面接について不安がある方は、転職エージェントを利用してみるのもおすすめ。就職・転職エージェントのハタラクティブでは、専任のキャリアアドバイザーが求人紹介から面接対策まで、就職活動に関わるさまざまなサポートをしています。未経験でもできる仕事の求人を多数ご用意しているため、フリーターから正社員を目指す方も安心。アドバイザーとはメールやチャットツールを用いて情報共有できるので、効率的に就職活動を進められます。
サービスのご利用はすべて無料です。ぜひお気軽にご相談ください。

こんなときどうする?未経験からできるお仕事に関するお悩みQ&A

未経験でも正社員として活躍できるか不安に思う方も多いでしょう。ここでは、未経験から始められるお仕事に関するお悩みをQ&A方式で解決します。

フリーター歴が長いので正社員就職が不安です

悩んでいる時間を就活に当てましょう。
正社員就職はアルバイト面接に比べて事前準備が非常に重要。時間もかかるため、少しでも正社員就職を考えているなら行動を起こすことが大切です。
フリーター就活のコツまるわかりガイド」では、就活経験が少ないフリーターの方に向けて押さえるべきポイントをご紹介。参考にして就活をスタートさせましょう。
 

フリーターとして生活できていれば大丈夫?

若いうちは大丈夫でも、長い目で見ると危険です。
若いうちは、休み無しで働いたり早朝深夜もシフトを入れたりすることもできるでしょう。しかし、年齢を重ねると若いときと同じように働くことは困難になります。
フリーターは時給制がほとんどのため、働く時間が減れば得られる給料も減少。厳しい将来になると予想できます。
 

では、フリーターと正社員の給与差は?

年収で考えると、およそ120万円の差があります。
週5日アルバイト勤務と正社員勤務って正直そんなに変わらないんじゃない?」でも触れているように、フリーターとしてフルタイムで働いた場合の年収は約200万円。同じ条件で働いた場合の正社員の平均年収は320万円です。もちろん、働き方や属する企業によって異なりますが、大きな差があることは事実でしょう。
 

正社員に対して良くないイメージがあります。

フリーターに比べて責任や業務量が大きくなるのは事実です。
しかし、視点を変えればフリーターは長く働いても責任ある仕事に就けないということ。詳しくは「正社員はやっぱり辛い?就活の前に、考えてみよう」でも解説しています。
正社員に対してマイナスイメージを抱いているうちは、就活を行ってもうまくいかない可能性が高いです。プラス面にも目を向け、自分の将来について改めて考えてみましょう。
ハタラクティブでは、将来を考えるお手伝いを行っています。正社員就職に関するご相談、お待ちしております。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION