稼げる仕事に就くには?その方法をご紹介

稼げる仕事に就くには?その方法をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 稼げる仕事は、特別なスキルが求められるといった特徴がある
  • 稼げる仕事に就くには資格を取得する、インセンティブのある求人を探すのがおすすめ
  • 稼げる仕事であるかも重要であるが、自分に合う仕事を見つける方が良い

稼げる仕事に就きたいものの、高収入を得るために必要な能力や、稼げる仕事に就くための方法など具体的な情報が分からないまま就活している方は多いでしょう。稼ぐ仕事に就くには、「需要がある資格を取得する」「インセンティブのある求人を探す」といった方法が有効的です。このコラムでは、高収入を目指している方に向けて、稼げる仕事が高収入である理由や稼げる仕事に就くための方法をご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「稼げる仕事」はなぜ稼げるのか

稼げる仕事が稼げる理由は「その職業に就ける人が少ない」「その仕事に就きたいと思う人が少ない」「結果が給与に結びつく仕事である」などです。以下で詳しくご紹介していくので、稼げる仕事に興味のある方は確認してみましょう。

その職業に就ける人が少ない

取得するのが難しいといわれる資格や、特別な知識、スキルが必要となる仕事は、必然的にその仕事に携われる人が少ない傾向にあります。
資格やスキルの取得条件として、数ヶ月~数年の教育課程や特定の経験が求められることも。その職種に就くためには、自分の能力以外にも長い年月と多大な労力が必要といえるでしょう。
しかし、時間と労力、お金を使っても資格が取得できるか分からず、取得しても確実にその職種に就けるわけではありません。そのため、途中で諦めてしまう人も少なくないでしょう。
企業側は、このような難関を超えられる能力の高さは元より、努力した内容や意欲を評価し、給与に反映しているようです。

その仕事に就きたいと思う人が少ない

夜勤がある、不規則なシフトといった勤務時間の仕事や、飲食店や運送業など体力が必要とされるような仕事は、精神的にも肉体的にもきついという理由から人手不足の傾向にあります。
これらの仕事は、将来身体を壊してしまう、体力が衰えたら続けられないかもしれないと懸念されることも。そのため、労働と対価が見合うよう、高い給与額を打ち出している企業が多いようです。

結果が給与に結びつく仕事である

営業職や販売職のように、歩合制で給与に反映される職種もあります。
自身の実績が基となるため、頑張り次第で高収入に結びつくでしょう。このような歩合制の職種に必要となるコミュニケーションスキルは、経験を重ねて身につけられることが多いため、吸収力の高い人材は更に上を目指せる可能性があります。

稼げる仕事に就く方法とデメリット

ここでは、稼げる仕事に就く方法とデメリットをご紹介します。稼げる仕事に就きたいと考えている方は、ぜひご覧ください。

需要がある資格を取る

まずは、需要のある資格を知ることから始めます。資格を活かせる職種が分かったところで求人を探し、必要な資格の取得やスキルを習得しましょう
しかし、前述のとおり、稼げる仕事に必須の資格は難易度が高く、取得までに時間と労力がかかる傾向にあります。また、資格をとっても確実に就職できるとは限らないことを理解しておきましょう。

稼げる仕事で活かせる資格については「稼げる資格の特徴は?取得方法や高収入を得るコツをご紹介」のコラムで解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

人手の足りていない業界で働く

稼げる仕事の中でも人手不足の業種・職種の企業は、人員確保のため正社員の募集でも未経験の方を歓迎している傾向にあり、就職・転職しやすいのがメリットです。
資格やスキルも必要がない、または入職後に取得できる制度を整えている企業も。ただし、人手不足ということは、離職率が高いことも考えられます。激務や昼夜逆転など、厳しい環境の可能性があることを踏まえておきましょう。

インセンティブのある求人を探す

営業職や販売職のように、歩合制の仕事に就くのもおすすめです。こちらも、必須となる資格・経験はなく、就職・転職しやすい職種といえるでしょう。
デメリットは、残業や仕事の負担が大きい場合があること。自身の力で結果を出せないと高収入にはならないことが挙げられるでしょう。

高収入を狙える仕事については「高収入の仕事に就くにはどうしたら良い?稼げる職業の共通点も紹介!」や「たくさん稼ぎたいあなたに送る、世の中の儲かる仕事」のコラムで詳しくご紹介しているので、あわせてご覧ください。

稼げる仕事を見つけるためのポイント

ここでは、稼げる仕事の探し方をご紹介します。稼げる仕事を探したい方は参考にしてみてください。

仕事選びの軸や条件を決める

自分が仕事を選ぶ際には、探す際に軸となるものや譲れない条件を決めましょう。給与面などばかりに目を取られての就職となると後悔することにもつながる恐れがあります。そうならないように自分が就職に求めるものをきちんと定めておきましょう。

自己分析をする

自己分析を徹底的に行うようにしてください。自分がどんな考えや価値観を持っているのか、長所と短所が何かなどをきちんと把握する必要があります。自己分析をして自分を把握したうえで、企業探しをしましょう。

企業・業界分析をする

自分のことを自己分析して把握したら、次に企業と業界分析をしましょう。企業や業界分析をすると自分の特徴と合う職種や業界が見えてくるはずです。そこから、自分に適した仕事や自分の特徴を活かして「稼げる仕事」が見つかる可能性があります。

仕事の条件を明確にして就職・転職活動するのが大切

稼げる仕事を探すより、仕事の条件を明確にして就職・転職活動することが大切です。
生活がかかっている以上、仕事をするうえで給与は重要視するべき条件といえます。しかし、稼げる仕事であるかを重視するあまり、適性に合わない職種や、過酷な労働条件の仕事、人間関係に問題のある企業を選んでしまうと、長期的に勤められなくなる可能性も。まずは、お金のほかにも、仕事に求める条件と重要度を書き出し、総合的な優先順位を明確にしましょう。

ただし、条件を明確にしただけでは、理想の就職が叶わないことも。条件が揃っていても、企業の方針や職場の環境に馴染めず、再度転職してしまう可能性もあります。
そうならないよう、自分の希望する環境で理想の働き方ができそうな場所であるか企業研究をしっかり行ったうえで就活しましょう。

転職や就職で条件を叶えるには、転職エージェントの利用がおすすめ。転職エージェントでは、条件・希望に合う企業の紹介を行っています。
転職エージェントを利用することで、企業の特徴を知ることもできるでしょう。

転職・就職エージェントのハタラクティブでは、求職者の特性や希望を踏まえて企業のご紹介をしています。
高収入が見込める職種に就くために必要な、資格やスキル、経験といった条件の詳しい説明も可能です。高卒や第二新卒、既卒やフリーターなど若年層であれば、これから多くの経験を積み、資格取得やスキルを習得できるでしょう。未経験歓迎の非公開募集求人も豊富に揃えています。
正社員への就職や転職活動に関するお悩みは、ハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ