人と関わりたくない人におすすめの仕事は?対応策も解説!

人と関わりたくない人におすすめの仕事は?対応策も解説!の画像

この記事のまとめ

  • 人と関わりたくない方の特徴は「他人に興味がない」「周りの評価を気にする」など
  • 人と関わるのが面倒くさい心理には「一人が気楽」「人間関係に慎重」など
  • 人と関わりたくない方は、誰かと話すときや大勢で楽しそうにしている場面で悩みがち
  • 人と関わりたくない自分を変えるには、笑顔を心掛けたり相手を信用したりすると良い
  • 人と関わりたくない場合は、クリエイティブ系やIT系の仕事がおすすめ

「できるだけ人と関わりたくない」と悩んでいる方はいるでしょう。その原因には、コンプレックスを感じていたり他人を怖がる気持ちがあったりします。その気持ちを放っておくとストレスになり、さらに働くタイミングが遅くなることも。
このコラムでは、人と関わりたくない方の特徴や自分を変える方法についてまとめました。また、おすすめの仕事についてもご紹介します。人と関わらずに働きたい方は、ぜひご覧ください。

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

人と関わりたくない場合におすすめする8つの仕事

人と関わりたくない場合におすすめする8つの仕事の画像

ここでは、人と関わりたくない方におすすめの仕事についてまとめました。

仕事で人とまったく関わらないのは難しいですが、人との関わりを最小限にできる仕事は、IT化の影響や働き方改革により今後増えていくと予測できます。

1.プログラマー

プログラマーとは、ITシステムを作ったりメンテナンスを行ったりする仕事です。

作業は単独で行うことが多く、人とコミュニケーションをとることは少ないので、人と関わりたくない方に向いている仕事といえます。AIの発展により需要が高まりつつある仕事で、プログラミング言語といったスキルも身に付けられるので、長く働けることやキャリアアップも可能なのが魅力です。また、技術に応じて高収入を目指すことも可能です。

2.Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのレイアウトや装飾など、ユーザーにとって見やすく魅力的なページを作る仕事です。

HTML言語といったレイアウトに必要なWeb言語を覚える必要があり、プログラマーと同様にコツコツとスキルを獲得していくことで仕事の幅を広げられます。基本的に単独作業が多いので、人と関わりたくない方におすすめの仕事です。

3.Webライター

Webライターは、Webサイトに掲載する記事を執筆します。発注元とやり取りをする必要はあるものの、作業自体は単独で行うので最低限のコミュニケーションに留めることが可能です。そのため、できるだけ人と関わりたくない方に向いているでしょう。

執筆経験を積んでライターとしての実力を付けて、収入アップも狙う道もあります。

4.動画編集者

動画編集者は、投稿サイトに載せる動画を作成するのが仕事です。動画の編集作業は単独で黙々と進めるものなので、人と関わりたくない方におすすめできる仕事といえるでしょう。

昨今では、投稿サイトで動画を楽しむ方が多く経済効果も見込めるので、動画編集者の需要は高まっている傾向にあります。フリーランスとしても働きやすい職業なので、ライフスタイルに合わせて自分のペースで働きたい方にもおすすめです。

5.データ入力

データ入力は、企業から渡されたアンケート結果や分析情報などのデータを、表などに入力する仕事です。

淡々と一人で進められてコミュニケーションが発生しにくい仕事なので、人と関わりたくないと考える方に向いているでしょう。比較的多くの求人があり在宅勤務が可能な案件も存在するので、始めやすい仕事といえます。

6.Webマーケター

Webマーケターは、Web上で企業の商品が売れるような仕組みを考えるのが仕事です。SNSやブログ、広告などを使ったPR活動が挙げられます。大抵は一人で考えることが多い仕事なので、人とのコミュニケーションは少なめです。Webライターなどからステップアップして就くことも可能でしょう。
Webマーケティングについて気になる方は、「未経験からWebマーケティング担当になる方法!向いている人と必要スキル」のコラムを参考にしてみてください。

7.工場勤務の軽作業

工場での軽作業は、人と話さずに黙々と同じ作業を繰り返す場合が多いので、人とのコミュニケーションは最低限と考えられます。そのため、人と関わりたくないと思う方や特定の作業を集中して行うのが得意な方に向いているでしょう。

8.ドライバー

ドライバー職は、基本的に単独行動が多く人と話さなくても成り立つ仕事なので、他人と関わりたくない方に向いています。また、車の運転が好きな方にとっては好きなことを仕事にできるので、ストレスも少ないでしょう。

ドライバーにはタクシーやバスのような旅客業と、トラックのような運送業がありますが、極力人と関わりたくないのであれば、一人でいることの多い運送業の方がおすすめです。

職場で孤立したら?孤独を感じる理由や対処法を解説」のコラムでは、一人でできる仕事がしたいという方に向けて、具体的な職種やメリット・デメリットについて解説しているので、あわせて参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

人と関わりたくないと感じる人の8つの特徴

他人と関わることが苦手な方は、コミュニケーションが苦手だったり落ち込みやすかったりする特徴が見られます。そのほかにも、他人からの評価を過剰に気にしてしまう完璧主義な方も多いようです。

以下の8つの特徴を参考に、当てはまるものがないか確認してみましょう。

1.人に興味がない

「人と関わりたくない」と感じる方の特徴として、他人への興味が薄い傾向があります。他人と関わりたくない気持ちが強いわけではなくとも、基本的に「用事があるときだけ話しかけよう」と考えている方が多いでしょう。

「場の空気を和ませるため」「周囲を気遣うため」といった目的で、コミュニケーションを取ることは少ないと考えられます。

2.人と話すのが苦手

「人と仲良くしたい」という気持ちはあるものの、自分から積極的に話しかけるのが苦手な場合も、人と関わりたくない傾向にあるようです。とくに受け身な方は相手から話しかけてもらうのを待ってしまい、話しかけられても上手く返せないこともあるでしょう。

3.落ち込みやすい

些細なことで傷ついて落ち込みやすい方も、他人と関わりたくない方の特徴の一つです。落ち込みやすい場合は、物事の捉え方が敏感だと考えられます。多くの人々と接することで些細な発言に傷つく可能性が高くなるため、自分を守るために「人と関わりたくない」と思うことがあるようです。

落ち込んだ時の対処法を見つけるには、「仕事で落ち込んだときに試したい!効果的な対処法とは?」のコラムもぜひご覧ください。

4.コミュニケーションを取るのが面倒

人と関わりたくない方のなかには、自分の言いたいことがうまく伝わらず、「コミュニケーションを取るのが疲れた」と感じる場合もあるようです。

「自分の考えていることは正しく伝わらないから」と意思疎通を諦めてしまうと、周囲と言葉を交わすのが「面倒くさい」と感じてしまうでしょう。そういった理由から他人と関わりたくないと思うのは、多くのことを考える場合によく見られます。

5.人との接し方が分からない

相手がどういう性格か分からないと、失敗を恐れて話しかけなくなる方もいるようです。相手が何を考えているか、どう接したら良いかが分からず、他人と関わりたくないと思う傾向があります。

6.人からの評価を過剰に気にする

他者からの評価を常に気にしている方も、他人と関わりたくないと思う傾向があるようです。その背景には、「劣っていると見られたくない」「どういう人間か知られたくない」という心理があるのでしょう。

完璧主義なタイプの方は、周りからの評価を気にして常に肩肘張っているため、人間関係にも疲れが生じるようです。

7.一人でいるほうが気楽に思う

「誰かといると落ち着かない」「気を遣って疲れる」といった理由で、他人と関わりたくないと思う方もいます。特に人間関係に悩んでいたり自信がなかったりするわけではなく、気楽さを求めて行動しているのであれば、深く悩む必要はないでしょう。

人には、チームで力を発揮する方もいれば、個人で動く方が向いている方もいます。性格による違いだと捉えると良いでしょう。

8.自分を受け入れてもらえる自信がない

自分にコンプレックスを持っていたり自信がなかったりする場合は、本来の自分を受け入れてもらえないと思うようです。相手に対して素直になれないが故に、相手を知る前に合わないと決めつけてしまい、深く人と関われなくなっている状態といえるでしょう。

人とのコミュニケーションが苦手というお悩みに関しては「コミュニケーションが苦手…不得意に感じる原因や仕事での対処方法も解説!」のコラムでも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。
また、「人嫌いも働くことはできる?おすすめの仕事や悩んだときの対処法を紹介!」のコラムでも、あまり人と関わりたくない方へのアドバイスをご紹介しています。

人と関わりたくないのはなぜ?原因となる5つの心理

人と関わりたくないのはなぜ?原因となる5つの心理の画像

他人と関わりたくないと感じる方には、傷つくのを恐れていたり過去にトラウマがあったりといった心理が隠されていることもあります。

人と関わりたくないと思う心理として、以下の5つが考えられます。

人と関わりたくないのはなぜ?原因となる心理

  • 相手を気遣うのが難しい
  • 傷つくのが怖い
  • 人を信用できない
  • 他人の何気ない言葉が気になってしまう
  • 過去のトラブルから人間関係に慎重になっている

1.相手を気遣うのが難しい

他人と関わりたくないと思うのは、相手への気遣いを面倒に感じてしまうことが原因の可能性があります。しかし、あまりに気遣いをしすぎると、心の余裕がなくなる場合があります。よって、気遣いをしなくても済むように人とのコミュニケーションを避けてしまうでしょう。

2.傷つくのが怖い

自分の欠点や行動を指摘され傷つくのを恐れて、人と関わりたくないと感じる場合もあるようです。

自分に自信が持てず人に傷つけられるかもしれないという思いから、他人を恐れて必要以上に関わるのをやめてしまうことがあるでしょう。

3.人を信用できない

人と関わりたくない方は、相手を信用できないことがあります。たとえば、他人に騙された経験があったり相手の話や行動を疑ってしまったりすると、なかなか人に心が開けないこともあると考えられます。

4.他人の何気ない言葉が気になってしまう

人と関わりたくない人のなかには、自分が落ち込むような言葉を耳にしたくないため、他人と距離を置く場合も。多くの人は気にしないような言葉でも、心が繊細な場合は気にして気分が落ち込んでしまうことがあります。

5.過去のトラブルから人間関係に慎重になっている

過去に人間関係で大きなトラブルがあった方は、そのときに深く傷ついたことが忘れられず、人と関わりたくないと思うこともあるでしょう。「もう傷つきたくない」という思いから、人との関わりを最低限にして自分を守っていると考えられます。

人と関わりたくないと感じる人が悩む5つの場面

他人と関わりたくない方が悩む場面としては、人とコミュニケーションを取らなければならないときや、孤独を感じるときが多いでしょう。

以下で、それぞれご紹介します。

1.人の多い場所にいるとき

人の多い場所にいると、大きな疲れを感じる方は少なくありません。人の多い場所では他人の会話が良く聞こえたり、騒がしい雰囲気にさらされ続けたりするため、雰囲気だけで疲れてしまうようです。

知人に話しかけられる可能性があることもストレスを感じるポイントでしょう。そのため、人と関わりたくない方は大勢の人がいる場所を意図的に避けることがあります。

2.仕事で業務連絡をするとき

仕事での業務連絡は必須ですが、人と関わりたくない方は「ただ用件を伝えるだけ」と割り切れないのが特徴です。自分が相手にどういう印象を与えるか、相手に伝えたいことを正確に伝えられるか、などが非常に気になるので業務連絡一つも面倒に感じてしまうでしょう。

3.大勢で楽しそうにしている人を見たとき

他人と関わりたくない方は、大勢で活発に交流しているのを見ると「他の人にはできるのに、なぜ自分はできないのだろう」と、無意識に他人と比べて悩むことがあります。円滑なコミュニケーションを取れない自分を「未熟な人間」と感じてしまうようです。そんな劣等感を感じずに済むよう、大勢の人がいる場面を避けようとします。

4.ふと孤独を感じるとき

他人と関わらないことを自ら選択して納得している方も、ふと大きな孤独を感じて辛い気持ちになるときがあります。「自分はこれからずっと一人なのか」「自分の思いを分かってくれる人がいないのでは」と不安になり、満たされないと感じることがあるからです。

自分を理解してもらうには人と関わることが必要と分かっていても、自分を守るために行動できずにいる方もいるでしょう。

5.悩みの相談相手がいないとき

他人と関わりたくない方は、相談相手がいないことに悩む場合があります。いざ悩んで誰かの知恵を借りたくても、普段から人との交流がないと頼れる相手がいないことも。

大きな悩みであるほど、誰かに助けてもらえないことへの苦しみも大きくなり、辛い気持ちにさいなまれることもあるようです。

職場で孤立したら?孤独を感じる理由や対処法を解説」のコラムでは、職場で孤独を感じている人に向けて改善するポイントをまとめているので、ぜひこちらも参考にしてください。

人と関わりたくないときの5つの対応策

人と関わりたくないときは、行動次第でポジティブな気持ちになれるかもしれません。

ここでは、人間関係に疲れて、一時的に人との関わりを避けたいときの対応策についてまとめました。すぐにできる方法ばかりなので、今すぐにでも心を軽くしたい人はぜひ試してみてください。

1.SNSを遠ざける

人と関わるのが疲れたときは、SNSは避けた方が良いでしょう。

SNSは、人々の活発な交流や華やかな投稿が多く見られるツールです。元気なときには楽しく感じても、他人と関わることに疲れているときは、他人と比較してさらに落ち込んでしまうことも。人付き合いに疲れた心が乱されないよう、あえてSNSを見ないという対処も必要でしょう。

2.一人でできる趣味を楽しむ

人と関わりたくないと思ったときは、映画や読書など一人でもできる趣味に没頭するのがおすすめです。一人でできることなら、そこまで孤独を感じずに楽しめるでしょう。一人の趣味を思いっきり楽しめば元気が出て、また人と交流したいという気持ちにつながるものです。

趣味を見つけると、仕事にも良い影響を及ぼすことがあります。「趣味はあったほうが良い?仕事への影響とメリット」のコラムもぜひご一読ください。

3.意識的に一人の時間を作る

人付き合いに疲れるときは、知らず知らずのうちに一人の時間が足りなくなっていることがあります。特に、他人と接することが多い職業の人は、時には一人で誰にも気兼ねなく過ごす時間が必要です。「最近一人の時間がない…」と思うときは、意識的に一人で過ごす時間を持つようにしましょう。

4.十分な睡眠を取る

人付き合いで疲れているときには、睡眠が重要です。人付き合いの疲れは、思考をし過ぎて頭が疲れている状態といえるでしょう。

一時的に人と関わりたくないと思っても、十分な睡眠を取ることで疲れが回復して、また普段どおり過ごせるようになることがあります。

5.人のいない静かなところに出かける

人と関わりたくないときは、人のいない静かなところで気持ちをリフレッシュさせると良いでしょう。山や海など自然に触れることでストレス解消の効果もあります。他人と関わりたくない方にとって、大勢の人がいる場所は雰囲気だけで疲れてしまうものです。

たとえ静かでも、家にこもると気持ちがふさがってしまう可能性があるので、自分がリラックスできる場所に出かけるのがおすすめです。

人と関わりたくない自分を変える7つの方法

人と関わりたくない自分を変えたいと思うなら、まずは自分自身を否定せず受け入れてみることから始めてみましょう。自分に自信が持てるようになれば、人との関わり方も変わってくるはずです。

ここでは、人と関われるようになりたいと思う方に向けて、自分を変えるおすすめの方法をまとめました。

1.人と関わりたくない自分を受け入れる

自分に自信が持てず他人を避けているのであれば、まずはそんな自分を受け入れてみましょう。自分の欠点ばかり気にして否定していると、さらに自信がなくなって人と接するのが怖くなります。自信を持つためには、自分の欠点を受け入れ「このままでも良いんだ」と許すことが必要です。

欠点を受け入れられれば、必要以上に自分の価値を低く見ることがなくなり、堂々と他人と話せるようになっていきます。そのうち、人と関わりたくないと感じにくくなるでしょう。

2.笑顔でいることを心がける

他人にどう思われているか不安な方は、笑顔を心掛けてみてください。そのためには、いつも自分がどのような表情でいるかを知るのがポイントです。

表情は第一印象も左右する

人と関わりたくない方は緊張していることが多いので、表情もこわばり暗い雰囲気になる傾向があります。笑顔を意識することで雰囲気が柔らかくなり、和やかな気持ちで人と関われるでしょう。柔らかい表情と雰囲気で人と関われるようになれば、より良い印象を残せるようになります。
ハタラクティブキャリアアドバイザー後藤祐介からのアドバイス

3.ネガティブな言葉に気をつける

他人と上手く付き合って行きたいと考えている方は、できるだけネガティブな発言をしないように気をつけるのがおすすめです。ポジティブな言葉を意識するだけでも、雰囲気や内面に良い変化が見られるでしょう。

4.目の前の相手を信用してみる

他人と関わりたくない方は、相手を信用できないのが理由の場合もあります。相手を信用するには勇気がいるかもしれませんが、まずは家族や友人など身近な方から信じてみましょう。
裏切られない経験を積んでいくことで、徐々に人への信頼感が育っていきます。

5.自分から人に話しかけてみる

ある程度自信がついて人を信じられるようになったら、自分から話しかけてみましょう。

他人と関わりたくない方は、相手からどう見られるのかを気にして自分のことを話したがらない傾向があります。しかし、自分のことをある程度話さなければ、相手と親しくなるきっかけはつかめません。まずは、意識を変えて目の前の方へ積極的に自己開示してみてください。自分について話すのに慣れる経験を積むと、人と話すのを苦に思わなくなるでしょう。

6.共通の趣味を持つ人を見つける

普段あまり人と関わりたくないと思っている方も、「趣味のことなら楽しく話せるかも」という発見がある場合があります。当てはまる方は共通の趣味を持つ方を見つけ、コミュニケーションを取ってみるのがおすすめです。趣味のことなら話も弾みやすく、話す際のハードルも比較的低いのでコミュニケーションが取りやすいでしょう。

コミュニケーションに成功する経験を重ねることで、次第に他人への抵抗感が薄らぐ可能性もあります。

7.コミュニケーション力を身に付ける

コミュニケーションが苦手で人と関わりたくないと感じるならば、コミュニケーションスキルについて学び身に付けるのも有効です。実際に、コミュニケーションに悩む方に向けた書籍も多数出版されています。そのような本を読み、実践することで良い方向に変わっていく可能性があるでしょう。

コミュニケーション力は就活でも役立つ

コミュニケーション力を身につけると、就活の面接での受け答えも自信をもてるようになるでしょう。
コミュニケーション力について詳しく知りたい方は、「コミュニケーション能力とは?スキルを鍛える具体的な方法をご紹介!」のコラムもあわせてご覧ください。

人と関わりたくない人におすすめの仕事の見つけ方

人と関わりたくない人におすすめの仕事の見つけ方の画像

他人と関わりたくない方が仕事探しをする際、以下のサイトやサービスを利用して見つけるのがおすすめです。

就職サイトを利用する

就職サイトは求人数が多く、いつでも利用できるのがメリットです。しかし、求人数が圧倒的に多く頻繁に更新されるので、自分に適した求人を見つけるのに苦労するという側面もあります。

就職支援サービスを利用する

あなたに合った求人をピンポイントで見つけたいなら、ハローワークや就職エージェントといった就職支援サービスの利用も有効です。

ハローワーク

ハローワークは管轄地域の求人を多く持っているため、地元で就職したい方に向いています。また、無料で就職セミナーが受けられるので、就職活動に自信がない方もやり方を学べるのもメリットの一つ。
厚生労働省の「ハローワーク 専門的な相談ができる様々なハローワークなど」によると、自分の就活状況に応じて、さまざまな窓口や施設が設置されていることが分かります。気になる方は、ぜひ自宅から近いハローワークを調べてみましょう。

参照元
厚生労働省
トップページ

就職エージェント

就職エージェントとは、民間企業が運営する就職支援サービスです。プロの就活アドバイザーが求職者へのカウンセリングを通じて、適した仕事を一緒に探してくれるのが魅力です。運営企業ごとにそれぞれ強みがあり、扱う業界や求人、支援する対象者などが違うのが特徴です。自分に合ったサービスを選べば、適している求人を紹介してもらいやすいでしょう。

「次の仕事ではなるべく人と関わりたくない」と考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは20代を中心とする若者に向けた転職エージェント。専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、あなたの希望や適性に合わせた求人をご紹介します。性格から分かる、1分程度で適職診断を受けることも可能です。
サービスはすべて無料のため、「人と関わるのが苦手…」と悩んでいる方はぜひご相談ください。

人と関わりたくないというお悩みに関するQ&A

ここでは、人と関わりたくないというお悩みに関して、よくある質問についてまとめています。

人と関わりたくないと感じて辛いです

まずは人と関わりたくないと感じる原因について突き止めましょう。自分の性格的な問題か、周囲の環境要因かで対応策が変わります。人と関わりたくないと感じるようになったきっかけを振り返ることで、対応策が見えてくる可能性が高いので、あわせて考えてみてください。

人と関わりたくない自分を変える方法はありますか?

人と関われるようになりたいのであれば、このコラムの「人と関わりたくない自分を変える7つの方法」を試してみてください。人と関わりたいのに関われないのは、自分のコンプレックスや人間関係で傷ついた経験による場合が考えられます。自分を認めて人への警戒を解いていくことで、徐々に他人と関われるようになっていくでしょう。

人と関わりたくない人におすすめの仕事は何ですか?

人と関わりたくない方には、IT関連やクリエイター系などの業種のほか、現場作業の仕事がおすすめです。資格なしでも始められる仕事や、自宅でできるものも少なくありません。

人と関わらない仕事を紹介!メリット・デメリットや仕事の探し方を解説!」のコラムでは、人と関わらずに働けるおすすめの仕事を分かりやすくご紹介しています。

人と関わりたくないのですが、正社員になれますか?

できるだけ人と関わらずに働ける仕事で、正社員を目指すのは可能です。

就職エージェントのハタラクティブでは、求職者の希望に合わせた正社員の求人をご紹介しています。カウンセリングで「できるだけ人と関わりたくない」とご相談ください。また、スキルや経験に不安があり正社員になれるか不安な方も、就活アドバイザーが入社後までしっかりサポートいたしますので、安心してご利用いただけます。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ

目次