人と関わりたくない人に適している仕事は?面倒くさいと感じる心理も解説!

人と関わりたくない人に適している仕事は?面倒くさいと感じる心理も解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・人と関わりたくない人の特徴には「すぐに落ち込む」「話すのが苦手」などがある
  • ・人と関わるのが面倒くさい心理には「一人が気楽」「人間関係に慎重」などがある
  • ・人と関わりたくない人は、人の多い場所や大勢で楽しそうにしている場面が苦手
  • ・人と関わりたくない自分を変える方法は「笑顔でいる」「後ろ向きな言葉を控える」など
  • ・人と関わりたくない人に向いている仕事は、クリエイティブ系やIT系に多い

「できるだけ人と関わりたくない」という悩みを持つ人は少なくないでしょう。そこには、自分へのコンプレックスや他人を怖がる気持ちがある場合があるので、人と関わるにはそれらを解消する必要があります。
このコラムでは、人と関わりたくない人の心理を解説。また、人と関わりたくない人向けの仕事や対処法を紹介します。「人と関わらずに仕事がしたい」「今の自分を変えたい」という方はぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

人と関わりたくないと感じる人の8つの特徴

人と関わりたくないと感じる人の特徴は、以下の8つです。

1. 人に興味がない

周囲の人への興味が薄く、用事がなければ話しかける必要はないと考えている人もいるでしょう。
他人と関わりたくない気持ちが強いわけではないようですが、基本的に、「場の空気を和ませるため」や「周囲の人を気遣うため」といった目的でコミュニケーションを取ることはありません。

2. 話すのが苦手

人と仲良くしたいという気持ちはあるものの、自分から話しかけるのが苦手という人も。
つい人から話しかけてもらうのを待ってしまったり、話しかけられてもうまく返せなかったりするので、「他人とは関わりを持ちたくないと思っている人」と見られてしまうことが多いようです。

3. すぐに落ち込む

何かあるとすぐ落ち込む人は、物事に敏感です。よって、人から言われた何気ない一言にも傷ついてしまう傾向があります。多くの人々と接するとそれだけ傷つく可能性が高くなるので、傷つくくらいなら他人と関わりたくないと思うようになるようです

4. コミュニケーションを取るのがおっくう

自分の言いたいことがうまく伝わらないのがもどかしく、コミュニケーションを取るのが面倒になる人もいるようです。自分の考えていることはどうせ正しく伝わらないからと、人と言葉を交わすことをあきらめてしまう傾向にあります。
そういった理由から他人と関わりたくないと思う心理は、多くのことを考える、思考の深い人によく見られるといえるでしょう。

5. 人への接し方が分からない

相手がどういう人間か分からないと、失敗を恐れて話しかけなくなる人もいるようです。相手が何を考えているか、どう接したら良いかが分からないので、他人と関わりたくないと思う傾向があります。

6. 人からの評価を過剰に気にする

自分が人からどう見られているかが気になる人も、他人と関わりたくないと思う傾向があるようです。劣っていると見られたくない、どういう人間かジャッジされたくないという心理が背景にあるのでしょう。

7. 一人でいるほうが気楽

「誰かといると落ち着かない」「気を遣って疲れる」といった理由で、一人でいることを選ぶ人もいるようです。特に人間関係に悩んでいたり自信がなかったりするわけではなく、気楽さを求めての行動なので、他人と関わりたくないことについて本人が深く悩む場合は少ないでしょう。

8. 自分を受け入れてもらえるか自信がない

自分が周囲と合わない気がしていたり、コンプレックスを持っていたりする人は、本来の自分では人に受け入れてもらえないと思うようです。自信がないため素直になれず、深く人と関われなくなっている状態といえるでしょう。

人とのコミュニケーションが苦手というお悩みに関しては「コミュニケーションが嫌い…苦手な人の特徴や仕事での対処法を解説!」のコラムでも詳しく解説していますので、参考にしてみてください。
また、「人嫌いは仕事ができない?おすすめの仕事と人との関わり方をご紹介」のコラムでも、あまり人と関わりたくない方へのアドバイスをご紹介しています。

人と関わりたくない…面倒くさいと思う5つの心理

人と関わるのが面倒くさいと思う代表的な心理には、以下の5つがあります。

1. 疲れていて人への気遣いが難しい

仕事やプライベートで疲れていると、人への気遣いが難しくなります。普段でも他人への対応は気を遣うものですが、あまりに疲れていると気遣いするだけの心の余裕がなくなるもの。疲れていると、気遣いをしなくても済むように人とのコミュニケーションを避けようとします。

2. 自尊心が低く傷つくのを恐れている

自信がなく、自分の欠点を指摘されたりけなされたりするのを恐れていると、人との関わりを避けようとする心理がはたらくようです。人に傷つけられるかもしれないという思いから、他人を恐れて必要以上に関わるのをやめてしまいます。

3. プライドが高いため他人の何気ない言葉が気になる

プライドの高い人は、他人が何の気なしに発した言葉でも自分の価値を損なうものとして受け取ることが多いようです。ほとんどの人は気にしないような悪意のない言葉でも、プライドの高い人は自分の価値を認めるものでなければ受け入れられません
自分の気を害すような言葉を受け取らないために他人と距離を置く人もいるでしょう。

4. 人とのコミュニケーションが苦手

対人関係に失敗したくない思いが強かったり、自分は話術が下手だと思い込んでいたりすると、人と関わるのを避けるようになります。他人と接したときに、どう振舞ったら良いか分からないからです
苦手意識があると、人と接するときに緊張感で疲れてしまうので、他人と接する機会をできるだけ減らそうとします。

5. 過去のトラブルから人間関係に慎重になっている

過去に人間関係で大きなトラブルがあった人は、そのときに深く傷ついたことが忘れられないということも多いでしょう。
「もう傷つきたくない」という思いから、人との関わりを最低限にして自分を守っているといえます。

人と関わりたくない人が悩む5つの場面

他人と関わりたくない人にとっては、次のような場面が悩みどころといえるでしょう。以下、それぞれご紹介します。

1. 人の多い場所にいるとき

人の多い場所にいると、大きな疲れを感じる人は少なくありません。人の多い場所では、他人の会話がよく聞こえてきたり、ざわざわとした雰囲気にさらされ続けたりします。その場の雰囲気だけで疲れてしまうようです。また、知人に話しかけられる可能性があることもストレスを感じるポイントでしょう。
そのため他人と関わりたくない人は大勢の人のいる場所を意図的に避けようとします。

2. 仕事で業務連絡をするとき

仕事での業務連絡は必須ですが、他人と関わりたくない人は「ただ業務内容を伝えるだけ」と割り切ることができません。自分が相手にどういう印象を与えるか、相手に内容を正確に伝えられるだろうかどうかなどが非常に気になるので、業務連絡一つもおっくうに感じます

3. 大勢で楽しそうにしているのを見たとき

他人と関わりたくない人は、大勢でわいわいと活発に交流しているのを見ると「他の人にはできるのにどうして自分はできないのだろう」と無意識に比べてしまいます。そうすると、円滑なコミュニケーションを取れない自分を「未熟な人間」と感じてしまうようです
そんな劣等感のような思いを感じずに済むよう、大勢の人がいる場面を避けようとします。

4. ふと孤独を感じるとき

普段、他人と関わらないことを自ら選択して納得していても、ふと「自分の思いを分かってくれる人がいないのでは」と思うのも、他人と関わりたくない人の特徴です。ふと大きな孤独感を感じて辛い気持ちになります。
人と関わらない限り、誰かに理解してもらえることはありません。そのため他人と関わらない人は自分の心を守りつつも、満たされない思いを抱くことがあります

5. 悩みの相談相手がいないとき

他人と関わりたくない人は、いざ悩んで誰かの知恵を借りたくても、普段から人と交流を持っていないので頼れる人物がいません。大きな悩みであるほど、誰かに助けてもらえないことの苦しみも大きくなり、辛い気持ちにさいなまれるようです。

働くうえで孤独感を感じるというお悩みに関しては「会社で孤立してしまったら?孤独を感じる理由や対処法を解説」のコラムもご参照ください。

人と関わりたくないときの5つの対応策

ここでは、人間関係に疲れてしまい、一時的に人との関わりを避けたいときの対応策についてまとめました。

1. SNSを遠ざける

SNSでは人々の活発な交流や華やかな投稿が多く見られます。元気なときには楽しいですが、疲れているときには刺激が強いことも。人付き合いに疲れた心が乱されないよう、あえてSNSを見ないという対処も必要でしょう。

2. 映画など一人でできる趣味を楽しむ

人と関わりたくないと思ったときは、映画や読書など一人でもできる趣味に没頭するのがおすすめ。普段は寂しがり屋の人でも、一人ですることならそこまで孤独感を感じずに済むでしょう。
一人の趣味を思いっきり楽しめば元気が出て、また人と交流したいという気持ちが出てくるものです。

3. 意識的に一人の時間を作る

人付き合いに疲れるときは、知らず知らずのうちに一人の時間が足りなくなっていることがあります。いつも他人に囲まれているのが好きな人でも、ときには一人で誰にも気兼ねなく過ごす時間が必要です。そういえば一人の時間がなかったな…と思うときは、意識的に一人で過ごす時間を持つようにしましょう。

4. 十分な睡眠を取る

人付き合いの疲れは、思考をしすぎて頭が疲れている状態といえるでしょう。考えすぎて疲れているときには、睡眠が重要です。
一時的に人と関わりたくないと思っても、十分な睡眠を取ることで疲れが回復して、また普段どおりに過ごせるようになるでしょう。

5. 人のいない静かなところに出かける

他人と関わりたくない人にとって、大勢の人がいる場所は雰囲気だけで疲れてしまうもの。しかし、たとえ静かでも、家にずっとこもりっきりでは気持ちがふさいでしまうので、適度な外出がおすすめです。
できるだけ人のいない静かなところに出かければ、気持ちがリフレッシュできるでしょう。

人と関わりたくない自分を変える7つの方法

人と関わりたくない自分を変えたいと思うなら、以下のような方法を試してみてください。

1. できるだけ笑顔でいる

いつも自分がどんな表情でいるかに着目してみてください。
他人と関わりたくない人は、緊張していることが多いので、表情もこわばり、暗い雰囲気になることが多いものです。意識的に笑顔を心がけることで、まとう雰囲気が柔らかくなるうえに、自分の気持ちも和やかになります。そうすると、だんだんとリラックスして人と関われるようになるでしょう。

2. ネガティブな言葉に気をつける

ネガティブな言葉を発している人の雰囲気は暗く、周囲の人もあまり積極的に関わろうとは思えないもの。できるだけ、ネガティブな発言をしないように気をつけるのが大切です。
ネガティブな言葉を発しないだけでも、雰囲気や内面に良い変化が見られるでしょう。

3. 目の前の相手を信用してみる

他人と関わりたくない人は、人を信用できないのが理由であることがあります。人を信用するには勇気がいるかもしれませんが、まずは家族や友人など、身近な人から信じてみましょう。
裏切られなかった経験を積んでいくことで、徐々に人への信頼感が育っていきます

4. 目の前の相手へ積極的に自己開示してみる

他人と関わりたくない人は、自分が人からどう見られるのかに大きな不安を抱えているもの。そのため、自分のことをあまり人に話したがらない傾向があります。しかし、自分のことをある程度話さなければ、相手と親しくなるきっかけがつかめません。
まずは、意識を変えて目の前の人へ積極的に自己開示してみてください。そうして、自分のことを話すのに慣れていく経験を積んでいくと、人と話すのが苦にならなくなっていくでしょう。

5. 共通の趣味を持つ人を見つける

職場など、公的な場所ではあまり人と関わりたくない、話したくないと思っている人でも、趣味のことなら楽しく話せるという場合があります。そのような場合には、共通の趣味を持つ人を見つけ、コミュニケーションを取ってみるのがおすすめです。趣味のことなら話も弾みやすく、話す際のハードルも比較的低いので人とのコミュニケーションが取りやすいでしょう。
コミュニケーションに成功する経験を重ねることで、だんだん他人への抵抗感が薄らぐ可能性があります。

6. 自分の欠点を受け入れる

自分の欠点を重く受け止めて否定ばかりしていると、自信がなくなって人と接するのが怖くなります。自信を持つためには、自分の欠点を受け入れ、許すことが必要です。欠点を受け入れられれば、必要以上に自分の価値を低く見ることがなくなり、堂々と他人と話せるようになっていきます。そのうち、人と関わりたくないとは思わなくなっていくでしょう。

7. コミュニケーション力を身に付ける

人とのコミュニケーションが苦手と感じるならば、実際にコミュニケーションスキルを身に付けるのも有効です。
コミュニケーションに悩む人は多く、書籍も多数出版されています。そのような本を読み、実践することで良い方向に変わっていく可能性があるでしょう。
それでも人と関わりたくない、一人でできる仕事がしたいという方には「人と関わらない仕事がしたい!求人の探し方や在宅で働ける職種をご紹介」や「人と接しない仕事はある?関わりが少ない業務とは」のコラムがおすすめです。

人と関わりたくない人に適している8つの仕事

どうしても他人と関わりたくないと思う人には、以下のような仕事がおすすめです。

1. プログラマー

プログラマーとは、ITシステムを作ったり、メンテナンスを行ったりする仕事。
主に単独作業が多く、人とのコミュニケーションは比較的少なめなので、他人と関わりたくない人向きです。
プログラミング言語といったスキルをコツコツと身に付けていくと、仕事の幅が広がっていきます。スキルを身に付けられるので長く働けることや、キャリアアップも可能なのが魅力です。

2. Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのレイアウトなど、ユーザーにとって見やすく魅力的なページを作る仕事です。
Webデザイナーは、HTML言語といったレイアウトに必要なWeb言語を覚える必要がありますが、プログラマーと同様にコツコツとスキルを獲得していくことで仕事の幅が広がります。経験を積み、Webディレクターのような責任者になる人も。
基本的に単独作業が多いので、コミュニケーションは最低限で、他人と関わりたくない人に向いているでしょう。

3. Webライター

Webライターは、Webサイトに掲載する記事を執筆する仕事。単独作業のうえ、発注元とやり取りをする必要はあるものの、最低限のコミュニケーションに止めることが可能です。そのため、できるだけ他人と関わりたくない人に向いているでしょう。
執筆経験を積んで、ライターとしての実力を付けていき、収入アップも狙う道もあります。

4. 動画編集者

動画編集者は、投稿サイトに載せる動画を作成するのが仕事です。動画の編集作業は単独で黙々と進めるものなので、他人と関わりたくない人に適しています。
昨今では投稿サイトで動画を楽しむ人が多く経済効果も見込めるので、動画編集者の需要は高まっている傾向です。発信したいことがあれば、自分自身をコンテンツとして売り出すことも可能なので、発展性のある仕事といえるでしょう。

5. データ入力

データ入力は、企業から渡されたアンケート結果や分析情報などのデータを、表などに入力していく仕事です。淡々と一人で進められ、コミュニケーションがあまり発生しにくい仕事なので、他人と関わりたくないと考える人は検討してみると良いでしょう。
比較的多くの求人があり、在宅可の案件も多数存在するので、始めやすい仕事といえます。家事などの合間に作業をする人も多いようです、

6. Webマーケター

Webマーケターは、Web上で企業の商品が売れるような仕組みを考える仕事。たとえばSNSやブログ、広告を使ったPR活動などが挙げられます。大抵は企業内で一人考えることが多い仕事なので、人とのコミュニケーションはやや少なめです。
Webライターなどからステップアップして就く道もあります。

7. 工場勤務の軽作業

工場での軽作業は、人と話さずに黙々と同じ作業を繰り返す場合が多いので、人とのコミュニケーションは最低限。そのため、他人と関わりたくないと思う人に向いています。また、多くの作業内容をこなすより、特定の作業を集中して行うのが得意な人にも向いているでしょう

8. ドライバー

ドライバー職は、車の運転が好きな人におすすめです。基本的に単独行動が多く、人と話さなくても成り立つ仕事なので、他人と関わりたくない人にも向いています。
ドライバーにはタクシーやバスのような旅客業と、トラックのような運送業がありますが、他人と関わりたくないのであれば、一人でいることの多い運送業のほうがより適しているでしょう。

人と関わりたくない人に適した仕事の見つけ方は?

他人と関わりたくないという人に適している仕事の見つけ方は、以下のとおりです。

就職サイトを利用する

就職サイトは、とても求人数が多く、いつでも利用できるのがメリットです。しかし、求人数が圧倒的に多く頻繁に更新されるので、自分の目当ての求人を見つけるのが大変という側面もあります。

就職支援サービスを利用する

自分に合った求人をピンポイントで見つけたいなら、ハローワークや就職エージェントといった就職支援サービスの利用も有効です。

ハローワーク

ハローワークの特徴は、その求人数と、管轄地域の案件を多く持っていること。地元で就職したい人に向いています。また、無料で就職セミナーが受けられるので、就職活動に自信がない人もやり方を学ぶことができるのがメリットの一つです。

就職エージェント

就職エージェントとは、民間企業が運営する就職支援サービスのこと。就職エージェントの特徴は、運営企業ごとにそれぞれ強みがあり、扱う業界や求人、支援する対象者が違うことです。
よって、自分に合ったサービスを選べば、適している求人を紹介してもらいやすいといえます。

就職エージェントでは、プロである就活アドバイザーが求職者へのカウンセリングを通じて、適した仕事を一緒に探してくれるのも魅力です。

「次の仕事ではなるべく人と関わりたくない」という方の仕事選びは、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは20代の若年層の方向けに、ポテンシャルや人柄を重視する企業の求人を多数取り揃えております。人と関わるのが苦手というお悩みも、就活アドバイザーに遠慮なくお聞かせください。カウンセリングを通じて、あなたに最適な職業や環境を一緒に考え、ご紹介します。
ご利用・ご登録はすべて無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

人と関わりたくないというお悩みに関するQ&A

ここでは、人と関わりたくないというお悩みに関して、よくある質問についてまとめています。

人と関わりたくないと感じて辛いです…

人と関わりたくないと感じて辛いのであれば、まず辛いと感じる原因を特定しましょう。
人と関わりたいのにうまく関われないからなのか、そもそも人と関わるのが好きでないのかによっ
て、対応策が変わります。人と関わりたくないと感じるようになったきっかけに、対応策のヒントがある可能性が高いです。併せて考えてみてください。

人と関わりたくない自分を変えたいです

人と関われるようになりたいのであれば、このコラムの「人と関わりたくない自分を変える7つの方法」を試してみてください。人と関わりたいのに関われないのは、自分のコンプレックスや人間関係で傷ついた経験による場合が多いです。自分を認め、人への警戒を解いていくことで、徐々に他人と関われるようになっていくでしょう。

人と関わりたくない人に向いている仕事は?

人と関わりたくない人に向いている仕事は、IT関連やクリエイター系などの業種のほか、現場作業などに多いといえるでしょう。資格なしでも始められる仕事や、自宅でできるものも少なくありません。「人と関わらない仕事はある?大卒の人におすすめな仕事を紹介!」のコラムでは、人と関わらずに働けるおすすめの仕事を分かりやすくご紹介しています。

人と関わりたくないのですが、正社員になれますか?

なれます。できるだけ人と関わらずに働ける仕事で、正社員を目指すのは可能です。
就職エージェントのハタラクティブでは、20代の若年層の方に向け、正社員の求人をご紹介。カウンセリングで「できるだけ人と関わりたくない」とご相談ください。また、スキルや経験に不安があり、正社員になれるか不安な方も就活アドバイザーがサポートいたしますので、安心してご利用になれるのも大きな特徴です。お気軽にご利用ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION