ホワイトカラーとはどういう意味?言葉の由来やブルーカラーとの比較も解説

ホワイトカラーとはどういう意味?言葉の由来やブルーカラーとの比較も解説の画像
 

【このページのまとめ】

  • ・ホワイトカラーとは、知的労働の性質を持った職業とそれに従事する人を指す言葉
  • ・ホワイトカラーとされる仕事には、事務スタッフや研究職などが挙げられる
  • ・ホワイトカラーの特徴は頭脳労働で室内勤務が多く、賃金が比較的高いこと
  • ・初任給を比較するとホワイトカラーは大卒のほうが、ブルーカラーは高卒のほうが高い

ホワイトカラーと聞いて「給料が高い」という印象を思い浮かべる人も多いでしょう。確かに全体を見るとそのような傾向ですが、業界やスキルによってはブルーカラーのほうが高いことも。
このコラムでは、ホワイトカラーの特徴やブルーカラーとの待遇比較など幅広く解説しています。
最近は職種の多様化によって、どちらともいえない職種も増えています。多くの選択肢のなかから、自分に合った働き方を選びましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

「ホワイトカラー」とはどういう意味?

ホワイトカラーとは、知的労働の性質を持った職業とそれに従事する人のこと。
生産物には直接関与せず、営業やオフィス業務など頭脳労働をメインとしているのが特徵です。

ホワイトカラーという言葉の由来

ホワイトカラーという名前は、英語の「white collar(白い襟)」が起源です。事務関連の仕事で働く労働者が白い襟のシャツを着ることが多いために使われるようになりました。

ホワイトカラーとされるのはどんな仕事?

ホワイトカラーとされる主な仕事は、以下のとおりです。

・医師
・研究職
・裁判官
・ライター
・事務スタッフ
・企画職
・設計士
・デザイナー

ほかにもホワイトカラーに分類される仕事は多岐にわたりますが、全体的に学歴重視の職種が目立ちます。

ホワイトカラー、ブルーカラーと言われる仕事とは?」のコラムでは、ホワイトカラーとブルーカラー、どちらに就業すべきかについて解説しています。併せて参考にしてみてください。

ホワイトカラーの仕事の3つの特徴

ホワイトカラーの仕事の特徴は、以下の3つです。

1. 頭脳労働

ホワイトカラー最大の特徴は、頭脳労働であること。体を動かすのではなく、主に専門知識や思考を使い、知的な労働をするのが特徴です。

2. 室内での業務

ホワイトカラーの仕事の特徴は、パソコンを使った事務作業や店舗での接客のような室内業務が中心であることです。よって、労働環境が比較的良いとされています。

3. 比較的高額な賃金

ホワイトカラーが従事する頭脳労働は、賃金が比較的高額に設定されています。就業するには、学歴や専門知識を必要とするのが要因といえるでしょう。

ホワイトカラーと比較される「ブルーカラー」とは?

ブルーカラーとは、現場で生産に直接関わる職業とそれに従事する人のことです。
工場で働く作業員や技術者が、青い襟の作業服を着ていることが多かったことから「blue collar(青い襟)」と呼ばれるようになりました。

ブルーカラーとされるのはどんな仕事?

ブルーカラーと呼ばれる仕事は、以下のとおりです。ブルーカラーには、肉体労働を主とした仕事のほかに、高い技術力を問われるものもあります。

・建築作業員
・交通誘導員
・鉄鋼製造スタッフ
・駅員
・警備スタッフ
・運送スタッフ
・清掃スタッフ

工事や運送、清掃といった実地の仕事がメインですが、現場を束ねる管理職を兼ねている人もいます。そのため、肉体労働のみの仕事とは限りません。

ブルーカラーの仕事の特徴

ホワイトカラーとブルーカラーの給与は業界や学歴によって異なります。そのため、一概にどちらが高いとはいえません。

「ホワイトカラーは管理職系」「ブルーカラーは作業職系」といったイメージから、「前者のほうが給与が高いのでは?」と考える人もいるでしょう。しかし、ホワイトカラーであれば満足のいく給与をもらえるとは限りません。同様に、ブルーカラーでも低賃金とは限らず、企業によってはホワイトカラーよりも給与が高い場合があります。

ブルーカラーの職場は3K?

ブルーカラーの労働環境を表す言葉として3Kという表現が有名ですが、徐々に状況が変わりつつあるようです。
3Kとは「きつい」「汚い」「危険」の頭文字で、ブルーカラーの労働環境や作業内容を表す言葉。英語では、“Dirty, Dangerous and Demeaning” の頭文字をとって3Dと略されているようです。

2015年、このようなネガティブなイメージを払拭するために、国土交通省は建設業界に対して「新3K」というポジティブなスローガンを発表しました。新3Kの意味は「給料」「休日」「希望」の3つ。これは、建設業で働く労働者に対し「高い給与、長い休日、そして希望が持てる産業を目指す」という思いが込められたものです。
スローガンの影響もあり、近年はワークライフバランスを重視した企業も増えてきています。休暇の取りやすさや短時間勤務、福利厚生の充実など、ブルーカラーの労働環境も以前と比べて改善が進んでいるといえるでしょう。

3Kと呼ばれる仕事について気になる方は、「きつい・汚い・危険の『3K』って、どんな仕事?」のコラムで詳しく解説していますので、こちらもご参照ください。

ホワイトカラーとブルーカラーの待遇比較

ホワイトカラーとブルーカラーでは、給与や休日数などの待遇に差が見られるようです。ここでは、国の調査をもとに考察します。

産業別に見る両者の給与の違い

厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況(6p)」の20~29歳の産業別給与を見ると、ホワイトカラーと呼ばれる業界のほうが全体的に金額が高い傾向にあるものの、必ずしもブルーカラーより高額とはいえません。

【産業別の平均給与(20~29歳の男性)】
・建設業 23万9250円
・製造業 21万9800円
・金融業/保険業 26万3600円
・情報通信業 24万7050円
・卸売業/小売業 23万3500円

【産業別の平均給与(20~29歳の女性)】
・建設業 22万7450円
・製造業 19万6000円
・金融業/保険業 22万5000円
・情報通信業 24万6850円
・卸売業/小売業 21万3750円

一般的に建設業はブルーカラー、卸売業・小売業はホワイトカラーとされていますが、それぞれの給与を比較してみると前者のほうが若干高い金額になっています。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況

学歴別に見る両者の給与の違い

大卒や高卒といった学歴によっても給与に差が出ます。
一般社団法人日本経済団体連合会が公表した「2020年3月卒『新規学卒者決定初任給調査結果』の概要(3p)」によると、ホワイトカラーとブルーカラーの初任給の違いは、以下のとおりです。

大卒初任給はホワイトカラーのほうが高額

大卒初任給の場合、事務系が21万8472円なのに対し技術系が21万7864円です。ホワイトカラーである事務職のほうが、若干高い給与を貰えています。

高卒初任給はブルーカラーのほうが高額

高卒初任給を見てみると、事務系が17万1955円なのに対して技術系は17万3939円。こちらはブルーカラーである技術職のほうが高い給与となっています。

ただし、これらも産業や企業の規模によって差があるため一概にはいえません。あくまで傾向としての参考にとどめてください。

参照元
一般社団法人日本経済団体連合会
2020年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」の概要

休日の日数はどちらが多い?

厚生労働省の「平成30年就労条件総合調査 結果の概況(5p)」を見ると、休日総数はホワイトカラーのほうが多いようです。ここでは、ホワイトカラー・ブルーカラーにあたる主な業界で一人当たりの休日数が多いものを抜き出し、比べてみました。

インフラを除き、ホワイトカラーで一番休日数の多い情報通信業が年間平均119.8日、次いで学術研究、専門・技術サービス業の119.6日、金融・保険業の119.1日と続きます。
一方、ブルーカラーでは一番休日数が多い業界は製造業で117.6日、次いで建設業の112.2日です。

両者を比較すると、ホワイトカラーのほうがやや休日が多いといえるでしょう。

職種の区別?ブルーカラーの具体的な職種について」のコラムでは、職種やメリット、デメリットなどの観点で、ブルーカラーについて詳しく解説しています。ブルーカラーの仕事の現状について知りたい方には、こちらのコラムも参考にしてください。

参照元
厚生労働省
平成30年就労条件総合調査 結果の概況

ホワイトカラーが抱える社会問題

ホワイトカラーが抱える社会問題には、長時間労働による疲労や責任の偏重によるストレスがあります。現代社会では過労死や精神的負担による疾患が問題視されており、ホワイトカラーも例外ではありません。

長時間労働により疲労が溜まりやすい

ホワイトカラーは長時間労働を必要とされることが多く、疲労を溜めやすいという問題があります。3Kと呼ばれるブルーカラーと比べ、オフィスや事務所など、主に屋内で働くホワイトカラーは労働環境が良いと見られがちですが、必ずしもそうとはいいきれないでしょう。

例として、ブルーカラーの職場の一つである工場勤務と比較してみます。
工場の稼働は基本的に決められた日時のみなので、そこで働くスタッフは休日にゆっくり休息をとれます。
しかし、ホワイトカラーはパソコンがあれば作業できる場合も多いです。そのため、帰宅後や休日にも仕事をしてしまい、ゆっくり休めないという人もいます。勤務先によっては休日でもオフィスに呼び出されることも。

ホワイトカラーの仕事はオンオフの切り替えが難しく、長時間労働に陥りやすいという一面を持っています。

精神的な負担が大きくストレスを感じやすい

ホワイトカラーの仕事は、1人に対して課される業務量や責任が大きく、精神的負担がかかりやすいといわれています。そのため、肉体面だけでなく精神面でも疲弊してしまう人が多いようです。なかには、精神的なストレスが原因で体調を崩す人も。
ホワイトカラーのメンタルヘルスについては、社会全体が取り組んでいくべき課題といえるでしょう。

ホワイトカラーのストレスについては「仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説」のコラムで詳しくご説明しています。

ホワイトカラーやブルーカラー以外の仕事は?

ホワイトカラーやブルーカラーといった仕事のほかには、以下のようなものがあります。

グレーカラー

グレーカラーとは、ホワイトカラー、ブルーカラーのどちらかに分類できない仕事のことです。
グレーカラーの例としては、高い専門教育を受けている技術者や、頭脳労働と肉体労働のどちらも必要な保安職などが挙げられるでしょう。
また、ITエンジニアやプログラマーのように、頭脳労働でも大きく体力を消耗したり、建設などのブルーカラーに近い業界構造だったりすることからグレーカラーとされている仕事もあります。

ピンクカラー

ピンクカラーとは、女性の労働者が多く「女性の仕事」と見られがちな仕事を指す言葉です。代表的な仕事には、保育や看護などが挙げられるでしょう。比較的賃金が低く、不安定な雇用であることが問題となっています。

社会構造の複雑化によって、「ホワイトカラー」「ブルーカラー」とはっきり分けられる時代は終わったといえるでしょう。これからは希望する働き方の軸をしっかり持ったうえで、多様な職業のなかから、自分に合った仕事を探す必要があるのではないでしょうか。

どんな仕事を選んだら良いか分からないとお悩みの方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、20代の若年層に向けて、人柄とポテンシャルを重視する企業の求人をご紹介しています。あなたの希望の待遇を叶える仕事を、専任の就活アドバイザーが一緒に考えますので、どんな仕事に応募したら良いか分からない方も安心です。
ご登録、ご利用はすべて無料。お気軽にお問い合わせください。

ホワイトカラーという言葉の意味に関するQ&A

ここでは、ホワイトカラーという言葉について想定される質問と回答をまとめています。

ホワイトカラーとは何ですか?

ホワイトカラーとは、頭脳労働で室内勤務を中心とした仕事のことです。ホワイトカラーの特徴として、長時間労働になりやすかったり精神的疲労を感じやすかったりするという点があり、問題になっています。ホワイトカラーの概要については、このコラムの「『ホワイトカラー』とはどういう意味?」をご参照ください。

ホワイトカラーの仕事でないと給料は安いのですか?

そうとはいえません。平均賃金を見るとホワイトカラーのほうが高い傾向があるのは事実です。しかし、ホワイトカラーであれば賃金が高いというわけではありません。また、高額賃金でもブルーカラーとされる仕事もあります。経験やスキル、業界によって賃金は異なるので、一概にいえないのが現状です。「ホワイトカラーでなくては稼げない」と固く考えるのではなく、自分の希望条件のもと、柔軟に求人を探してみてください。

ホワイトカラーとブルーカラー、どちらを選ぶべき?

自分の適性に合ったほうを選びましょう。考えるのが好きならホワイトカラー、体を動かすのが好きならブルーカラーといった単純な選び方でなく、自己分析を通じて自分の適性をじっくり考えてみるのが必要です。ホワイトカラー、ブルーカラーというのはあくまで仕事の傾向であり、世の中の多様な職種は、その2つのどちらかにはっきり分かれているわけではありません。自分の適性を知るために、「効果的な自己分析のやり方とは?」を参考にして自己分析をしてみましょう。

自分に合ったホワイトカラーの仕事に就きたいです

このコラムの「『ホワイトカラー』とはどういう意味?」のなかで紹介したホワイトカラーの主な仕事を参考に、自分の適性と照らし合わせながら求人を探してみてください。自分でうまく求人を探せなかったり、向いている仕事が分からなかったりする方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。あなた専属の就活アドバイザーが、あなたのお仕事探しを力強くサポートします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION