ホワイトカラーってどんな意味?当てはまるのはどんな仕事?

ホワイトカラーってどんな意味?当てはまるのはどんな仕事?の画像

この記事のまとめ

  • ホワイトカラーは、事務系や販売系などの頭脳労働に従事している人を指す
  • ブルーカラーは、建設業や製造業などの肉体労働者を指して用いられる言葉
  • 初任給はブルーカラーの方が高く、平均賃金の伸び率はホワイトカラーの方が大きい
  • ホワイトカラーは、労働時間が長くなったり精神疾患を抱えたりするリスクが高い

ホワイトカラーは、職業の種類を表す言葉としてよく用いられます。ホワイトカラーというと、給料が高い、室内で仕事をしているといったイメージが強いですが、「事務」や「総務」だけを指す言葉ではありません。ホワイトカラーにはさまざまな職業が含まれるので、これから就活を行う人はホワイトカラーの意味について知っておくとよいでしょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ホワイトカラーの意味とは?

ホワイトカラーとは、「白い襟」を意味し、事務系や販売系、技術的な労働に従事している人を指します。ホワイトカラーを「White color(白い色)」と勘違いしている方もいますが、実際には「White collar(白い襟)」という意味で、白のワイシャツを着る仕事を指して用いられる言葉です。

ホワイトカラーの具体的な例

ホワイトカラーは白いワイシャツを着て働く人のことを指すので、実に多くの種類があります。
たとえば、デスクワークの多い事務職はホワイトカラーの一例です。事務職だけでなく企画業務や研究者、エンジニアなどの技術者などもホワイトカラーといえます。
さらに、机に向かって仕事をすることが多い士業、つまり弁護士や税理士、司法書士などもホワイトカラーに含まれます。デスクワークとはやや異なりますが、白のシャツを着て屋内で働くことを考慮すると、販売業やサービス業などもホワイトカラーになるでしょう。加えて、記者やライターなどもホワイトカラーと考えられます。
ホワイトカラーの概要についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「ホワイトカラー、ブルーカラーと言われる仕事とは?」もご覧ください。

ホワイトカラーの3つの特徴

ホワイトカラーにはさまざまな種類があるものの、「頭脳労働」「作業に危険が少ない」といった共通する特徴があります。
これからホワイトカラーの業種で働きたいと思っている方は、どのような特徴があるのかについて知っておくとよいでしょう。

頭脳労働である

ホワイトカラーの大きな特徴は、知的な精神労働を行う点です。
ホワイトカラーとして働く人は、体を動かして作業を行うというよりも、専門的な知識や技術を駆使して仕事を行っています。さらに、知識や技術を身に着ければずっと働けるわけではなく、常に勉強を続けていかなければなりません。とくに、プログラミングやグラフィックなどの技術は常にアップデートされているため、顧客の要望に応えるために勉強を重ねていく必要があるでしょう。

比較的安全に業務が行える

ホワイトカラーは、生産性に直接関係のない業務を行います。また、作業場所は基本的に屋内。デスクワークを主とするため、身体的な被害を受けにくいでしょう。

賃金が高額

ホワイトカラーは一般的に賃金が高額であるとされています。
ホワイトカラーは高い学歴が求められることも多いので、他の職業と比較して高い賃金が支払われることが多いのです。ただし、すべての職業でホワイトカラーの方が賃金が高いというわけではなく、場合によっては他の人の方が高い賃金をもらっていることもあります。

ホワイトカラーのメリットとデメリットについてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「デスクワークの仕事とは?メリット・デメリットやお悩み解決法を紹介!」もご覧ください。

ホワイトカラーに対するブルーカラーとは?

ホワイトカラーに対してよく用いられるのが「ブルーカラー」という言葉です。ホワイトカラーが「白い襟」という意味であるのと同様、ブルーカラーは「青い襟」を意味します。生産現場で働く人の多くが青い作業着を着ていたことから、肉体労働者を指してよく用いられる言葉です。

ブルーカラーの具体的な例

ホワイトカラーに対して、ブルーカラーは物の生産に直接かかわるような業務に携わっている人を指して用いられます。
具体的には建設業や製造業、鉱業、農林水産業などです。土木作業員や建設作業員などはブルーカラーとしてイメージしやすいでしょう。さらに、ブルーカラーとして挙げられるのは、農業従事者や漁業従事者などです。
加えて、あまりブルーカラーのイメージはありませんが、警備員やタクシードライバー、自動車整備工なども現場で働く仕事のため、ブルーカラーに分類されます。ブルーカラーの概要についてさらに知りたい方は、詳しく書かれたコラム「ブルーカラーとはどんな職種が当てはまる?ホワイトカラーとの違いを解説」もご覧ください。

その他のカラーの紹介

ホワイトカラーやブルーカラーという言葉は有名ですが、その他にもカラーで分類される仕事があります。
たとえば、「グレーカラー」という分類です。グレーカラーは、ホワイトカラーとブルーカラーの間を指す言葉であり、頭脳労働や肉体労働と明確に分類されない業務が該当します。たとえば、工場における管理職などがその一例です。
さらに、「グリーンカラー」という言葉も存在します。グリーンからイメージされる通り、環境にかかわる仕事をしている人を指す言葉です。
加えて、専門性の高い仕事を行うメタルカラー、福祉系の仕事に従事するシルバーカラー、女性が活躍しやすい保育士や看護師などを指すピンクカラーなどの分類もあります。
近年では、高い技術や知識を武器に、組織に所属せず自分でキャリアを形成していく人を指して、「ゴールドカラー」という言葉も誕生しました。

ホワイトカラーとブルーカラーの賃金差

ホワイトカラーとブルーカラーには、頭脳労働と肉体労働という大きな違いを筆頭に、収入面でも異なる点があります。

1.初任給は学歴によって異なる

日本経団連が発表した「新規学卒者決定初任給調査結果」によれば、大学卒の初任給は技術系が217,864円だったのに対し、事務系は218,472円でした。
いっぽう、高卒初任給を見てみると、事務系が17万1955円なのに対して技術系は17万3939円。こちらはブルーカラーである技術職のほうが高い給与となっています。

参照元
日本経団連
新規学卒者決定初任給調査結果

2.平均的にはホワイトカラーの収入の方が多い

ホワイトカラーの方が経験を積むにつれて知識が増えたり技術が高まったりしていき、成果として給与に反映されやすいため、収入が高くなります。
たとえば、厚生労働省が発表している「令和2年賃金構造基本統計調査」では、ホワイトカラーの収入がブルーカラーを上回っていることが分かります。男性の場合、ホワイトカラーの一つである「金融業、保険業」がもっとも平均賃金が高く479,200円でした。続いて「教育、学習支援業」の平均賃金は429,400円です。一方、ブルーカラーといえる「建設業」は収入のピークを迎える55歳から59歳であっても月収は427,200円となっています。
女性も同様に、ホワイトカラーである「情報通信業」の平均賃金が315,500円、「教育、学習支援業」の平均賃金は306,900円、ブルーカラーの「製造業」の平均賃金は222,700円です。

3.賃金の伸び率はホワイトカラーの方が高い

ホワイトカラーとブルーカラーを比較すると、賃金の伸び率が異なります。ホワイトカラーとして働いている人は、年齢や経験を重ねることで平均賃金が大きく伸びていくのです。
前述の「令和2年賃金構造基本統計調査」では、「金融業、保険業」における20歳から24歳の平均賃金を100とした場合、50歳から54歳の平均賃金は272.7%となります。つまり、平均賃金が2.7倍に上がるということ。同じくホワイトカラーの「情報通信業」でも伸び率は246.6%と非常に高くなっています。一方でブルーカラーの「製造業」では伸び率は204.9%、「建設業」では192.7%と2倍に届きません。
女性の場合、やはり「情報通信業」における賃金の伸び率が大きく、20歳から24歳の平均賃金を100とした場合に55歳から59歳の平均賃金は200.0%となっています。「教育、学習支援業」においても、50歳から54歳の平均賃金の伸び率は20歳から24歳の平均賃金と比較して158.0%です。
賃金の伸び率に注目すると、ホワイトカラーの方がメリットが大きいと考えられるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査

ホワイトカラーが抱える3つの問題

ホワイトカラーは賃金が高く、肉体労働でないため働きやすいと思われがちですが、長時間労働やメンタルヘルスなどが問題として挙げられます。ホワイトカラーの仕事を希望するなら、問題点にも目を向けて適性があるか考えてみましょう。

1.ホワイトカラーの過重労働

ホワイトカラーが抱える一つの問題は「過重労働」です。
ホワイトカラーはパソコンさえあればどこでも仕事ができるため、労働時間が長くなりがち。残業時間が増えることも少なくありません。
休日出勤や過労死ラインすれすれの残業などが起こりやすいのもホワイトカラーの仕事です。

ブルーカラーは勤怠管理が厳しい
ブルーカラーは肉体労働のため、労働時間の管理が厳しい企業が多いようです。また、工場などは稼働させること自体にコストがかかるため、休みの日に出勤しても工場が止まっていて仕事ができないことも珍しくありません。

2.ホワイトカラーのメンタルヘルス

ホワイトカラーは、頭脳労働とともに、顧客対応などを多く行う業務となります。したがって、顧客からのクレームや要求に対応しなければならないことも少なくありません。また、ホワイトカラーの仕事は、1人に対して課される業務量や責任が大きく、精神的負担がかかりやすいといわれています。そのため、肉体面だけでなく精神面でも疲弊してしまう人が多いようです。ホワイトカラーのストレスについては「仕事に限界を感じるサインは?能力不足やストレス?症状や相談先も解説」のコラムで詳しくご説明しています。

3.ロボットやAIに仕事を奪われる恐れがある

ホワイトカラーの仕事は、ロボットやAIに仕事を奪われる恐れがあるといわれています。
肉体労働のブルーカラーの方がロボットに取って代わられると考えられがちですが、データの打ち込みや分析などの業務はロボットやAIが得意とする分野であり、ホワイトカラーの人材が担う仕事が減る可能性も考えられるでしょう。

ブルーカラーは外国人労働者が担う?
ブルーカラーに代表される建設などの仕事は、慢性的な人手不足から外国人労働者の積極的な受け入れが見られます。雇用コストが日本人に比べて安価なため、採用を進める企業も増えるでしょう。

ホワイトカラーでもブルーカラーでも、メリットとデメリットはあります。どんな仕事を選んだら良いか分からないとお悩みの方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、20代の若年層に向けて、人柄とポテンシャルを重視する企業の求人をご紹介しています。あなたの希望の待遇を叶える仕事を、専任の就活アドバイザーが一緒に考えますので、どんな仕事に応募したら良いか分からない方も安心です。
ご登録、ご利用はすべて無料。お気軽にお問い合わせください。

ホワイトカラー味関するQ&A

ここでは、ホワイトカラーについて想定される質問と回答をまとめています。

ホワイトカラーとは何ですか?

ホワイトカラーとは、頭脳労働で室内勤務を中心とした仕事のことです。ホワイトカラーの特徴として、長時間労働になりやすかったり精神的疲労を感じやすかったりするという点があり、問題になっています。ホワイトカラーの概要については、このコラムの「ホワイトカラーの意味とは?」をご参照ください。

ホワイトカラーの仕事でないと給料は安いのですか?

平均賃金を見るとホワイトカラーのほうが高い傾向があるのは事実ですが、ホワイトカラーであれば賃金が高いというわけではありません。また、ブルーカラーでも高額賃金の仕事もあります。経験やスキル、業界によって賃金は異なるので、一概にいえないのが現状です。「ホワイトカラーでなくては稼げない」と固く考えるのではなく、自分の希望条件のもと、柔軟に求人を探してみてください。

ホワイトカラーとブルーカラー、どちらを選ぶべき?

自分の適性に合ったほうを選びましょう。考えるのが好きならホワイトカラー、体を動かすのが好きならブルーカラーといった単純な選び方でなく、自己分析を通じて自分の適性をじっくり考えてみるのが必要です。ホワイトカラー、ブルーカラーというのはあくまで仕事の傾向であり、世の中の多様な職種は、その2つのどちらかにはっきり分かれているわけではありません。自分の適性を知るために、「効果的な自己分析のやり方とは?」を参考にして自己分析をしてみましょう。

自分に合ったホワイトカラーの仕事に就きたいです

このコラムの「ホワイトカラーの具体的な例」で紹介したホワイトカラーの主な仕事を参考に、自分の適性と照らし合わせながら求人を探してみてください。自分でうまく求人を探せなかったり、向いている仕事が分からなかったりする方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。あなた専属の就活アドバイザーが、あなたのお仕事探しを力強くサポートします。

関連タグ