1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職種の区別?ブルーカラーの具体的な職種について

職種の区別?ブルーカラーの具体的な職種について

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ブルーカラーとは作業服の襟の色から来た、肉体労働者を指す言葉
    ・土木作業員や建築作業員、機械製造スタッフなどが挙げられる
    ・ブルーカラーの対義語として、スーツを着用した労働者を指すホワイトカラーもある
    ・規則的な就業時間や運動不足の解消など、ブルーカラーのお仕事にはメリットがいっぱい

職種の区別?ブルーカラーの具体的な職種についての画像

ブルーカラー・ホワイトカラーという言葉をご存知ですか?「聞いたことはあるけど詳しく分からない」そういう方も多いと思います。カラーとは英語で、「collar」。色を指す「color」ではなく襟のことを意味します。職種によって区別されるこの2つ。どんな違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

ブルーカラーとは?

前述したとおり、色ではなく襟という意味を持つカラー。工場などで働く技術系の労働者に配られる作業服の襟に、青系の色を使うことが多いため、この呼び名が付きました。
始まりは1920年。当時、自動車産業真っ盛りだったアメリカで誕生した言葉です。
ブルーカラーの他、ブルーワーカーとも呼ばれています。


どんなお仕事があるの?

ブルーカラーと聞いて、どんなお仕事を思いつきますか?具体的には、以下の職種が挙げられます。


・土木作業員
・建築作業員
・交通誘導員
・鉄鋼製造スタッフ
・機械製造スタッフ
・駅員
・警備スタッフ
・整備工
・修理工
・運送スタッフ
・ビルメンテナンススタッフ
・清掃スタッフ


上記がブルーカラーと呼ばれる主な職種です。ブルーカラー専門の求人誌やサイトもあることから、日本でも「ブルーカラー」という言葉が浸透しています。
職種を見ても分かるとおり、ブルーカラー=肉体労働・ガテン系と認識しておくと良さそうです。

ホワイトカラーとは?

一方、ホワイトカラーとは、営業職や事務職などスーツ(Yシャツ・ネクタイ)を着用して働く労働者を指す言葉です。ブルーカラー同様、こちらもYシャツの襟の色から来ています。
ホワイトカラーを題材にした海外ドラマが発信されていたため、ご存知の方も少なくないのではないでしょうか?
具体的には、以下の職種が挙げられます。


・医師
・薬剤師
・教師
・弁護士
・税理士
・事務スタッフ
・営業スタッフ
・研究者
・SE
・プログラマー
・設計士
・コピーライター
・MR
・エステティシャン


厚生労働省によると、ホワイトカラーは大まかに分けて、専門的・技術的職業従事者、管理的職業従事者、事務従事者、販売従事者の4つに分類されています。


参照元
厚生労働省
ホワイトカラー労働者の働き方について


代表的なのは、サラリーマンです。大学新卒は、一般的にホワイトカラーを希望する傾向にあります。

ブルーカラーのメリット

ブルーカラーと聞くと、ホワイトカラーと比べて業務内容と見合わなない低賃金であるとネガティブなイメージを持つ人がいるかもしれません。
しかし、職種や実績によっては高収入を目指すこともできます。ここでは、給料以外のメリットも見ていきましょう。


メリット

手に職がつく

ホワイトカラーにも通ずるところはありますが、ブルーカラーは手に職をつけた技術・専門職のお仕事です。一度身に付けたスキルはずっと残るものなので、転職時にも有利。同じ業種で活躍することは難しくありません。長期的に安心できるお仕事です。


オンオフのメリハリをつけられる

建築系・土木系・工場系など、納期で残業が発生することもありますが基本的に残業が少ない職種が多いと言われています。また、ホワイトカラーと比べて休日出勤が少なく、カレンダーどおりのお休みを取得できるところがほとんどでしょう。
家族との時間、自分の時間を確保しやすいので、長期的に活躍できる傾向にあります。


大手企業に就職しやすい

現業職(現場作業に従事する職種)の採用を積極的に行う大手企業は多いもの。給与を高めに設定しているので、安定した収入を得られます。また、採用数を多く設けているケースが多く、それだけ就職のチャンスも多いと考えていいでしょう。


人間関係のストレスが少ない

職種によっては協働するケースもありますが、基本的には1人で行う業務が多いと言えます。また、イレギュラーが発生するホワイトカラーと比べブルーカラーは基本的にルーチンワーク。
ある程度覚えてしまえば、自分のペースで黙々と作業できるため、精神的な重圧も少ないかもしれません。


体力がつく

職種にもよりますが、作業を通じて自然に体を鍛えることができます。日頃から体を動かすお仕事だと、体力がついたり運動不足の解消を期待できたりと、健康にも良いと考えられるでしょう。

ブルーカラーのデメリット

メリットがあればデメリットもあるもの。以下をご参照ください。


デメリット

3K

職種によって異なりますが、「きつい」「汚い」「危険」といったネガティブな要素が挙げられます。体を使う肉体労働により疲れを感じたり、体が汚れたり…。建設関係では高い場所といった危険な環境下での作業を余儀なくされたりするでしょう。


女性が少ない

肉体労働やガテン系のお仕事が多いことから、活躍しているスタッフは圧倒的に男性。職場での出会いは少ないのかもしれません。


天候の影響を受ける

外仕事の職種の場合、雨や雷など作業が難しいはお休みになることも。天候に左右される他、空調がないため夏や冬など、過酷な状況でお仕事しなくてはなりません。

デメリットもご紹介しましたが、裏を返せば「肉体労働=体力がつく」「女性が少ない=気兼ねなく働ける」「天気に左右される=気持ち良い空気を吸いながら&太陽の光を浴びながらお仕事できる」など、メリットに変換できるものばかり。
転職先をお考えの場合は、入社後のリアリティショックがなるべく少なくなるよう、メリットとデメリットどちらも把握しておきましょう。


ブルーカラーに関する疑問Q&A

ブルーカラーとは、主に肉体労働などを行う職種を指す言葉。具体的な仕事内容や職種にはどのようなものがあるのでしょうか?こちらで、ブルーカラーに関する疑問をQ&A方式で解決していきましょう。


ブルーカラーの仕事例を教えて下さい。

土木や建築の作業員、工場の製造スタッフ、警備員、誘導員などが代表的です。また、トラック・バスなどのドライバーや介護職、ビルメンテナンスもブルーカラーに当てはまります。「ホワイトカラー、ブルーカラーと言われる仕事とは?」ではブルーカラーの職種例はもちろん、ホワイトカラーの仕事についても解説しているので、ご一読ください。

ブルーカラーは世間的にどのようなイメージを持たれますか?

ブルーカラーは現場で肉体労働を行うことから、「きつい」と思われることも多いようです。しかし、実際には快適な労働環境が整っている場合もありますし、「ホワイトカラーで楽」と思われている職種がハードな環境であることも。社会的にどう見られるかより、実際の環境のほうが重要なのではないでしょうか。きつい仕事は嫌…という方は「きつい・汚い・危険の「3K」って、どんな仕事?」もぜひ参考にしてください。

ブルーカラーとホワイトカラーどちらを選ぶべき?

先述のとおり、一般的にはブルーカラーは肉体労働できつい、ホワイトカラーはデスクワークで楽なイメージがありますが、ブルーカラーで働きすい職場、ホワイトカラーできつい環境も多いです。ブルーとホワイトのどちらにすべきかよりも、「自分に合う環境・仕事であるか」を重視して就職先を選ぶべきでしょう。給与面も環境によりけりです。「知ってる?ホワイトカラーとブルーカラーの意味」では給与についても触れています。

自分に合う仕事の探し方を教えて下さい。

まずは自己分析をして、興味のある業界や職種を絞り込むことが大切です。その後、業界・職種研究を行ないイメージとのギャップの差を埋めていきます。志望業界・職種が決まったら、気になる企業をピックアップ。自分の強みや関心が企業と合っているかを基準に選んでいきましょう。こちらのコラムのほか、ハタラクティブでも適性・希望に合う仕事の探し方をお伝えしています。就職に関することでお悩みの方はぜひご利用ください。

ハタラクティブであなたに合った仕事を探しませんか?

ハタラクティブでは、転職支援サービスを行っています。求職者へも企業へもしっかりヒアリングを行い、両者のニーズにマッチした求人をご紹介。
天職とあなたとの出会いを、専任の就職アドバイザーがしっかりお手伝いいたします。
相談や求人紹介にかかる費用は無料。お気軽にご相談ください。 

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    ホワイトカラー、ブルーカラーと言われる仕事とは?

  • image

    知ってる?ホワイトカラーとブルーカラーの意味

  • image

    きつい・汚い・危険の「3K」って、どんな仕事?

  • image

    「自負しております」は使い方次第で自己PRにも有効?

  • image

    連絡がこない!書類選考の通知はいつまで待つべき?

  • image

    私服指定の面接。一体何を着て行けば?

  • image

    髪型で差をつけよう。面接官に好印象を与えるには?

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?