「架電」の読み方や意味とは?使い方の例文や仕事内容を紹介

「架電」の読み方や意味とは?使い方の例文や仕事内容を紹介の画像

この記事のまとめ

  • 架電とは、電話をかけることを意味するビジネス用語
  • 架電の類義語には「電話・通話・呼び出し」がある
  • 架電の反対語には「受電・着電・入電」がある
  • 架電業務がある仕事には、コールセンターや保険会社などがある

求人情報で「架電」という言葉を見て、どのような仕事なのか疑問に思う人も多いでしょう。架電とは電話をかけることであり、ビジネスシーンにおいては顧客への営業や取引先との電話連絡を意味します。このコラムでは、架電の意味や読み方・使い方を解説します。架電業務の内容やどのような人に向いているかの解説も、仕事選びの参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 今の仕事がつらい・・・
  • 自分に向いてる仕事あるのかな?
  • 職場を変えても、結局同じかも・・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

架電とは?

架電(かでん)とは電話をかけることを意味するビジネス用語です。「架」には「かけ渡す」という意味があり、電話線が空中に架け渡されていることから、電話を「架ける」という表現も広まったといわれています。ビジネス用語とはいえ架電業務がない仕事もあるため、あまり一般的な言葉とはいえません。なお「アウトバウンド」も同類語にあたります。

「架電の件」とは

ビジネスでよく用いられる「架電の件」とは「電話で話した件」という意味です。架電の代表的な使い方として、ビジネスシーンで多く用いられています。

社会人は1日に何度も電話やメールのやり取りをします。顧客とのやり取りで「先ほど電話でお伝えした内容」といった長い前置きの代わりに使う言葉が「架電の件」です。

「架電リスト」とは

電話営業を行う職場で使用される架電リストは電話をかける相手リストであり、顧客の名前や連絡先をまとめた一覧表のことです。コールセンターや保険会社など、顧客もしくは将来顧客になる可能性がある相手に電話をかけ、アポイントを取ったり売り込んだりする職業で多く使われます。

「架電」と「荷電」の違い

架電と似た言葉に「荷電」があります。どちらも「かでん」と同じ読み方とはいえ、意味はまったく異なるため注意してください。
「荷電」は物理や化学分野の専門用語であり、物体が電気を帯びている状況や電気自体を指します。電話をかけることを意味する「架電」とは関係ないため、使い方に気をつけましょう。
未経験OK多数!求人を見てみる

「架電」の使い方

ビジネスシーンでよく使うのは「電話で話した内容」と伝えたいときの「架電の件」です。ほかにも、着信や「電話をかけること」の意味で架電が使用されることもありますが、あまり一般的な言葉ではありません。目上の人や上司、顧客に対しては「架電」ではなく「電話で話した件」と伝えるほうが無難でしょう

また「かでん」という読み方は一般的に「家電」をイメージする人が多いため、社内などの限られた場以外では伝わりづらい言葉といえます。

「架電」を使った例文

「架電」を使った例文は、以下のとおりです。

・「架電の件、承知いたしました」
・「架電にてお伝えしましたが~」
・「架電の件です。ご査収のほど、よろしくお願いいたします」
・「架電しましたが、担当者が不在でした」
・「△△さまより架電あり」(伝言メモとして)
・「顧客の架電リストを作成しました」
・「頻繁な架電は逆効果だろう」

「架電」の使い方は「電話をかけた」や「電話で話した内容」の言い換えとして認識すると、間違いないでしょう。

架電の類義語や反対語は?

「架電」以外にも、同様の意味を持つ「電話」「通話」などの類義語があります。また、「架電」の反対語も紹介しますので、あわせて覚えておきましょう。

架電の類義語

「電話をかける」と同じ意味を持つ言葉は、以下のとおりです。

架電の類義語意味
電話電話機本体の名詞、通話そのもの
通話電話で話すこと、通話内容
呼び出し人を呼んで来させること、電話で呼び出すこと

ほかにも「一報を入れる」「連絡する」も架電と同じ意味で使う場合が多いでしょう。英語では「call」が近い意味の言葉といえます。

架電の反対語

「電話をかける」意味を持つ架電の反対語は、以下のとおりです。

架電の反対語意味
受電(じゅでん)本来は電力の供給を受けること。現在は電話の着信を受けること・電話に応対すること。
「受信」も同義語。
着電(ちゃくでん)電報や電信などの通信が到着すること。電話通信に限ると「着信」も同義語。
入電(にゅうでん)電報や電信などが来ること、その通信自体。ビジネスシーンでは、顧客から電話を受けること。電報が来ることを意味する「来電」の同義語。

いずれの反対語も「電話を受ける」を意味します。架電とあわせて覚えておきましょう。

架電業務がある仕事や職場

架電業務のある仕事には、コールスタッフやテレアポスタッフなどがあります。電話を使う頻度が高い以下の職場では「架電」を日常的に用いることが多いようです。

コールセンター

コールセンターの業務は個人や法人に電話をかけて、商品やサービスを提案する営業です。一般的に、コールセンターで架電業務をする人を「テレフォンアポインター」と呼び、契約が取れると成果に応じた報酬が発生する職場もあります。

コールセンターにはマニュアルが整っている現場が多く、研修を受ければ未経験でも活躍が期待できるでしょう。仕事内容については「コールセンターの仕事」のコラムでご確認ください。

保険会社

顧客に商品の案内や提供をする保険業者も、架電業務を行ないます。加えて、保険内容や手続きなどに関する問い合わせに応えるため、受電業務もあります。保険会社で働くには専門知識が必要になりますが、入社後に研修を受けられる会社も多いでしょう。

保険会社の仕事について詳しく知りたい方は「生保(生命保険会社社員)の仕事」でも紹介しています。参考にしてください。

配送会社

配送会社では集荷受付や再配達依頼などの受電がメインですが、折り返し連絡として架電業務が発生する場合もあります。電話でのやり取りだけでなく通話内容の記録や事務作業を兼ねるため、基本的なパソコンスキルも持ち合わせておくのがおすすめです。

人材紹介会社

人材紹介会社は企業の求人情報と求職者を結びつける、民間の職業紹介会社です。求人を出している企業に対し、求める人材を確認するときに架電業務を行ないます。また、求職者に対して求人情報を紹介する作業も、架電業務の一つです。

不動産会社

土地や賃貸マンションなどの仲介を行う不動産会社はメインが受電業務であり、保険会社や配送業者などの業種に比べて架電は少ない傾向にあります。不動産会社にはコールセンターを設置している企業もあり、入居者である顧客からのトラブルに関する問い合わせへの対応も必要です。また、物件の販売や賃貸契約が主な業務であるため、内覧の申し込みや説明も多くなります。

専門用語や知識も求められる不動産会社は、興味や関心が強い方におすすめです。不動産業界については「不動産業界に就職する5つのメリットとは?仕事内容や働き方について解説」も参考にしてください。

架電業務も!コールスタッフの仕事内容

コールセンターの主な仕事内容は、架電業務と受電業務です。架電業務の代表格といわれるコールセンターの仕事内容を紹介します。

架電の仕事内容

コールセンターの架電業務の内容は営業活動やアンケートの回答依頼などであり「新商品の△△はいかがですか」「△△に関して、アンケートにお答えいただけますか」といった電話をかけます。成約数や架電数にノルマが設けられていることもあるでしょう。

受電の仕事内容

受電業務のメインは顧客からの問い合わせ対応です。「購入した△△がうまく動作しない」「△△の登録方法を教えてほしい」などの問い合わせに対しスムーズに回答するため、製品やサービスに関する知識が必要とされます。

架電業務に向いている人の特徴3つ

架電業務に向いている人の特徴を3つ紹介します。あなたが架電業務に向いているかを判断する際の参考にしてください。

1.コミュニケーションをとるのが好き

架電業務に向いているのは、電話で人と話すのが好きな方です。顧客からの問い合わせ内容や要望を丁寧にヒアリングする力も求められます。一方的に営業や提案をするのではなく、相手に寄り添う姿勢を心がけましょう。

2.トラブルに対して冷静に対応できる

架電業務はトラブルが生じることもあるため、顧客に満足してもらえるよう冷静な対応力が求められます。架電では「電話されるのが迷惑」受電では「製品が不良品だった」などのクレームを受ける可能性もあるでしょう。

マニュアルに対応方法が載っていないケースも考えられるため、顧客に不快感を与えないよう臨機応変に対応する必要があります。

3.気持ちの切り替えが早い

架電業務では否定的な言葉をかけられてもすぐに気持ちを切り替え、次の電話に引きずらない対応が必要です

架電・受電業務は感情的な顧客もおり「トラブルやクレームに巻き込まれやすい」仕事です。一方で、顧客に感謝されることもあります。ポジティブな意見は素直に受け止め、モチベーション維持につなげましょう。

「架電がある仕事も良いかもしれない」「架電なら自分の力を活かせそう」と思った方は、若年層の就職や転職を支援するエージェントのハタラクティブにご相談ください。

ハタラクティブでは実際の業務内容や職場の雰囲気など、求人サイトだけではわからない情報もご紹介可能です。経験豊富なアドバイザーが就職活動を手厚くサポートしますので、ぜひ一度ハタラクティブの無料相談をご利用ください。

架電スタッフに関するお悩みQ&A

架電の仕事に興味はあるものの、疑問や悩みを持つ方もいるでしょう。架電スタッフに関して、よくある質問と回答をまとめました。

コールセンターの仕事について教えてください

コールセンターの役割によっても異なりますが、受電業務がメインとなるのはカスタマーサポートやサービスセンターです。一方、架電業務は営業の要素が強い保険会社や配送会社・人材紹介会社などがあげられます。詳しくは「コールセンターの仕事内容とは」をご覧ください。

架電スタッフは学歴を問われないのは本当ですか?

コールセンターの仕事は学歴や資格・年齢などが問われないことが多いといわれています。
コールセンタースタッフとして重要なのは、コミュニケーション能力や柔軟な対応力です。正しい言葉遣いや相手に伝わりやすい話し方も大切ですが、基本的に入社時の研修で学べるため最初の段階では心配ありません。学歴に自信のない方は「高卒でコールセンターの正社員を目指す」のコラムを参考にしてください。

架電スタッフとは営業職のことですか?

営業職は内勤営業や反響営業に分類され、架電スタッフは内勤営業に属します。
外まわりを行わない内勤営業は、架電業務である「テレセールス」に該当する仕事です。一方、反響営業は、テレビのCMや新聞・雑誌などの広告を見た顧客に対して営業することです。詳しくは「反響営業とは具体的な仕事内容と向いている人の特徴」でも解説しているので、参考にしてください。

営業が苦手、架電業務は避けられますか?

まずは「営業の何が苦手なのか」を考えてみてください。
苦手と感じる部分が明確になると、対処法や解決策が導き出せます。「営業がきついとされる8つの理由とは?対処法と向いていない人の特徴も紹介」を参考にして、自分に合う営業スタイルを確立するのもおすすめです。
対処法や解決策を実践しても苦手意識が払拭できない場合は、就職のプロと一緒に自己分析と適性判断を行ないましょう。既卒や第二新卒・フリーターなどの若年層を対象とした転職エージェントであるハタラクティブでは、手厚いサポートで就職・転職を支援しております。ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ