高卒でコールセンターの正社員を目指す

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒でコールセンターの正社員を目指す

公開日:

最終更新日:

高卒で就活をしようとしている方に、コールセンターで働きたいと考えている方はいるでしょうか?コールセンターは比較的学歴を問わない仕事なので、高卒の方にも向いています。まずは仕事内容を見てみましょう。

◆コールセンターの仕事内容

・コールセンターは何をするところ?

コールセンターは、電話を通してお客様対応をする場所です。電話対応の内容には、商品の購入や紹介、サービスの契約や解約、アンケートや資料送付、質問やご意見、クレームなどへの対応などが挙げられます。

・コールセンターで働く職種

コールセンターの代表的な職種には、オペレーターとスーパーバイザーがあります。
オペレーターの仕事は電話対応がメインです。ヘッドホンにマイクが付いた「インカム」を付けて、電話対応をしながらPCを操作し、情報の入力や検索をすることでお客様への案内を進めます。
スーパーバイザーは、オペレーターの教育や管理を担う職種。マニュアルの作成や研修、シフトの作成などのほか、オペレーターには対応が難しい案件を引き受けることもあります。多くの場合は、オペレーターを数年経験してからステップアップするポジションです。オペレーターはアルバイトでも、スーパーバイザーは契約社員や正社員であることが多いようです。

・「インバウンド」と「アウトバウンド」

コールセンターには「インバウンド」と呼ばれる受信業務と「アウトバウンド」と呼ばれる発信業務の2種類の業務があります。
インバウンドは、お客様からかかってきた電話を受ける仕事。商品の購入やお問い合わせへの対応はインバウンドに当たります。
アウトバウンドはこちらからお客様に電話をかける業務で、アンケート調査や、商品・サービスの案内などをします。電話を使った営業のような仕事と言っていいでしょう。

・コールセンターを持つ企業

お客様との電話でのやりとりが頻繁に発生する企業は、電話対応を専門に行なうコールセンターを開設していることが多いようです。具体的には、以下のような業種があります。

 ―携帯電話やインターネットなどの通信系
 ―電気・ガス・水道などのライフライン関係
 ―クレジットカード、生命保険、損害保険
 ―官公庁や銀行
 ―通信販売
 ―引っ越し業者
 ―レンタカー会社

◆コールセンターに向いているのはどういう人?

コールセンターのお仕事は、電話を通してお客様と会話すること。人と話すことが好きな人、明るい対応ができる人に向いています。電話という顔が見えない状況で、相手の立場になって気持ちを推し量るスキルがあることも大切です。
また、オペレーターはほぼ一日中PCに向かってのオフィスワークになります。お客様との電話を通したコミュニケーションは発生しますが、オフィス内でのコミュニケーションはそれほど多くはありません。座りっぱなしの仕事や、同僚との交流があまりない環境に抵抗がない方なら適応しやすいと言えるでしょう。
また、コールセンターは近年サービス向上のために土日に営業していることも増えているので、休日はシフト制であることが大半です。土日に必ず休みが取れる仕事ではないことも心得ておきましょう。

・必要な学歴や資格

コールセンターで働く時に必要な資格は特にありません。学歴や経歴もそれほど問われないので、高卒や既卒、就職経験のないフリーターの方も始めやすい仕事と言えます。

◆高卒でコールセンターの正社員になるには?

コールセンターの求人にはアルバイトや派遣社員、契約社員が多く、正社員の募集はあまり見られないというのが実情です。正社員になるルートで代表的なのは、アルバイトから始めてオペレーターとして経験を積み、スーパーバイザーになる際に正社員登用されるというケース。アルバイト採用であれば高卒からOKであることが多いので、就職先として考えるならまずはアルバイトからキャリアを重ねていくことをおすすめします。

このように、コールセンターは高卒の方でも入りやすい職場ではありますが、始めから正社員の求人を探すのは少々難しい仕事です。ハタラクティブでは、あなたの希望をお聞きしながら最適な求人をご紹介するので、自分に合った仕事に巡りあうことができるでしょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ