高卒から手に職をつけられる求人はある?就職に有利な資格もご紹介

高卒から手に職をつけられる求人はある?就職に有利な資格もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 高卒で手に職をつけると、学歴ではなく実力で勝負できる
  • 高卒で就職しやすい仕事には学歴不問、成果主義といった特徴がある
  • 高卒で手に職をつけられる仕事にはITエンジニアや施工管理職といったものがある
  • 高卒の就職を成功させるには手に職のつく仕事に応募したり資格を取ったりするのが有効

高卒の仕事選びで手に職を付けたいと思い、どんな求人があるか気になる方もいるでしょう。このコラムでは、高卒で就職できる職は何かといった気になる情報を職種ごとに確認していきます。また、高卒の方の就職事情や取得すると就職に有利な資格、仕事選びのポイントなども解説していますので、お役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

高卒で就職しやすいのはどんな仕事?

高卒で就職しやすい仕事には、学歴不問や成果主義といった特徴があります。以下、それぞれ見ていきましょう。

学歴不問の仕事

学歴不問と書かれている求人は、学歴が選考基準にならないので応募しやすいです。ただし、学歴不問の仕事ではやる気やポテンシャルが重視される傾向があるので、求人に応募する際は事前に志望動機や自己PRを練っておきましょう。

若い人材を求めている仕事

若い人材を求めている仕事は、比較的年齢が若い高卒の人に有利といえます。若い人材が求められる場合は「体力を使う仕事である」「ポテンシャル採用をしたい」といった事情があるので、自分に適性があるかどうか検討してから応募しましょう。

成果主義の仕事

成果主義の仕事では、適性があれば経歴が問われにくい傾向があります。代表的なものには営業職が挙げられるでしょう。インセンティブ制だったりノルマがあったりする場合が多いですが、頑張りしだいで給与を上げられるのでやりがいのある仕事といえます。

高卒で年収を上げるにはどうすれば良い?

高卒の人が年収を上げるには、成果主義の仕事や手に職をつけられる仕事に就くと良いでしょう。以下、それぞれ説明します。

成果主義の仕事に就く

先述したように、成果主義の仕事は頑張りしだいで給与を上げられるのがメリットです。学歴よりも実力を重視するので、昇進も現実的でしょう。成果主義の仕事は限られているうえノルマに厳しい傾向があるので幅広い人に向いているとは言い難いですが、自分に合った仕事であれば順調に収入を伸ばしていけるでしょう。

手に職をつける

手に職をつけるとは、専門スキルを身につけられる仕事に就くことです。専門スキルは一定の需要があるうえ持っている人のみができる仕事なので、給与が比較的高く設定されているのが特徴。また、より専門性を深めることによってキャリアアップできるのもメリットです。転職やライフスタイルの変化に強く、ずっと働き続けられる仕事といえるでしょう。

高卒でも大丈夫?手に職を付けるメリット

手に職をつけるメリットは、やはり専門的な知識・技術があるため仕事に困らないことでしょう。特に需要の高いスキルであれば、多くの求人から自分の条件に合った仕事が選べます。
また、一般的に高卒の人は大卒の人と比べて仕事の選択肢が狭まるのが就職活動の弱点。無論学歴を問わない企業は多いですが一部「大卒以上」を募集の条件とする会社もあり、高卒だと希望の職場に入れない場合があります。しかし、そのような場合に専門的な資格やスキルを持っていれば、学歴に関係なく実力を評価されて採用に至る可能性も。学歴を個人の能力をはかる指標の1つとしている企業でも、仕事に直結するスキルがあればそちらの方をより評価するという場合があります。
このように手に職があると学歴ではなく実力で勝負できるようになり、就職後も仕事や勉強を通して技術を高めることでさらなるキャリアアップが可能になるでしょう。

高卒で応募できて手に職がつけられる5つの求人

高卒で応募できる求人のうち手に職がつけられる仕事には、以下のようなものがあります。手に職を付けられるうえ企業からの需要の高さも兼ね備えているのが、これらの職種の特徴です。

1.Webマーケティング

様々な商品やサービスの販売戦略などを立案し、その達成のために各種の施策を講じる仕事です。
この仕事は華やかなイメージを持たれることが多いですが、データを基にこつこつ戦略を練っていくという地道な面も存在します。インターネットの普及に伴いWeb広告も増加したため、職種の需要は高く求人も多いでしょう。割合としては自社製品を扱う自社マーケティングよりも、他社製品のPRをする他社マーケティングが多いのも特徴です。
この求人では、Webでの広告戦略やSEOに関する知識などが身に付きます。ロジカルな考え方が必要となるため、一般的に未経験の場合は大学を卒業しているほうが有利でしょう。しかし、営業職などを一度経験して商品をPRする力や需要の移り変わりを見抜く力を養えば、高卒からでも目指すことができるといえます。

2.ITエンジニア

ITエンジニアに共通する仕事内容は「情報技術を取り扱い、システムやアプリの開発・管理をすること」です。ひと口にITエンジニアといってもネットワーク・システム・アプリ開発などサービスによって職種が分かれており、それぞれ業務内容も異なります。 ITエンジニアはロジカルな思考にくわえ、個人的な資質も評価されます。問題解決に向けて根気よく取り組む力や自主的に新しい知識を学ぶ姿勢が必要とされるでしょう。若いうちの吸収力に期待して研修に力を注いでいる企業もあります。そのため、高卒の方にも就職のチャンスはあるといえるでしょう。
なかでも「SE」という名前で聞くことが多いシステムエンジニアは、ニーズのある仕事のため求人も多いです。エンジニアの種類によって違いますが、情報処理技術やプログラムなどの専門性が高い知識を積極的に学んでいく必要があります。

3.建設系の施工管理

現場での工程や安全、職人の管理などが業務です。経験が浅いうちは、補佐として業務に取り組むことになるでしょう。実務では多くの専門技術者と関わるため、幅広い知識が得られます。また、数多い専門用語も覚えていくことが必要です。
この仕事でキャリアアップを目指すなら「施工管理技士」という資格の取得も視野に入ってくるでしょう。 取得するには、現場で知識を学んでいく必要があります。新しい知識を積極的に吸収するのが好きな人は、この仕事に向いているでしょう。また、現場では多くの人と関わるためコミュニケーション能力も必要です。
施工管理は補佐からも始められ、高卒の方にもチャンスのある職種。 商品やサービスの性質上、建設業界では常にニーズがあるため将来的にも安定して仕事ができるでしょう。

4.介護福祉士

介護福祉士は介護士として現場で3年以上の実務経験を積み、介護福祉士実務者研修を修了することで取得できます。高齢化社会による需要の拡大から、介護業界は人手不足で未経験歓迎のところも多いのが特徴。また、経験を積みながら介護関係の資格を取得していきケアマネージャへのキャリアアップを狙えるのもメリットといえるでしょう。身に付けた経験やスキルは他の職場でも活かせるので、比較的転職しやすく働き続けやすいのもポイントです。

5.トラックドライバー

トラックドライバーも経験やスキルを身に付けられる仕事です。普通自動車免許があれば働きながら大型免許を取得できるので、目指しやすいのも特徴。トラックドライバーは長距離を運転する必要があるため、運転好きで体力がある人に向いています。また、一人で行う仕事が主なので他人とコミュニケーションを取るのが苦手な人にも適しているでしょう。

高卒から応募できる4つの主な仕事

高卒で応募できる求人が多い主な仕事には営業職や事務職といったものがあります。以下、それぞれの特色を見ていきましょう。

1.営業職

営業職は営業成績による実力主義であるのがポイントです。よって、コミュニケーション力といった適性があれば学歴関係なく採用されやすいのが特徴。営業職で得る経験やスキルはビジネスに必要な要素がすべて備わっているといわれているので、優秀な営業職になれれば転職で有利になるでしょう。営業職について詳しく知りたい方は「営業職とは何をする仕事?向いてる人の特徴や男性・女性別の年収を解説!」のコラムを参考にしてみてください。

2.事務職

事務職は人気の職業ですが、求人数自体が多い傾向にあります。事務職に向いているのは他人をサポートするのが好きな人や細かいところまで気を配れる人。高卒から事務職を希望している方には「高卒で正社員の一般職はチャレンジできる?仕事内容とは」のコラムが参考になります。

3.販売職

販売職は幅広い業界で需要があり、求人が多いのが特徴です。販売職ではコミュニケーション力や臨機応変な対応が求められますが、これらの適性があれば学歴関係なく採用される傾向があります。販売職を検討している方は「活躍の場は多い?販売職のやりがいと仕事内容とは」のコラムをご参照ください。

4.公務員

公務員のなかには高卒以上を対象としたものもあります。国家公務員や地方公務員の事務職にくわえ消防官、警察官といった専門職もあり幅広く募集しているのがポイントです。公務員試験に合格する必要があるので、コツコツと努力を続けられる人に向いています。また、公務員の募集には年齢制限があるので、あらかじめチェックしておきましょう。

高卒の人が仕事選びをする際の5つのポイント

高卒の人が仕事選びをするときには「情報をなるべく多く集める」「仕事に対する先入観を捨てる」などがポイントとなるでしょう。以下、それぞれ詳しくご説明します。

1.多くの情報を集める

求人情報には大卒以上や経験者対象のものも多く、高卒以上を対象とした求人のなかから自分に合ったものを選ぶのは大変なもの。しかし、なかなか見つからないからといって諦めずにできるだけ多くの情報を集めるのが大事です。

2.仕事選びの視野を広く持つ

1人の人が知っている仕事の数はそれほど多くないもの。よって、自分の知っている仕事のなかから選ぼうとするとほとんど求人を検討できずに終わってしまうことも少なくありません。自分の知っている仕事のなかから選ぼうとするのではなく、そのほかの仕事はないか幅広い視点で探すのが大切です。

3.職種や業界に対する先入観を捨てる

「忙しそう」「大変そう」「自分には合わない」といった職種や業界に対する先入観を捨てて、業務内容や勤務条件を検討しましょう。先入観が邪魔をして、本当は合っている仕事なのに検討せずに終わってしまうこともあるからです。まずは先入観を持たずにどんな仕事なのか調べてみることで、自分の適性に合った仕事が見つかる可能性が高まるでしょう。

4.希望条件を厳しくしすぎない

希望する条件を挙げすぎず、自分が本当に重視するものだけを選ぶのもポイント。希望条件が厳しすぎると該当する求人が少なくなり、応募できる機会が減ってしまうからです。「一番重視したい条件を満たしていれば他は満たしてなくても良い」など、自分がどう譲歩できそうかを考えてみてください。

5.応募できる求人を積極的に検討する

高卒の人が応募できる求人は、大卒や専門卒の人に比べると少ないのは否めません。そのため、応募できる求人には積極的に検討しましょう。先にあれこれ条件をつけると求人が絞られてしまうので、まずは条件を最低限にして検討するのをおすすめします。

高卒の人が自分に合う仕事を選ぶための5つの基準

高卒の人が自分に合う仕事を選ぶには、得意なことや興味のあることなどの5つの基準を元にすると良いでしょう。以下、それぞれ詳しく説明します。

1.得意なことから選ぶ

自己分析で自分の得意なことをいくつか挙げてみて、その中から選ぶのがおすすめ。得意なことは結果を出しやすいので、自分にとって働きやすい仕事である可能性が高いからです。

2.興味のあることから選ぶ

自分の興味のあることから仕事選びをするのも良いでしょう。好きなことは積極的に学ぼうとするので、スキルアップしやすいからです。興味のあることに関する仕事でも、どのようなアプローチで関わるのかで仕事内容が変わります。自分はどんな形で興味のあることに携わりたいのかをよく考えて求人を検討しましょう。

3.待遇から選ぶ

得意なことや興味のあることが思いつかない場合、待遇で仕事を選ぶのも一つの手です。どんなに好きで得意なことであっても、待遇に不満があれば長く続けられません。まずは自分の望む待遇を確保できれば、安心して働き続けられるでしょう。

4.希望する働き方から選ぶ

仕事よりもプライベートを重視したい人には、働き方から選ぶ方法が向いています。忙しすぎないように残業がない仕事や休日の多い仕事などを選べば、プライベートの時間が確保できて満足度が高まるでしょう。

5.キャリアプランを考慮して選ぶ

長く働き続けることを前提として、キャリアプランを考慮して選ぶのも良いでしょう。同じ企業でずっと働き続けたい場合や、同じ職種でキャリアアップしたい場合に向いています。自分が今後何の資格を取り、どのようなスキルを身に付けていきたいのかについて一度じっくり考えてみてください。

高卒で就職することのメリットとデメリット

高卒で就職することには早くから社会経験が積めるなどのメリットのほか、キャリアアップしにくい傾向があるなどのデメリットもあります。以下、メリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

高卒で就職する4つのメリット

高卒で就職すると、主に以下の4つのメリットがあるでしょう。

1.若いうちから働くのでキャリアチェンジしやすい

高卒で就職すると若いうちから働けるのでキャリアチェンジを考えたときにも比較的年齢が若く、転職しやすいのがメリット。異業種への転職について、未経験の場合は年齢制限を設けている企業が多いためです。新しい仕事に挑戦したいと思ったとき、社会人経験はありながらも年齢は若いというメリットが大きく活かせるでしょう。

2.早くから社会経験が積める

高卒で就職すると大卒や専門卒の人たちより社会に出るのが数年早いので、そのぶん社会経験が積めます。同い年の大卒や専門卒の人より早く入社しているので、そのぶん仕事のスキルやビジネスマナーが身についているでしょう。よって、早く仕事に習熟できるのがメリットです。

3.比較的学費がかからない

高校卒業後に就職をするとそれ以上学費がかからないので、そのぶん経済的負担は軽いでしょう。進学時に借りた奨学金の返済が大変な場合も多いので、経済的負担を心配しなくてよいのはメリットといえます。

4.若いうちから自分のお金ができる

高卒で働き始めると、若いうちから自分のお金ができます。
大学生や専門学校生であれば学業のほかにアルバイトをする必要があるので、時間的誓約から思うように収入を得られない場合も多いでしょう。一方、高卒で就職していれば初めからフルタイムで働けるので稼ぎが大きく、自分の自由になるお金が確保しやすいのがメリットです。

高卒で就職するデメリット

高卒で就職した場合のデメリットには、以下の挙げられます。

応募できる求人が限られる

学歴要件が大卒・専門卒以上といった求人には応募できないので、必然的に応募可能なものが限られてしまうでしょう。なかには大卒でないと就けない仕事もあるため、職業選択の幅が狭まってしまうことも。年齢を重ねていざ転職したいと思ったとき、応募できる求人が少なく困る可能性があります。

大卒よりも賃金が低い傾向がある

高卒で就職すると、大卒の人よりも賃金が低くなる傾向があります。業務内容が同じ場合、高卒よりも大卒の賃金を高く設定している企業が多いからです。また、昇給の伸びも大卒のほうが良い傾向があるようです。

高卒の人が取得すると就職に役立つ5つの資格

高卒の人が就職する際に持っていると役立つ資格には、普通自動車免許や簿記といったものがあります。以下、詳しく見ていきましょう。

1.普通自動車免許

普通自動車免許は、取っておくと便利な資格の一つ。外回りが多い仕事などでは、求人に「普通自動車免許必須」とある場合が多いからです。また、普通自動車免許があれば入社後に大型や特殊の免許の取得をサポートしてくれる企業が多いので、トラックドライバーなどの仕事に就きたい場合には必須といえるでしょう。

2.ITパスポート

ITパスポートは、ITに関する幅広い知識があることを証明する資格です。ITパスポートの資格自体が仕事に役立つわけではありませんが、未経験でIT関連の職に就きたい場合にはやる気の証明になるでしょう。また、本格的にITの仕事をする前の予備知識としても有効です。

3.宅地建物取引士

宅地建物取引士は不動産関連企業で働きたい場合に有効な資格です。不動産の賃借契約を結ぶ際に必要となる資格なので、不動産の仲介企業などに応募する際には大きなアピールとなるでしょう。ただし、資格試験では不動産関係の法律が幅広く問われるので腰を据えて勉強する必要があります。

4.TOEIC

TOEICの点数は英語を使用する業務で評価の対象とされる傾向が強いです。たとえば、海外の人を相手にする観光業や接客業などで必要とされるでしょう。TOEICの点数が英語力の目安になっているので、勉強を続けてスコアを上げていくのもおすすめです。

5.簿記

簿記は、経理事務や商店などお金を扱う仕事で主に必要とされる資格です。履歴書で評価される目安は、2級からといわれています。地道な勉強が必要ですが独学でも取得できるので、経理関係の仕事を考えている人は取得を検討すると良いでしょう。

高卒の人が仕事を探す3つの方法

高卒の人が仕事を探すには、就職サイト以外にもハローワークや就職エージェントの利用を検討するのがおすすめです。以下、それぞれ解説します。

1.就職サイトを利用する

就職サイトは、いつでも仕事を探せるうえ自分でいくつも応募できるのがメリットです。気になった求人があれば自由に応募できるので、自分のペースで就活を進めたい人に向いているでしょう。
一方、大量の求人から自分に合ったものを見つけるのが大変、応募先企業と自分でやり取りしなくてはならないといったデメリットもあります。

2.ハローワークを利用する

思ったような求人が見つからないなら、ハローワークを利用してみるのも良いでしょう。ハローワークでは仕事選びの相談にのってくれたり、企業とのやりとりをしてくれたりするのがメリットです。デメリットとしては、利用者数が多く幅広い層のサポートを行っているので、あまり頻繁にアドバイスが受けられなかったり、自分に合った求人が少なかったりする点が挙げられます。

3.就職エージェントを利用する

就職エージェントは、民間企業の運営する就職支援サービスです。運営企業によって支援対象や扱う業界が異なるのが特徴で、自分に合ったサービスを選ぶと希望の求人と出会える可能性が高まるのがメリットです。一方で、就職エージェントから紹介された求人しか応募できないというデメリットもありますが、就活アドバイザーが求職者が選考通過しそうな求人を選んで紹介しているので、自分で選ぶよりも採用可能性が高まるといえるでしょう。

20代向け転職エージェントのハタラクティブでは、手に職を付ける求人の詳しい情報や、職種ごとの就活は何から始めれば良いか…など、質問や相談も受け付けています。高卒だけでなく、既卒や第二新卒の方からの相談も歓迎。
高卒から正社員を目指す方は、ハタラクティブに一度ご相談ください。

高卒で手に職をつけたい方向けのQ&A

ここでは、高卒で手に職をつけたいと思っている方に向け、よくある質問と回答をまとめました。

手に職のつく仕事にはどんなものがある?

手に職のつく仕事には施工管理や介護福祉士、ITエンジニアといったものがあります。どれも未経験で応募できるのが特徴です。これらの仕事は専門性が高いうえ人手不足の傾向があるので、働き続けてスキルを身につければ転職に強くキャリアアップも可能でしょう。手に職をつけたい方は、「手に職をつけるとは?意味やおすすめの仕事12選」のコラムも併せてご覧ください。

高卒で高収入の仕事に就くには?

高収入の仕事に就くには、実力主義や手に職のつく求人を選ぶのがおすすめ。営業職など学歴より成果を重視する仕事では、努力次第で収入を上げることは十分可能です。また、手に職のつく仕事は専門性があるので給与が高く設定されていることが多いのが特徴。これらに着目して探すと高収入を得やすい仕事が探せるでしょう。高卒から高収入を目指す方は「高卒で高収入を目指せる職業とは?おすすめの資格や正社員就職のコツを解説」のコラムも参考にしてください。

高卒で採用されやすい仕事はある?

高卒の人が採用されやすいのは「学歴不問」「未経験者歓迎」といった求人です。これらは門戸が広く応募しやすい一方で応募者のやる気やポテンシャルを重視しているのが特徴。応募する際には志望動機や自己PRをしっかり練っておきましょう。「高卒で入れる優良企業はある?おすすめの就職先や探し方のポイントを紹介!」のコラムでは高卒の方におすすめの就職先について解説していますので、ご一読ください。

高卒から正社員を目指したいけど求人が見つからない…

高卒から正社員を目指していても希望の求人が見つからない場合は、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントでは専任の就活アドバイザーがカウンセリングを通じて、求職者に合った求人を紹介してくれます。転職エージェントのハタラクティブでは20代のスキルや経験に不安のある方に向けた求人を多数保有していますので、一度ご相談ください。

関連タグ

  • arrow