本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 高卒でも高収入は可能?おすすめの職業や資格をご紹介!

高卒でも高収入は可能?おすすめの職業や資格をご紹介!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・高卒の平均収入は大卒に比べると低いが、高収入が不可能なわけではない
    ・高卒で高収入を得るなら、営業やIT系などの職業がおすすめ
    ・宅建や保険募集人などの資格を取得しておけば、高卒の方も高収入を目指しやすくなる
    ・高卒が正社員就職に不利というのは、偏見や思い込みが原因の場合もある
    ・高卒は不利という思い込みを捨て、高収入の仕事を探していこう

高卒でも高収入は可能?おすすめの職業や資格をご紹介!の画像

高収入の仕事に就きたいと思っている反面、「高卒だから…」と諦めかけていませんか?応募条件が大卒以上の求人があったり、周囲からの偏見があったりすると、不安に思う方もいるでしょう。
しかし、仕事の探し方や資格取得など、少しのコツをつかめば高卒の方も高収入の職業に就くことは可能です。このコラムでは、高卒の方が高収入を得るための方法や、おすすめの職業・資格などをご紹介しています。


監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!



高卒だと高収入は難しい?

仕事で高収入を得たいと思っているものの、自分の学歴に不安を抱いている高卒の方もいるのではないでしょうか?
確かに大卒以上を求めている企業があったり、大卒に比べると収入が少なかったりすることもありますが、仕事の選び方やスキルアップ次第で高卒の方も高収入を目指せます。
下記で大卒以上と高卒の平均年収や、高卒の方が高収入を得られる可能性について詳しく解説しているので、参考にしてください。
(※年収は厚生労働省の基本賃金構造基本統計の数値を元に、「月収×12+年間賞与その他特別給付枠」で計算しています)


大卒以上の平均年収

大卒以上の平均年収は、以下のとおりです。


・20~24歳…334万6,900円
・25~29歳…438万1,500円
・30~34歳…528万6,200円
・35~39歳…606万2,300円
・40~44歳…570万0,500円
・45~49歳…755万8,400円
・50~54歳…858万4,300円
・55~59歳…832万8,600円


高卒の平均年収

高卒の平均年収は、以下のとおりです。


・20~24歳…318万9,200円
・25~29歳…361万8,800円
・30~34歳…396万9,900円
・35~39歳…432万3,700円
・40~44歳…466万円
・45~49歳…492万7,200円
・50~54歳…500万2,000円
・55~59歳…495万8,000円


上記の大卒以上の平均年収と比べると、高卒のほうが平均収入が少ないことが分かるでしょう。
ただし、上記はあくまで平均であり、すべての大卒・高卒に当てはまるわけではありません。「高卒で高収入は無理」と諦めず、参考程度に留めておきましょう。


高卒でも高収入を得ることは十分可能

冒頭でも述べたように、高卒の方も高収入を得ることは不可能ではありません。
「高卒だから」と卑屈にならず、スキルアップのために努力を怠らない、興味がある仕事や企業について情報収集を徹底的に行う、早めに行動するといったことを心がけましょう。


参照元:
厚生労働省 「令和元年賃金構造基本統計調査 一般労働者 産業大分類」


高卒から高収入を目指せる職業5選

ここでは、高卒の方が高収入を目指せるといわれている職業を5つご紹介します。


1.営業職

高収入を得たいなら、営業職はおすすめの職業の1つです。
営業職は基本的に学歴や経験がなくてもスタートでき、求人数も多いため、高卒の方も応募しやすいでしょう。また、企業によっては成果が給与に反映される「歩合制」を採用しており、売上に貢献した分だけ収入アップに繋がる可能性も。
ただし、人と接する職業のためコミュニケーション能力が求められることや、ノルマを達成しなくてはいけないことも理解しておく必要があります。
人と話すのが好きな方や、目標が設定されているとモチベーションが上がるという方に向いているでしょう。


2.IT系

IT系の職業に興味があるなら、プログラマーやエンジニアなどもおすすめ。
IT系は人手が不足しているため、未経験の方も歓迎している企業が多いようです。実務経験がなくてもIT系の知識がある程度身についている方や、趣味でアプリやゲームなどを制作した経験がある方なら検討してみても良いでしょう。
十分な実力をつければ昇進や昇給を狙えるほか、独立してフリーランスとして生計を立てる、起業するという道もあります。
なお、年齢を重ねるごとに即戦力が求められる傾向にあることから、未経験からのスタートを考えているならなるべく早いうちに行動しましょう。


3.介護系

IT系と同様、介護系も人手不足が深刻な職業の1つであり、未経験の方や高卒の方も積極的に採用している企業が多いようです。高齢の方やハンディキャップを抱えている方をサポートする仕事なので、世話好きな方や細かな気配りが得意な方に向いています。
介護系に関してはネガティブな情報も一部見受けられますが、福利厚生や諸手当が充実している企業や、教育体制が整っている企業もあるため、求人を探す際は条件や待遇をよく確認しておきましょう。
また、経験を積めば介護福祉士の資格を取る、責任者に昇進するなど、給与アップのチャンスもあります。


4.建設業

建設業は労働者の高齢化が進んでおり、若い人材へのニーズが高まっているようです。学歴が問われない求人も多いため、体力に自信がある方や、ものづくりに関心がある方なら選択肢の1つとして考えてみても良いでしょう。
一般住宅やマンションの建築、インフラ工事のほか、災害があった地域の復興事業に携わる場合もあるため、安定した需要が見込めます。現場によっては危険を伴うこともありますが、その分高収入が得られる仕事です。


5.工場系

工場系も学歴は特に重視されておらず、企業によっては高卒と大卒の給料に差をつけていないこともあるため、おすすめです。
基本的に黙々と取り組む業務が多いため、人とのコミュニケーションが得意でない方も働きやすいでしょう。ほかにも、ルーティンワークが多いため仕事を覚えやすい、残業が少ない、正社員であれば福利厚生が手厚いといったメリットもあります。
プライベートを大切にしたい方や、黙々と仕事をこなせるタイプの方に向いているでしょう。


高卒が取れる!高収入を狙える資格5選

高卒で高収入を得たいなら、スキルアップの一環として資格を取るという手もあります。
高収入に繋がるおすすめの資格を紹介するので、資格取得を検討している方はぜひ参考にしてください。


1.宅地建物取引士

宅地建物取引士は、土地・建物の売買や賃貸物件のあっせんなど、不動産取引の際にお客様に重要事項を説明するために必要な国家資格です。「宅建」ともいわれています。
合格率が低く、高難易度な資格ですが、取得できれば不動産や金融業界への就職・転職に有利になるほか、ある程度経験を積んだ後に独立を目指せるといったメリットも。
不動産業界に興味があるなら、取得しておいて損はない資格といえるでしょう。


2.生命保険募集人

生命保険募集人は、生命保険会社や代理店でサービスを販売するために必要な資格です。「一般課程」の試験に合格することで取得できます。なお、正式に生命保険募集人として働くには試験合格後に政府に申請して登録される必要があるため、注意してください。
生命保険募集人として正式に登録された後は、「専門課程試験」を受けることもできます。「専門課程試験」に合格すれば、「変額保険販売資格試験」の受験資格を得られるため、キャリアアップや収入アップを目指している方は検討してみると良いでしょう。


3.損保一般試験

損保一般試験は、損害保険会社や代理店でサービスを販売するために必要な資格です。損保一般試験の基礎単位のほかに「自動車保険」「火災保険」「損害疾病保険」の商品単位の試験があり、取り扱う商品に該当した試験に合格する必要があります。また、5年更新制となっているため、その都度再受験しなければいけません。
損害保険会社への就職を考えている人だけでなく、自動車整備士を目指している方にもおすすめの資格です。自動車整備士には必須ではないものの、取得しておけば自動車保険への加入の提案・受付を行うことができるため、評価アップに繋がる可能性があります。


4.行政書士

行政書士は、帰化申請書や遺言書などの官公署に提出する書類の作成や申請手続き、相談業務などを行うために必要な国家資格です。勉強しながら法律系の資格を身につけられます。
取得後は行政書士として働くのはもちろん、企業の法務として活躍する、ほかの法律系の資格(司法書士など)取得を目指すという道も。
合格率は低いですが、きちんと勉強をすれば自ずと結果がついてくるでしょう。


5.簿記

簿記は、一般的には「日商簿記検定」のことを指します。企業の活動を、資産や利益の増減とともに帳簿に記録する際の能力を証明する資格です。
簿記を勉強することで、財務諸表の読み取りや、企業の経営状態の判断能力などが身につきます。経理を目指す方には2級、公認会計士や税理士の資格取得、経営者を目指す方には1級がおすすめ。簿記の基礎知識をつけるためにまずは3級からスタートすると良いでしょう。


高卒は正社員就職に不利ってホント?

一部では、「高卒は正社員就職に不利」という説もあります。なぜそのようにいわれているのでしょう?理由については、以下のことが考えられます。


学歴フィルター

応募者を絞り込む手段として、企業が学歴フィルターをかけている場合もあります。
特に人気の大手企業や部署の場合は、何も制限も設けずに募集をかけると応募者が殺到し、採用業務が追いつかなくなってしまう可能性も。そのような事態を防ぐために、「大卒以上」と制限をかけている企業もあるようです。
ただし、これはあくまでも採用を効率的に行うための手段であり、「大卒だから優秀」と決めつけているわけではありません。
大卒以上から募集すれば、専門知識を身につけている人材を見つけやすいというのも理由の1つです。
そのため、「高卒だから正社員就職に不利」なのではなく、「応募先が大企業や専門知識を必要とする部署だと不利になりやすい」と考えたほうが良いでしょう。


仕事を選びすぎている可能性

「高卒は正社員就職に不利」と感じるもう1つの理由として、仕事を選びすぎていることが挙げられます。
仕事を探す際、無意識のうちに倍率の高い企業や職業ばかりを選んでいませんか?応募先が人気の企業や職業ばかりだと、当然選考に進みにくくなります。
視野を広く持ち、大手以外の企業や食わず嫌いしている職業にも目を向けて選択肢を広げてみましょう。


偏見や思い込み

世間や周囲の偏見により、「高卒は就職できない」と思い込んでしまっている可能性もあります。
応募を大卒以上に絞っている企業もありますが、だからといって高卒の方が就職できないということはありません。心ない噂や偏見に惑わされず、自分に合った仕事を根気よく探し続けることが大切です。


高卒が高収入の職業に就くには?4つの方法をご紹介

高卒で高収入の職業に就くために、下記の方法を試してみましょう。


1.思い込みを捨てる

まずは「高卒だから就職・転職に不利」という思い込みを捨てましょう。学歴や経験を問わない仕事は、探せば見つかります。
学歴はあくまでも目安です。大卒以上でなくても、今までの経験や熱意が評価されて採用に至ることもあります。
経験者の場合は、「これまでどんな経験を積んできたのか」「入社後に今まで培った経験やスキルをどう活かせるのか」といった経験の豊富さ、未経験者の場合は「なぜこの仕事をしたいと思ったか」「なぜこの会社に入りたいと思ったか」「入社後はどうしていきたいか」を重点的にアピールすると良いでしょう。


2.自分の希望を明確にする

仕事を探す際に、「どのような仕事に就きたいか」「どのような環境や待遇を求めているか」など、自分の希望を明確にしておきましょう。
たとえば、一口に営業といっても、モノを売る場合もあれば、サービスなどの形がないものを売る場合もあるでしょう。また、ルート営業か新規開拓か、お客様は法人か個人かなど、さまざまな違いがあります。このような細かい部分まで整理することで、自分に合った仕事を見つけやすくなるでしょう。
また、「勤務地が近い」「休みが多い」「残業が少ない」など、自分にとって働きやすいと思える条件をピックアップしておくことも大切です。


3.希望条件に優先順位をつけて絞り込む

いくつか希望条件を洗い出したら、その中から優先順位をつけて絞り込みましょう。希望条件が多ければ多いほど、全てを満たす仕事を見つけるのは困難になります。選択肢を狭めないためにも、できれば3つ以内に絞り込むのが理想的です。
希望条件を絞り込む際は、どうしても譲れない条件と、妥協できる範囲を洗い出しておきましょう。この作業をすることで、自分が仕事をするうえで大事にしていることが明確になり、ミスマッチの防止につながる可能性があります。


4.スキルアップを図る

高収入を目指すなら、資格を取る、セミナーを受講するなど、スキルアップを図るのも有効な方法です。時間がかかるというデメリットもありますが、スキルを身につけていれば学歴を補えるでしょう。
また、就職後に正社員として経験を積み、企業のトップを目指すという手もあります。


高収入だけじゃない!仕事探しで着目すべき3ポイント

仕事を探すときは、収入だけでなくほかのポイントにも着目しましょう。高収入でも、条件や仕事内容が自分に合っていないと長続きしない恐れがあります。
下記に収入以外でチェックしておきたいポイントをまとめたので、参考にしてください。


1.自分が好きなこと・やりたいこと

まずは自分が好きなことや、やりたいことを考えてみましょう。
たとえば、「ゲームが好き」「動物が好き」「旅行が趣味」など、どのようなことでも構いません。趣味嗜好と向き合うことで、これまで考えたことのなかった進路が開ける可能性もあります。


2.自分の得意なこと

好きなことがなかなか思いつかない場合は、自分が得意なことを洗い出してみるのも良いでしょう。
たとえば、「計算が得意」「文章が得意」「手先を使う作業が得意」など、特に練習していなくても難なくこなせていることや、周囲の人に褒められたことはありませんか?意識していなくてもできていることは見落としがちですが、仕事に活かせる強みになる可能性があるため、改めて振り返ってみると良いでしょう。


3.長く続けられそうか

仕事内容や条件、社風などをチェックし、自分にとって長く続けていけそうか考えてみましょう。
就職・転職先では、できれば長く働き続けていきたいもの。仕事が長続きしないとまた転職活動をしなくてはいけないうえに、企業からの印象も良くありません。
「高収入だから」というだけでなく、「仕事にやりがいを見いだせそうか」「ほかの条件は自分の希望に沿っているか」など、細かい部分にも目を向けましょう。


高卒で高収入を目指したい方や、長く働ける職場環境を求めている方は、ハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒など、若年層に特化した就活エージェントです。
専任のアドバイザーが一人ひとりに合った就職・転職活動を支援します。就職・転職に関するお悩みや現職のこと、希望条件など、ぜひ話をお聞かせください。一緒にあなたにピッタリのお仕事を見つけていきましょう。

ご利用者の口コミ

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    カウンセラーの人が親身になって下さり、コロナ禍でもありながら、内定…

    2020/09/29

  • Jun

    担当して頂いた方の丁寧かつ迅速な対応でスムーズに転職活動がすすみ、…

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?