1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 高卒の履歴書を見本付きで解説!学歴の書き方は?志望動機の例文付き!

高卒の履歴書を見本付きで解説!学歴の書き方は?志望動機の例文付き!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・新規高卒者の場合、市販の履歴書ではなく「全国高等学校統一用紙」を使用する
    ・高卒の履歴書の基本ルールは、「学歴詐称をしない」「大学中退も正確に書く」など
    ・高卒後の就業状況によって、履歴書の書き方は異なる
    ・高卒者の履歴書は、志望動機の内容や構成で大卒者と差をつける

高卒の履歴書を見本付きで解説!学歴の書き方は?志望動機の例文付き!の画像

高卒で履歴書の書き方が分からない…と悩んでいませんか?同じ高卒でも、新規高卒者と高校卒業後に就職・転職活動を行う高校既卒者では、応募書類や書き方に違いがあります。このコラムで高卒の履歴書の基本的な書き方やルール、志望動機の作成方法を確認しておきましょう。高卒者の就職・転職に人気の「工業・製造業」「事務職」の例文や、履歴書の見本も合わせてご覧ください。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

高卒の履歴書には2パターンある

高卒者が履歴書を作成する場合、新卒者と既卒者で使用する履歴書が異なります。


新規高卒者は全国高等学校統一用紙を使用する

新規高卒者が就職を希望する場合、「全国高等学校統一用紙(全国高等学校統一応募書類)」を用いて志望企業に応募します。市販されている履歴書は使わないので、注意しましょう。基本的には、進路指導の就職担当教師から受け取ります。PDFファイルのため、自宅で印刷することも可能です。


なぜ市販の履歴書は使用しないのか

この全国高等学校統一応募書類は、応募者の適性・能力・人権などに配慮しつつ、公正な選考を行えるよう設けられた書類。新規高卒者は社会人経験がない分、学校での生活態度や成績が主な選考基準となるためです。
全国高等学校統一応募書類は「履歴書」と「調査書」の2部で構成されているもの。「履歴書」は市販のものと同じように、氏名・住所・学歴・志望動機・保有資格・趣味・特技などの欄があるほか、「校内外の諸活動欄」があります。一方、「調査書」は高等学校生徒指導要録やその評定に基づく内容のほか、出席状況や健康状態などが記入項目。この2つの書類を合わせると、公正な目で「入社後に問題なく働いてくれる人材か」を見極めることが可能です。


高等学校卒業後は市販の履歴書を使用する

高等学校を卒業した後は全国高等学校統一用紙ではなく、市販の履歴書を使います。一度社会に出てしまえば、社会人として見られるからです。
履歴書の記入内容は先述したとおり、氏名・住所・連絡先・学歴・職歴・資格・自己PR・志望動機などが一般的。全国高等学校統一に記入する「校内外の諸活動」や、学習の記録、健康状態などは書きません。


参照元:
文部科学省「新規高等学校卒業者及び新規中学校卒業者の採用選考に係る応募書類の様式の一部改定について」
文部科学省「全国高等学校統一用紙(全国高等学校統一応募書類)」


履歴書の基本

ここでは、新規高卒者・高等学校卒業後の就職・転職活動者のどちらにも当てはまる履歴書の書き方のポイントなどを紹介していきます。


3ヶ月以内の証明写真を使用する

証明写真は、本人であることを証明するための写真です。直近のものでないと、髪型や顔立ち、雰囲気が変わってしまい、第三者は対面してもひと目で「本人である」と判断しづらくなります。証明写真は3ヶ月以内に撮影したものを使用しましょう。
「髪型も顔立ちも今と変わっていないから」という理由で、半年以上前に撮影した写真を使用しようとする方もいますが、そう感じるのは自分や身近な人だけの可能性も。少しでも不利になる状況を避けるためにも、新しく撮影し直したほうが良いでしょう。


黒のボールペンを使う

記入する際は、黒のボールペンを使用します。
水性のボールペンは雨や汗、飲み物などで文字が滲んだり消えたりする危険性があるため、油性またはゲルインクがおすすめです。消せるボールペンも記録の改ざんが簡単に出来てしまうことから、避けましょう。


修正液や修正ペンはNG

履歴書(全国高等学校統一応募書類)は、正式なビジネスシーンで用いる書類です。
修正液や修正ペン、修正テープなどを使用すると、「丁寧に記入していない・ビジネスマナーを知らない=志望意欲が低い」「簡単に記録を変える人=信頼に欠ける」と思われることも。「履歴書作成の終盤で1文字間違えてしまった」というような場合でも、最初から書き直しましょう。


高卒の履歴書の書き方見本

ここでは、具体的な履歴書の書き方について紹介しています。見本と照らし合わせながら、各項目を記入する際のポイントをご確認ください。


履歴書のサンプル

提出年月日

書類の「提出日」を記入します。郵送の場合は、投函日を記入しましょう。


氏名

自分の名前を、正式なつづりで記入します。
上段には「ふりがな」または「フリガナ」と記入されているので、名前の読み方を書いてください。「ふりがな」と平仮名で書かれている場合は平仮名で、「フリガナ」とカタカナで表記されているときはカタカナで書きます。


証明写真

3ヶ月以内に撮影した、指定の大きさの証明写真を貼りましょう。
貼り付け欄に指定サイズが書かれているのがほとんどですが、指定がなければ縦40mm×横30mmがおすすめ。証明写真の推奨サイズは縦は36~40mm、横は24~30mmとされているからです。


生年月日

自分の生年月日を記入します。基本的な履歴書では満年齢の記入も求められるので、数え年と満年齢を間違えないよう書きましょう。


現住所・電話番号

現在、住んでいる住所を記入します。こちらも正式名称で、マンション・アパート名と部屋番号まで書きましょう。電話番号は日中、つながりやすい番号を書くのがおすすめです。


連絡先

連絡先欄は、その名のとおり連絡時に使用したいために設けられている欄。特に事情がなければ、現住所・電話番号で良いため「同上」と記入します。もし現住所・電話番号以外に連絡を希望するのであれば、そちらの連絡先を記入してください。


学歴

先述したように、高等学校入学から最終学歴までを記入します。中途退学した場合も、偽らずに書きましょう。


職務経歴

高校を卒業してからの、正社員としての職務経歴を書いていきましょう。
こちらも繰り返しになりますが、アルバイトや派遣社員などの非正規労働は職歴と見なされないので記載はできません。
ただし、アルバイトの内容が志望企業や職種に活かせるものだったり、勤続年数が長かったりする場合は強みになることもあります。自分の状況や志望企業の求めるスキル・経験に合わせて記入するかを決めると良いでしょう。


資格・免許

保有している資格や免許を記入する欄です。資格名は正式名称で、取得年月日も正確に書きましょう。普通自動車免許もこちらに記入できます。
また、これから取得する予定の資格についても「◯年◯月◯◯資格取得予定」と記入して大丈夫です。


志望動機・自己PR

志望動機や自己PRは自分の能力や魅力を伝える欄。自分の強みがその会社でどう活かせるかを明確に表すものです。そのため、志望企業によって志望動機・自己PRは変えるのが基本。「会社が求める人物像」を読み取り、それに合うスキルをアピールすると良いでしょう。


本人希望・その他欄

何か特筆すべき内容を書きたい場合に用いる欄です。働く上で伝えておきたい内容・事情がない場合は「貴社規定に準じます」と書きましょう。
 
なお、右下にある「配偶者の有無」「配偶者の扶養義務」「扶養家族人数」には正確な情報を記載してください。


また、履歴書によっては長所・短所、趣味・特技などの記入欄が設けられていることも。自分のアピールしたい内容によって履歴書を選ぶのがおすすめです。


学歴はどこから書く?高卒の履歴書基本ルール

ここでは「学歴欄」に注目して、記入する際の注意点を紹介します。


原則として高等学校入学から記入する

高等学校入学からの学歴を記入します。転入学があった場合も忘れずに書いてください。
学歴欄と職歴欄が分かれていない履歴書は多いですが、アルバイトは「職歴」に含まれないため、誤って記入しないよう注意しましょう。正社員の経験があれば、学歴をすべて記入した後「職歴」と書いて、記入していきます。


学校名は省略しない

学校名は正式名称で記入してください。
もし在学中に学校名が変わった場合は、入学当時の名称を記入したのち、補足で「現◯◯高等学校入学」と書きます。卒業時の名称は、現在の学校名をそのまま記入しましょう。就職した会社も同様です。


学歴詐称はしない

卒業後に市販の履歴書を使って就職・転職活動をする場合、学校からの証明がありません。学歴を詐称しても、会社側に調べられなければ分からないこともあります。
しかし、中卒なのに高卒と書いたり、高卒なのに大卒と記入したりするなど、嘘はつかないようにしてください。学歴を偽ると「学歴詐称」とされ、罪に問われる恐れもあります。


大学中退の場合は?

大学中退の場合、最終学歴は高卒になります。しかし、履歴書の学歴欄には、大学入学や中途退学に関する記入が可能。書き方は下記のとおりです。


理由を書く場合

履歴書サンプル【学歴欄(中退理由を書く場合)】

家庭の事情や経済的な理由などが中退理由であれば、学歴欄に添えておくと採用担当者が抱きやすい「早期退職の不安」を払拭できる可能性が高まります。
書き方は「◯年◯月◯◯大学◯◯学部◯◯学科 中途退学」と記入した後、改行して「家庭の事情により退学」と書いてください。その次の行に右寄せで「以上」と書いて締めます。


理由を書かない場合

履歴書サンプル【学歴欄(中退理由を書かない場合)】

一方、「単位が取れなかった」「通う気がなくなった」など個人的かつネガティブな理由はあえて書かないほうが無難です。そういった内容は面接時に、過去の反省点を踏まえて今どう考えているのかを伝えましょう。
中退理由を書かない場合は、「◯年◯月◯◯大学◯◯学部◯◯学科 中途退学」と書いた次の行に右寄せで「以上」と記入します。


パターン別の履歴書記入例

応募者の状況によっても、履歴書の記入方法は異なります。下記でパターン別の例を紹介しているので、参考にしてください。


1.高等学校卒業前に就活して卒業後に就職した場合

先述した「新規高卒者の就活」に当てはまる場合で、全国高等学校統一用紙を使用して就活します。前項で紹介した内容に加えて、「校内外の諸活動」が必要。校内外の諸活動とは、部活動や生徒会・委員会活動、ボランティア活動などの経験です。


2.高等学校卒業後に空白期間がある場合

高等学校卒業後に就職も進学もしない「空白期間」がある場合、履歴書の学歴欄は「◯◯高等学校卒業」で終わり、職歴欄は空白になります。
「就職に不利になりそう」と嘘を書くと経歴詐称にあたるため、そのまま正直に空欄にしておきましょう。たとえいわゆる「誰にでもできる仕事」のようなアルバイト経験であっても、やっていないのが事実なら虚偽になります。
とはいえ、空白期間があるのは印象が良くありません。会社側も採用したい気持ちにはなりづらいでしょう。
志望動機欄や自己PR欄で「なぜ就職する気になったのか」「就職後に続けられる意欲」を示してください。


3.高等学校卒業後に就職してから転職する場合

高等学校を卒業後に就職し、その後、転職に至る方は多くいます。そのような場合、職歴欄は下記のように記入してください。


<転職時の書き方例>
転職する際、在職中なのか退職後に行っているかで書き方が異なります。


在職中の場合

「高卒の履歴書の書き方見本」の見本でご紹介したのと同じように、「◯年◯月◯◯会社入社」と記載し、次の行に「現在に至る」と書きます。さらに改行して、右寄せで「以上」と記入しましょう。


退職後に転職活動をしている場合

退職後に転職活動をしている場合、「◯年◯月◯◯株式会社 一身上の都合により退職」と書きます。こちらも右寄せで「以上」と記入して締めましょう。


4.就職後に退職し現在アルバイト、ニートの場合

高卒で就職し、その後、退職。そのままアルバイトやニートになってしまう方もいるようです。履歴書では志望企業・職種に役立つ内容でない限り、基本的にアルバイト経験は記載しません。
職歴欄の書き方としては、先にご紹介した「退職後に転職活動をしている場合」と同じになります。
アルバイト経験が記載できそうな方は、下記を参考にしてください。


退職してアルバイト経験がある場合

アルバイト経験が長かったり、経験を志望先で活かせたりする場合は、、詳しい事業・業務
内容なども添えるのがおすすめです。「◯年◯月◯◯株式会社 アルバイトとして入社」と書いた次の行に、事業内容や従業員数、携わったことのある業務などを書きます。1行で収まらない場合は次の行に渡っても大丈夫です。


大卒に差をつける!高卒の志望動機のポイント

日本は学歴社会の傾向にあるため、高卒者が大卒者と就活で競うには自己PRや志望動機で差をつけるのがおすすめです。どのような点に注目すべきか、こちらで確認しておきましょう。


企業が高卒に求めるものを知る

まずは、企業が高卒者に求めるスキルや経験を理解してください。
たとえば、年齢によっては社会人としての経歴が長い分、大卒者よりスキルや経験が問われることもあるでしょう。一方で、新規大卒者同様、年齢に応じた意欲やポテンシャル、前向きさを評価する会社もあるはずです。志望企業や業界、職種がどのような傾向にあるか、事前に研究しておきましょう。


自己分析・企業研究ができていることを示す

自己分析とは、自分の得意分野や苦手なこと、興味のあるものなどを明確にすることを指します。企業研究は、事業内容や従業員数、沿革、方針、活躍している人材などを対象に、会社の研究を行うことです。
自己分析と企業研究が入念にできていれば、「自分のやりたいことや得意分野」と「企業が求める人材やスキル」のマッチ度が分かります。志望動機では、どれだけ自分と会社の方向性がマッチしているかを示しましょう。
入社後の活躍を想起させるエピソードも盛り込めば、より期待度が上がるはずです。


効果的な志望動機の構成を意識する

志望動機は、「構成」によっても印象が大きく変わります。効果的な志望動機の構成は、下記のとおりです。


・1.書き出しは結論から述べる
・2.結論に至った具体的なエピソードを述べる
・3.エピソードの結果を伝える
・4.結果から分かる仕事への活用法を提唱する


また、実績など具体的な数値が盛り込める場合は、積極的に盛り込んでいくとイメージしやすくなります。


高卒の志望動機の例文

ここでは、前項までの内容をもとに、例文をご紹介します。


工業・製造業の例文

貴社の「ものづくりをとおして、人と人をつなぐ」という企業理念に共感し、応募しました。私は小さな頃からプラモデルが好きで、高校ではロボット研究部に所属しました。ロボット研究部では全国大会出場に至ったものの、初戦で敗退してしまいましたが、ものづくりを経て得た「人と一緒にものを作り上げたものが、ほかの誰かを感動させる」という経験は自分の糧となっています。貴社では全国大会でも高く評価された◯◯の技術を活かしていきたいと思っております。


事務職の例文

貴社の「職業間の隔たりがない」という社風に惹かれて応募しました。私は周りの人が楽しい気持ちで活動ができるようサポートをするのが好きで、所属していたバレー部では部員同士のコミュニケーションが円滑になるよう、積極的に声がけをしてきました。大会出場などには至らなかったものの、部員同士の交流は未だに続き、今では誰よりも信頼できる仲間となっております。入社後もこの経験を活かし、職業の隔たりなく気持ちよく交流できるよう取り組んでいきたいと思っております。


高卒の履歴書について詳しく解説してきましたが、いかがでしたか?
「高卒は大卒より就職に不利」と思いがちですが、自分の強みや適性を理解した就職・転職活動を行えば就職することは可能です。
とはいえ、1人での就職活動は不安や負担も大きいもの。不安な方は、就職・転職支援サービスを行っているハタラクティブをご利用ください。
ハタラクティブでは、履歴書・職務経歴書などの書類添削をはじめ、面接対策やスケジュール調整も実施しています。
登録からアフターフォローまですべて無料です。ぜひお気軽にご登録ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    高卒者向け!履歴書の書き方とコツ

  • image

    履歴書のサイズでもう迷わない!A4・B5の特徴や証明写真について解説

  • image

    大卒の履歴書の書き方を知ろう!学歴や資格はどう書けば良い?

  • image

    履歴書に職歴が書ききれない!別紙を使っても良い?書き方も解説

  • image

    履歴書の正しい選び方は?新卒向け書き方マニュアル

  • image

    履歴書を印刷する時の注意点

  • image

    職務経歴書は100均で買える?書類作成のポイントとは

  • image

    私立は履歴書にどう書く?高校や大学では違う?学歴欄の正しい書き方

  • image

    履歴書作成の極意、評価を落とさない書き方を知ろう!

  • image

    フリーターが知りたい履歴書の書き方!職歴はどう書く?自己PRも解説

  • image

    履歴書に職歴を書ききれない時

  • image

    履歴書の書き方は合格?転職時の履歴書作成ハウツー

  • image

    フォントはどうする?パソコンで履歴書を作る方法

  • image

    【就活に差をつける!】魅力が伝わる履歴書とは

  • image

    手書き?パソコン?履歴書作成のキホン

  • image

    既卒の履歴書の書き方解説!おすすめの種類や志望動機の例文も紹介!

  • image

    卒業見込みと在学中の違い。履歴書の学歴欄の書き方

  • image

    既卒者におすすめ!履歴書作成の攻略法

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる