高卒者向け!履歴書の書き方とコツ

高卒から就職を目指す場合、履歴書はどのような点に注意して作成したら良いのでしょうか。
このコラムでは、履歴書作成について、書き方や記載内容、マナーなどをご紹介。
就職成功を目指す高卒の方は、履歴書作成の基本からコツまでしっかりチェックしておきましょう。

【このページのまとめ】

・履歴書の指定がないときは、A4とB5どちらのサイズを使用しても良い
・学校名や建物名、資格の名称は正式名称で記入する
・黒のボールペンで字の大きさや行間などに注意しながら丁寧に書き、修正テープの使用は避ける
・履歴書によっては印鑑の押印を忘れないよう注意する
・アルバイト経験が長いときは、職務経歴書を用意しておくと良い
・応募書類作成で疑問点や不安があるなら誰かに相談してみよう

履歴書作成は用紙選びから!

履歴書は、就活において自分をアピールするための重要な書類。
採用担当者は、履歴書の内容から面接に来てもらうかどうかを決めるため、記載する内容やマナーは非常に大切です。

求人の募集要項に「JIS規格の履歴書」「A4サイズ」など、履歴書の規格について記載されている場合は、それに従うのが基本。
用紙の指定がない場合、用紙のサイズはA4でもB5でも選択可能です。迷った場合はA4サイズを選ぶと良いでしょう。
また、志望動機や自己PRなど、自分のアピールしたい項目の欄が広いものを選ぶのがポイント。
用紙は書店やコンビニ、ネットなどで購入できますが、就職活動の場合は「パート・アルバイト用」と書かれているものは避けるようにしましょう。


履歴書の書き方

この項目では、履歴書の書き方をご紹介します。

【氏名・ふりがな】
氏名は「漢字」が基本。旧字体などは正確に記入し、ふりがなは「ひらがな」で丁寧に書きましょう。

【日付】
日付は記入した日ではなく、企業に提出する年月日を書きます。

【住所・連絡先】
都道府県から書き始め、アパート名やマンション名は正式名称で書きましょう。
番地などは「1-2-3」と略さず、「1丁目2番地の3」と書くのが適切です。
連絡先欄は、現住所以外に連絡先がある場合に記入し、なければ「同上」と記入します。

【学歴・職歴】
学校名や会社名は正式名称で書きましょう。
例えば、「○○高校卒業」ではなく、「○○高等学校卒業」とするのが適切です。

【資格】
資格は、取得年月日が古い順に記載しても、応募先の企業に活かせる資格を優先しても、どちらでもOK。正式名称で書くことを覚えておきましょう。

【趣味・特技】
趣味・特技欄は、自分をアピールするチャンスです。
どのようなことに興味があるのか採用担当者が分かるよう、具体的に書きましょう。

【志望動機】
入社意欲を伝えられるよう、会社の魅力を述べた上でどのように貢献できるのかを記載しましょう。「その企業でなければならない理由」を明確に伝えるのがポイントです。

上記が履歴書の基本的な書き方です。
次の項目では履歴書のマナーをご紹介。作成前に内容をしっかり押さえましょう。


履歴書のマナーを知っておこう

履歴書のマナーを守れていないと、内容が充実していても評価に繋がらないことも。
以下の内容を記入前にしっかりチェックしましょう。

【字を丁寧に書く】
「自分の字に自信がない」という方がいるかもしれませんが、大切なのは、丁寧に書くこと。時間に余裕を持ち、ゆっくり丁寧に記入しましょう。

【読みやすい書類にする】
文字の大きさや文量に気を配るほか、適度な改行で読みやすくすることが大切です。

【3ヶ月以内に撮影した証明写真を貼る】
スナップ写真や清潔感のない服装での写真は、貼らないようにしましょう。
履歴書に貼る写真は、3ヶ月以内に撮影した証明写真を貼るのがマナーです。
 
【修正液を使わない】
書き間違えてしまったときは、修正液や修正テープを使わず、書き直しましょう。
ミスをしないよう、あらかじめ作成した見本を見ながら書くのがおすすめです。

【黒のボールペンで書く】
黒のボールペンで書くのが基本です。
また、消しゴムなどで消せるボールペンは使用を避けましょう。

【年号を統一する】
履歴書に記載する年号は、和暦と西暦のどちらでも良いとされています。
ただし、記入の際は履歴書全体で表記を統一しましょう。

上記が履歴書作成時のマナーです。
履歴書を通して自分の強みを効果的にアピールできるよう、マナーを守った上で作成しましょう。

履歴書作成時の注意点

履歴書は、第一印象を左右する大切な応募書類です。

そのため、用紙の角が折れていたり、シワやインクのにじみがあったりすると、企業の採用担当者に悪印象を与えてしまうかもしれません。
履歴書を書く際は机の周りを整頓するとともに、用紙の扱いは十分に気をつけることが大切です。

また、見落としがちなのは、印鑑の押し忘れです。
履歴書によっては、印鑑の押印欄がある用紙があるので注意しましょう。

履歴書を完璧に書けたとしても、印影が薄かったりずれたりしていると、不備があると判断されることも。
押し忘れを避けるためには、始めに印鑑を押すのがおすすめです。
また、印鑑の押印欄がない履歴書もあるため、不安な場合はそちらを用意すると良いでしょう。


履歴書全体で自己PR!

高卒の方が就活をする際は、履歴書全体で自己PRできるよう、工夫を凝らすことが大切です。
例えば、資格欄では、応募先の企業に関連性が高いものを優先して書くのがおすすめ。業務に直接役立つものであれば、即戦力として評価されることもあります。
また、志望動機欄では、学業やアルバイトといった過去の経験から得たことを記載し、スキルを就職後どのように活かせるのかを自分なりにまとめましょう。

履歴書を書くときは、採用担当者が理解しやすい中身になるよう、具体的な説明を心がけることが大切。
「○○の資格を貴社の□□という業務に活かしたい」「○○の経験を活かし、□□の業務にチャレンジしたい」など、自分の強みによってどのように活躍できるのかを具体的に伝えましょう。


アルバイト経験が長い場合

アルバイト経験が長い高卒フリーターの方なら、履歴書と併せて職務経歴書を準備するのがおすすめ。
高校卒業後にフリーターとしてアルバイト経験を積み、そこで得たスキルを応募先の企業で活かせる場合は、職務経歴書にその旨を記載しておきましょう。

一般的に、アルバイトは「職歴」に該当しないという意見もありますが、企業によっては職歴として見てくれることも。
責任感を持って働いていた事実や、勤続期間の長さなどをアピールすることで、好印象につなげられるかもしれません。
フリーターの期間が長く、経験を応募先の企業で活かせる場合は、用意しておくと良いでしょう。


応募書類の作成が不安なときは…

就職活動は履歴書を書く時から始まっています。
しかし、高校を卒業してからしばらくフリーターをしていたなど、ブランク期間がある場合は、就職活動がどんなものなのかよく分からない、周りに就活している人がいないので相談できない、という状況になることもあるでしょう。

「履歴書に関してアドバイスをもらいたい」という方は、就活経験者に相談するのがおすすめ。周りに相談できる人がいない場合は、ハローワークの相談窓口や民間の就職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。

就職エージェントのハタラクティブは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を行っています。
経験豊富な就活アドバイザーが、カウンセリングで適性を把握し、豊富な求人の中からあなたに合った求人をご紹介すると共に、履歴書を含めた応募書類の添削や面接対策といったサポートをマンツーマン体制で行います。

また、企業との交渉や面接のスケジュール調整は、ハタラクティブが代行。
1人で就活するのが不安な人も、安心して進められます。
サービスのご利用はすべて無料のため、「就職できるか不安」という方はぜひご相談ください。

正社員就職を目指す高卒のみなさん、就職活動は履歴書を書く時から始まっています。ブランクのある高卒フリーターならではのお悩みは、就職支援サービスのハタラクティブが解決します。

豊富な求人の中からあなたに合ったお仕事を紹介すると共に、履歴書の書き方や面接対策など、就職活動をしっかりサポートします。まずはお気軽にご相談ください。

おすすめ記事

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

次へすすむ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ