履歴書に資格取得日を書くときの注意点

履歴書に資格取得日を書くときの注意点の画像

【このページのまとめ】

  • ・資格欄に書くときには、取得した年月と資格の正式名称を取得した順に書く
  • ・複数の資格を持っている場合は、応募先の業務に関連するものを選んで書く
  • ・取得日がわからない場合は、資格証明書、免許証などを確認するか、取得した協会や団体に問い合わせる
  • ・どうしてもわからないときは、空いたスペースに「日付がわからなかったため空白にしました」などと付け加えておく

履歴書の資格欄に自分の取得した履歴書を書くときに気をつけておきたいポイントをご紹介しています。

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

履歴書の資格欄の書き方

資格欄に書くときは、資格を取得した年月と資格の正式名称を取得した順に書くようにします。
その際、持っている資格をすべて書く必要はありません。業務に関連する資格を抜粋して書くようにしましょう。
関連する資格がたくさんある場合は、関連性の高いものから優先的に書いていくといいでしょう。
資格取得に向けて勉強しているものがある場合は、「○月取得予定」「取得に向けて勉強中」のように書くといいかもしれません。
資格がない場合は「特になし」と書くのが基本です。
また、履歴書の資格の欄の日付はいつの日付を掛けばいいのか悩んでいる方もいるでしょう。一般的に、履歴書の資格の欄には「資格者証」や「合格者証」に記載されている日付を記入します。
また、履歴書の資格欄に書くときに気をつけたいポイントをまとめると以下の通りです。

履歴書の資格欄に書くときのポイント

・応募先の企業の職種や業務に関する資格を書く
・取得年月は順番に書く
・資格は正式名称で書く

しかし、ときには資格取得日がわからない、覚えていないということもあるかと思います。
次は、このような場合はどうしたらいいのをかご紹介していきます。

関連記事

資格取得日がわからないときは

履歴書を書くとき、資格を取得した日を忘れてしまったということもあるのではないでしょうか。
資格を取得した正確な日付が分からず、どのように書いたらいいのか迷っている人は、以下を参考にしてみてください。

資格は受験した日ではなく、合格日(認定日)を記入する

注意しておきたいのは、資格を取得すために受験した月ではなく、合格した月(認可日)を記入するという点です。間違えのないよう、しっかり確認しておきましょう。

合格通知書や認定書、資格証明書を確認する

やはり、合格通知や資格証明書を確認するのが確実な方法なのではないでしょうか。
「どこにやったか分からない…」とならないで済むよう、日頃からしっかり整理整頓しておきましょう。

免許にも書かれている

たとえば、自動車免許証の取得日を確認するなら、免許証を確認するといいでしょう。
その際は、「交付日」ではなく「取得日」を書くようにしましょう。
ほかの資格も、このような免許証を持っているのであれば、まずはそこから確認するといいかもしれません。
それでもないという場合は、合格通知を見つけ出して確認しましょう。

資格を取得した協会や団体に問い合わせる

合格通知書や認定書が見つからず、資格取得日が分からないというときは、その資格を管理している団体に問い合わせてみるという方法もあります。
まずはWebで調べて、問い合わせフォームなどのメールで聞いてみるといいかもしれません。
古いものだとデータが残っていない可能性もあるため、注意しておきましょう。

それでもどうしてもわからない場合

上記の方法でもわからないというときには、取得日の欄を空欄にし、ほかの空いているスペースに「日付がわからなかったため空白にしました」などと付け加えておきます。
また、面接でも空欄になってしまった経緯を口頭で説明しておくといいでしょう。

関連記事

履歴書の書き方がわからないときは…

資格欄は自己アピールのためにある欄です。採用担当者に興味を持ってもらえるよう、丁寧に書くようにしましょう。
履歴書の効果的な書き方を知りたい方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください。
また、「履歴書を書くのが苦手」「どんな書き方が正しいのかわからない」など、悩んでいませんか?
ハタラクティブでは、初めての方でも丁寧・親切に教えているので、不安な方も安心してご利用いただけるのが特徴です。
一歩を踏み出したいけど勇気が出ない、という方もしっかりサポート。ぜひお気軽にご登録ください。

履歴書に記載する資格に関するお悩みQ&A

履歴書を書いている途中で、書き方が分からず悩んでしまう方も多くいます。ここでは、履歴書に記載する資格の欄の書き方で多い悩みをQ&Aでご紹介。下記を参考に履歴書の記入を進めていきましょう。

勉強中の資格も書いて良いですか?

勉強中の資格がある場合、履歴書には「○○の資格取得に向けて勉強中」「○年○月取得予定」と記入することで、採用担当者に向上心をアピールできます。ただし、応募先の企業と関連性のある資格や免許のみ書くようにしましょう。詳しくは「履歴書にある免許・資格欄の「勉強中」の書き方とは?」で解説していますのでご覧ください。

資格取得日の年号は和暦と西暦どっち?

履歴書の年号は和暦と西暦のどちらを記入しても問題ありませんが、同じ書類内では、書き方を統一するのが一般的です。「履歴書の年号は西暦・和暦、どっちが正解?」でもご紹介していますが、採用担当者は履歴書から「作業に対する丁寧さ」も重視しています。履歴書のマナーを十分理解したうえで履歴書を作成することが大切です。

業務に関係ない資格も記入して良いですか?

履歴書に記入する資格は、応募企業と関連性の高いものから記入するのが好ましいといえます。しかし、業務とは関係のない資格でも、採用担当者が思わず注目してしまうような資格を記載することで、話題作りのきっかけになる可能性もあるでしょう。詳しくは「履歴書に書くべき資格は?」のコラムをご覧ください。

履歴書の資格を書く欄が足りない場合は?

履歴書の資格の記入欄が足りない場合は、応募先企業に関連する資格から記載しましょう。履歴書の種類によっては、資格取得の記入欄が大きいものもあるので、自分が書きたい内容に合った履歴書を使用することがおすすめです。履歴書に記載する資格の厳選方法は「履歴書に資格が書ききれない!免許はどう書く?基本の記載方法と注意点」のコラムを参考にしてみてください。

資格がない場合はどうすれば良いですか?

履歴書に記載できる資格がない場合は「特になし」と記入するのが基本です。空欄のままにしておくのは避けましょう。「資格や免許がないから自分に自信がない」「アピールする方法が知りたい」という方は就職・転職支援サービスのハタラクティブにご相談ください。履歴書作成のアドバイスや面接対策など幅広くサポートするので、安心して就職活動に挑めます。

後藤祐介

監修者:後藤祐介

就活アドバイザー

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細を見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細を見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
ハタラビットの部屋

Collection

特集

  • みんなの就職エピソード
  • よくある相談集
  • 失敗しない就活ノウハウ
  • 就職・転職のQ&A