1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. キャリアアップするには?実現方法や助成金などのシステムについても解説

キャリアアップするには?実現方法や助成金などのシステムについても解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・キャリアアップとは、転職や昇進などで経歴を高めることを指す
    ・スキルアップは能力の向上、キャリアチェンジは職種や業界の変更を指す言葉
    ・キャリアアップは、現職の制度の活用や具体的なキャリアプランの設定で実現可能
    ・自己分析や長期的な目標設定などでキャリアプランを具体的に描こう
    ・キャリアアップ助成金や専門職対象のシステムなど、国が制定する制度もある

キャリアアップするには?実現方法や助成金などのシステムについても解説の画像

 

キャリアアップを目指したいと考えているものの、意味を曖昧に理解している、実現方法が分からないという方もいるのではないでしょうか。
このコラムでは、スキルアップ・キャリアチェンジとの違いや、キャリアアップを目指すためルートを解説します。
転職活動に役立つキャリアプランの描き方、研修や助成金などの国が制定するシステムも紹介しているので、自分のキャリアについて考えたい人はこのコラムを参考にしてください。

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

キャリアアップとは?

キャリアアップとは、簡潔にいうと「経歴(キャリア)を高める(アップ)」という意味になります。
キャリアアップの定義は大きく分けて2つあり、1つ目は特定分野の専門知識や能力を向上させて経歴を高めること、2つ目は高い地位や高給が見込める職種へ転職することです。
勤めている会社で昇進、昇給するほか、今より高待遇の会社へ転職することもキャリアアップになります。
キャリアアップの具体例は、以下のとおりです。

 

・アルバイトから正社員になった
・昇進し、部下の育成を任されるようになった
・実績や業務遂行能力が認められ、昇給した
・転職により今までよりも収入がアップした
・資格を取得して専門職に従事できるようになった

 

キャリアアップすると仕事の幅や裁量が増え、自分の市場価値も高められます。
市場価値が高いと転職に有利になりやすくなるため、将来転職を考えている場合はもちろん、目標が明確に定まっていない場合でも、常にキャリアアップを意識して自分の可能性を広げておくと良いでしょう。

 

キャリアアップと混同されがちな言葉

キャリアアップと意味を混同されることが多い言葉として、「スキルアップ」と「キャリアチェンジ」があります。将来の選択肢を間違えないためにも、それぞれの意味やキャリアアップとの違いを正しく把握しておきましょう。

 
スキルアップ

キャリアアップが「経歴」を高めることであるのに対し、スキルアップは「能力」を向上させることを指します。キャリアアップするために、まずはスキルアップを目指すという位置づけです。
キャリアアップの実現は職場の上司や転職先企業からの評価に左右されますが、スキルアップは経験を積んだり、資格を習得したりすることで実現できます。
業務上必要な資格やコミュニケーション能力など、さまざまなスキルを身につけることでキャリアアップに繋がることもあります。
転職でスキルアップを目指したい場合は、仕事を通してどのようなスキルを身につけられそうかイメージして求人を選ぶのがおすすめです。
企業によっては働きながら資格取得にチャレンジできたり、研修によって段階的にスキル向上を目指せる教育体制を整えていたりするため、企業研究の段階でしっかり調べておきましょう。

 
キャリアチェンジ

キャリアチェンジは、現職とは別の職種や業界に未経験でチャレンジすることを指します。
たとえば、事務職から営業職への転身、看護・医療業界から介護業界への転職など、全く経験のない業界・職種に挑戦することです。また、「営業経験を活かして企画職に就きたい」というように、これまでの職務経験を活かせる職種に挑戦する場合も、未経験であればキャリアチェンジに含まれます。
キャリアチェンジを実現する方法は、現在勤めている会社で異動を申し出るか、全く別の会社へ転職するかの二通りです。
現在勤めている会社に不満がある、希望の職種がない、従事する業界自体を変えたいなどの理由がある場合は、自分の希望に合った企業を探してみると良いでしょう。

キャリアアップするには?

キャリアアップは、現職で目指すか、転職で実現することになります。それぞれの具体的な方法を解説するので、参考にしてください。

 

現職でキャリアアップを目指す場合

キャリアアップの手段というと転職のイメージが強いですが、現職で目指す方法もあります。
たとえば、現在勤めている企業にキャリアパス制度やジョブローテーション、キャリア面談など、キャリアアップを促すような制度がある場合、自分の希望に合っていれば活用するのがおすすめです。
また、社内外のセミナーにも積極的に参加すると良いでしょう。知識を深めることも、キャリアアップを目指す第一歩になります。

 

転職する場合

転職でキャリアアップを目指す場合は、具体的なキャリアプランを決めておくことが大切です。
自分が最終的にどのようになりたいのか、そのために何をしようと考えているのかなど、将来的なビジョンを定めておきましょう。
ただし、「入社1年で社長になる」「1ヶ月で売上トップになれるようがんばる」など、抽象的・実現不可能なプランにならないよう注意が必要です。
また、自分のキャリアプランを転職先で実現したいと思っている理由や、現職では実現不可能な理由も明確にしておきましょう。
キャリアプランについては面接でも高確率で聞かれるため、具体的に答えられるよう準備しておくことが大切です。

キャリアプランの描き方4ステップ

キャリアプランを考えるときは、自己分析を行ったうえで、段階的に目標を立てるのがポイント。
自分が今どの状況にいるのか、何をする必要があるのかを客観的に判断し、「最終的になりたい姿」を考えておくのが重要です。最初に長期的なビジョンを決めて、そのビジョンを達成するために5年後、10年後にどうなっていたら良いかを考えていきましょう。

 

1.自己分析をする

自分の今の状況を把握するために、まずは自己分析からスタートします。
過去を振り返り、自分の強みや弱み、好きなこと、得意なことなどを洗い出し、自分の価値観を明確にしましょう。

 

2.長期的な目標を考える

仕事をする上で、自分が最終的にどうなっていたいのかを考え、キャリアの着地点を定めます。
「社長になりたい」「年収〇〇円を目指したい」「〇〇業界で中核を担う立場になる」など、できるだけ具体的に考えるのがポイントです。

 

3.中期的な目標を立てる

最終目標を達成するために必要なことは何かを、5年、10年単位で大まかに考えます。
「10年後に〇〇の責任者になる」「〇〇職の経験を活かして〇〇職へキャリアチェンジする」など、長期的な目標に繋がるようにしましょう。将来的に家庭を持つことを望んでいる・予定がある方は、結婚・出産(女性の場合)・育児などのライフプランも視野に入れておくのがおすすめです。

 

4.短期的な目標を立てる

年単位で目標を立て、身につけたい能力やなりたいポジションについてイメージします。
今の自分に足りないものを明確にし、実現するための具体的な活動方法を把握し、すぐにでも実践できることを考えましょう。
たとえば、長期的な目標が「社長になりたい」であれば、「1年後にリーダーになるため、今年はチームで一番の成績を残す」という短期的な目標が考えられます。さらに、1年後を見据えて「今週は100万円を売り上げる」「今日は10人と商談する」などのように、具体的なアクションプランに落とし込むと良いでしょう。
なお、キャリアプランはあくまでも計画なので、想定通りに進まないこともあります。
「キャリアプラン通りに進まなかったからダメ」ということはないので、臨機応変に対応するよう心がけましょう。
家庭の事情によって計画変更を余儀なくされる場合や、新しい職業が出てきて自分の興味が変わることも考えられます。
キャリアプランは進捗状況を定期的に確認し、軌道修正しながら目標達成を目指すのがおすすめです。

国が採用している3つのキャリアアップ制度

人手不足解消のために、国が制定したキャリアアップ制度もあります。企業や業界によっては下記の制度を活用している場合もあるため、事前にチェックしておくと良いでしょう。

 

1.キャリアアップ助成金

キャリアアップ助成金は、パートやアルバイト、派遣社員など、非正規雇用者のキャリアアップ促進を実施している企業に助成金を支給する制度です。
非正規雇用者の正社員化や処遇改善などの制度を導入している企業が対象となります。

 

2.建設キャリアアップシステム

建設キャリアアップシステムは平成31年から本格的に運用が開始された、建設業界向けの制度です。
建設現場で働く技能者にICカードを配布し、資格や経歴などの登録、カードリーダーでの就業履歴の蓄積などを行えるようにすることで、正当な評価に繋げます。
深刻化する技能者の高齢化など、建設業界が抱える問題を解消し、優秀な人材を育成・確保できるよう、国が制定しました。

 

3.保育士キャリアアップ研修

保育士キャリアアップ研修は、保育士として働く方を対象とした制度です。
専門分野別研修、マネジメント研修、保育実践研修などの研修及びガイドラインを制定するほか、職務分野別リーダー・副主任保育士・専門リーダーの新たなキャリアを設け、保育士のキャリアアップを促進します。
職務分野別リーダーは勤続3年以上、副主任保育士と専門リーダーは勤続7年以上の保育士が対象です。
一度研修を修了ていれば給与アップや処遇改善につながるほか、一度職を離れてから転職・復職する場合も有利になります。

 

フリーターから正社員を目指している方や、該当する業界に従事している・目指している方は、上記に挙げた制度のことを覚えておくと良いでしょう。

キャリアアップに関するお悩みQ&A

キャリアアップに関して、想定される質問と回答を以下にまとめました。疑問の解消にお役立てください。

 

フリーターでもキャリアアップは可能ですか?

可能です。
具体的には、仕事に対する知識やスキルを向上したり、正社員になったりする例が挙げられます。詳しくは「フリーターからキャリアを作るための5つの方法」をご覧ください。ただし、アルバイト雇用ではキャリアアップに限界があるもの。自己実現を叶えるなら、正社員になることが大切です。

転職すれば必ずキャリアアップにつながりますか?

転職が必ずしもキャリアアップにつながるとは限りません。
転職先によっては、前職での経歴を考慮せず「役職なし」からスタートすることもあるでしょう。
また、転職せずとも、現在の勤務先でキャリアアップが可能なことも。「転職してキャリアアップしたい方が知っておくべきこと」を参考にして、自分にとって転職は必要なのか改めて考えてみてください。

キャリアアップしやすい仕事はありますか?

一般職より総合職のほうがキャリアアップしやすいのが定説です。
総合職とは、将来の幹部候補として、会社の中心を支える社員のこと。業務内容が異なる、転勤・異動がある、給与が高いといった差があります。詳細は「総合職とはどんな仕事?どんな意味?一般職との違いをチェックしよう」で解説しています。

キャリアアップを見越して資格を取りたいです。おすすめはありますか?

就いている仕事によって異なります。
介護業界なら介護福祉士やケアマネジャー、不動産業界なら宅地建物取引士や建築士など。汎用性の高い資格だと、TOEICや簿記がおすすめです。
資格に関しては、こちらの「将来性のある資格はコレ!キャリアアップも望めるスキル」をご覧ください。

転職エージェントに相談してみよう

今の職場では「キャリアプランが実現できない」「フリーターからの正社員化は難しい」と感じ、転職を検討している場合は、転職・就活のプロに相談するのも一つの手。
転職エージェントを利用すれば、あなたのキャリアプランに沿った最適な転職先を見つけやすくなるでしょう。

 

主に20代を対象とした転職サポートサービスを提供するハタラクティブでは、専任のアドバイザーがカウンセリングから入社まで一貫したサポートを実施。適性やキャリアプランに合わせた求人を、プロ目線で厳選してご紹介いたします。
また、転職・就活時に悩みがちな応募書類の作成や面接対策もアドバイザーがマンツーマンでサポート。
転職・就活に関する相談ができるだけでなく、選考のスケジュール調整や企業との交渉をハタラクティブが代行するため、求職活動が初めての方っもスムーズに進められます。
「転職・就職先の探し方が分からない」「1人で行動するのは不安」という方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    キャリアアップを目指すメリットとは?

  • image

    キャリアアップを実現!自分で道を開くために必要なこと

  • image

    転職してキャリアアップしたい方が知っておくべきこと 

  • image

    フリーターからキャリアを作るための5つの方法

  • image

    将来性のある資格はコレ!キャリアアップも望めるスキル

  • image

    スーパーの正社員の仕事内容とは?キャリアアップの流れ

  • image

    キャリアプランとは?考え方と注意点まとめ

  • image

    接客についてのページ

  • image

    品質管理についてのページ

  • image

    転職とは何かを考える!人によって違う転職スタイル

  • image

    元リクルート トップ営業「太田彩子さん」登場。 女性のキャリアアップセミナー

  • image

    ショップ店員についてのページ

  • image

    未経験でも企画の仕事がしたい!内容や向いている人を解説

  • image

    転職のタイミングを見極めるポイントとは?

  • image

    軽作業についてのページ

  • image

    高卒向けキャリアを築ける求人とは

  • image

    フリーターのメリット・デメリットとは?

  • image

    高卒で介護職員に。その仕事内容は?

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる