役に立つ資格とは?就職や転職で活かせる資格をご紹介

役に立つ資格とは?就職や転職で活かせる資格をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 業界に関係した資格を持っていると、就職や転職のときに有利になることもある
  • 人柄や意欲も評価対象のため、仕事で役に立つ資格さえあれば就職できるとも限らない
  • 持っていると役に立つ資格としては、日商簿記や宅建、MOSなどが挙げられる
  • 資格取得はステップアップのひとつと捉え、前向きな姿勢を大切にしよう

役に立つ資格にはどのようなものがあるのか、気になっている方もいるのではないでしょうか。中には、資格を持っていると就職や転職で有利になるという話を、聞いたり見たりしたことがある方もいると思います。当コラムでは、就職・転職で役に立つ4つの資格をご紹介します。それぞれの資格について解説しているので、これから資格を取ろうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

就職・転職で役に立つ資格とは

多くの資格がある中で、仕事探しに役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

日商簿記検定

大学生から社会人まで、多くの方に支持されている日商簿記検定。経理や財務業務に必要となる会計知識のほかに、経営管理や分析の基礎を学ぶことができるため、ビジネスに関わる全てに役立つ資格とも言われています。難易度別に1~3級まであり、各級の詳細は以下の通りです。

3級

仕入れから販売までを記録、計算して、適切な決算書の作成を学びます。商業簿記のルールや基本的な仕組みといった企業活動の一連の流れを掴めるため、小規模の店舗や企業の経理として活用できるでしょう。

2級

3級の内容に加え、株式会社会計や本支店会計、連結会計などの商業簿記と、自社製造、販売を記録、計算する工業簿記を学びます。財政状況と経営成績が分かる財務諸表を理解できると、経理の即戦力となるほか、営業やコスト管理業務においても評価されるようです。

1級

商業簿記、工業簿記に加え、会計学や原価計算が範囲となります。法律を踏まえて経営的視点から管理や分析を行えるため、経営者や税理士、公認会計士と対等な会話が可能になる難易度の高い資格です。

簿記の資格を実際に就職で活かすポイントについては「簿記1級を就職に活かすには?おすすめの就職先や就活成功のコツを紹介」で詳しく解説していますので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

宅地建物取引士

一般的には「宅建」として知られており、不動産売買や仲介の際に必要になる国家資格です。不動産業界で有効な資格で、不動産の売買や賃貸契約の際にお客様に重要事項の説明を行います(重要事項説明ができるのは宅建士のみ)。「一生食べていける資格がほしい」「職に困らない資格なんてあるの?」などと考えたことのある方におすすめの一つと言えるでしょう。

宅地建物取引士の資格や活かせる業界などについて、もっと知りたいという方は「宅建は就職に有利になる?向いている人や就活でアピールするコツ」もぜひチェックしてみてください。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

MOSは、マイクロソフト社が認定しているパソコンスキルについての資格です。マイクロソフト社が提供するWord、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの5教科があり、1教科ずつの受検が可能。WordとExcelが人気で、仕事をする上で欠かせないOfficeソフトの利用スキルを示すことができます。

医療事務・介護事務

特に女性に人気のある、医療事務や介護事務。どちらも、医療保険や介護保険を利用して施設を利用した際の、国に対して請求書を作る業務を行います。無資格でも就業可能ですが、必要最低限な知識を得るために取得する方が多いようです。医療・介護は需要の高い業界のため、これからの時代に役立つ資格の一つと言えます。

医療事務について興味のある方は、「医療事務は既卒から目指せる?仕事内容や給料事情も解説」のコラムもご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

仕事で役に立つ資格を持っていても就職・転職できない?

では、資格を持っていれば仕事探しは成功するのでしょうか。

業界や業務に対して基礎知識があり、勤務を始めるに当たって教育の手間が省けるため、不動産業界なら宅建、クリニックなら医療事務など、業務に関連のある資格は就職に有利な傾向があります。

しかし、採用面接では資格だけでなく人柄や熱意なども評価されるため、資格があれば就職できるとは限りません。特に、MOSや医療事務など、比較的簡単に取得できる民間検定は取得者も多いため、それだけでは就職・転職活動においては大きな強みにならないこともあるようです。資格があるから…とおごらずに、資格取得をステップアップとして捉える前向きな気持を持つことが大切といえるでしょう。

有資格者でも就職・転職が難しいなら、資格がない人は仕事につけないのでは…そう感じた方もいると思いますが、資格がない方が職に困ってしまうわけではありません。
それでも不安な方は、ハタラクティブに仕事探しの相談をしてみてはいかがでしょうか?
就職・転職エージェントのハタラクティブは、マンツーマンカウンセリングを通してあなたの強みや向いている職業を紹介しています。
取り扱っている求人は無資格や未経験者歓迎が多いため、フリーターや第二新卒の方でも安心してご利用いただけます。
仕事を探したいしたいけれど資格がないから不安…という方は、ぜひご相談ください!

この記事に関連するタグ