キャリアアップするための6つの方法!転職する場合のメリットも紹介

キャリアアップするための6つの方法!転職する場合のメリットも紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・キャリアアップとは「業務の遂行能力を高める」「経歴を高める」といった意味
  • ・キャリアアップするメリットは、自分の新たな面を評価してもらえることなど
  • ・キャリアアップの方法には「社内異動をする」「自己分析で適職を分析する」など
  • ・キャリアアップのための転職は、環境が変わることもメリットの一つ
  • ・エージェント利用のメリットは、キャリアアップのための転職に有効

入社してからまだ経歴の浅い20代の方にとって、仕事で「キャリアアップする」とは何なのか、キャリアアップによってどのようなメリットがあるのかを詳しく説明するのは難しいでしょう。このコラムでは、キャリアアップの意味や具体的な方法、転職してキャリアアップを目指すメリット・デメリットについて解説します。キャリアアップに興味があるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアアップとは

キャリアアップのメリットを知る前に、まずは「キャリアアップ」とはどのような意味かを知りましょう。キャリアアップには、主に以下のような意味があります。

経歴を高めること

キャリアアップとは、身につけた知識や技術を活かしながら資格を取得したり、新たな仕事に挑戦したりして経歴を高めることです。経歴を重ねることで仕事の視野が広がり自信や実力がついていけば、業務を遂行する側から指示する立場を目指す人も出てくるでしょう。自身の経歴を高めることは、将来の昇進や転職においてもメリットとなります。

将来進みたい方向性によってとるべき行動が変わる

キャリアアップは仕事の技術や知識を、追求して深めていくこともあれば、資格やスキルを身につけて管理職を目指す方もいるでしょう。進みたい方向性によっては、経験や研究が必要な場合もあります。自分の進みたい方向性や得たいメリットによって、優先することやとるべき行動が変わってくるともいえるでしょう。

キャリアプランを明確にし何をすべきか事前に考える

キャリアアップをするためには、将来進みたいキャリアプランや、そのためにどんなことが必要なのかを考えることも大切です。資格を取得することや、セミナーを受けることによって実現できる人もいるでしょう。同じことを繰り返しながら経験を積んでいくことも考えられます。どういったことが必要で何をしたら良いのかを、具体的に調べたり箇条書きしたりしながら、自分のやるべきことを把握することで、キャリアプランが明確になって行くでしょう。

業務の遂行能力を高めること

仕事を効率化できるように工夫したり、より質の高い成果をあげたりすることで業務の遂行能力を高めるのもキャリアアップの意味の一つです。仕事が円滑に進めば時短にもつながり、より多くの業務をこなしてレベルアップできる可能性もあります。上司から「この人には信頼して仕事を任せられる」と思われれば、今まで担当外だった業務もできるようになる場合もあるでしょう。
キャリアアップの意味についてさらに詳しく知りたい方は、「キャリアアップとは?自分で道を切り開くために必要なこと」のコラムも参考にご覧ください。

キャリアチェンジやスキルアップとの違い
キャリアアップと混同しやすい言葉に、「キャリアチェンジ」や「スキルアップ」があります。キャリアチェンジは現在の仕事とは全く異なる業種・職種に就くことの意味です。一方、スキルアップは資格を取得したり経験を積んだりすることで、自身の能力を上げることを指します。

キャリアアップするための6つの方法

キャリアアップを目指すためには、社内異動をする、資格を取得するなどさまざまな方法が考えられます。ここではキャリアアップするための具体的な方法について解説していきますので、参考にしてみてください。

1.部署を異動する

総務部から営業部へ、企画部から人事部へといったように、社内異動によって担当業務を変えることもキャリアアップする方法といえます。同じ会社内なのでキャリアアップのための情報収集がしやすく、実際に準備するための行動がしやすいのもメリットです。しかし、今までと全く異なる業務に就くのは簡単なことではないでしょう。事務職だった方が営業職に就けば、必要な知識や経験が違います。職種によっては、資格を取得する必要も出てくる場合もあるでしょう。特に、管理職を目指す場合、社内異動をしながら職種を変え、さまざまな経験と実務を兼ね備えることが必須となっている会社もあります。働いてみたい会社、もしくは今働いている職場がどのような制度でキャリアアップしていけるのかを把握しておくことも必要です。

2.自己分析をして適性のある部署や仕事を探す

キャリアアップを目指す人にとって、自分の強みや弱みを客観的に分析することはとても重要です。強みや弱みを明確化することにより、自分でも気付いていなかった長所を生かしたり、短所を補強したりできるでしょう。また、自己分析を行うことでより適性のある部署や仕事を探し、キャリアアップのための足掛かりにすることも可能になります。自己分析にはキャリアを考えるうえでのメリットが多いため、積極的に取り組んでみましょう。

3.同僚や上司からアドバイスをもらう

同僚や上司に客観的な視点で自分の問題点を指摘してもらうことで、キャリアアップに必要なものを教えてもらえることもあるでしょう。自分のキャリアについて行き詰まったりこれからどうすれば良いか悩んだりしたときは、相談してみるのも手です。また、経験のある上司に、成果を出すための助言をしてもらうことで、今まで気付かなかったことや見えなかったものごとに向き合える場合もあります。

4.具体的な目標を立てる

キャリアアップするためには、キャリアプランの具体的な目標を決めましょう。どのような仕事でいつまでに何をしたいといった、具体的で実行可能な目標を設定することにより、目標に至るまでに何をしたら良いのかが見えてくるようになります。また、実現可能な目標があれば、仕事に対してもモチベーションを維持して臨めるようになることもメリットといえるでしょう。

5.資格を取得する

より専門的な知識や技術を身につけるための資格を取得するのも、キャリアアップへの方法の一つです。たとえばIT系や福祉系の業界で働く人は、資格一つを取っても、さまざまな種類があります。自分がより極めたい分野の資格を取得することで、仕事の幅や将来の選択肢も広がってくるでしょう。仕事に役立つ知識やスキルを得られることも、資格取得のメリットです。

6.社内でのキャリアアップが難しければ転職も検討する

社内でのキャリアアップが難しい場合は、転職も視野に入れてみましょう。先述したように具体的な目標を立てておくと、目標が達成できる会社の条件も明確になるため、転職活動をする際の軸も決まりやすくなります。しっかりとした軸がないまま転職を行ってしまうと、応募先とのミスマッチも起こりやすく、キャリアアップが難しくなる可能性もあるため注意が必要です。しかし、転職にはメリットもデメリットもあるため、慎重に判断しましょう。
キャリアアップする方法については「キャリアアップする方法とは?具体的な描き方や助成金システムなども解説」のコラムにも掲載していますので、あわせてご覧ください。

転職してキャリアアップを目指すメリット

ここでは、転職してキャリアアップを目指すメリットを紹介します。キャリアアップのために転職を検討しているという方もいるでしょう。今の会社を辞めることにメリットもあればデメリットもあります。そこで、まずは転職してキャリアアップを目指すメリットについて確認しましょう。

前職とは違う部分を評価してもらえる

会社によって求めている人材の条件は異なるため、自分の特性や強みと会社のニーズがマッチした転職先が見つかれば、前職とは違った部分を評価してもらえる点はメリットです。また、これまでのキャリアが高く評価されれば、転職先でも自分のスキルを十分に活かせるポジションを用意してもらうことも可能でしょう。そのような場合は、転職後にキャリアを大きく伸ばしていくことが可能になります。

新しい環境で刺激を受ける

転職すればこれまでとは違う職場で人間関係なども一からスタートすることになるため、新しい環境で大きな刺激を受けられるでしょう。職場環境や人間関係に悩んでいた方にとっては、大きなメリットです。長年同じ職場に席を置いていると、良くも悪くも慣れが出てきます。社内で異動ができない限り、仕事の内容も大きく変わることはないため、代わり映えのない毎日を繰り返しているということもあるでしょう。新しい刺激を受けることで気持ちが引き締まりますし、仕事にも集中できるようになります。
転職してキャリアアップを目指すメリットについては、「キャリアアップとは?成功させるためのポイントなどを詳しく解説!」のコラムも参考にご覧ください。

転職してキャリアアップを目指すデメリット

転職してキャリアアップを目指すには、上記で紹介したメリットのほか、以下のようなデメリットもあります。今の会社を辞めて後悔しないように、具体的にどのようなデメリットがあるのかしっかり把握した上で、転職活動に臨むようにしましょう。

これまで積み上げてきた社内評価はリセットされる

転職を行うことによって、前職での評価は一度リセットされ、多くの場合は前職よりも低い年収、ポジションからスタートすることになります。前職での実績が評価されてより良い待遇で転職できるハイクラス転職のようなケースもありますが、そのようなケースは一部の人です。一般的には、前職と同じようなポジションになるために再び実績を積み上げていく必要があるでしょう。これまでの評価を失い、新たな環境で挑戦することは、デメリットとなることもあります。

プライベートより仕事を優先しなければならない場面も出てくる

仕事をするうえでは、プライベートも大切にしたいものですが、転職したばかりのときにはプライベートよりも仕事を優先しなければならないシーンも往々にしてあります。たとえば、新しい職場でより早く成果を出せるようになるには、休み時間や休日を使って新しい仕事に慣れるための工夫が必要です。キャリアアップを目的として転職をするということは、ある程度プライベートを犠牲にして仕事に打ち込まなくてはならないデメリットがあるということも考慮しておきましょう。

キャリアアップ転職にはエージェントの利用がおすすめ
キャリアアップを目的とした転職をする場合、自力で企業を探すよりも転職エージェントを利用して求人を紹介してもらうのがおすすめです。転職エージェントを利用するメリットは、後述しますので参考にしてください。

キャリアアップに転職エージェントを利用する3つのメリット

キャリアアップのための転職を行う場合、自分一人で転職活動を行うよりも転職エージェントを活用することがおすすめです。転職エージェントに登録すれば、忙しい中自分で求人を探さなくても、応募者の希望条件にマッチした求人を紹介してくれます。
ここでは、キャリアアップに転職エージェントを利用するメリットを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.多くの業界にコネクションがある

転職エージェントはさまざまな業界に対してコネクションを持っているため、大手のエージェントサービスなら人気企業や人気の求人を多く保有しているでしょう。また、特定の業種やハイクラス向けなどの転職エージェントであれば、大手にはないような独自のコネクションを活かした求人を保有していることもあります。
転職エージェントは、一般的には公開されていないような企業内部の情報も保有していることが多いということも特徴です。自分で応募するよりも、選考への対策がしやすくなります。自分では見つけられない求人を紹介してもらえることは、エージェント利用のメリットです。キャリアアップを考えている人は、利用してみると良いでしょう。

2.非公開の条件の良い求人も多くある

転職エージェントでは、ほかの求人サイトなどには公開されていない、非公開求人を保有しています。非公開求人は、会社の都合で大々的に募集しないものの、条件にマッチした人材であれば非常に良い待遇で採用してもらえる優良求人であることが多いです。
非公開求人の中身や量は転職エージェントごとに異なっており、登録しなければ紹介してもらえません。また、保有している求人の半分以上が非公開求人という転職エージェントも多いため、複数の転職エージェントに登録してみると良いでしょう。キャリアアップするには、このような非公開求人がマッチする場合も多いので、利用してみる価値はあります。

3.アドバイザーが専任でサポートしてくれる

転職エージェントであれば、専任のアドバイザーがマンツーマンで転職活動のサポートを行ってくれます。希望条件にマッチした求人の紹介はもちろん、応募書類の添削や面接対策、年収の交渉から入社後のフォローまで、転職活動を二人三脚でサポートしてくれるでしょう。
そのため、一人で転職活動を行うよりも選考に対して効率的な対策を行うことが可能になります。効率よく転職活動を進めることで、内定率をアップできるというメリットもあるでしょう。

ハタラクティブも、転職エージェントサービスの一種です。これまで、多くの経歴に自信のない方の転職をサポートしてきました。ハタラクティブでは、専任のアドバイザーが一対一で面談を行い、あなたの希望にあった求人をご紹介します。非公開求人も多く保有しており、アドバイザーが実際に訪問した会社の求人を取りか使っているため、安心感がある求人を紹介できることが特徴です。もちろん、書類選考や面接の対策もお手伝いいたします。サービスは無料で利用できるので、キャリアアップのための転職をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION