新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. キャリアアップを目指すメリットとは?

キャリアアップを目指すメリットとは?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・業務の遂行能力を高めることで、時短にもつながり仕事が円滑に行く可能性がある
    ・資格を取得することは、新たな仕事の挑戦や異なる職種、管理職などを目指す選択肢にもつながる
    ・キャリアアップするには、具体的にどのようなことをするのかを調べて明確にしておく必要があります
    ・キャリアプランを実現するには、社内異動や転職も1つの方法といえる
    ・ハタラクティブでは、転職活動に必要な情報やアドバイスなどがマンツーマン体制です

キャリアアップという言葉で連想することはどのようなことでしょうか?転職、経歴の向上、業務遂行能力のレベルを上げるなど、さまざまな意味合いを持つキャリアアップについて紹介しています。是非参考にしてみてください。

◆キャリアアップの意味 

キャリアアップすることで、どのようなメリットにつながるのでしょうか?まずは、下記の2つに分類されたキャリアアップの意味を考えてみましょう。

【業務の遂行能力を高めること】

今行っている仕事を効率化できるように工夫したり、業務の内容を深く追求してみたりすることで、レベルアップしていくことができれば、仕事が円滑にいくかもしれませんし、時短につながる可能性もあります。空いた時間ができれば、今までできなかった業務をこなせるようになる場合もあります。

【経歴を高めること】

身につけた知識や技術を活かしながら、資格を取得したり、新たな仕事に挑戦したりすることで、視野が広がり自信や実力がついていけば、遂行する側から指示する立場を目指す人もでてくるでしょう。

・自分の進みたい方向性によって、とるべき行動が変わる

キャリアアップは仕事の技術や知識を、追求して深めていくこともあれば、資格やスキルを身につけて管理職を目指す方もいるでしょう。進みたい方向性によっては、経験や研究が必要な場合もあるのではないでしょうか。自分の進みたい方向性で、優先することを意識することで、とるべき行動が変わってくるともいえます。

・働く際はキャリアプランを明確にし、それを実現するためには何をすべきか事前にしっかり考えよう

将来進みたいキャリアプランには、実際どんなことが必要なのでしょうか?資格を取得することなのかもしれませんし、セミナーを受けることかもしれません。もしかしたら、同じことを繰り返しながら経験を積んでいくことも考えられます。どういったことが必要で何をしたら良いのかを、具体的に調べたり箇条書きしたりしながら、自分のやるべきことを把握することで、キャリアプランが明確になるかもしれません。

◆キャリアアップする方法

キャリアアップするにはどのような方法があるのでしょうか?具体例をあげてみました。

・資格を取得する

仕事で成果を出すために専門的な知識や技術を、身につけるための資格を取得する方法があるでしょう。例えばIT系で働く人や、福祉系の介護士として働く人は、資格1つを取っても、さまざまな種類があるようです。資格を取得することで、活躍できる職種が異なってくる可能性もありますし、仕事の幅や選択肢も広がるのではないでしょうか。

・同僚や上司からアドバイスをもらう

仕事に行き詰まったときや、客観的な視点から自分の問題点を指摘してもらうことで、キャリアアップできることもあるのではないでしょうか。また経験のある上司に、成果を出すための助言をしてもらうことで、今まで気付かなかったことや、見えなかった物事に向き合える場合もあります。

・異動希望を出す

社内異動によって担当業務を変えることも、キャリアアップする方法といえます。同じ会社なので情報収集がしやすいですし、実際に準備するための行動がしやすいのも、メリットといってもよいでしょう。とはいえ事務職だった方が、営業職に就けば職種が異なるわけですから、身につける知識や経験が違いますし、職種によっては資格を取得する必要がでてくるかもしれません。特に管理職を目指す方の場合、社内異動をしながら職種を変え、さまざまな経験と実務を兼ね備えないと、管理職に就けない企業もあるようです。働いてみたいもしくは働いている企業が、どんな制度なのかを把握しておくことも必要なのではないでしょうか。

・転職する

現在働いている企業の特色などを調べたうえで、キャリアプランが実現できない場合は、将来目指したい職種に転職するのも1つの方法といえます。ほかには今の業務で経験を積んだり、知識を身につけながらキャリアアップしていけば、取引先や客先からの引き抜きで、自分の目指すキャリアプランが実現することもあるでしょう。また専門的な機関に相談し、自分の実力が活かせる職場を紹介してもらうという方法も考えられます。

◆転職のご相談はハタラクティブへ 

説得力のある内容を話すには、事前の準備が大切です。転職したい企業の特徴をしっかり把握し対策していきましょう。

ハタラクティブは、あなたの目指したいキャリアプランを応援。自分のスキルが活かせる職場は、どういうところなのかなどのアドバイスや、退職前の相談、応募書類の添削、面接対策などをマンツーマン体制で行っています。

ほかにもハタラクティブのサイトには、豆知識になるようなコラムが満載。前向きな転職に向けて、ぜひご利用ください。


 

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ