面接でキャリアプランを質問されたときの答え方は?例文もご紹介!

面接でキャリアプランを質問されたときの答え方は?例文もご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • キャリアプランとは、仕事で将来の理想像を叶えるために作成する行動プランのこと
  • 面接でキャリアプランを聞くのは、ミスマッチ防止や応募者の考え方を知るのが目的
  • キャリアプランは面接で役立つだけでなく、仕事のモチベーションアップにも効果がある
  • キャリアプランが思い浮かばないときは、ライフプランと併せて考えてみるのも良い
  • 面接では志望動機とキャリアプランを結びつけ、企業の展望と合うことをアピールしよう

「面接でキャリアプランについて聞かれたらどう答えればいい?」と悩む方も多いのではないでしょうか?面接官に響くキャリアプランを答えるには、企業の展望や志望動機を絡めるなどの工夫が必要です。
このコラムでは、キャリアプランの立て方や面接での答え方を解説。また、キャリアプランが思い浮かばないときの対処法や回答の例文についてもまとめました。例文は事務や営業など、職種別に紹介しているので、参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

キャリアプランとは?

キャリアプランとは、理想の経歴を積み重ねるための行動プランのこと。「何年後にどうなりたいか」「仕事で何を成し遂げたいか」を考え、そこに至るまでにどう行動すれば良いのかを明確にするのが目的です。キャリアプランを立てることで、仕事に関する将来の理想像を叶えやすくなります。

「将来の夢」はキャリアプランと同じ意味を指す

面接において企業側から「将来の夢」という言葉が出てきたときは、「キャリアプラン」と同じ内容を指すと考えて良いでしょう。
「仕事以外の将来の夢は何ですか?」などのような区別した質問のされ方をされないかぎりは、プライベートではなく仕事関連の内容を答えるのが一般的です。

「キャリアパス」とは異なる

キャリアパスとは、企業内である役職につくまでの道筋を明確化したものです。キャリアプランと似た言葉ですが、意味が異なります。
キャリアパスが企業内でのキャリアアップを従業員に分かりやすく示している指針であるのに対し、キャリアプランは転職などを含めた個人のキャリアアップのための指針です。キャリアパスについては「キャリアパスって何?キャリアプランとはどう違う?」のコラムで解説していますので、参考にしてください。

キャリアプランが面接で聞かれる3つの理由

面接でキャリアプランについて聞かれるのは、応募者のポテンシャルや企業とのマッチ度を図るためです。この項で紹介する企業側の意図を知り、面接官に響くキャリアプランを答えましょう。

1.応募者の入社後のミスマッチを防ぐため

面接官は、応募者のキャリアプランを聞くことによって、自社のビジョンと合っているかを探ります。応募者のなりたい自分像が、企業が求める人物像と合っていると入社後の活躍を期待できるからです。反対に、応募者が仕事に求めるものと、企業側が実現したいことにミスマッチがあると早期退職を懸念されるでしょう。自社で長く働いてくれる人材かどうかを確かめるのが質問する目的の一つといえます。

2.応募者の仕事への考え方を知るため

キャリアプランを聞くと、応募者が仕事をどうとらえているかが分かります。仕事への考え方は「仕事で大事なのは昇進を目指すこと」「専門スキルを磨き続けるのが大事」など、人によってさまざまです。面接官は何を重視して仕事をする人なのかを知り、求める人材かどうかを判断します。
いずれにしても、仕事への考え方がしっかりしている人は業務にも一所懸命取り組む可能性が高いと評価されるでしょう。よって、明確なキャリアプランが描けているかどうかは重要なポイントです。

3.目標に向けて適切な行動ができるか確認するため

キャリアプランからは、応募者が「目指す目標に対して説得力のある道筋を示せるかどうか」が分かります。現実的でしっかりした道筋を立てていると、論理的思考のある人物という評価や、実際の業務においても頼りになりそうだという印象を抱かせます。

実践に移そうとしているかも大事

目標に向けて実際に行動をしているかどうかも大事なポイントです。「専門スキルを身につけたい」というプランを立てながら、知識がないうえ勉強もしていない状態では説得力がありません。面接では、キャリアプランの達成に向けて努力している点も伝えましょう。

キャリアプランを立てる3つのメリット

キャリアプランを立てると面接で役立つだけでなく、就職後のキャリアアップにも良い効果がもたらされます。

1.自分のやりたいことが分かる

キャリアプランを作成することで、本当にやりたいことは何かがはっきりします。「仕事にやりがいが感じられない」「会社に行くのが億劫になった」など、迷ったとき、悩んだときに「自分は何がしたいのか」と原点に立ち戻って考えられるのがメリットの一つです。
仕事を続けていると、気づかないうちにやりたいことから逸れてしまう場合もあります。周りの期待に応えようとしたり、年収アップのために我慢したりするのも悪いことではないですが、「本当は違うことがしたかった」と後悔してしまうことも。キャリアプランがあれば、本当にやりたいことは何かを定期的に確認できます。

2.仕事へのモチベーションが上がる

キャリアプランを立てると自分の望みが明らかになり、目標に向かって努力しようとやる気がわいてくるものです。仕事で辛いことがあっても10年後の理想像を思い出せば、「今辛いのも目標のため」と乗り越えやすくなります。また、会社側から設定された目標に対しても、「これも自分の目標の一つ」と捉えて頑張れるでしょう。1年後、3年後、5年後と短期目標を立てることで、小さな成功体験を積めるので、モチベーションが上がりやすい効果もあります。

3.やるべきことが分かる

キャリアプランの作成によって、漠然としていたキャリアアップのための道筋がより明確になります。今から何に取り組めば良いか具体的に分かるので、将来に向けた行動を起こしやすくなるといえるでしょう。
企業は業績や社会動向によって組織体制を変えることもあります。そのため、担当業務や職場環境が変わる場合もありますが、やるべきことが明確になっていると、ぶれることなく、自分の目標に向かって進めるでしょう。

転職も見極めやすくなる

仕事が辛いと衝動的に転職してしまうこともありますが、キャリアプランがあれば転職すべきかどうか冷静な判断ができるでしょう。計画どおりにスキルや経験を積めているか、このまま今の会社で目標が達成できそうか、といったことが把握しやすくなるのもメリットの一つです。

面接で評価されるキャリアプランの立て方

キャリアプランを立てる際は具体性や客観性が大事です。この項では、面接で評価されやすいキャリアプランの立て方を紹介します。

1.期間を決める

計画に具体性を持たせるには、期限を明らかにすることです。「いつか○○できるようになりたい」といった期限が曖昧な目標は、実行性が低いと判断されかねません。キャリアプランを立てる際は「○年後には△△できるようになる」というように、いつまでに何をするかを具体的にしましょう。

2.自分を客観視する

キャリアプランを立てるためには、自分の価値観や今あるスキル、理想像などの把握が必要です。非現実的なキャリアプランを面接で述べると「自分を客観視できていない」と評価が下がる恐れもあるので、自己分析に基づいたプラン作成を心がけましょう。

強みと弱みを洗い出す

キャリアプランを考えるうえで、強みを活かせる仕事は何かを見極めるのも大事です。また、弱みを洗い出すと、避けたほうが良い仕事や、苦手なことを克服する方法を考えるのに役立ちます。
面接では、主に自分の強みをアピールしたいと考えるものです。しかし、弱みのない人はいないので、克服の道筋を示すのも好印象につながります。その際には、強みを活かして弱みをカバーするようなキャリアプランを示しましょう。

今あるスキルを明確にする

今あるスキルを明確にすることで、足りないスキルも明らかになります。面接では志望先企業で活かせそうなスキルをアピールしつつ、足りないスキルを身につけるための道筋もキャリアプランとして示すと良いでしょう。

なりたい自分像を描く

なりたい自分像はキャリアプランのゴール設定ともいえます。どのような分野で活躍したいのか、管理職になりたいのか、どのような貢献がしたいのか、といったことを自問自答してみましょう。ゴールの期限は20年後や30年後になるので、やや大きな目標を考えるのがおすすめです。

自己分析の詳しいやり方については「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムを参考にしてみてください。

3.志望先企業での達成プランを考える

面接で伝えるキャリアプランは、あくまでも志望先企業で達成できるものである必要があります。論の流れとしては、「志望先企業だからこそ自分の目標が達成できる」という結論に導くのが良いでしょう。ほかの企業でも達成できそうなプランだと、「うちの会社でなくても良いのでは」と思われてしまうので、その会社でなければ達成できない理由が必要です。

キャリアプランが思い浮かばないときのポイント

キャリアプランがなかなか思いつかないときには、以下の2つを試してみましょう。

自分の過去を振り返る

未来のことを思い描けないのであれば、過去に着目してみましょう。自分は過去にどんなことが好きで、何に興味を持っていたかなどを思い出してみてください。今、自分が志望先企業を受けたいと思っている動機に着目し、深堀りするのがおすすめです。

できることから考えてみる

やりたいことが思いつかない場合は、できることからキャリアプランを立てる方法もあります。自己分析で洗い出した強みをもとに、何ができるか考えてみましょう。たとえば、「コミュニケーション能力が高い」という強みがあるなら、営業や販売の仕事でトップセールスを目指すといったプランが考えられます。「できること」「活かせそうなスキル」をもとにキャリアプランを答えると、面接官が入社後の活躍をイメージしやすくなる効果もあるようです。

ライフプランを併せて考えてみる

仕事は生活を安定させ、人生を充実させるためのものです。また、結婚や出産といった私生活での変化が仕事に影響を及ぼすこともあります。そのため、ライフプランを考えたうえで、それが実現できそうなキャリアプランを立てるのも方法の一つです。
これからどのような生活をし、どのような人生を歩みたいか、長いスパンで想像してみるのも良いでしょう。そうすると、自分にとって何が大事で、何が必要かが分かってきます。
理想の生活、人生を実現するために仕事で何をすれば良いか、ということがキャリアプランの内容となるでしょう。

新卒者は具体的なイメージを掴もう

新卒でキャリアプランが思いつかない人は、社会人になった自分をイメージできていない懸念があります。その場合、インターンシップやOB・OG訪問で働く自分のイメージを具体化するのがおすすめ。社会人の先輩の話を聞くことで、5年後や10年後の予測が立てやすくなるでしょう。

キャリアプランを面接で聞かれたときの4つのポイント

キャリアプランを面接で説明するときには、以下の4つのポイントを押さえて回答しましょう。

1.志望先企業の展望を自分なりに示す

志望先企業が目指す方向と、自分の目指す方向が違っていてはミスマッチになります。よって、自分は志望先企業の目指す方向と合致しているということを面接官に示すのが大事です。
志望先企業の展望は自分なりの理解で構いませんが、業界研究や企業研究に基づいて考える必要があります。業界誌や会社説明会などで情報収集を行い、志望先企業の今後の展開を予想してみてください。そのうえで、予想した展望が自身のキャリアプランと沿うことを説明しましょう。そうすると、説得力が増すうえに、志望度も高いと評価してもらえます。

2.志望動機とキャリアプランを結びつける

志望動機はキャリアプランと結びつける必要があります。「○○のスペシャリストになりたいと考え、その分野の研究に力を入れている御社を選びました」というように、キャリアプランを実現するには志望先企業でなければならないと面接でアピールするのが重要です。

3.できるだけ数字を使って分かりやすくする

「○年後」といった年数や「△人の顧客」といった人数など、具体的な目標を伝えるには数字で説明するのが効果的です。数字で示すと内容が伝わりやすく、面接官が入社後の活躍をイメージしやすくなります。さらに、「計画性がある」「プレゼン能力も高い」といった評価にもつながりやすく、面接で好印象を残せるでしょう。

4.実行可能なものにする

大きな夢を描くのは良いことですが、自分の実行できそうな範囲を超えていると説得力がなくなるので注意しましょう。たとえば、「1年後に管理職」など、キャリアパスを考慮して実現できそうにないようなものは避けるのが無難です。前述のとおり、あまりにも非現実的なキャリアプランは、「客観視できていない」と面接官に思われる恐れがあります。

ライフプランの希望を優先し過ぎないように注意

「出産後は休職したい」「早期リタイアが理想」など、仕事よりもプライベートを優先し過ぎた発言は控えましょう。働く意欲が低いと思われ、選考で不利になる恐れがあります。

面接では、身だしなみやマナーを守ることも重要です。「面接で気をつけることは何?模擬面接もやるべき?就職成功の秘訣を解説」のコラムで、注意点や成功のコツを解説していますので、ご一読ください。

職種別!キャリアプランを面接で答える際の例文

ここでは、面接においてキャリアプランを答えるときの例文を、職種別に一部紹介します。

事務職のキャリアプランの例文

「私は、入社8年後には総務部をまとめるマネージャーになっていたいです。
そのためには、マネージャーに求められるマネジメントスキルを身に付けるのが必要だと考えます。
入社後は高いパソコンスキルを身に付けて効率良く仕事をこなす工夫をし、将来の業務管理や部下育成に役立てたいです。また、職場の仲間への積極的な声かけを通じてコミュニケーション力の向上に取り組みます。
私の強みは人を気遣えることなので、周囲の様子を見ながら自分のタスクを進めたり、一緒に働く同僚が困っていたら声をかけたりと、職場全体のことを考えて動くことが可能です。この強みをさらに伸ばす努力を続け、マネージャーを目指します。」

「8年後」と具体的な数字を示して、目標達成の期限を設定しています。
また、「マネージャーになりたい」という目標に向かって、「効率よく仕事をこなす工夫=高いパソコンスキルを身に付ける」「コミュニケーション力の向上=職場の仲間への積極的な声かけ」などを挙げています。
これらを通じてキャリアアップに必要な力を養うという、具体的なやり方を示しているのがポイントです。また、自分の強みが管理職として必要なスキルを身に付けるのに役立つ、と示せているのも良いでしょう。

営業職のキャリアプランの例文

「私は、10年後には御社のサービスを業界シェアのトップにするため、営業のスペシャリストになるのが目標です。
そのためには、御社の商品に対して誰よりも詳しくなることと、市場を適切に読み取る力が必要だと考えます。業界の動きを見据えて、長い目で営業戦略を立てられるよう、日々商品と顧客に関する勉強を続けていきたいです。
また、営業のスペシャリストになるためには、現場の目線を常に意識するのが必要だと考えます。現場で起きたトラブルの解決に率先して動いたり、ベテランになっても売り場に立ったりして、顧客のニーズを察知する能力を高めたいです。トップシェアを取れる営業になるために、入社時から常に今必要なことは何かと視野を大きく持って動くよう心がけていきます。」

ここでは、「営業のスペシャリスト」という目標を叶えるためには何が必要なのかを、自分の言葉で詳しく説明しています。また、それに対してどのように仕事に取り組めば良いのかを示しているのがポイントです。

エンジニアのキャリアプランの例文

「私は、エンジニアとして幅広い知識を身につけ、ジェネラリストを目指したいと考えています。
今まではエンジニアの設計に沿ってプログラミングを行う仕事をしてきましたが、自分で設計から考えてみたいと思うようになり、転職を決意いたしました。
3年後には顧客の要望を叶えられるエンジニアになり、5年後にはプロジェクトリーダーを目指します。10年後には事業開発を手がけられるようなジェネラリストになりたいです。
そのためには、ITの知識だけでなく、マネジメント能力やコミュニケーション能力も必要だと思うので、チーム内の連携、顧客とのつながりを大事にしながら仕事をしていきたいと考えております。
御社は社員のチャレンジを大事にしているので、自分次第でいろいろな挑戦ができると考え志望いたしました。」

転職理由が明確なうえ、キャリアプランと志望動機がつながっていて説得力があります。3年後・5年後・10年後と具体的なキャリアプランが描けているため、入社後の活躍を期待されるでしょう。また、目標達成のために志望先企業を選んだという理由も示せているのがポイントです。

「キャリアプランがうまく描けない」「自分の理想像が分からない」という方は、20代向け就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、スキルや経験に不安のある若年層の方々に向け、ポテンシャルと人柄を重視する企業の求人を多数ご紹介。将来の夢や理想が分からないときには、専任の就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングを通じて、あなたのキャリアの方向性を一緒に考えます。あなたの強みや適性に合わせて、向いている可能性が高い仕事を紹介しますので、自分に合った企業に出会いやすいでしょう。サービスはすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

キャリアプランを面接で聞かれることに関するQ&A

ここでは、キャリアプランに関する疑問をQ&A方式で解消します。

キャリアプランはなぜ面接で聞かれる?

面接官がキャリアプランを聞くのは、応募者とのミスマッチを防ぐ、仕事への取り組み方をチェックするなどが目的です。面接で聞かれても良いように、あらかじめキャリアプランを作成しておくのをおすすめします。詳しくはこのコラムの「キャリアプランが面接で聞かれる3つの理由」の箇所をご参照ください。

キャリアプランの立て方を教えてください

キャリアプランの立て方は、「期間を決めて仕事での理想像を描く」「自分の強み、弱みを把握する」「志望先企業でどのように実現していくか行動を考える」という順で行ってください。うまく立てられない場合は、過去の棚卸しをしたり、まずはライフプランから考えてみたりすると良いでしょう。自己分析のやり方を「自己分析のやり方が知りたい!ノートを使った簡単でおすすめの方法をご紹介」で紹介していますので、あわせて参考にしてください。

キャリアプランと似た質問にはどんなものがある?

キャリアプランと似た質問には、「○年後の自分はどうなっていると思いますか?」といったものがあります。『「3年後の自分」はキャリア観から考える!面接で質問されたときの対処法』では、キャリアプランにも通じる回答方法について解説していますので、こちらのコラムも参考にしてください。

キャリアプランがうまく立てられません…

キャリアプランがうまく立てられないのは、「自分が仕事に何を望んでいるかが明確になっていない」「自分の強みや弱みを把握していない」といった理由が挙げられるでしょう。どうしてもうまく立てられないなら、第三者に相談してみるのも手です。ハタラクティブでは、就活アドバイザーが丁寧なカウンセリングを通じて、あなたが仕事に何を望んでいるのかを一緒に考えます。ぜひ一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ