面接で自分の短所を聞かれる理由は?ベストな回答例

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 面接で自分の短所を聞かれる理由は?ベストな回答例

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・「ご自分の短所は?」という質問への回答から、面接官は業務適正や人柄などを判断している
    ・長所と短所は表裏一体なので、短所を答えるときは自己PRの内容と整合性が取れる内容になるよう注意
    ・自分の短所を理解し、どう対策をとっているかという姿勢が重要
    ・短所を伝える際は、社会人として致命的な短所を避ける、あざとい答え方をしない、ポジティブな姿勢で伝えるなど、いくつかの注意点を押さえることで好印象になる

誰にでも、長所とともに短所もあるものです。しかし、短所は人に知られたくないネガティブな部分でもあります。
就活の採用が掛かった場面では特に言いたくない部分なのに、なぜか面接時に多くの企業が聞いてくる「ご自分の短所を教えてください。」という質問。
ここでは、企業が短所を聞く真の目的、採用されやすい短所の答え方、注意点などを紹介しています。

◆自分の短所を聞かれるのはなぜ?

採用がかかった面接という場面で、なぜ自分のマイナスポイントをわざわざ言わなければいけないのか、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。
では、企業側がこの質問をする真意とは何でしょうか?
採用担当者は、この質問の答えで以下のような点を見ていると言われています。

・客観的に自己分析できているか

短所を素直に認め、自分の性格を冷静に客観視できているかどうかを判断しています。

・短所が仕事に差し障りがないか

仕事への適性があるかを見ています。例えば、接客業の採用面接で「短所は、人とのコミュニケーションが苦手なことです」と答えてしまうなど、短所の内容によっては、業務上相応しくない場合もあります。

・問題意識を持ち解決のために取り組んでいるか

自分の短所を克服、改善しようと何らかの対策を講じているかを見ています。

以上のように採用担当者は、「あなたの短所は?」という1つの質問から、「人物像」「業務内容への適正」「業務への取り組み方」「向上心」など、多くを読み取っているのです。

◆好印象を持たれる短所の伝え方

次に、マイナスイメージである短所を上手に伝える方法を紹介します。
以下の手順で答えると良いでしょう。

・しっかりとした自己分析

長所と短所は表裏一体であることが多いもの。例えば「几帳面→神経質」「慎重→心配性」「粘り強い→頑固」のように置き換えることができるのではないでしょうか。
まずは自己分析をしっかり行い、短所の内容が自己PRで伝える長所と矛盾のないように気をつけましょう。

・話す順序を組み立てる

答える際は、短所を具体的に伝える→それを裏付ける経験やエピソード→その短所にどのように向き合っているかという姿勢や対策
といった順序で話すと伝わりやすくなります。

「私の短所は、頑固なところです。
学生時代、テニス部の部活動の際、決勝進出をかけた試合を前に新しい練習メニューを取り入れることを部員に提案しましたが、なかなか受け入れてもらえませんでした。それでも私はあきらめずに、そのメニューを取り入れるとどのような効果が期待できるかについて具体的に伝え続けた結果、部員たちの納得と了承を得ることができ、次の試合で決勝進出、さらにチーム優勝という結果を出すことができました。
その時の経験を通して、自分の意見を主張する際はただ押し通すのではなく、全体の事情や背景を考慮した上で、建設的な説明を添えて伝えることが大切だと知りました。
また、社会に出れば、どのような伝え方でも全ての主張を受け入れてもらえるわけではないことも踏まえ、柔軟に対応できるよう心がけています」

このように、面接時の回答の基本である、結論からエピソードという話の流れに、今後に繋がる改善点を付け加えると良いでしょう。

◆短所を伝える時の注意点

誰にでも短所があることは、採用担当者は重々承知しています。
就活の面接という場面では、短所があることが問題なのではなく、「どのような短所なのか」「短所をどう捉えて対策をしているか」「短所の伝え方」を重要視していますので、以下の点に注意しましょう。

・「短所はない」という回答はダメ

自己分析不足、自信過剰と捉えられてしまう可能性があります。良い部分しか見せないより、弱みも正直に見せた方がリアリティがあり、信用度が上がって好印象を残せるようです。

・採用担当者はあざとい回答を嫌厭

「頑張りすぎる」「優しすぎる」など、長所とも捉えられるような短所は、あざとい印象になるので注意しましょう。

・社会人として致命的短所

「約束を守れない」「時間やお金にルーズ」「思いやりがない」など、社会人として致命的な短所は、印象ダウンなので避けましょう。

・短所を伝える際は前向きに

面接では、伝える時の態度に注意が必要です。無愛想で投げやりな態度だったり、ネガティブな話し方になったりせず明るく前向きに伝えるよう心がけましょう。

「短所という自分のネガティブな部分に目を向け、前向きに対処する」という姿勢は、多くのビジネスシーンにおいて応用できます。
採用担当者は、応募者が前向きな姿勢で問題に取り組み、採用後も同様に業務で生かせるかどうかを判断しています。

長所・短所の見つけ方、面接対策などはハタラクティブにご相談ください!
専任のアドバイザーが、カウンセリングや求人紹介、応募書類の添削など親身に対応。
就活や転職のあらゆる不安や疑問に応え、適職探しから採用後まで手厚くサポートします。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ