面接で困らない!効果的な志望動機で転職を成功させよう

面接で困らない!効果的な志望動機で転職を成功させようの画像

【このページのまとめ】

  • ・面接官が志望動機を聞くことには、この企業を選ぶのはなぜか、志望度は高いか、転職理由に問題はないかを知る意図がある
    ・「ここで学びたい」というやや受け身な理由や、「理念に共感した」という曖昧な理由、「待遇がいいから」という目先の利益にとらわれた理由などは避ける
    ・志望動機には、転職理由に紐付いた内容、具体的な根拠を盛り込むと効果的
    ・企業の魅力を語るだけではなく、自分のアピールにもしっかり時間を使う

「志望動機を教えてください」という、面接では定番の質問。あなたはどう答えますか?面接官に好印象を与える志望動機を作成するには、まず企業がなぜこの質問をするのかを汲み取る必要があります。

◆転職時、志望動機から見られること

まずは、企業が転職する人の志望動機から何を読み取ろうとしているのか、面接官の視点で紹介します。

【なぜこの企業を選ぶのか】

面接官は、あなたが数ある会社の中でなぜこの企業に応募したのかを知りたいと考えています。
例えば、「〇〇の業界に興味がありました」という動機では、面接官は「どうして同業他社を選ばないのか?」という疑問を持つでしょう。
そのため、志望動機を作る際には、企業研究でその企業の独自性を見出し、他社とは違う部分に魅力を感じたということを伝える必要があります。

【志望度は高いか】

志望度の高さも、面接官が志望動機を通してチェックしている項目のひとつです。
企業についてあまりよく知らないと、面接官に「志望度がそれほど高くないのかもしれない」と感じさせてしまうかもしれません。
企業に熱意を持って向き合い、意欲がある姿勢をアピールしましょう。

【転職理由に問題はないか】

志望動機からマイナスな理由が感じられると、前職で何か不都合があったから転職活動をしているのではないかと思われるかもしれません。
「もっと人間関係が良い環境で働きたいから」という動機からは、「前職で人間関係が良くなかったのだろう」ということが読み取れます。
仮に自分には非がなかったとしても、面接官は「この人は人付き合いが上手くないのでは?」という懸念を抱くでしょう。


◆ありがちな失敗例

続いて、志望動機の作成でよくあるミスを見ていきましょう。

・「御社で〇〇について学ばせていただこうと思いました」

進んで学びたいというアピールからは、一見、謙虚な印象を受けます。
しかし、この志望動機は、自分で追求していくのではなく、企業に自分の成長を一任しているようにも取れるので要注意。そんな時は、すでに自分でも学びを進めていることを併せて話せば、企業任せというイメージを払拭することができるのではないでしょうか。

・「企業理念に共感しました」

「『お客様に感動を与える』という企業理念を拝見し、私も人に感動を与えたいと考えました」。このような志望動機では、どうやって感動を与えたいのかという具体性がなく、意欲が伝わってきません。
この場合は、今まで自分が人を感動させた経験や、感動させるために活かせるスキルなどと絡めて話すと良いでしょう。

・「福利厚生や待遇に魅力を感じました」

実際には待遇を条件に選んだとしても、それを面接でアピールするのはあまり好印象とは言えません。
他の動機を踏まえた上で、「〇〇を実現しやすい職場環境も魅力のひとつだと思いました」という程度なら問題ないでしょう。


◆効果的な志望動機を考える時のポイント

最後に、志望動機を作成する時に気をつけるポイントをまとめました。

【転職理由と志望動機を紐付ける】

転職に当たっての面接では、面接官は「なぜ前の仕事を辞めてまで転職するのか?」という点が気になるでしょう。
そこで、「前職では〇〇の業務に取り組む環境がなかった」→「御社では〇〇のシステムが整っているため、御社を志望した」というように、転職理由と志望動機をリンクさせると一貫性が感じられます。


【具体的な根拠を示す】

面接での質問項目すべてに言えることですが、志望動機を話す際には具体的な理由を加えることが大切。
結論→根拠→まとめの順で話すと、簡潔でわかりやすく仕上がります。
 例:「御社の〇〇というサービスに興味がある」
  →「以前〇〇を利用した際にスムーズに問題が解決した」
  →「〇〇に対して私の△△のスキルを活かして力になりたい」
ここで、自分にしかないエピソードなどを交えて話せば、説得力も増すでしょう。


【企業の魅力と自分のアピールをバランス良く】

「その企業に対して興味を持った」という理由は、志望動機として問題ありません。しかし、企業の特色だけを並べていては自分のアピールにはならないので注意が必要です。
その企業のスタンスに対して自分が何を感じたのかという説明や、企業の取り組みのためには自分のどんなスキルが活かせるかなど、自分の思いを伝える時間をしっかり取りましょう。


転職時の志望動機について解説してきましたが、志望動機の作り方にはさらにコツがあります。
もし、応募する企業にぴったりの志望動機を作成したいなら、企業をよく知るハタラクティブにお任せください。
ご紹介する求人を出しているのは、ハタラクティブが実際に訪問した企業ばかり。社風や面接の傾向にも詳しいので、それぞれの企業に合った志望動機を作ることができます。まずはお気軽にご相談ください!

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION