面接の志望動機の長さはどのくらいがベスト?上手くまとめるコツを紹介

面接の志望動機の長さはどのくらいがベスト?上手くまとめるコツを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 面接で述べる志望動機は、1~3分程度の長さになるようまとめる
  • 志望動機の長さが長過ぎたり短過ぎたりすると、面接官に良くないイメージを抱かれる
  • 志望動機を考えるときは、伝えたいことに優先順位をつけるのが大切
  • 面接で志望動機を述べる際は、長さだけでなく話し方にも気を配ろう

就活や転職の面接を控えている人の中には、「志望動機の適切な長さが分からない」とお悩みの方もいるでしょう。面接で述べる志望動機の長さの目安は、1~3分程度です。このコラムでは、志望動機の長さに配慮しない場合の影響や上手くまとめるためのコツ、時間ごとの例文などをまとめました。事前の面接対策をしっかり行うための参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

面接の志望動機の適切な長さとは

面接で志望動機を述べる際は、1~3分程度の長さでまとめると良いといわれています。1分以内だと「短過ぎる」、3分以上だと「長過ぎる」と面接官に思われる可能性があるため注意が必要です。ただし、集団面接で持ち時間が制限されたり面接官から時間指定があったりして、志望動機の適切な長さが変わることも。面接本番で臨機応変に対応できるように、事前にしっかり準備を行いましょう。

面接では1~3分程度で志望動機を述べるのがベスト

面接では、1~3分程度の長さで志望動機を述べるのがベストです。人が1分間に話せる文字数は、250~300字ほどなので、面接で話す志望動機は250~900文字を目安に考えると良いでしょう。限られた時間の中で、面接官に納得してもらえる内容を効果的に伝えることが大切です。
志望動機が短過ぎると面接官から熱意のなさを懸念されやすく、長過ぎると「話をまとめる力がない」と判断される恐れがあるので注意しましょう。志望動機の長さが適切ではない場合の影響はこのコラムの「面接の志望動機の長さに配慮しないとどうなる?」でも紹介しているので、ご覧ください。

集団面接で述べる志望動機の長さは1分以内が無難

集団面接で述べる志望動機の長さは、1分以内におさめましょう。集団面接では、個別面接の場合よりも応募者一人ひとりがアピールできる時間が限られます。一人が志望動機を話すのに長い時間を掛けると、ほかの応募者の持ち時間を削ってしまうことも。周囲の人に迷惑を掛ければ、面接官に「自己中心的な性格」「協調性に欠ける」と判断される恐れがあるため、集団面接では1分以内で志望動機を述べるのが無難です。

志望動機の例文とポイント!面接のコツは?好印象を与える伝え方」では、志望動機で面接官に好印象を与えるコツを解説しているので、ぜひご一読ください。

面接官から時間指定される場合もある

「3分で志望動機を述べてください」のように、面接官から長さを指定される場合もあります。志望動機の内容だけでなく、「急な指示に上手く対応できるか」といった点をチェックすることが面接官の目的のようです。焦らず冷静な対応を心掛けましょう。

そもそも面接で志望動機を聞かれるのはなぜ?

企業が面接で志望動機を聞く理由としては、以下の3つが挙げられます。

・自社への志望度を確かめるため
・応募者の意欲を確認するため
・自社の社風や業務内容とのマッチ度をチェックするため

面接官は、志望動機を通して応募者の志望度や意欲の高さを確認したいと考えているようです。「絶対にこの会社に入社したい」という熱意が伝わるような志望動機を述べる人材ほど、「入社後の活躍に期待できる」と面接官に好印象を抱かれやすいでしょう。
また、志望動機の内容から自社とのマッチ度を見極めたいという面接官の狙いも。たとえ優れた経歴をもった人材であっても、スキルや価値観が企業のニーズと合致しなければ採用を見送られてしまう可能性があります。志望動機を聞く面接官の意図は「面接で志望動機を聞かれたときの答え方は?作成手順や避けるべき回答も紹介」で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

志望動機を聞かない面接官もいる

応募書類上で詳しい志望動機が確認できる場合や、面接の時間が限られている場合は、志望動機に関する質問を省く面接官もいるようです。そのため、面接で志望動機を聞かれなかったからといって、必ずしも不合格であるとはいえません。面接官の言動に不安を感じている人は、「面接に落とされるサインとは?面接官の言動から分かる合否」のコラムを参考にしてみてください。

面接の志望動機の長さに配慮しないとどうなる?

面接の場で志望動機の長さに配慮しないと、面接官の心証を悪くしてしまう可能性があります。この項では、志望動機が短過ぎる場合と長過ぎる場合に起こりうるリスクをまとめました。

志望動機が短過ぎる場合

志望動機の長さが短過ぎる場合、面接官から「入社意欲が低い」とみなされてしまう恐れがあります。たとえば、志望動機を「御社の企業理念に共感したからです」と一言で述べる応募者と、志望理由の根拠となるエピソードを詳しく述べる応募者では、後者のほうが評価されやすいでしょう。
前項で解説したように、面接官は志望動機の内容や長さから自社への志望度の高さをチェックしています。「入社したい」という熱意を面接官に伝えるためには、充実した内容の志望動機を述べることが大切です。

志望動機が長過ぎる場合

志望動機が長過ぎると、内容が面接官に伝わりにくくなってしまいます。アピールしたいことがたくさんあるからといって長い志望動機を述べても、面接官に「何が言いたいのか分からない」と思われて逆効果になってしまうでしょう。
また、長過ぎる志望動機を面接で述べると、コミュニケーション能力を不安視される可能性も高まります。コミュニケーション能力は仕事をするうえで重要な能力のため、面接の時点で懸念を抱かれれば内定を得ることは難しいでしょう。たとえ志望動機の内容が良くても長さに問題があるとイメージダウンにつながるため、注意が必要です。

志望動機の回答以外にも、面接での失敗を避けるための対策をしておきたい人は、「面接で落ちる人の特徴とは?通過するための対処法も紹介」のコラムもチェックしてみてください。

適切な長さの志望動機を構成する3つの要素

適切な長さの志望動機を構成する要素は、「応募先企業を志望した理由」「志望理由の根拠となるエピソード」「入社後のビジョン」の3つです。以下で詳しく解説しているので、説得力のある志望動機を考えるための参考にしてみてください。

1.応募先企業を志望した理由

最初に、応募先企業を志望した理由を分かりやすく伝えることが大切です。主張の核となる部分を先に伝えることで、面接官は志望動機の概要を把握しやすくなります。冒頭では具体的な経験や経緯などは省き、志望理由をできるだけ簡潔な言葉で表現することを心掛けましょう。

2.志望理由の根拠となるエピソード

志望理由の次は、根拠となるエピソードを盛り込みます。自分が体験したことやその経験を通して感じたことなどについて言及しましょう。エピソードと応募先企業の理念や事業内容との関連性を示せば、説得力がよりアップします。面接官に納得してもらうために、志望動機の中で最も時間を割いて説明するべき部分です。

3.入社後のビジョン

志望動機の最後は、入社後の目標や理想の将来像などを伝えます。自分を採用するメリットを企業側にアピールすることが目的です。ただ「御社に貢献したいです」と述べるのではなく、「コミュニケーション能力を活かし、営業職として高い成果を挙げます」のように入社後に活かせる自身のスキルを明確に示して、面接官に有用性と熱意を伝えましょう。

志望動機の組み立て方を詳しく知りたい人は、「志望動機の作り方を解説!好印象な回答をするポイントとは」のコラムも要チェックです。

面接の志望動機を適切な長さにまとめるためのコツ

この項では、面接の志望動機を適切な長さにまとめるためのコツを4つ解説しています。ベストな志望動機の長さは面接の形態や面接官からの指示によって変化するため、臨機応変に対応できるよう前もって準備しておくことが大切です。

1.面接で伝えたいことの優先順位を決める

面接の志望動機で伝えたいことには優先順位をつけましょう。優先順位を決めないまま伝えたいことを羅列すると、適切な長さで志望動機をまとめるのは難しく、要領を得ない内容になってしまいます。あらかじめ優先順位を決めておけば、「盛り込むべき内容」や「省いても良い内容」を見極めやすくなり、面接本番でも慌てずに自分の意見を整理できるでしょう。
優先順位を決める際は、紙に書き出してみるのがおすすめです。自分が志望動機に盛り込みたい要素をランキング化し、1位の内容は冒頭で必ず伝えるようにしましょう。

2.長さごとに盛り込む要素を変える

志望動機を上手くまとめるには、面接で求められる長さごとに盛り込む要素を変える方法が効果的です。以下で志望動機の長さが1分以内と1分以上の場合に盛り込むべき要素をそれぞれ紹介しているので、参考にしてみてください。

志望動機の長さが1分以内の場合

志望動機の長さが1分以内の場合、以下の2つの要素に重点を置いて述べると良いでしょう。

・応募先企業を志望した理由
・志望理由の根拠となるエピソード

盛り込む要素を上記の2つに絞れば、短いながらも分かりやすい志望動機になります。志望理由の裏付けとなるエピソードは深掘りせず、簡潔に伝えることがポイントです。

志望動機の長さが1分以上の場合

志望動機の長さが1分以上の場合、上記の要素に加えて以下の要素も盛り込んでみましょう。

・自分が企業を選ぶ際の軸について
・他社と比較して優れていると感じた志望企業ならではの特徴
・入社後の明確なキャリアプラン

1分以上の志望動機を述べる際は、志望理由の信憑性をより高めることを意識します。志望する根拠として、企業選びの軸や自分が魅力を感じた志望企業ならではの特徴などを具体的に説明すれば、面接官に納得してもらいやすくなるでしょう。さらに、入社後のキャリアプランを明確に示すことで、企業への関心度の高さもアピール可能です。

3.志望企業の質問の傾向を調べておく

面接での適切な志望動機の長さに対応するために、企業の質問の傾向を事前に調べておきましょう。企業によっては、「志望動機を教えてください」とストレートに質問するのではなく、「なぜこの業界を選んだのですか?」「なぜ同業他社ではなく弊社を志望したのですか?」といった変則的な聞き方をする場合もあるようです。
就活・転職に関する口コミサイトを確認したり、OB・OG訪問の際に体験談を聞いたりすれば、志望動機の長さや面接での聞かれ方を把握できます。OB訪問を行うメリットと質問するべきこととは?」では、OB・OG訪問で聞いておくべきことを紹介しているので、参考にしてみてください。

4.実際に長さを計りながら予行練習をする

志望動機の内容がまとまったら、長さを計りながら、声に出して練習しましょう。適切な文字数の志望動機を考えたとしても、実際に話してみると時間をオーバーしたり、想定よりも短い時間で話し終えたりする可能性があります。
また、抑揚の付け方や間の取り方などに気を配れば、より分かりやすく表現することも可能です。自分の話し方の癖を考慮し、時間の感覚を体で覚えたうえで面接に臨みましょう。志望動機の予行練習を行う際は、「面接練習の方法とは?必要な準備や選考の流れを解説!アプリでの対策も」のコラムもチェックしてみてください。

【長さ別】面接の志望動機の例文

ここでは、面接で述べる志望動機の例文を長さ別に紹介しています。さまざまな長さの志望動機の例文に目を通しておくことで、面接の状況に合わせて臨機応変な対応をしやすくなるでしょう。

1分の場合

「インフラ整備や都市開発を通して人々の生活を支える御社の事業内容に魅力を感じたため、志望しました。
学生時代は建築学部で都市の景観や住環境のデザインについて学び、積極的にコンペティションや研修に参加しました。大学3年生のときに応募したコンペティションで賞を受賞したことが、建築業界を志したきっかけです。建築業界に注目する中で、住んでいる地域の再開発に携わっている御社のことを知り、興味を持ちました。住民のことを第一に考え、生活に寄り添った開発を行う御社の理念に大変共感し、志望した次第です。
入社後は、学生時代に身につけたスキルを活かしながら、会社に貢献できる人材として早いスピードで成長したいと思っています。」

以上が、1分の長さの志望動機の例文です。最初に結論をはっきりと示したうえで、裏付けとなるエピソードや入社後の意気込みを述べています。1分間という短い時間の中でも、必要最低限の要素を盛り込めば、十分にアピールは可能といえるでしょう。

2分の場合

「私はインフラ整備や都市開発を通して人々の生活を支える事業内容に魅力を感じたため、御社を志望します。御社が手掛ける都市開発事業は他社に比べて大規模なものが多く、建設業界を牽引する存在です。高い技術力やノウハウを有する御社で、設計の仕事に携わりたいと強く感じています。
私は学生時代に建築学部に所属し、都市の景観や住環境のデザインについて学びました。学業と並行して企業が主催する学生向けコンペティションにも積極的に参加し、大学3年生のときに作成した作品が最優秀賞を受賞しました。自分が考えた建築作品が評価され、賞を受賞したことで、建設業界への興味は一層高まりました。そのような中、住んでいる地域で○○年にスタートした、大規模な再開発に主体となって取り組んでいる御社のことを知りました。再開発を通して地域が抱えていた課題が解決され、住みやすく魅力のある街に変化したことを肌で感じ、御社で働きたいと決意した次第です。
御社に入社した後は、学生時代に培った能力を基礎として実践的なスキルをより多く身につけたいと思っています。多くの人の生活を便利にすることを目指してさまざまな都市開発の現場に携わり、御社に貢献したいです。」

2分の長さの志望動機は1分の場合に比べて、根拠となるエピソードを詳しく述べています。数字や固有名詞などを交えて説明すると、エピソードの具体性がより高まるでしょう。

3分の場合

「インフラ整備や都市開発を通して人々の生活を支える御社の事業内容に魅力を感じ、志望しました。私は、多くの人の生活をより良いものにする仕事に就きたいという思いから、建設業界に重点を置いて就職活動を行っています。御社は大規模な都市開発事業をいくつも手掛ける、建設業界の中でも突出した存在です。高い技術力やノウハウを活かして住民の生活を支える御社の事業に、自分も携わりたいと感じています。
私は学生時代、建築学部に所属し、都市の景観や住環境のデザインについて学びました。学校外で開催されるコンペティションにも積極的に応募し、大学3年生のときには、○○社が主催するコンペティションにおいて最優秀賞を受賞しました。自分のアイデアが評価され、建設業界への関心が深まる中で、地域の再開発を手掛けていた御社のことを知りました。街の景観がきれいになるだけでなく、住民が生活しやすくなる工夫がなされていることに惹かれ、御社への入社を志望した次第です。
OB・OG訪問でお会いした社員の方は、「自分が関わった建築物が形になり、住民から感謝の言葉を掛けられたことがやりがいになっている」とお話されており、御社で働きたいという気持ちが一層強まりました。
入社後は、学生時代に身につけたスキルを活かしつつ、より専門的な技術を習得したいと考えています。そのためには、さまざまな開発現場に携わりスキルを磨くと同時に、住民の声を聴く力を伸ばすことが必要と考えます。将来的には、開発事業の中心を担い、会社に貢献できる人材になりたいです。」

3分の長さの志望動機を事前に考えておけば、面接官から発言を深掘りされた際にも焦らず応えられるでしょう。冒頭で企業選びの軸について言及したり、エピソードのボリュームをさらに増やしたりすることで、熱意をアピールできます。

面接で話す志望動機の例文は、「面接で述べる志望動機の例文を紹介!応募理由や状況に合った内容を考えよう」のコラムでも紹介しているので、ぜひご一読ください。

面接で志望動機を話す際は長さ以外にも注意しよう

面接で志望動機を話す際は、以下の3点にも注意しましょう。話し方に気をつけ、もしもの場合に備えた対策をしておくことで、面接の成功率が高まります。

1.早口にならないように気をつける

面接で志望動機を述べる際は、早口にならないように気をつけましょう。効果的な内容の志望動機を考えても、面接本番で早口で喋ってしまうと、持ち時間が余ったり面接官が聞き取れなかったりする恐れがあります。
練習している声を録音してチェックする、周囲の人に依頼しアドバイスをもらうなどして、自分が話すスピードを客観的な視点から確認しておくと良いでしょう。

2.丸暗記はできるだけ避ける

志望動機の丸暗記は避けるのが無難です。志望動機を丸暗記して面接に臨むと、一部分が抜けたり忘れたりするだけで焦ってしまい、頭が真っ白になってしまう可能性があります。「志望動機を簡潔に述べてください」「1分以内で述べてください」といった面接官からの時間指定に柔軟に対応することも難しいでしょう。志望動機すべてを丸暗記するのではなく、自分が伝えたいポイントに絞って覚えることが大切です。

履歴書と同じ志望動機を話しても良い?

履歴書の内容に沿った志望動機を面接で述べるのは問題ありません。履歴書は記載できるスペースが限られているため、口頭で伝える際はより具体的な説明を心掛けると良いでしょう。詳しくは、「面接の志望動機は履歴書と同じ内容で大丈夫?伝えるときの注意点はある?」のコラムをご覧ください。

3.志望動機に対する質問を想定しておく

志望動機に対する面接官からの質問も、事前に想定しておきましょう。状況によっては、志望動機を伝え終わったあと、「○○の部分についてもう少し詳しく教えてください」と深掘りされる場合があります。そのため、志望動機の中で具体的な説明を求められそうな部分をあらかじめ想定し、聞かれた際の回答を準備しておくと安心です。突然の質問にも落ち着いた返しができれば、「冷静に物事に対処できる」として評価アップにつながります。

「志望動機をどのくらいの長さでまとめれば良いのか分からない…」とお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、第二新卒や既卒などの若年層に特化した就職・転職支援サービスです。専任のアドバイザーが求人選びから内定獲得後のケアまでを一環してサポートします。面談や応募書類の添削、模擬面接の機会なども設けているので、志望動機の内容に関してはもちろん、就活や転職に関するお悩みを気軽に相談可能です。サービスはすべて無料なので、ぜひ利用をご検討ください。

この記事に関連するタグ