志望動機の例文とポイント!面接のコツは?好印象を与える伝え方

志望動機の例文とポイント!面接のコツは?好印象を与える伝え方の画像

この記事のまとめ

  • 企業は志望動機から応募者の意欲や価値観、将来的なビジョンをチェックしている
  • 企業側と自分の資質でマッチするポイントを見つけることが大切
  • 志望動機の例文を参考に、内容は書き出しと締めくくりを意識しよう
  • 志望動機の例文はあくまで参考であり、使い回しは控えよう

志望動機の作成に頭を悩ませる人は多いものです。作ってみたけれど自分の志望動機に自信が持てない、どのような内容にすれば良いのか考えれば考えるほど分からなくなってきた、ということもあるのではないでしょうか。このコラムでは、志望動機の例文を交えながら、作成のコツや注意点について詳しくお伝えします。作り方の基本やポイントを知って、企業に共感・評価される志望動機を作りましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

志望動機とは?自己PRとの違い

志望動機とは、言葉通り「その企業を志望する動機や理由」のこと。数ある企業のなかから、なぜその企業を選んだのか、なぜ働きたいと思ったのかを伝えるのが目的です。
いっぽう、自己PRとは自分のスキルや経験、仕事に対する意欲などをアピールして「会社に貢献することを伝える」のが目的。自分を企業に売り込むために作成すると捉えていいでしょう。

志望動機を聞く企業の意図

企業は、志望動機から応募者の意欲や価値観、将来のビジョンを判断しています。志望動機の内容で悩んだら、企業がどんな意図で質問しているのかを考えてみましょう。

応募者の仕事に対する意欲

企業側は応募者の志望動機から、業務内容の理解度や仕事に対する姿勢など、さまざまな角度から入社意欲をチェックしています。
仕事に対するモチベーションが高い人材を採用して、組織を強化したいという目的はどの企業も共通です。志望動機の基本として頭に入れておきましょう。

自社の方針とマッチした価値観を持っているか

仕事に対してどのような価値観を持っているのかもチェックされるポイントです。企業側は応募者の価値観から「自社の企業理念や運営方針にマッチする人材か」という部分を判断するため、自分の志望動機と企業の方針に齟齬がないか確認しましょう。

将来的なビジョン

志望動機の中で、将来的なビジョンを明確にして分かりやすく伝えることも大切です。どのように貢献してくれるのかが分かると、自分の熱意をアピールできるだけでなく、採用担当者も入社後についてイメージしやすくなるでしょう。

企業側から見る志望動機の意図についてさらに詳しく知りたい方は、「志望動機はなぜ聞くの?会社側の意図と書き方を知ろう」のコラムもあわせてご参照ください。

志望動機の基本的な構成

志望動機は、会社を志望した理由と自分の強みを結びつけることが大切。200~300文字を目安に、相手に伝わりやすい文章で作成しましょう。

企業を選んだ理由

企業理念、商品やサービス、各種取り組みなどから、自分が魅力的に感じた点を挙げましょう。そのためには、企業情報について掘り下げ、深く理解しておくことが大前提。情報収集を十分に行い、どのような点について魅力を感じたのか具体的に語れることが必要です。企業研究のやり方は「企業研究によって転職を成功させるやり方を解説!情報の集め方も詳しく紹介」でまとめています。

仕事で活かせるスキルや経験

自己分析を行い、仕事に活かせる経験やスキルについても言及します。志望理由と自分のスキル・経験を結びつけることで、説得力のある志望理由になるでしょう。自己分析については「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」のコラムで解説。動画も参考にしてください。

入社後のビジョン

入社後はどのような目標を持って働きたいかという点から、「計画性」「現実的な視野」「目標設定する力」の有無について評価されることが多いようです。面接の前に、自分自身のキャリアプランについてしっかり考えておきましょう。

志望動機で大事な書き出しと締めくくり

魅力的な志望動機にするためには内容だけでなく、書き出しと締めくくりも大切です。
書き出しとは、志望動機の第一印象に当たる箇所。ここで採用担当者の目を引き付けられれば、後の内容も興味を持って見てもらえる可能性が高くなります。
締めくくりとは、志望動機の中で最も印象に残る箇所です。企業が求めている人物像を想定したうえで、貢献したいという気持ちをアピールする文章で締めくくることで、採用担当者は「会社に貢献してくれる人材だ」という印象を抱きやすくなるでしょう。

志望動機の例文

志望動機の書き方について解説してきましたが、ここではよりイメージしやすいようにケースごとの例文を挙げています。参考にしつつ、オリジナリティーのある内容に仕上げましょう。

同じ職種へ転職するケース

「業界内でいち早く最新技術である△△を取り入れ、スピード感を持ってトレンドやニーズに対応した商品開発をする貴社の方針に関心を持ちました。加えて、幅広い領域への事業展開、特に今回募集されているIT領域でのグローバル展開を視野に入れた戦略にも魅力を感じています。現職では、サーバ関連機器メーカーの営業職として従事しており、将来的には海外でキャリアを積むことを考えていたのですが、事業縮小に伴い海外拠点が閉鎖してしまったことも転職理由の1つです。△年間培ってきた営業職としての経験、マネジメントスキル、マーケティングの知識を活かして、IT領域でのさらなる事業拡大に即戦力として貢献できればと考えています。」

同職種へ転職する場合、企業側は即戦力として迎えたいことがほとんど。これまでの経験や磨いてきたスキルがどのようなものか、企業側が求める人物像と照らし合わせてマッチするものを入れましょう。また、「今の環境ではなぜダメなのか」「なぜ他社ではなくうちを選んだのか」という点を特にチェックされるのも、同職種へ転職する際の特徴です。説得力のある内容になっているか、採用担当者の視点でチェックしておきましょう。

未経験の職種へ転職するケース

「貴社が掲げる、着る人のことを考えたモノづくりの姿勢に共感しています。加えて、入社年数に関わらずアイデアを出せる風通しの良さや、強いチームワークも関心を持ったきっかけです。私はこれまで飲食店の接客業務に従事してきました。雇用形態に関係なく意見を採用する風土、スタッフ同士のチームワークで売上に貢献できるという点にやりがいを感じていたのですが、業務範囲が限られているのも事実でしたので、この機会に以前から興味のあるアパレル業界の販売職にチャレンジしたいと思い、応募した次第です。入社後は1日も早く仕事のやり方を吸収しながら、お客様一人ひとりに寄り添った提案ができる従業員になりたいと考えています。」

未経験の職種へ転職する場合は業務経験がない分、仕事に対する意欲の強さや、積極的に知識を吸収したいという姿勢を伝える必要があります。構成でいう「根拠」の部分をしっかり組み立てておきましょう。また、既卒の方の場合は、志望動機と合わせて「なぜ新卒時に就職しなかったのか」という点を聞かれる可能性が高いので、回答をよく練っておくと安心です。

志望動機の例文をさらに詳しく知りたい方は、「転職の志望動機を例文付きで紹介!未経験でもアピールするコツは?」のコラムも参考にご覧ください。

志望動機で避けたい3つの内容

志望動機では、たとえ事実であっても給与や条件を理由にするのはマナー違反です。「同じ条件ならどこの企業でもいいのか」と、意欲が低いと捉えられるでしょう。ほかにも、受身の姿勢や軸がぶれている回答も、意欲が伝わりにくいので避けるべきです。

1.応募理由が給与や福利厚生の良さを

志望動機に「給与や福利厚生が魅力的だったから」と書いている場合は、まず採用されないと考えましょう。給与や福利厚生が魅力的でも直接伝えるのは避けるべき。「条件目当て」「仕事内容は気にしないのか」とネガティブな印象を与えてしまいます。
企業独自の取り組みや公表している客観的なデータなどを同業他社と比較して自分が魅力的に感じた点など、条件以外でその会社でなくてはならない理由を語れることが必要です。

2.受け身な姿勢

教えてもらうことが当たり前、研修や各種制度が充実していることが当たり前という認識の人と、仕事を一緒にしたいと思う人は少ないでしょう。常に前向きで自分から積極的に動いていける人物だとアピールした方が内定につながりやすくなります。

3.一貫性を伴わない内容

人と話すのが好きだから営業職を希望すると書いてある一方で、休日は一人で過ごすのが好きで、学生時代は無口で大人しいタイプだったというような志望動機の書き方では、一貫性を感じられず、採用担当者は困惑します。特に、例文を参考にして志望動機を作成した場合は注意が必要です。自分の志望動機と例文が混同してしまうことがあるので、書き終わったら内容をしっかりチェックしましょう。

面接で志望動機を伝えるときのコツ

志望動機を口頭で説明する面接でも、結論から始めるのが鉄則です。最初に結論をいうだけで、分かりやすさが格段に向上します。つかみの効果も得られるため、「さらに詳しく知りたい」という興味関心をかき立てることができるでしょう。結論の後に業界の志望理由について詳細を述べるなど、大枠として業界を志望したきっかけを説明します。企業の志望理由についてはそれぞれの企業に異なるものを用意して、使い回しはしないようにしてください。
志望動機のほか、面接中に注意すべきポイントについても紹介している「面接対策の1つ!面接で言ってはいけないNGワード集」のコラムもあわせて参考にしてみてください。

もし志望動機について不安がある方は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。就職や転職に詳しい専門のアドバイザーがいるため、適切な助言をもらえるでしょう。
ハタラクティブは、若年層向けの就職・転職エージェントです。フリーター、既卒、第二新卒といった若い世代の就職や転職を、優秀なエージェントがしっかりとサポート。求人紹介はもちろん、志望動機の書き方や面接対策も丁寧にお教えします。これらのサービスはすべて無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ