新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 志望動機の作り方決定版!例文から作成のコツを掴もう

志望動機の作り方決定版!例文から作成のコツを掴もう

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・企業は志望動機から、応募者の仕事に対する意欲、価値観、将来的なビジョンがどのようなものかチェックしている

    ・企業側と自分の資質でマッチするポイントを見つけることが大切

    ・志望動機は、会社独自の魅力、仕事の目標、入社後のビジョン、という3つを盛り込んで作成する

    ・最初は結論、根拠、入社後の抱負の項目ごとに切り分けて考えると書きやすくなる

志望動機の作成に頭を悩ませる人は多いもの。作ってみたけれど自分の志望動機に自信が持てない、どのような内容にすれば良いのか考えれば考えるほど分からなくなってきた、ということもあるのではないでしょうか。
当コラムでは、志望動機の例文を交えながら、作成のコツや注意点について詳しくお伝えします。作り方の基本やポイントを知って、企業に共感・評価される志望動機を作りましょう。

◆志望動機に込められた企業側の意図3つ

履歴書でも面接でも志望動機を聞かれるのが一般的ですが、企業側は回答から何をチェックしているのでしょうか。下記に代表的な理由を3つ挙げてみました。

・応募者の仕事に対する意欲
・自社の方針とマッチした価値観を持っているか
・将来的なビジョン

まず、志望動機とはその名の通り、応募者の入社意欲について確かめるもの。業務内容の理解度や仕事に対する姿勢など、さまざまな角度から応募者の入社意欲をチェックしています。
仕事に対するモチベーションが高い人材を採用して、組織を強化したいという目的はどの企業も共通。志望動機の基本として頭に入れておきましょう。

また、仕事に対してどのような価値観を持っているのかというのもチェックされるポイントです。企業側はその価値観から「自社の企業理念や運営方針にフィットする人材か」という部分を判断するため、必ず自分の志望動機と企業の方針に齟齬がないか確認しましょう。

そして、将来的なビジョンを明確にして分かりやすく伝えることも大切。どのように貢献してくれるのかが分かると、自分の熱意をアピールできるだけでなく、採用担当者も入社後についてイメージしやすいのではないでしょうか。


◆企業と自分のマッチングポイントを見つけよう

前の項目でも少し触れましたが、選考過程では「企業側が求める人物像にマッチしたアピールができるか」が重要です。そのためには、企業の方針と自分の資質にマッチする点を見つけることから始めますが、具体的にはどのような方法で実践したら良いのか分からないという人もいるでしょう。
そこで、下記におおまかな手順をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

・募集要項、求める人物像、仕事内容をチェックして整理する
コーポレートサイト、求人情報、公式SNS、など、あらゆる企業情報から、事業運営の方針や仕事内容、採用したい人物像をチェックしましょう。項目ごとに整理しておくと、企業について体系的に理解できるのでおすすめです。

・職務経歴書の作成を通して自分の強みとなる要素を洗い出す
今までの経験や実績は、アピールできる要素の1つ。職務経歴書を作成しながら、自分の強みについて把握しておきましょう。自分の強みがわからないという方は、職務経歴書を作る前段階の自己分析が十分にできていないことが多いため、そこから見直してみるのも良いでしょう。

・企業情報と自分の強みを照らし合わせてマッチする点を抽出する
整理した企業情報に対して、マッチする自分の強みがないかチェックします。自分の経験やスキルが活かせる事柄は評価されやすいため、志望動機の軸にしやすいでしょう。自分が入社してからやりたいことを内容のベースにする場合も、過去の経験から論理立てて伝えることで説得力が増します。


◆志望動機の構成内容

これまでご紹介した項目では、企業側の方針とマッチした内容で志望動機を作る重要性についてお伝えしましたが、どのような内容で志望動機を構成していけば良いのでしょうか。
ここでは、基本的な志望動機の構成内容について解説します。下記を参考に、ご自身の志望動機を組み立ててみてください。

・会社の魅力的な点
企業理念、商品やサービス、各種取り組みなどから、自分が魅力的に感じた点を挙げましょう。そのためには、企業情報について掘り下げ、深く理解しておくことが大前提。情報収集を十分に行い、どのような点について魅力を感じたのか具体的に語れることが必要です。

・仕事で成し遂げたいこと
単純にやりたいことだけを述べるのではなく、過去の経験から論理立てて説明することで説得力のある内容に仕上がります。興味を持ったきっかけ、裏付けとなるエピソードなど、具体的な理由を添えるようにしましょう。

・入社後のビジョン
将来的にどのような働き方をしたいか、どのような目標を持って動いていきたいかという点から、「計画性」「現実的な視野」「目標設定する力」の有無について評価されることが多いようです。自分自身のキャリアプランについてしっかり考えておきましょう。


◆こんな志望動機は良くない印象に

書き方1つで印象が大きく変わる志望動機。ここでは、作成する上で注意したいポイントについてまとめました。ご自身の志望動機に当てはまるものがないか確認しておきましょう。

・曖昧な表現や内容が多い
「人の役に立ちたい」「◯◯の仕事で成功したい」「社会貢献したい」など、曖昧で具体的な理由が伴わない内容は、熱意が伝わりづらいでしょう。漠然とした表現や内容を避けるには、「なぜそう思うのか」と具体的な理由にまで言及することが大切。論理的で説得力のある内容を心がけましょう。

・どの企業でも言える内容
曖昧な表現や内容にも言えることですが、どの企業でも使えるような志望動機は良くない印象になりがち。差別化するには、企業研究を十分に行うことが大切です。応募企業ならではの事業内容やサービス、組織運営の方針、各種取り組みなどを把握し、志望動機に反映させましょう。

・待遇面に偏っている
給料が良いから、残業が少ないから、有給休暇が多いから…のような待遇面を志望動機のベースにすることは避けましょう。確かに働く上で待遇面は大切なことですが、メインの内容にしてしまうと「仕事に対する意欲がないのでは」という印象に。企業は「一緒に働きたいと思える人物か」で判断していることを忘れないようにしましょう。


上記の中でも、最初の2点はよく見られる内容ですので作成の際は注意しましょう。特に「自己の成長」「環境への取り組み」のような内容は上記のパターンに当てはまりやすいので、避けたほうが無難です。企業研究で掘り下げた情報と自己分析で洗い出した自分の強みを基に、説得力のある志望動機を作成しましょう。


◆志望動機の例文とポイント

志望動機の書き方について解説してきましたが、ここではよりイメージしやすいようにケースごとの例文を挙げています。参考にしつつ、オリジナリティーのある内容に仕上げましょう。


【基本的な組み立て方】

以下のような内容で組み立てると相手に伝わりやすい志望動機になります。最初は各項目ごとに箇条書きしてから、最後に1つの文章に仕上げると書きやすいでしょう。

・結論:志望動機を端的に分かりやすく伝える
・根拠:志望動機を裏付ける、具体的な理由やエピソード
・入社後の抱負:将来的なビジョンや活かしたい自分のスキルなど

物事の伝え方における基本でもありますが、結論を最初に述べてから理由を続けて伝えることで、論理的で伝わりやすい内容になります。
文字数は、志望動機を伝える書類にもよりますが、ESや履歴書などの応募書類では200~300字程度を目安にするのが一般的。面接では1~3分以内で話せるくらいの文章量に調整すると良いでしょう。
また、“御社”と“貴社”の使い分けにも注意が必要です。面接の場合は口語表現の「御社」、書類では文章表現の「貴社」とするようにしましょう。


【例文1:同職種へ転職するケース(IT企業)】

業界内でいち早く最新技術◯◯を取り入れるなど、スピード感を持ってトレンドやニーズに対応した商品開発をする貴社の方針に関心を持ちました。加えて、幅広い領域への事業展開、特に今回募集されているIT領域でのグローバル展開を視野に入れた戦略にも魅力を感じています。
現職では、サーバ関連機器メーカーの営業職として従事しており、将来的には海外でキャリアを積むことを考えていたのですが、事業縮小に伴い、海外拠点が閉鎖してしまったことも転職理由の1つです。
◯年間培ってきた営業職としての経験、マネジメントスキル、マーケティングの知識を活かして、IT領域でのさらなる事業拡大に即戦力として貢献できればと考えています。

〈解説〉
同職種へ転職する場合、企業側は即戦力として迎えたいことがほとんど。これまでの経験や磨いてきたスキルがどのようなものか、企業側が求める人物像と照らし合わせてマッチするものを入れましょう。また、「今の環境ではなぜダメなのか」「なぜ他社ではなくうちを選んだのか」という点を特にチェックされるのも、同職種へ転職する際の特徴です。
説得力のある内容になっているか、採用担当者の視点でチェックしておきましょう。


【例文2:未経験職種へ転職するケース(アパレル企業)】

貴社が掲げる、着る人のことを考えたモノづくりの姿勢に共感しています。加えて、入社年数に関係なくアイデアを出せる、風通しの良さや強いチームワークも関心を持ったきっかけです。
私はこれまで飲食店の接客業務に従事してきました。雇用形態に関係なく意見を採用する風土、スタッフ同士のチームワークで売上に貢献できるという点にやりがいを感じていたのですが、業務範囲が限られているのも事実でしたので、この機会に以前から興味のあるアパレル業界の販売職にチャレンジしようと思い、応募した次第です。
入社後は、一日も早く業務を吸収しながら、お客様一人ひとりに沿った提案ができる販売職を目指したい、と考えています。

〈解説〉
未経験職種へ転職する場合は、業務経験がない分仕事に対する意欲の強さや、積極的に業務を吸収したいという姿勢を伝える必要があります。構成でいう「根拠」の部分をしっかり組み立てておきましょう。
また、既卒の方の場合は、志望動機と合わせて「なぜ新卒時に就職しなかったのか」という点を聞かれる可能性が高いので、回答をよく練っておくと安心。志望動機と一貫性のある内容になっているか注意を払う必要があります。


今回は志望動機の作成ポイントについて、例文を交えながら詳しくご紹介しました。志望動機は企業側の判断材料の中でも、重要視されるものです。「入社したい」という熱意はもちろん大事ですが、論理的に分かりやすく伝わるように心がけ、説得力のある志望動機を作成しましょう。

志望動機をはじめ、履歴書や職務経歴書などの応募書類、面接の質問対策で頭を悩ませている人はいませんか?そんな時はエージェントの手を借りてみることをおすすめします。
20代特化型エージェントのハタラクティブでは、応募書類の添削や最新の企業情報に基づいた面接対策で、内定までサポート。仕事選びで迷っている方も、ハタラクティブにおまかせください。専任の就活アドバイザーが、あなたの条件や適性に合わせて、1,500件以上ある非公開求人からぴったりのものをご提案します。
サービスのご利用は全て無料ですので、お気軽にご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ