志望動機の例文とポイント!面接で伝えるときのコツもあわせて紹介

志望動機の例文とポイント!面接で伝えるときのコツもあわせて紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・企業は志望動機から応募者の意欲や価値観、将来的なビジョンをチェックしている
  • ・企業側と自分の資質でマッチするポイントを見つけることが大切
  • ・志望動機の例文を参考に、内容は書き出しと締めくくりを意識しよう
  • ・志望動機を書く際は、自分の内容と例文が混同しないように注意する
  • ・志望動機の例文はあくまで参考であり、使い回しは控えよう

志望動機の作成に頭を悩ませる人は多いものです。作ってみたけれど自分の志望動機に自信が持てない、どのような内容にすれば良いのか考えれば考えるほど分からなくなってきた、ということもあるのではないでしょうか。当コラムでは、志望動機の例文を交えながら、作成のコツや注意点について詳しくお伝えします。作り方の基本やポイントを知って、企業に共感・評価される志望動機を作りましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

志望動機に込められた企業の意図

ここでは、志望動機に込められた企業の意図についてご紹介します。志望動機の例文を見る前に、企業側は何をチェックしているのか確認しましょう。

応募者の仕事に対する意欲

企業側は応募者の志望動機から、業務内容の理解度や仕事に対する姿勢など、さまざまな角度から入社意欲をチェックしています。
仕事に対するモチベーションが高い人材を採用して、組織を強化したいという目的はどの企業も共通です。志望動機の基本として頭に入れておきましょう。

自社の方針とマッチした価値観を持っているか

仕事に対してどのような価値観を持っているのかもチェックされるポイントです。企業側は応募者の価値観から「自社の企業理念や運営方針にマッチする人材か」という部分を判断するため、自分の志望動機と企業の方針に齟齬がないか確認しましょう。

将来的なビジョン

志望動機の中で、将来的なビジョンを明確にして分かりやすく伝えることも大切です。どのように貢献してくれるのかが分かると、自分の熱意をアピールできるだけでなく、採用担当者も入社後についてイメージしやすくなるでしょう。

企業側から見る志望動機の意図についてさらに詳しく知りたい方は、「志望動機はなぜ聞くの?会社側の意図と書き方を知ろう」のコラムもあわせてご参照ください。

志望動機の基本的な構成内容

ここでは、基本的な志望動機の構成内容について解説します。下記の要素を含めた自分の志望動機を組み立ててみてください。

会社の魅力的な点

企業理念、商品やサービス、各種取り組みなどから、自分が魅力的に感じた点を挙げましょう。そのためには、企業情報について掘り下げ、深く理解しておくことが大前提。情報収集を十分に行い、どのような点について魅力を感じたのか具体的に語れることが必要です。

仕事で成し遂げたいこと

やりたいことだけを述べるのではなく、過去の経験から論理立てて説明することで説得力のある内容に仕上がります。興味を持ったきっかけ、裏付けとなるエピソードなど、具体的な理由を添えるようにしましょう。

入社後のビジョン

入社後はどのような目標を持って働きたいかという点から、「計画性」「現実的な視野」「目標設定する力」の有無について評価されることが多いようです。面接の前に、自分自身のキャリアプランについてしっかり考えておきましょう。

志望動機の軸になる企業とのマッチングポイントの見つけ方

ここでは、志望動機の軸になる企業と自分のマッチングポイントの見つけ方を解説します。志望動機の基本的な構成内容でも少し触れましたが、選考過程では「企業側が求める人物像にマッチしたアピールができるか」が重要です。そのためには、企業の方針と自分の資質にマッチする点を見つけることから始めますが、具体的にはどのような方法で実践したら良いのか分からないという人は、下記を参考にしてみてください。

募集要項や求める人物像などをチェックして整理する

企業のWebサイト、求人情報、公式SNSなどから、事業運営の方針や採用したい人物像、仕事内容などをチェックしましょう。項目ごとに整理しておくと、企業について体系的に理解できるのでおすすめです。

職務経歴書の作成を通して自分の強みとなる要素を洗い出す

今までの経験や実績は、自分の強みとしてアピールできる要素の1つです。職務経歴書を作成しながら、自分の強みについて把握しておきましょう。自分の強みが分からないという方は、職務経歴書を作る前段階の自己分析が十分にできていないことが多いため、そこから見直してみてください。

企業情報と自分の強みを照らし合わせてマッチする点を抽出する

整理した企業情報に対して、マッチする自分の強みがないかチェックします。自分の経験やスキルが活かせる事柄は評価されやすいため、志望動機の軸にしやすいでしょう。自分が入社してからやりたいことを内容のベースにする場合も、過去の経験から論理立てて伝えることで説得力が増します。

志望動機で注意したい4つのポイント

ここでは、志望動機で注意したい4つのポイントについて解説していきます。自分ではうまく志望動機を書けていると思っても、周りから見たらポイントがずれている文章になっているという場合もあるでしょう。早い段階でしっかりとポイントを押さえて志望動機を書けるようになることが、自分が就きたい仕事に就けることへの近道です。

1.給与や福利厚生の良さを動機とする場合

志望動機に「給与や福利厚生が魅力的だったから」と書いてしまっては、まず採用されないと考えましょう。給与や福利厚生が志望動機に含まれていても記入せず、代わりに企業独自の取り組みや公表している客観的なデータなどから、同業他社と比較して自分が魅力的に感じた点を書くようにしてみてください。そのためには、企業の基本データや実際の仕事内容などについて深く掘り下げ、理解しておくことが大前提となってきます。他社でなくその会社でなくてはならない理由を語れることが必要です。

2.経営理念に共感する動機の場合

企業にとって経営理念はその企業の基本方針であり、大切にしていることが詰まっています。経営理念に共感した場合は、どの部分に良さを感じていて、それが仕事にどういう良い影響を与えるのかを自分の言葉で説明できることが肝心です。

3.受け身な姿勢だと思われる動機の場合

教えてもらうことが当たり前、研修や各種制度が充実していることが当たり前という認識の人と、仕事を一緒にしたいと思う人は少ないでしょう。常に前向きで自分から積極的に動いていける人物だとアピールした方が内定につながりやすくなります。

4.一貫性を伴わない志望動機の場合

人と話すのが好きだから営業職を希望すると文中で言った直後に、休日は一人で過ごすのが好きで、学生時代は無口で大人しいタイプだったというような志望動機の書き方では、一貫性は感じられず、採用担当者は困惑します。一貫性を持たせるためにも、たとえ事実であっても矛盾した内容の記述は控えましょう。特に、例文を参考にして志望動機を作成した場合は注意が必要です。自分の志望動機と例文が混同してしまうことがあるので、書き終わったら内容をしっかりチェックしましょう。

志望動機のほか、面接中に注意すべきポイントについても紹介している「面接対策の1つ!面接で言ってはいけないNGワード集」のコラムもあわせて参考にしてみてください。

志望動機を作成するときに重要な4つのこと

ここでは、志望動機を作成するときに重要な4つのことについて解説していきます。ポイントを1つずつ追ってコツコツと進めていけば、要点をしっかりと押さえて文章が書けるようになるでしょう。

1.自分の能力を伝える

自分の能力を把握していて、それを的確に表現できることは仕事を探す上でとても有利に働きます。自分には何ができて、何が苦手であるかを的確に伝える技を磨きましょう。

2.転職の理由と企業の魅力を繋げる

転職の理由と企業の魅力を繋げることは難しい場合もありますが、これができないと面接で突っ込んだ質問をされたときに答えが出ません。企業独自の魅力と、自身の転職の理由との間にある共通事項を見つけていきましょう。

3.独自の理由を考える

採用担当者から見ると、志望動機に独自性がない候補者は他の人に比べて魅力を感じにくくなります。インターネットから例文をコピーするのではなく、自分しか考え付かない理由を探してみることが重要です。

4.文章の量は提出の仕方で変える

時と場合に応じて、提出する志望動機の適切な文章量は変わります。提出する際に応募先の指示をきちんと守り、抜けがないようにしましょう。企業から提示された方法・書き方で志望動機が書けているかどうかも、応募書類の内容と同じくらい大切なことです。

志望動機の基本的な組み立て方4つ

以下のような内容で文章を組み立てると相手に伝わりやすい志望動機になります。最初は項目ごとに箇条書きし、例文を参考に以下の要素が含まれているか確認しながら、最後に1つの文章に仕上げると書きやすいでしょう。

・結論:志望動機を端的に分かりやすく伝える
・根拠:志望動機を裏付ける具体的な理由やエピソード
・入社後の抱負:将来的なビジョンや活かしたい自分のスキルなど

物事の伝え方における基本でもありますが、結論を最初に述べてから理由を続けて伝えることで、論理的で伝わりやすい内容になります。文字数は、志望動機を記入する書類にもよりますが、エントリーシートや履歴書などの応募書類では200~300字程度を目安にするのが一般的です。面接では1~3分以内で話せるくらいの文章量に調整すると良いでしょう。
また、「御社」と「貴社」の使い分けにも注意が必要です。面接の場合は口語表現の「御社」、書類では文章表現の「貴社」とするようにしましょう。

志望動機で大事なことは書き出しと締めくくり

魅力的な志望動機にするためには内容だけでなく、書き出しと締めくくりも大切です。
書き出しとは、志望動機の第一印象に当たる箇所。ここで採用担当者の目を引き付けられれば、後の内容も興味を持って見てもらえる可能性が高くなります。
一方締めくくりとは、志望動機の中で最も印象に残る箇所です。企業が求めている人物像を想定したうえで、貢献したいという気持ちをアピールする文章で締めくくることで、採用担当者は「会社に貢献してくれる人材だ」という印象を抱きやすくなるでしょう。

志望動機の6つの例文とポイント

志望動機の書き方について解説してきましたが、ここではよりイメージしやすいようにケースごとの例文を挙げています。参考にしつつ、オリジナリティーのある内容に仕上げましょう。

1.同じ職種へ転職するケース

「業界内でいち早く最新技術である△△を取り入れ、スピード感を持ってトレンドやニーズに対応した商品開発をする貴社の方針に関心を持ちました。加えて、幅広い領域への事業展開、特に今回募集されているIT領域でのグローバル展開を視野に入れた戦略にも魅力を感じています。現職では、サーバ関連機器メーカーの営業職として従事しており、将来的には海外でキャリアを積むことを考えていたのですが、事業縮小に伴い海外拠点が閉鎖してしまったことも転職理由の1つです。△年間培ってきた営業職としての経験、マネジメントスキル、マーケティングの知識を活かして、IT領域でのさらなる事業拡大に即戦力として貢献できればと考えています。」

同職種へ転職する場合、企業側は即戦力として迎えたいことがほとんど。これまでの経験や磨いてきたスキルがどのようなものか、企業側が求める人物像と照らし合わせてマッチするものを入れましょう。また、「今の環境ではなぜダメなのか」「なぜ他社ではなくうちを選んだのか」という点を特にチェックされるのも、同職種へ転職する際の特徴です。説得力のある内容になっているか、採用担当者の視点でチェックしておきましょう。

2.一度は離れた職種へ転職するケース

「社会に出て最初に勤めたのが、大手ゼネコンの経理の部署でした。専門的な簿記の知識など、学んでおけば自分の将来にも特になることも多く、充実した日々でしたが、転勤の多さに疲弊してしまい離職した次第です。その後△年ほど人事部に籍を置いていましたが、やはり自分にとって経理は特別だと感じて再度経理の仕事に携わりたいと思い、今回応募しました。」

例文からもお分かりいただけると思いますが、一度離れた職種に再び就きたいという場合、今度は離職せずに長期にわたり続けられるかということはとても大事です。例文のように、仕事に対して特別な思いや意気込みがあることをアピールし、採用担当者を納得させるだけの理由を述べましょう。

3.未経験の職種へ転職するケース

「貴社が掲げる、着る人のことを考えたモノづくりの姿勢に共感しています。加えて、入社年数に関わらずアイデアを出せる風通しの良さや、強いチームワークも関心を持ったきっかけです。私はこれまで飲食店の接客業務に従事してきました。雇用形態に関係なく意見を採用する風土、スタッフ同士のチームワークで売上に貢献できるという点にやりがいを感じていたのですが、業務範囲が限られているのも事実でしたので、この機会に以前から興味のあるアパレル業界の販売職にチャレンジしたいと思い、応募した次第です。入社後は1日も早く仕事のやり方を吸収しながら、お客様一人ひとりに寄り添った提案ができる従業員になりたいと考えています。」

未経験の職種へ転職する場合は業務経験がない分、仕事に対する意欲の強さや、積極的に知識を吸収したいという姿勢を伝える必要があります。構成でいう「根拠」の部分をしっかり組み立てておきましょう。また、既卒の方の場合は、志望動機と合わせて「なぜ新卒時に就職しなかったのか」という点を聞かれる可能性が高いので、回答をよく練っておくと安心です。

4.第二新卒者が転職するケース

「新卒の就職活動のときは理系学部に在籍していたこともあり、生産管理や設計開発の職種を中心に受けて、大手メーカーで設計担当者として勤務することになりました。今回応募したのはメーカーでのテクニカルライターの職種ですが、志望動機としては設計をしていたので、機械の基本構造について図面を通じて理解を深めてきた経験が活きると思います。今度は自分が理解した専門的な知識を、文章という形で分かりやすく他者に伝えていきたいと思いました。入社後は、とにかく誰が読んでも分かる文章を書けるテクニカルライターになっていきたいです。」

例文では自身の経験を活かして、経験した職種と近い職種の志望動機を書いてあります。第二新卒特有の、若いけれども新卒ではなく社会経験があることを活かして文章を書いていきましょう。

5.やりたいことから志望動機を書くケース

「私はプログラミングが大好きで、大学も情報系の学部を卒業しました。卒業後は家電量販店に勤務していましたが、パソコンを売る側で得られた知識も、今回応募したITエンジニアの仕事に活かせると考えました。店頭に立って流行や変化にアンテナを張り続けてきたため、プログラミングについても新しい知識を吸収していくことに抵抗がないです。独学で勉強してきた知識も活用したいと思いますので、貴社のITエンジニアの仕事を強く志望いたします。」

自分のやりたいことを明確にするためには、まず紙やPCの画面上に書き出してみるのが良いでしょう。ポイントがいくつか出てきたら伝わる書き方を考え、他者に見せてアドバイスをもらうことも大切です。

6.企業に対する情熱から志望動機を書くケース

「私は幼いころからエレキギターを習っていました。初めて両親に連れられて最初のエレキギターを買いに行ったのが△△楽器で、店員さんの楽器全般に対する豊富な知識とレッスン内容の充実さに感動しました。大学に入ってからは、地元の繁華街にある△△楽器で店員のアルバイトを始め、エレキギターやアンプのセッティングやメンテナンスについて深く知識を得ました。△△楽器が私の人生を大きく変えてくれたことは間違いないです。正社員として入社して、楽器に関するプロフェッショナルになっていきたいです。」

企業に対しての情熱は、主にお客様目線での思いから始まることが多いでしょう。その企業で働いたことはないけれど、その企業のファンであり情熱があるということを伝えることが大切です。例文のように、企業の採用担当者に会社とのマッチングの良さをアピールできれば採用される確率が高まります。

志望動機の例文をさらに詳しく知りたい方は、「転職の志望動機を例文付きで紹介!未経験でもアピールするコツは?」のコラムも参考にご覧ください。

面接で志望動機を伝えるときのコツ

志望動機を口頭で説明する面接でも、結論から始めるのが鉄則です。最初に結論をいうだけで、分かりやすさが格段に向上します。つかみの効果も得られるため、「さらに詳しく知りたい」という興味関心をかき立てることができるでしょう。結論の後に業界の志望理由について詳細を述べるなど、大枠として業界を志望したきっかけを説明します。企業の志望理由についてはそれぞれの企業に異なるものを用意して、使い回しはしないようにしてください。もし志望動機について不安がある方は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。就職や転職に詳しい専門のアドバイザーがいるため、適切な助言をもらえるでしょう。

ハタラクティブは、若年層向けの就職・転職エージェントです。フリーター、既卒、第二新卒といった若い世代の就職や転職を、優秀なエージェントがしっかりとサポート。求人紹介はもちろん、志望動機の書き方や面接対策も丁寧にお教えします。これらのサービスはすべて無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION