転職理由を言い換える方法とは?ポジティブな伝え方を例文とあわせてご紹介

転職理由を言い換える方法とは?ポジティブな伝え方を例文とあわせてご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 転職理由を言い換えるときは、「前職のどこが不満だったのか」を深掘りしよう
  • ネガティブな転職理由は、言い換えないと企業に「仕事に熱意がない」と思われやすい
  • 転職理由を言い換えるときは、内容に矛盾がないか確認しよう

転職理由をどう言い換えれば良いか悩む人もいるでしょう。人間関係や待遇面などが転職理由の場合、「できるだけ本音を伝えて、入社後に後悔しないようにしたい」と考えるのも無理はありません。しかし、本音をありのまま伝えると仕事へのやる気の低さや早期退職を疑われてしまう可能性があるため、注意が必要です。このコラムでは、転職理由を言い換える際のポイントを解説。また、転職理由ごとの例文も紹介しています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職理由を言い換えるなら自分を深掘りしよう

採用担当者に転職理由を伝える際は、「なぜ不満に思ったのか」「どういった転職先ならその不満が解消できるか」といった点を考えると良いでしょう。転職したいと思ったきっかけを深掘りしておけば、面接で転職理由について質問されたときも、落ち着いて回答しやすくなります。たとえば、給与に不満があるという転職理由を深掘りすると、「成果と給与が見合っていない」ことが考えられるでしょう。その場合、転職理由は「成果をしっかり評価してくれる会社に勤めたい」と言い換えることが可能です。転職理由を言い換える方法は「面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?」でも紹介しているので、ぜひご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職理由を言い換えないとどのようなリスクがある?

転職理由を言い換えないでありのまま伝えると、内容によっては「仕事への熱意がなさそう」「自社に合っている人材か分からない」と面接官に思われるリスクがあります。以下で、詳しく確認しておきましょう。

仕事への熱意がなさそうと思われる恐れがある

面接で転職理由を聞かれるのは、企業側が「応募者の仕事に対する考え方が知りたい」という狙いがあると考えられます。そのため、たとえば「給与が低くて不満だった」といったような転職理由をありのまま伝えると、「給与以外のことは考えていないのか」と面接官に不安視されてしまう恐れも。面接官に転職理由を伝える際は、「成果を上げたい」「○○の業務に興味がある」など、仕事に対する熱意を伝えられる内容に言い換えるようにしましょう。ただし、大幅に言い換えることで嘘の転職理由を伝えてしまわないよう注意が必要です。できるだけ本音に近い転職理由を伝えたほうが良い理由は「転職理由は本音で答えた方が良い!ポジティブな表現に言い換える例文」のコラムで解説しているので、あわせてご覧ください。

すぐに辞めそうな印象を与えやすい

面接官は転職理由を聞くことで、「自社で採用した際、同じ理由で辞めないか」といった点にも注目しているといえます。たとえば、「残業が多い」という転職理由をそのまま伝えると「自社でも残業はあるから、採用してもすぐ辞めるかもしれない」と面接官は考えるでしょう。面接官に「すぐに辞めそう」と思われないためには、「志望先の会社であれば、前職の不満が解消できる」といった内容を入れつつ転職理由を言い換えることがポイントです。

採用担当者が自社と合っているか気づけない

漠然とした転職理由だと、採用担当者は応募者と応募先の企業がマッチしているか判断できない可能性があります。たとえば、「人間関係が悪い」という転職理由の場合は、「応募者側に問題があったのでは」と不安視されるリスクがあるでしょう。また、「仕事にやりがいがなかった」という転職理由の場合は、「自身でやりがいを見出そうとしなかったのでは」と採用担当者から思われてしまう可能性も考えられます。転職理由を伝えるときはできるだけ具体的に言い換えて、採用担当者に自身と応募先の会社がマッチしていることをアピールすることが大切です。

転職理由を言い換える際の例文

正直な転職理由をうまく面接官に伝えるにはどうしたら良いのでしょうか。以下では、よくある転職理由を言い換えた例文を紹介します。「転職理由を言い換える方法が思いつかない」という場合は、ぜひ参考にしてください。

「キャリアチェンジ」の転職理由を言い換えた場合

キャリアチェンジの転職理由を言い換えた例は以下のとおりです。

  • ・〇〇職へ転職して、顧客と近い距離で取引きできる仕事がしたい
  • ・前職は〇〇までの業務しか任せてもらえなかったため、広い範囲の仕事がしたく△△へ転職したいと思った

キャリアチェンジは、仕事に前向きである姿勢をアピールしやすい転職理由といえます。ただし、「キャリアチェンジ」という言葉だけでは曖昧になりやすいので、「どのようなキャリアを積みたいのか」を具体的に伝えることが大切です。

「人間関係」の転職理由を言い換えた場合

人間関係の転職理由を言い換えた例は以下のとおりです。

  • ・チームで連携を取って、意見を出し合えるような職場で働きたい
  • ・個々に仕事を請け負い、効率を重視できるような職場で活躍したい

前述のとおり、人間関係を転職理由にすると、面接官に「応募者自身に問題があったのでは」と思われてしまうリスクが考えられます。面接官に良い印象を与えるには、前職の上司や同僚の悪口をいうのではなく、「〇〇な環境で働きたい」とポジティブに伝えることがポイントです。

「給与が低い」の転職理由を言い換えた場合

給与の低さを言い換えた転職理由の例は以下のとおりです。

  • ・実力主義の会社に転職し、成果を上げて給料アップを目指したい
  • ・資格や免許などの取得を目指しており、サポートや手当を受けられる会社で働きたい

「給与が低い」とだけ伝えると、愚痴のように捉えられてしまう可能性があるので注意が必要です。給与の低さを理由に転職を考えている場合は、まず「なぜ今の会社で収入アップを目指すことができないのか」について考えます。そのうえで、「応募先の企業でどのように給与を増やしていきたいか」を具体的に伝えると、仕事への熱意や誠実さをアピールできるでしょう。

転職理由の例文をさらに詳しく知りたい方は、「転職理由別の例文紹介!好印象を与えるためのポイントをおさえよう」でも紹介しているので、あわせてご覧ください。

転職理由を言い換えるときのポイント

転職理由を上手く言い換えるためには、以下のポイントを押さえておくと良いでしょう。

自身で改善しようと努力したことを伝える

人間関係や労働条件の悪さを転職理由として言い換える際は、「前職で抱えていた不満に対し、改善しようと努力した」といった内容を含めるのがおすすめです。「努力しても改善が厳しかった」ということが伝われば、面接官から「できるだけのことはやって前職に未練なく、前向きに応募してきている」と思ってもらえるでしょう。

一貫性のある内容を意識する

転職理由を前向きに言い換える際は、伝える内容に筋が通っているかを確認しましょう。伝えたいことをただ並べるだけだと、話に矛盾が生じてしまう可能性も。いくら前向きな内容の転職理由を考えても、話が矛盾だらけだと説得力に欠けてしまいます。退職を考えたきっかけや職場に求める条件などに一貫性をもたせ、説得力のある転職理由を意識しましょう

面接で転職理由を伝えるときの注意点は、「面接で転職理由をどう伝える?答え方や回答例を紹介!」や「転職理由はスキルアップ!考える際のポイントは?面接で伝える例文も紹介」のコラムでも解説しています。あわせてチェックしてみてください。

応募書類に書いた内容をそのまま伝えない

応募書類で書いた転職理由を、面接でそのまま伝えることは避けましょう。応募書類はできるだけ端的で分かりやすい書き方を意識し、面接ではその内容を深掘りするイメージで話すのがおすすめです。面接官はすでに応募書類に目を通しているので、同じ内容をそのまま伝えてもアピールに繋がりにくいといえます。応募書類で書いた内容から逸脱しないことを意識しつつ、より深い転職理由を伝えることが大切です。「応募書類で転職理由を上手く伝えられない」と悩んでいる場合は、「転職理由の書き方は?人間関係やスキルアップなど理由別の例文を紹介!」をチェックしてみてください。

転職理由を言い換える方法が思いつかない場合は

転職理由を上手く言い換えられない場合は、周囲の人や転職エージェントに相談してみるのがおすすめです。第三者の目線で考えると、自分では思いつかないアドバイスをもらえることもあるでしょう。転職エージェントを使ったことがない場合は、「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」もあわせてご覧ください。

転職理由が思いつかないときの対処法とは

「そもそも転職理由が思いつかない」という場合は、退職の原因として考えられることを紙に書き出してみましょう。些細なこともすべて書いてみることで、自分でも気づかなかった原因が見つかる可能性があります。転職理由が思いつかないときの対処法は、「転職理由と退職理由に違いはある?思いつかないときの対処法も解説」でも紹介してるので、あわせてご覧ください。

転職理由の言い換え方や答え方、面接対策などに不安がある場合は、ハタラクティブをご活用ください。
ハタラクティブは、若年層向けに就職・転職サポートサービスを提供する転職エージェントです。専任のアドバイザーが求職者一人ひとりの悩みに合わせたアドバイスをしているほか、適性に沿った求人紹介や応募書類の添削、選考のスケジュール調整などを実施。サービスはすべて無料で利用できるので、ぜひお気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ