仕事を辞める勇気を出すにはどうしたらいい?

仕事を辞める勇気を出すにはどうしたらいい?の画像

この記事のまとめ

  • 「仕事を辞めるには勇気が必要」と考える理由は人によってさまざま
  • 勇気が出ない時は就職時の志望動機を振り返り、本当にやりたいことなのかどうかを考える
  • 勇気を出してでも退職する価値があると判断できるなら、迷わず挑戦
  • 仕事を辞めるべきか続けるべきかわからない時は、転職エージェントへ相談しよう

転職を考えている人の中には「仕事を辞める勇気が出ない…」となかなか一歩を踏みだせない人もいるのではないでしょうか。
そこで、仕事を辞める勇気が出ない理由とは一体何か、勇気が出ない時はどうすればよいのかを考えます。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆仕事を辞めるには勇気が要る…その理由

「仕事を辞めるのには勇気がいる」と考える理由の例は以下のとおりです。

・慣れた仕事や楽な仕事を手放すことになるから
・職場の人間関係が良好、通勤しやすいなど、働きやすい環境から離れることになるから
・次の道で成功するとは限らないから
・転職先の勤務条件が現状より悪いかもしれないから
・上司や同僚に迷惑をかけるのではないか、嫌われるのではないのかという不安があるから

上記の理由から読み取れるのは、変化に対する不安な気持ち。

もちろん、転職に対して慎重になることは良いのですが、デメリットばかりに目を向けると本来の「転職で叶えたかったこと」を見失いがちになります。

勇気を出すには自分の気持ちや状況を冷静に判断する必要があるでしょう。
具体的な方法については次の項目でご紹介します。

◆仕事を辞める勇気が出ない時は…どうする?

どうしても会社を退職する勇気が出ないときは、「自分がなぜ今の仕事を選び、そして辞めたいと思っているのか?」という経緯を分析してみるのがおすすめ。

まず、自分が仕事に求めていることは何なのか(安定、挑戦、収入、チームワーク、やりがい、など)、本当にやりたいことは何なのか(キャリアアップ、成果を挙げたい、リーダーとして活躍したい、など)を整理して、今の仕事を選んだ志望動機を振り返ってみましょう。

そして、会社を辞める・辞めない時のメリット・デメリットを書き出し、「仕事辞める場合と辞めない場合との違い」を知ることで、どの道を選べば自分のやりたいことや夢の実現に繋がるかを考えることが大切です。

自己分析をしているうちに、「退職する価値がある」と判断できるのなら、勇気を出してチャレンジしてみましょう。

「勇気がないから…」という後ろ向きな理由で、仕事に何らかの不満を持ちながら働くより、一時の勇気を持って良い方向に進むほうが、悔いの残らない生き方に繋がるのではないでしょうか。

◆「自分がやりたいと思う道」へ進む勇気を持つことが大切

本当に勇気を出す必要があるのは「仕事を辞める、辞めないを決める時」ではなく、「自分のやりたいことを実現する道を選ぶ時」なのではないでしょうか。

正社員としてしっかりとキャリアアップしたい、成果を挙げたいのなら、「自分がどんな場所で何を達成したいのか」を今一度考え、勇気を持って行動することも、時には必要でしょう。

自分のやりたいことが決まっていても、仕事を辞めるべきか、続けるべきかを自分ではどうしても判断できないときは、客観的に分析、アドバイスしてくれる転職エージェントに相談するのが効果的。


第二新卒をはじめ、既卒、フリーターの方など、若年層向けの就職・転職サポートサービスのハタラクティブでは、転職についての悩み・相談から正社員求人の紹介まで幅広く支援しています。

さまざまなケースに対応できる、経験豊富な就活アドバイサーが多数在籍しているため、就職・転職活動の心強いパートナーになるでしょう。

自分では仕事を辞めるべきか判断できず勇気が出ないという方は、是非ハタラクティブにご相談ください。

この記事に関連するタグ