仕事に疲れた…会社を辞めたいと思ったら?退職の理由と対処法

仕事に疲れた…会社を辞めたいと思ったら?退職の理由と対処法の画像

この記事のまとめ

  • 会社を辞めたくなるのには、人間関係や労働環境などの理由が多い
  • 会社を辞めたいと考えるならば、退職のタイミングは転職先が決めてからにしよう
  • 会社を辞めたくても一時的な感情で判断すると後悔する可能性がある
  • 現状改善が難しい場合はプロの手を借りて転職活動をするのがオススメ

会社を辞めたいと思うのは、働く人であれば誰でも考えたことがある悩みではないでしょうか。会社を辞めたくなる理由は「人間関係が悪い」「仕事と給与が見合わない」「自分の時間を持てない」などさまざまですが、すぐに退職するのは避けるべき。このコラムでは、会社を辞めたくなる理由とその対処法、退職を決意したときにやるべきことについてまとめています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

会社を辞めたい!退職を考える主な理由

会社を辞めたくなる理由として挙げられるのが、人間関係。また、仕事内容や仕事量に対して待遇が良くない、仕事内容や社風が合わないといった理由も退職を考えるきっかけになるようです。

人間関係

会社を辞めたい理由として特に多いのは人間関係のもつれです。
一日の多くの時間を過ごす職場で顔を合わせる人とそりが合わないと、大きなストレスになります。また、職場の人間関係は日々のスムーズな業務にも影響を及ぼします。人間関係に問題があると、コミュニケーションが希薄になり業務状況を確認できなくなったり、必要な情報が共有されなかったりというトラブルに発展する可能性も。人間関係で悩んでいる方は、「職場の人間関係が辛いときの対処法とは?ストレスを感じる要因を知ろう」のコラムもご覧ください。

待遇

自分の働きに対して給料が安すぎるというのも、会社を辞めたくなる理由になります。
いくら仕事が好きでも、努力や成果に見合った報酬がもらえないのであればモチベーションは上がらないでしょう。
給料は悪くないけれど、残業や休日出勤が多すぎるというケースもあります。

自分の時間が持てない

会社と家を往復するだけの日々が続けば、自分の時間を持つことが難しくなりストレスが溜まることに。自分の時間が持てない原因として考えられるのは、業務量が多すぎて勤務時間内に終えられないほか、自分の時間管理意識や業務管理ができていないことも。「時間管理で充実した毎日を手に入れよう!」を参考に、効率よく業務に取り組んでみましょう。それでも改善されなければ、抱えている業務量が多すぎる可能性があります。

仕事内容が合わない

苦手な業務を担当している、スキルに合わない業務を行っている、性格的に合わない仕事をしているなど、業務内容に適性がない場合も仕事を辞めたいと思う理由になるでしょう。ただし、仕事内容に適性があるかどうかは短期間では分からないもの。単純にスキル・知識が不足している可能性もあるので、1年以上働いて合うか合わないかを判断すべきです。

社風が合わない

社員同士の仲が良すぎて毎週のように飲み会がある、保守的過ぎて新しいことを取り入れないなど、社風が合わないと働きづらさを感じて会社を辞めたくなるでしょう。
社風を理由に会社を辞めて転職活動をするなら、「社風が合わないは転職理由になる?面接での伝え方と自分に合う仕事の探し方」のコラムを参考にして自分に合った転職先を探してみましょう。

会社を辞めたいと思ったら?退職のリスク

会社を辞めたいと思うことは決して珍しいことではありません。しかし、「辞めたいから」と安易に仕事を辞めるのはリスクの高い行為といえます。仕事を辞めてすぐに新しい仕事が見つかるとは限りませんし、見つからないまま何カ月も過ぎてしまうと貯金も減ってしまい、それが焦りにつながります。さらに、「空白期間が半年から1年以上あると転職に不利?履歴書にはこう書く!」でも説明しているように、空白期間が伸びるほど転職活動は難航することに。
「より良い環境で働きたいから転職」のはずが、「とにかくどこでもいいから内定を」という気持ちになってしまうと、転職のそもそもの目的が変わり満足行く結果にはならないでしょう。

会社を辞めたいと思ったら「辞めて問題ないか」を考える

会社を辞めたいと思ったら、「なぜ辞めたいのか」その理由を書き出して客観的に考えてみましょう。また、会社を辞めずに解決する方法もあります。転職に慣用的になっているとはいえ、無駄な転職は避けるべき。安易に会社を辞めず、しっかり考えてみましょう。

辞めたい理由を書き出して検証する

会社を辞めたいと思ったら、まず「辞めたい理由」を書き出しましょう。今の仕事で不満に思っていること、つらいことを箇条書きでリストアップし、客観的に検証します。書き出すことで冷静に考えられるようになるでしょう。

「なんとなく」の退職は転職に失敗しやすい

明確な理由のない「なんとなく辞める」「飽きたから辞める」だと、転職に失敗する可能性が高くなります。目指すものや成し遂げたいことがない状態では、次の仕事も条件で探してしまいがち。「転職に迷うときにやるべきことを解説!やめたほうがいい人の特徴も紹介」では、仕事を辞めるべきでない状態について解説しています。

会社を辞めずに解決できないか考える

書き出した辞めたい理由を、ひとつずつ「会社を辞めないと解決できないか」考えます。不満の解決法は退職だけではありません。

自分のスキルアップ

業務量が多い、期限内に仕事を終えられないなどが辞めたい原因になっている場合、自身のスキルアップによって解決する可能性があります。業務や仕事に対する知識や理解を深めることで解決になることもあるでしょう。特に入社して間もない場合は、転職してしまうと十分なスキルが身についていないため、再び辛くなる可能性もあります。

周囲への相談と協力依頼

仕事量が多い、自分には難易度の高い仕事といった場合は、周囲に相談や協力を依頼するのもおすすめ。上司に仕事の割り振りを改めて考えてもらったり、先輩や同僚に仕事を巻き取ってもらえないか打診してみましょう。

異動や配置換え

どうしても仕事が合わない、部内の人間関係が合わない場合は、上司に相談して異動や配置換えを願い出るのもひとつの方法。同じ会社でも、部署や事務所が変われば人間関係も変わります。

会社を辞めないで働き続けるのもひとつの選択肢

安易な退職は、キャリアが途絶えたり転職活動が難航したりする原因になります。仕事を辞めたいと思っている原因のなかには、働きながら解決できるものもあるでしょう。そのためには、自分が主体となって問題解決に取り組むことが大切。他者を変えることは難しいですが、自分を変えることは出来ます。業務効率化を意識する、挨拶を欠かさないようにするなど、自分から改善できることをはじめてみましょう。

「会社を辞めたい」と言いにくいときは

しっかり考えたうえで「会社を辞める」決断をしても、会社を辞めたいとは言いにくいもの。しかし、いつまでも言えずにいるのは良くありません。どうしても言い出せないときは先に転職先を決めてしまうのもおすすめです。

人手不足は会社が解決する問題

仕事を辞めると言い出せない原因のひとつが、「自分が辞めると人手不足になり迷惑がかかるのでは」と考えてしまうこと。しかし、労働者には会社を辞める権利があります。社員ひとりが退職することで現場が人手不足となるのは、会社側の人員配置に問題があるということ。人手不足の解消や人材の確保は会社側が解決すべき問題です。

ポジティブな退職理由なら引き止めに合いにくい

引き止めに合うのが不安なら、ポジティブな退職理由を伝えましょう。「給料が安い」「休みが少ない」といったネガティブな退職理由だと、「改善するから」と引き止めに合う可能性が高くなります。「転職で◯◯スキルを身に着けたい」「この会社では出来ない◯◯の仕事をしたい」など、前向きな理由を伝えると引き止めに合いにくくなるでしょう。

円満退職を叶えよう

仕事を辞めるなら、円満退職を目指しましょう。「どうせ辞めるから」と、仕事に責任を持たなくなったり態度が悪くなったりすると、退職トラブルにあう可能性が高まります。退職に際してトラブルが発生すると、退職日がずれたり業界内で悪い噂が広まったりして、転職に影響が出る可能性も。詳しくは「円満退職成功のための10のコツを解説!言いづらいときはどうする?」のコラムをご確認ください。

就職・転職活動をしてもなかなか再就職先が決まらない。そんなときにはハタラクティブを活用してみましょう。
ハタラクティブは20代中心の既卒、フリーター、第二新卒を対象とした就活サービスです。求人誌や求人サイトには掲載されていない求人も豊富なため、自分にマッチした仕事を見つけやすいのが特徴。会社を辞めるべきか悩んでいる方も、ぜひご相談ください。経験豊富な転職アドバイザーが、転職すべきかどうかお伝えします。

この記事に関連するタグ