社風が合わないは転職理由になる?面接での伝え方と自分に合う仕事の探し方

社風が合わないは転職理由になる?面接での伝え方と自分に合う仕事の探し方の画像

この記事のまとめ

  • 社風が合わないと感じるなら転職してもよいが、慎重に検討することが必要
  • 焦って就職を決めたり、イメージだけで入社したりするのはミスマッチの原因
  • 転職活動は、企業分析や自己分析をしっかり行うことで成功の可能性が高まる

社風が合わない会社では、人間関係や仕事への取り組み方で差異を感じ、働きにくさを覚えることもあるでしょう。就職や転職のときに条件ばかりを気にするのではなく、社風が自分に合うかも確認することが大切。あまりにも考え方や価値観が異なる場合は、転職を検討するのもおすすめです。コラムでは、転職理由として「社風が合わない」をどう伝えるか紹介しています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

社風が合わないなら転職してもよい?

社風が合わないという理由で転職する人は少なくありません。しかし、安易に「社風が合わないから」と転職を決めるのは危険。転職を考えているなら「社風が合わない」の根本理由を考え、解決策も検討しましょう。それでも合わないと感じるなら、転職を検討してみてください。
一時的な事柄や些細な理由で転職をしても、転職先でも同じ理由や悩みが起こる可能性は十分に考えられます。その度に転職していては経歴にも影響が出るため、安易な転職は避けるべきでしょう。「合わない仕事と向き合う方法」のコラムも参考にし、転職すべきか検討してみてください。

将来や心身に影響が出ていれば転職も検討しよう

前述したように、些細なことを理由に「社風が合わないから」と転職するのはよくありません。しかし、今の会社で働き続けた将来を考えてみて、自分の成長が見込めなかったり、理想の働き方が叶わなかったりすることが予測できるなら、転職を検討しても良いでしょう。
また、あまりにも社風が合わずに心身に影響が出ている場合も、転職を検討すべきです。

よくある「合わない社風」の例

ひとくちに「社風」といっても、社内の雰囲気や仕事に対する考え方、会社の経営方針などさまざまです。

社内の雰囲気と合わない

威圧的な態度や強い上下関係、必要以上にチームを重んじるといった風土に苦手意識を持つ方は多いようです。
また、昔ながらの習慣や慣例が多かったり、トップの意見が絶対だったりする場合も、時代に則さないとして「合わない」と感じる方は多いでしょう。

仕事に対する考え方や取り組み方が違う

経験が少ないうちから管理職を任される、生活残業や付き合い残業の文化があり定時で帰りにくいなど、仕事に対する考え方や取り組み方でズレを感じると、働き続けるのは難しいといえます。

企業理念や経営方針が合わない

たとえば、経営状態が芳しくないにもかかわらず改善策を投じなかったり、ノルマが達成できないときは大きく評価が下がるなど、会社そのものの考え方や取り組み方と自分の考えが合わないケース。企業理念や経営方針は大きく変わることが少ないため、合わないと感じたら転職を検討しても良いでしょう。

社風が合わない会社に入社してしまう理由

「社風が合わない」と悩む方も多いようですが、そもそもなぜ合わない社風の企業に入社するのでしょうか。

企業研究・自己分析ができていない

ひとつは、入社時の自己分析や企業研究が不十分だったことが考えられます。特に、企業のイメージや知名度、扱う商品やサービスを理由に入社を決めているとミスマッチを起こしやすいので、「社風に合わない…」となりやすいでしょう。また、自己分析が不十分だと、自分に合う社風や企業をうまく選べずに、入社後に「なんか違うな…」となりやすいようです。

就職に焦っていた

焦って入社を決めている場合も、社風でミスマッチを起こしやすいといわれています。新卒で卒業間近まで内定が貰えなかった、なかなか転職先が決まらないなかでよく考えずに入社したなど、焦りや危機感から「内定が出た企業に入社する」方もいるでしょう。
就職や転職に焦っていると、社風は後回しになりがち。仕事内容や条件が合っていれば良しとしてしまうため、入社後に違和感を覚える方も多いようです。

社風が合わないと感じて転職する際の注意点

社風が合わないと感じて転職するのは悪いことではありません。しかし、転職の理由を「社風」だけにしているなら注意が必要。また、時間が解決することもあります。本当に転職を決めていいのか、感情で決めていないか、下記を参考に考えてみましょう。

「社風が合わない」と言い訳していないか

転職の理由を「社風が合わない」という言葉でまとめてないか考えてみましょう。
自分にとって良くないことや都合の悪い内容を、「社風が合わないから」という言葉で片付けていては、転職は成功しません。転職を希望する理由を深堀りし、「仕事に対する考え方や価値観が異なる」「休みの日も業務連絡が来る風土に馴染めない」など、具体的な理由を見つけてみましょう。

転職をせずに解決しないかを考える

基本的に、ネガティブな転職理由では好印象を残せず、良い結果に繋がりません。「面接ではポジティブな転職理由を伝えるべき?適切に言い換える方法とは?」でも解説しているように、不満が理由の転職では内定は遠ざかります。
仕事や社風に対して不満を持っている場合は、転職せずに解決しないか考えてみましょう。たとえば、人間関係の不満は人事異動で解消することがあります。極端にいえば、社風も経営陣やトップが変われば変更になる可能性もゼロではないでしょう。社会人として働く期間は数十年。いっときの感情や気持ちで転職を決めるのではなく、10年など長い期間で考えて転職を決めてください。

社風が合わないと転職する際の3つのポイント

社風が合わないと感じて転職するのであれば、今度こそ自分に合った会社を見つけたいものです。転職を成功させるためには、自己分析と企業研究の徹底が基本。詳しく見ていきましょう。

1.自己分析をしっかり行う

社風が合わないと感じて転職する場合、どうしてそのように感じたかを分析することが重要です。理由が分からなければ同じ問題を抱え続けることになり、転職が叶っても早期離職につながるでしょう。
自分に合った社風を見つけるには、客観的に自分を分析し、自分はどのような環境を望んでいるのかを知る必要があります。たとえば、どんな人間関係を望んでいるのか、どのように仕事を進めたいと思っているのか、どんな価値観を持っているのかを分析します。自己分析については「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」でご確認ください。

2.企業研究をする

特定の企業の社風を知るためには、企業研究が欠かせません。企業風土を知るのに効果的なのが公式Webサイトや求人ページです。
企業の公式Webサイトには、経営者の紹介や考え方が掲載されていることが少なくありません。経営者の考え方は会社全体に反映されているので、社風を見極める一つの要素となります。
企業研究によって転職を成功させる方法を解説!情報の集め方も詳しく紹介」のコラムを参考に、企業研究を行いましょう。

実際に働く人の意見も聞いてみよう

可能であれば、転職希望の企業で働く人に社内の雰囲気や実際の働き方などを聞いてみましょう。リアルな意見や感想は参考になります。

3.「社風が合わない」を転職理由として伝えない

社風を転職理由としてしまうと、具体的な転職理由が伝わりません。また、「社風だけで選んだのか」「社風が良ければどこでもいいのか」といった印象も与えてしまうため、社風の不一致を転職理由として挙げるのは避けたほうが良いでしょう。
もし、社風が合わないことを転職理由として伝えるなら、「前職は個人主義の社風が強く、チームで業務に取り組みたいと考えていた私には合わなかった」「前職は過程を重視する社風だったが、実力や成果を重視した働き方がしたいと考えて転職を希望する」のように、希望する業務や働き方を具体的に述べるのがおすすめです。

「社風が合わないから」と転職をしても、転職先の社風が自分に合うとは限りません。社内の雰囲気や働く人の傾向は、ある程度は企業のWebサイトなどで確認できますが、実際の雰囲気は入社してみないとわからないもの。転職してみたら「思っていた社風と違った」とミスマッチを感じることも多いようです。
社風を聞ける人がいなかったり、企業研究を行ってもいまいち社風が掴めなかったりするなら、就職・転職エージェントの活用がおすすめ。就職・転職エージェントは求人サイトとは異なり、掲載企業の社風や労働環境を十分に確認しています。気になる企業があれば相談してみましょう。
エージェント利用に抵抗があるなら、若年層向けサービスのハタラクティブをご利用ください。ハタラクティブは、フリーターや第二新卒、既卒、ニートといった20代をメインターゲットとしている就職・転職エージェント。扱う求人の多くが未経験歓迎、学歴不問です。
また、扱う企業や求人はスタッフが事前に訪問調査を実施。社風や社内の雰囲気、働く社員の傾向、実際の勤務環境など、求人情報からは分からないこともしっかりお伝えいたします。
「自分に合った社風が分からない」など、相談ベースからもぜひご利用ください。カウンセリングから内定まで専任のスタッフがサポート。小さな悩みでも相談しやすい雰囲気でお待ちしております。

この記事に関連するタグ