もしかして会社員に向いていない?どうすればいい?仕事や生き方で悩む方へ

もしかして会社員に向いていない?どうすればいい?仕事や生き方で悩む方への画像

【このページのまとめ】

  • ・1人を好む人や職場のルールに従いたくない人は、会社員に向いてない可能性がある
  • ・会社員に向いてないのではなく、今の仕事や職場が合っていない可能性がある
  • ・会社員に向いてない人は、起業することやフリーランスになるという選択肢がある
  • ・会社員のメリットとデメリットを理解して、辞めるかどうか考えよう

会社で働いていると、「自分は会社員に向いていない…」と感じることもあるでしょう。特に、人付き合いが煩わしいと感じる人や、自分のペースで仕事を進めたい人にとって、会社員は不向きなことが多いようです。しかし、自分では会社員が向いていないと思っていても、実はたまたま職場環境が合わなかっただけということもあります。「会社員に向いていなくて辛い」と感じる方は、このコラムを読んで、進路を考えてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

会社員が向いていないかも…どうすればいい?

会社員が向いていないと悩むなら、まず「なぜ向いていないと思うのか」の原因を突き止めましょう。会社員という働き方が向いていない事もあれば、勤務先や働く場所、担当している仕事が向いていないこともあります。また、一時のミスや心情で「向いていない」と思うのか、長期間に渡って悩んでいるのかによっても原因は異なるもの。原因が分かれば適切な対処法も見つかります。今の仕事が自分に合っているのかどうか悩んでいるという方は、「今の仕事に向いてない…判断する方法と打開策とは」のコラムも読んでみてください。悩みや向いていないと感じる度合いに応じて、解決策を紹介しています。

そもそも会社とは?

会社とは、仕事を通じて社会に役立つサービスや商品を提供し、利益を生み出す組織のこと。
分化した役割を持つ人たちが一つの集団となり、利益を出すことを目的に行動します。会社員一人ひとりが個性を発揮し協力し合うことで、社会へ価値を提供しているのです。
どうすれば世の中をより豊かにできるのかを考え、ものを生み出したり、働く人々の暮らしを守ったり、会社は生活をするうえで必要不可欠な組織といえるでしょう。

会社員に向いてない人の特徴7つ

会社員の向き不向きは一概にいえるものではありません。ただ、以下のような考え方や希望を持っている人には、会社員に不向きな要素があります。

1.大勢より1人が好き

集団行動より、1人でいることを好む人は会社員に向いてない可能性があります。
会社では、役割を分担してチームで連携を取りながら行動することが基本。チームで協力しながら、世の中に価値を提供することが求められます。個人でいることを好む人にとっては、一致団結して仕事を進めることに苦手意識を感じるようです。

2.上司に評価されることが苦手

上司に評価されることに対して、苦手意識を持つ人も会社員に向いてないと考えられるでしょう。
会社に属する以上、上司から評価される場面は多々あります。上司からの評価されることに対して、プレッシャーを感じ、苦手意識を持つ人が多いようです。

3.組織のルールに縛られることが苦手

組織のルールに縛られることが苦手な人も、会社員には向いてない可能性があります。会社で働くうえでは、ルールに従うことが求められるでしょう。会社のルールや古い習慣に縛られることに息苦しさを感じる人は、組織に馴染みにくい傾向があります。

4.無駄なことが嫌いで合理的に考える

会社に勤める以上は、どんなに無駄で非効率的だと思うルールや文化でも、守らなければなりません。無駄なことが嫌いで合理的なタイプの人だと、「こんな非効率的なことをやっていられない…」と辛くなってしまう可能性があります。

5.叶えたい夢や確固たる信念・理想をもっている

夢や理想を持つのは良いことなのですが、確固たる信念をもって具体的にやりたいことがイメージできてしまっていると、会社員として働いていく中で「自分が目指している最終的な目標を達成できない」と感じてしまう瞬間が多々あります。自分の理想のゴールにつながらない仕事は、やる気も起こりにくく、結果も出しにくいでしょう。

6.「自分軸」がはっきりとある

会社員だと、若手のうちやキャリアが浅いうちは、なかなか自分の意見を社内に通すことが難しいものです。自分の軸を曲げなければならない場面も出てくるでしょう。柔軟に対応できれば良いのですが、自分が決めたことや正しいと思うことに反する仕事の仕方が苦しいと感じてしまうと、会社員は向いていないでしょう。
とはいえ、自分軸があることで営業で良い成績を残せたり、クリエイティブな作品を作って評価されたりと、プラスに働くこともあります。しかし、仮に仕事で良い成績を残せたとしても、自分の意見を曲げてまで働くことに耐えられるかどうかが、会社員に向いているかを見極める大切なポイントです。

7.心身ともに疲弊している

「毎日仕事で疲れ果てている自分は、会社員には向いていないのでは…」と感じてしまうことがあるかもしれません。しかし、その感情は一過性の可能性があります。人は心も体も疲れていると、何をする気力も起きませんし、いろいろなことがどうでもよくなりがちです。「会社員に向いていない」と感じたときは、まず自分の心身が疲れきっていないか確認してみましょう。疲弊していて物事を冷静に考えられない場合は、ゆっくり休んで元気な状態で、会社員として働くことの意味を考え直してみましょう。

会社員に向いてないと考える前に

会社員に向いてないと結論付ける前に、自分の現状を整理しましょう。冒頭で述べたように、会社員ではなく「勤務先」や「勤務環境」が合わないことも。前項で紹介した「会社員に合わない人の特徴」とともに、自分が当てはまらないか確認してみてください。

環境が合わないだけの場合も

会社員に向いてないと感じている人は、「今の環境が合っていない」という可能性を考えてみてください。環境が合わない理由としては、以下の要因が考えられます。

人間関係が煩わしい

人付き合いが苦痛であることから、会社勤めに向いてないと感じている場合があります。
会社員である以上、上司や同僚、取引先のお客さまなど、さまざまな人と関わる機会があるでしょう。人間関係を構築するという点で、面倒に思う人もいるようです。
このような場合は、人間関係の円満な風通しの良い職場で働くことにより、会社勤めが苦ではなくなる可能性があるでしょう。

収入に満足していない

収入に満足しないことで、会社員に向いてないと思うこともあるようです。
会社によっては、入社してから数年は収入が低い可能性も考えられるでしょう。会社に勤めても満足した収入を得られていない人は、会社員として働くのに向いてないと感じることは多いはず。
しかし、会社によっては、入社後すぐにでも安定した収入を得られる場合もあります。最低限どれくらいの収入を得たいかを考えたうえで、新たに職場を探してみるのも良いでしょう。

長時間労働を強いられる

長時間労働を強いられることから、会社員として働くことに向いてないと感じる人もいます。
残業の多い会社に勤める人は、長時間労働を苦痛に思うことも多いでしょう。会社員として充実して働けるかどうかは、働く環境や仕事内容で大きく変わります。自分が働きやすい職場を探すのも一つの手です。

どんな働き方をしたいのか考える

会社員に向いていないと思うなら、自分はどのような働き方をしたいのかじっくりと考えることが大事です。
会社によっては、フレックスタイム制やリモートワークなど、多様な働き方を推奨していることがあります。会社員だから決まった時間と場所で働かなくてはいけないとは限りません。自分がどのような働き方をしたいのか、自分に適している働き方は何かを一度考えてみましょう。自分が理想とする働き方を明確にし、行動を起こすことが重要です。
週3日勤務の正社員は存在する?多様な働き方の可能性」や「新しい仕事を考える!これから注目される職種の例や働き方を紹介」にも目を通してみてください。

会社員として働くメリット

会社員として働く一番のメリットは、雇用期間の定めがないことでしょう。基本的に終身雇用のため安定舌雇用と収入が期待できます。その他にも、福利厚生や社会保険は正社員の強み。詳しく確認していきます。

継続的な給与を得られる

会社員として働くことで、継続的な給与を得られるメリットがあります。会社員は正社員を指すため、終身雇用が一般的。アルバイトやフリーランスの場合、非正規として一時的に雇用されるため、基本的に出勤した日数や働いた分の給与しか得られません。しかし完全月給制の会社に勤めていれば、毎月決まった金額の給与を得られます。
組織が向いていないと感じている方でも、収入の安定という点では、会社に勤めることはメリットの一つであるといえるでしょう。

福利厚生がある

充実した福利厚生があることも、会社員として働くメリットの一つといえます。
福利厚生として、社員寮や社員食堂を完備している会社もあるようです。このような豊富な福利厚生によって、社員の働きやすい環境が整備されています。会社員に不向きでどうすれば良いか迷っている方は、福利厚生も検討材料に加えてみてはいかがでしょうか。

社会保険に加入できる

社会保険に加入できることも、会社員として働くうえでのメリットです。
非正規でも一定条件を満たせば社会保険に加入できますが、会社員なら雇用されている限り社会保険に加入できます。社会保険の半分は会社側が負担しています。医療保険や労災保険、雇用保険といった制度が揃っており、安心して働ける環境の維持にも繋がっているのでしょう。「会社員に向いていないから辞める」と即決する前に、保険のことも考えてみてください。

会社員として働くデメリット

一方で会社員として働くことにはデメリットもあります。どのようなメリットがあるのか、以下で確認していきましょう。

時間や規則に縛りがある

時間や規則に縛りがあることは、会社員として働くことのデメリットでしょう。
会社によっては、フレックス制やリモートワークを採用していることもありますが、会社員は定時に出社し定時以降まで働くことが一般的とされています。
アルバイトのように勤務時間を自由に選ぶことはできず、時間や規則に拘束されることが多いといえるでしょう。会社員に向いてない人にとっては、ストレスに感じる要素の一つです。

収入額が上がりにくい

会社員として働いても、給与が上がりにくいデメリットがあります。
会社員は福利厚生や固定給など継続的な補償と引き換えに、収入額が上がりにくい傾向にあるようです。入社して数年では、会社の役員クラスに昇格できることは少なく、その前に挫折してしまう人もいます。会社員に向いてないうえに給与も上がりにくいとなると、モチベーションを維持するのが難しいようです。

人間関係が面倒になりやすい

会社に勤めることにより、人間関係が面倒になりやすいと考えられるでしょう。
会社員としては上司や同僚、後輩といった社内の人と関わる必要があります。その中には、自分と波長の合わない人がいる可能性もあるでしょう。そのような波長の合わない人とも、業務を進めるうえでは上手く付き合っていかなければなりません。

会社員として働くことのデメリットについて詳しく知りたい方は「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」も合わせてご一読ください。

会社員に向いてない人の生き方

この項目では、会社員に向いてない人がすべきことをご紹介します。会社員に向いてないからといって、落ち込む必要はありません。以下の内容を参考に、自分の将来について、どうすれば前向きになれるか考えてみましょう。

自分に向いている業界や職場を見つける

1社目や2社目で「会社員に向いていないかも」と思ったとしても、他の会社では意外と楽しく働けるパターンもあります。単にその業界や職場が合わなかっただけの可能性もあるのです。「会社員」と大きくまとめてしまわず、違う業界に転職してみるのも良いでしょう。また、同じ業界であっても、会社によって働く人の雰囲気や文化などは異なります。すぐに「会社員に向いてない」と決めつけず、いったん自分と向き合って、自分に合う職業や自分が働きやすいと思える職場を見つけてみてください。自分に合った職業の見つけ方に関しては「自己分析をして、自分に合う職業を見つけよう!」のコラムも参考にしてみてください。自己分析や自分に合う職業の見つけ方について、詳しく解説しています。

ITやWeb系の仕事は自由度が高い
ITやWeb系の仕事は個人の裁量権が大きい事が多いうえ、社員の年齢が若いことも。仕事に対する考え方が柔軟だったり、新しいことを積極的に取り入れたりする企業も珍しくないため、会社員という働き方に苦手を感じるなら調べてみましょう。

起業するかフリーランスになる

会社員に向いてないと感じる人は、起業をするかフリーランスになるという選択肢があります。
起業やフリーランスといった個人事業主になるのは難しくありませんが、うまく行かなければ十分な収入を得ることはできません。しかし、組織に属することに向いてない人は、個人事業主になることで最大限のパフォーマンスを発揮できる可能性があるともいえます。
個人事業主として成功するためには、独立後の業務を見据えたうえで、資格の取得や講座に通うなどスキルアップに向けた努力が必要です。個人事業主として働きたい場合は、運用資金を貯めることや自身のスキルアップを目指して行動することが大切といえるでしょう。

本当に会社員に向いてないのか再考しよう

本当に会社員に向いてないのか、自分と向き合い考えてみましょう。
先述のとおり、会社員に向いてないのではなく、環境に合わないだけの可能性も考えられます。そのような場合だと、勤め先の会社を変えることで考えが変わることもあり得るでしょう。
会社員が向いてないと感じる人は、今の仕事や職場の何が不満なのかを分析したうえで、転職を検討するというのも一つの手です。

自分が会社員に向いているのか分からない、どうすれば自分に合った会社に出会えるのかを知りたいという方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、担当のアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行ったうえで、アドバイスや求人提案をしています。
当サービスは、20代を中心とする若年層を対象としており、未経験OKの求人を多数取り扱っているのが特徴。経験のない業界や職種に挑戦したいという方についても手厚くサポートしています。
1人で解決できない悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

会社員に向いてない人はどうすれば良いの?よくあるお悩みQ&A

ここでは、会社員に向いてないと感じている方によくあるお悩みをQ&A方式で解決していきます。

会社員に向いてない人の特徴は?

1人でいることを好む人や組織のルールに縛られることが苦手な人は、会社員に向いてない傾向があるようです。会社で働くうえでは、周囲の人と協力して仕事を進める必要があります。1人で黙々と作業をこなすことを得意とする人は、やりづらさを感じる可能性も。また、会社に属する以上、組織のルールに従うことが求められるので、規則に縛られることが苦手な人は息苦しさを感じてしまうでしょう。

 

会社員に向いてない人は働けない?

会社員に向いてないからといって、働けないとは限りません。会社員として働くのではなく、起業をしたりフリーランスを目指したりするという選択肢もあります。個人事業主として働くには、運用資金を貯めることや自身のスキルアップを目指して行動を起こすことが大事です。このコラムの「会社員に向いてない人の生き方」でも詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

 

会社員として働き続けるメリットは何?

会社員として働くことのメリットは、継続的な給与を得られることが挙げられます。アルバイトやフリーランスの場合、基本的に出勤した日数や働いた分の給与しか得られません。しかし、完全月給制の会社に勤めることで、毎月決まった金額の給与を得られるので、収入が安定するでしょう。ほかにも、社会保険に加入できることや充実した福利厚生を受けられるメリットがあります。

 

どうすれば自分に合う会社に出会える?

自分に合った会社を見つけるには、どのような働き方をしたいのか考えることが大切です。労働時間や給与など、自分が満足できる労働条件を洗い出しましょう。「自分に合う仕事がわからないときの上手な見つけ方を解説!」では、自分に合う仕事の探し方を解説しているので、合わせてご一読ください。また、ハタラクティブでは仕事に造詣が深いスタッフによる職業紹介も行っています。お気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION