会社員に向いていないと感じたらどうすれば良い?主な要因や対処法を解説

会社員に向いていないと感じたらどうすれば良い?主な要因や対処法を解説の画像

この記事のまとめ

  • 会社員に向いていないと感じたら、「向いていない理由」に応じた対処法を取ろう
  • 職場の規則に縛られたくない場合は、会社員に向いていない可能性がある
  • 職場環境が合わない場合は、企業理念や事業内容に注目して転職先を探すのがおすすめ
  • 会社員に向いていない場合は、フリーランスや起業を目指すのも一つの手

「会社員に向いていないかも…」と感じる人もいるでしょう。特に、人付き合いが煩わしいと感じやすかったり、自分のペースで仕事を進めたりしたい場合は、会社員に向いていないと感じることが多いようです。しかし、自分では会社員に向いていないと思っていても、実はたまたま職場環境が合わなかっただけということもあります。「会社員に向いていなくて辛い」と感じる方は、このコラムを読んで進路を考えてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

会社員に向いていないと感じたときはどうすれば良い?

会社員が向いていないと悩んだら、まず「なぜ向いていないと思うのか」を考えましょう。向いていないと感じる原因が分かれば、今何をすべきかが分かります。勤務先や担当している仕事が向いていないのか、会社員という働き方自体が向いていないのか、などを明確にしてみてください。また、一時のミスや心情で「向いていない」と思っているのか、長期間に渡って悩んでいるのかによっても解決策は異なります。会社員に向いていないと感じる要因は、次の「会社員に向いていないと感じる主な5つの要因」で紹介しているので、あわせてご覧ください。

会社員に向いていないと感じる主な5つの要因

この項では、会社員に向いていないと感じる主な要因を紹介します。なぜ「会社員に向いていない」と感じるのか、理由が曖昧な場合は、以下を参考にしてみてください。

1.大勢より1人が好き

集団行動より、1人でいることを好む場合は「会社員に向いていない」と感じる可能性があります。会社では、役割を分担してチームで連携を取りながら行動するのが基本です。そのため、個人でいることを好む人にとっては、一致団結して仕事を進めることに苦手意識を感じる場合があります。

2.上司に評価されるのが苦手

上司に評価されることに苦手意識があると、「会社員に向いていない」と感じる場合があるでしょう。会社に属する以上、上司から評価される場面は多々あります。上司から評価されるのが苦手な人は、その度にプレッシャーを感じてしまうようです。

3.組織のルールに縛られるのが苦手

組織のルールに縛られることが苦手な場合も、会社員には向いていないと感じる可能性があります。会社で働くうえでは、基本的に、ルールや慣習に従うことが求められるでしょう。しかし、自分の考えを発信しながら枠にとらわれずに働きたい場合は、会社のルールや古い習慣に縛られることに息苦しさを感じやすいようです。

4.叶えたい夢がある

確固たる信念があり、具体的にやりたいことがイメージできている状態だと、会社員として働いていくなかで「自分が目指している最終的な目標を達成できない」と感じてしまう場合があります。その結果「会社員に向いていない」という考えに至るようです。

5.環境が合っていない

職場環境や労働条件が自分に合っていないと、会社員に向いていないと感じる場合があります。たとえば、人間関係が悪い・収入が労働に見合っていない・労働時間が異様に長いといった状態だと、いくら業務内容が好きでも「合わない」と感じてしまう可能性が高いでしょう。

会社員に向いていない理由別の対処法

会社員に向いていない理由別の対処法の画像

会社員に向いていない理由が明確になったら、その理由に応じた対処法を取りましょう。以下では、理由別の対処例を紹介します。

勤務先や担当業務が向いていないと感じる場合

勤務先や担当業務が合わず、会社員に向いていないと感じる場合は、企業理念や事業内容に注目して仕事を探してみましょう。同じ業界や職種であっても、会社によって職場環境や具体的な業務内容などは異なるからです。1社目で「会社員に向いていないかも」と思ったとしても、ほかの会社では楽しく働けることもあります。自分に合った職業の見つけ方は、「自分に合った職業に就きたい人が実践すべきことは?」のコラムも参考にしてみてください。

一時的な感情なのか否か確かめるのも大事

会社員に向いていないと感じたときは、それが一時的な感情なのか、そうでないのかを見極めましょう。一時的な感情の場合、すぐに転職の判断をしてしまうと、辞めたあとに後悔する可能性があるからです。長期的に向いていないと感じている場合は、そのまま同じ職場にいても問題が改善されない可能性が高いため、転職を視野に入れてみても良いでしょう。副業や複業が許可されている会社の場合は、今の会社に勤めたまま別の仕事を始めてみるのもおすすめです。

会社員という働き方自体が向いていないと感じる場合

会社に縛られるのが嫌で「会社員に向いていない」と感じたときは、自分にとってどのような働き方が理想なのかを考えるのが大切です。会社によっては、フレックスタイム制やリモートワークなど、多様な働き方を推奨していることがあります。「会社員だから決まった時間と場所で働かなくてはいけない」とは限りません。「週3日勤務の正社員は存在する?多様な働き方の可能性」では、週休3日の正社員について解説しているので、気になる方はチェックしてみましょう。

会社員以外の生き方を選ぶのもアリ

会社員に向いていないと感じる場合は、会社員以外の生き方を選ぶのも一つの手です。たとえば、起業やフリーランスなどが挙げられます。独立することで、本来のパフォーマンスを発揮できる可能性もあるでしょう。自営業や個人事業主、フリーランスなどの定義の違いは「自営業とは?新卒でもなれる?個人事業主との違いや年収をチェックしよう」で詳しく解説しているので、会社に属さない働き方に興味がある方はぜひご覧ください。

今の仕事が自分に合っているのかどうか悩んでいる方は、「仕事に向いてない?悩み解消のヒント集」のコラムも要チェックです。仕事に向いていないと感じる理由や選択肢を紹介しています。

会社員として働く3つのメリット

会社員として働くメリットの一つは、安定した収入を得られることです。そのほか、福利厚生が充実していたり、社会保険に加入できたりするのも、会社員の強みといえます。

1.安定した給与を得られる

会社員として働くことで、安定した給与を得られるメリットがあります。アルバイトやフリーランスの場合は、基本的に出勤した日数や働いた分の給与しか得られません。組織が向いていないと感じていても、収入の安定という点では、会社に勤めることはメリットの一つであるといえるでしょう。

2.福利厚生がある

充実した福利厚生があることも、会社員として働くメリットの一つといえます。福利厚生として、社員寮や社員食堂を完備している会社もあるようです。会社員に向いていないと感じる場合でも、福利厚生を検討材料に加えて仕事を探してみると、働きやすい会社に出会える可能性があります

3.社会保険に加入できる

社会保険に加入できることも、会社員として働くメリットです。非正規雇用の場合も社会保険に加入することはできますが、加入条件を満たすのが難しい場合があります。社会保険に加入できるメリットは、老後の年金受給額が増えたり、保険料の半分を会社側が折半してくれたりする点です。社会保険のメリットをより詳しく知りたい方は、「社会保険に加入する3つのメリット」もご一読ください。

会社員として働くデメリット

会社員として働くことにはデメリットもあります。どのようなメリットがあるのか、以下で確認していきましょう。

時間や規則に縛りがある

時間や規則に縛りがあることは、会社員として働くデメリットといえるでしょう。会社によっては、フレックス制やリモートワークを採用していることもあります。しかし、基本的には「勤務時間を自由に選べず、時間や規則に拘束されることが多い」と認識しておきましょう。

人間関係が固定されやすい

人間関係が固定されやすいのも、会社員のデメリットの一つです。先述のとおり、会社員は時間や規則に縛りがあるのが一般的で、その多くの時間を上司や同僚、後輩といった社内の人と過ごします。たとえ波長が合わない人がいても、業務を進めるうえでは上手く付き合っていかなければなりません。

自分が会社員に向いているのか分からない、どうすれば自分に合った会社に出会えるのかを知りたいという方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブでは、担当のアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行ったうえで、向いている可能性が高い仕事を厳選して紹介しています。20代を中心とする若年層のサポートに特化しており、未経験OKの求人を多数取り扱っているのが特徴です。1人で解決できない悩みがある方は、お気軽にご相談ください。

会社員に向いていない場合はどうすれば良いの?よくあるお悩みQ&A

ここでは、会社員に向いていないと感じている方によくあるお悩みをQ&A方式で解決していきます。

会社員に向いていない人の特徴は?

「1人でいることを好む」「組織のルールに縛られることが苦手」という特徴がある場合は、会社員に向いていない可能性があります。会社で働くうえでは、周囲の人と協力して仕事を進めなければなりません。1人で黙々と作業をこなすことを得意とする人は、やりづらさを感じる可能性も。また、会社に属する以上、組織のルールに従うことが求められるので、規則に縛られることが苦手な人は息苦しさを感じることもあるでしょう。

会社員に向いていない人は働けない?

会社員に向いていないからといって、働けないとは限りません。会社員として働くのではなく、起業をしたりフリーランスを目指したりするという選択肢もあります。個人事業主として働くには、運用資金を貯めることや自身のスキルアップを目指して行動を起こすことが大事です。このコラムの「会社員に向いていない理由別の対処法」でも対処法を詳しく解説していますので、チェックしてみてください。

会社員として働き続けるメリットは何?

会社員として働くメリットは、継続的な給与を得られることです。アルバイトやフリーランスの場合、基本的に出勤した日数や働いた分の給与しか得られません。しかし、完全月給制の会社に勤めることで、毎月決まった金額の給与を得られるので、収入が安定するでしょう。ほかにも、社会保険に加入できることや充実した福利厚生を受けられるメリットもあります。会社員のメリットは「正社員のメリットとデメリットを解説!非正規社員とのちがいは?」でも紹介しているので、あわせてご参照ください。

どうすれば自分に合う会社に出会える?

自分に合った会社を見つけるには、どのような働き方をしたいのか考えることが大切です。労働時間や給与など、自分が満足できる労働条件を洗い出しましょう。「自分に合う仕事がわからないときの上手な見つけ方を解説!」では、自分に合う仕事の探し方を解説しているので、ぜひご覧ください。効率よく就活を進めたい方には、ハタラクティブの利用もおすすめです。

この記事に関連するタグ