本日面談できます!

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 英語を使う仕事がしたい!転職のポイントを解説

英語を使う仕事がしたい!転職のポイントを解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・英語を使う仕事だけでなく、多くの企業でTOEICが導入されている
    ・スコアによって英語力が判断できるので、自分の実力を試したい人は受けてみよう
    ・ビジネスで英語を使うのであれば、TOEICスコア700点前後が目安になる
    ・仕事を選ぶ際は「仕事で英語を使いたい」だけでなく、「英語を使って何をしたいのか」を明確にすること

企業や社会の国際化に伴って必要とされている英語力。
当コラムをお読みの方の中には英語を得意としている方もいると思いますが、仕事で英語は活用していますか?
今回は、英語を使う仕事への転職について紹介。
英語を使う仕事にはどのようなものがあるのか、TOEICは受けるのかなど、TOEICスコア別の職種も紹介しているので、転職の参考にしてみてください。

◆英語力の目安となるTOEIC

TOEICとは、英語力を判定するテストのことを指します。
英語を母国語としない人に向けて国際コミュニケーション能力を測るために行われており、リスニングとリーディングの二部構成。
テスト内容はビジネスシーンや日常生活を題材としたものが多く、外資系企業だけでなく国内企業でも入社時や昇進時にスコア提出が求められるようです。

リーディング、リスニング共に495点ずつ配点され、満点は990点。スコアごとの英語力のレベルは以下の通りです。

・~400点…英語初心者レベル
・~495点…短い英語が理解でき、最低限のコミュニケーションが取れるレベル
・~595点…英語の簡単な質問が理解できるレベル
・~695点…ゆっくりなら道順案内ができるレベル
・~795点…仕事の手順や文章が英語ででき、ビジネス英語として最低限のレベル
・~895点…英語で書かれた本や情報が理解できる、英語で討論できるレベル
・~990点…英語の専門書が理解できる、ネイティブと討論できるレベル

英語力が必要な企業は求人に「TOEIC◯点以上」と指定していたり、入社後の受検が必須のケースもあるようです。

もし英語を使う仕事がしたいのであれば、自分の英語力を客観的に判断できる材料としてTOEICを受けてみるのはいかがでしょうか。


◆英語を使う仕事一覧

では、英語を使う仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。
レベル別に紹介します。

【~500点の初心者レベル】

・通関士
通関士試験に合格する必要があり、通関手続きを行ったり税関へ申請を行う仕事。
通関書類などは英語で作成することが多いですが、簡単な単語が多いため基礎的な英語ができていれば問題ないようです。

・接客スタッフ
アパレルや飲食店、テーマパークなどで接客を担当します。
近年は外国からの観光客が増えているため、英語力が必要となる傾向にあります。


【~700点の日常会話レベル】

・貿易事務
商社やメーカーで輸出入の取引全般に関わる事務処理を行います。
営業や経理、通関などの幅広い知識を英語で理解する能力と、書類を英語で作成する能力が必要。

・ツアーコンダクター
旅行会社のパックツアーに同行して、参加者のサポートをする仕事です。
出入国や宿泊施設での対応はもちろん、渡航先でのトラブルなどにも対応できる英語力が必要とされるようです。

【~990点のビジネスレベル】

・航空管制官
管制塔から滑走ルートや空路ルートをパイロットに指示し、航空機が安全かつ円滑に飛行できるよう情報を提供します。
日本の空港では、パイロットとの通信は日本語または英語が使用されるため、TOEIC700点以上が目安と言われています。

・通訳ガイド
通訳案内士の国家資格が必要で、訪日外国人に英語などの外国語で日本を案内する仕事です。
語学力だけでなく、日本の歴史や地理などの知識も必要。TOEIC840点以上を持っていると英語筆記試験が免除されます。


◆英語を使う仕事を選ぶ際のポイント

TOEICスコアの目安や英語を使う仕事を紹介しましたが、仕事を選ぶ際に最も大切なのは、「英語を使って何がしたいのか」を考えることです。
「英語が使いたいから」という理由だけでは、英語力があっても志望動機としては弱いため、「英語を使って海外の方に◯◯を紹介したい、サービスの良さを世界に広げたい」など、英語という手段を用いて何を成し遂げたいのかということまで考えておくことがポイントです。

さらに、実務を経験してキャリアを積むのもおすすめ。
英語を使う仕事は、「英語を使った実務経験の多寡」が重視される傾向にあります。
そのため、英語力はあっても実務経験が少ない方は、職種にこだらわずに仕事を探し、実務経験を積んでいくことも大切といえるでしょう。

希望条件に合った転職先をお探しの方は、転職エージェントのハタラクティブをご利用下さい。
ハタラクティブは、フリーターや第二新卒の方を対象に転職支援を行っているため、未経験者歓迎の求人も多く取り扱っています。
英語を活かしたい、経験を積みたいなど、個々の希望をヒアリングし、アドバイザーがあなたにぴったりの職場をご案内。
希望通りの求人が見つからない方や、どの職種が自分に合っているか分からないという方もお気軽にお問い合わせ下さい。

ご利用者の口コミ

  • 大槻智映

    (Translated by Google) Thank you …

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    (Translated by Google) I don't kn…

    2020/12/14

  • ka

    (Translated by Google) The person…

    2020/12/12

  • Dan

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    (Translated by Google) The counse…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    (Translated by Google) I think it…

    2020/11/10

  • みやみや

    (Translated by Google) I was worr…

    2020/10/01

  • Kosuke Karasawa

    (Translated by Google) The counse…

    2020/09/29

  • Jun

    (Translated by Google) With the p…

    2020/09/18

  • 羽場健二

    (Translated by Google) Thanks to …

    2020/09/18

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

まずは情報収集から始めませんか

今のお気持ちはどちらに近いですか?

 

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?