珍しい仕事32選!高収入&正社員として働ける職種や求人の探し方も紹介!

珍しい仕事32選!高収入&正社員として働ける職種や求人の探し方も紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 世の中には並び屋やひよこ鑑定士といった珍しい仕事が複数ある
  • 珍しい仕事でも、正社員になったり高収入を得たりすることは可能
  • ホテルレビュアーやキュレーターなど、グローバルに活躍できる珍しい仕事もある
  • 珍しい仕事に就くと、初対面の相手にインパクトを与えられる可能性が高い
  • 珍しい仕事は特殊な技能が必要なものや倍率が高いものがあり、就職が難しいこともある

「珍しい仕事にはどんなものがある?」と疑問をお持ちの方もいるでしょう。世の中には、珍しい仕事が数多く存在します。なかには、高収入を得られたり、世界で活躍できたりする職種も。このコラムでは、珍しい仕事に就くメリット・デメリットや、求人の探し方などを解説しています。なお、今回ご紹介する職種はハタラクティブでご案内できるお仕事とは限りませんのでご了承ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

あまり知られていない珍しい仕事12選

あまり知られていない珍しい仕事12選の画像

世の中には、「並び屋」や「ひよこ鑑別士」、「フォーチュンクッキーライター」などの珍しい仕事がたくさんあります。この項では、世の中であまり知られていない仕事を12種類ご紹介。珍しい仕事に興味がある方は、ぜひ参考にしてください。
※下記ご紹介する職種はハタラクティブでご案内できるお仕事とは限りませんのでご了承ください。

1.並び屋

並び屋は、依頼人に頼まれた商品を購入するために、行列に並んだり整理券をもらったりする、珍しい仕事です。楽な仕事かと思われがちですが、長時間並ばなくてはいけないことが多いため、忍耐力が必要となります。ただし、並んでいる間は比較的自由に過ごせるので、本やスマホを見るのが好きな方には向いているでしょう。

2.ゴルフボールダイバー

ゴルフボールダイバーは、ゴルフ場にある池からゴルフボールを拾う、珍しい仕事です。拾ったボールをゴルフショップに販売したり、ネット上で売ったりすることでお金を稼ぎます。ゴルフボールダイバーになるには、ダイバーの資格が必要です。

3.ひよこ鑑別士

ひよこ鑑別士とは、ひよこの性別判断をする、珍しい仕事です。ひよこ鑑別士になるには、畜産技術協会の「初生ひな鑑別師養成所」へ入所して講習を受ける必要があります。講習修了後、「鑑別研修生」として現場で1~2年ほど研修を行い、高等考査に合格すれば資格の取得が可能です。資格を取得すれば、海外で仕事をすることもできます

4.切手デザイナー

切手デザイナーは、切手の企画・デザインをする、珍しい仕事です。日本国内に数名しかおらず、募集も少ないため、簡単に就ける職種ではありません。「美術系大学または専門学校の卒業者」「コンピュータを使ったデザインに関する専門知識と実務経験(3年以上)がある方」などの応募条件があるので、就職を目指している方は、募集が出る前に実務経験を積んでおくのが無難でしょう。

5.フォーチュンクッキーライター

フォーチュンクッキーライターは、フォーチュンクッキーの中に入っているおみくじに、短文のストーリーを書く珍しい仕事です。フォーチュンクッキーライターになるには、英語圏のクラウドソーシングサービスで、ポートフォリオを提出したりトライアルを受けたりする必要があります。また、文章は英語で書く必要があるため、一定の英語能力が必要です。

6.自宅レンタル

自宅レンタルは、出張や長期休暇などで使用していない自宅や、所有している空き家などを貸し出してお金を稼ぐ、珍しい仕事です。旅行者の宿泊施設として貸し出す以外に、映画やドラマ、プロモーションビデオなどの撮影場所として提供し、報酬を得る方法もあります

7.ドローン操縦士

ドローン操縦士は、ドローンを操縦して指定された場所を空撮したり、建物の測定をしたりする珍しい仕事です。2022年時点で、免許制度や必須の資格はありません。ただし、国土交通省の「無人航空機の飛行ルール(日本語版)」によると、「無人航空機(200g以上の重量があるドローン)を、空港周辺や高さ150m以上の上空、人家の密集地域の上空で飛行させようとする場合や『飛行の方法』以外の方法で飛行させようとする場合は、飛行開始予定日の少なくとも10日前(土日祝日を除く。)までに、国土交通省へ申請が必要」とのことなので、注意が必要です。

参照元
国土交通省
航空安全

8.食品のテスター

食品のテスターは、食品の試食をする珍しい仕事です。特別な資格や経験は不要で、お菓子やレトルト食品などを食べて安全性を確認します。食べることが好きな方に向いているでしょう。

9.果菜トレーダー

果菜トレーダーは、全国の市場に野菜や果物を流通させる、珍しい仕事です。野菜や果物の需給バランスを保ち、安全流通を図ります。朝が早い仕事なので、早起きが得意な方に向いているでしょう。

10.便利屋

便利屋は、頼まれたことを基本的に何でも行う、珍しい仕事です。日常生活の困りごとや害虫駆除、遺品整理、電気工事など依頼はさまざま。なかには資格が必要な業務もあるため、幅広い依頼への対応力が必要です。

11.トレジャーハンター

トレジャーハンターは、街中に落ちている鉱物や貴金属を発掘してお金を得る、珍しい仕事です。簡単にお宝が見つかるわけではありませんが、一気に大金が手に入る可能性を秘めています。ただし、発掘した場所や物によっては所有権が関わってくるため、届け出や連絡など適切な対応をとることが必要です。

12.酪農ヘルパー

酪農ヘルパーは、酪農家に代わって搾乳や餌やりなどの作業を代行する、珍しい仕事です。牛舎の掃除やトラクターを使った作業を行う場合もあります。先輩ヘルパーが業務内容を丁寧に教えてくれる場合が多いので、未経験でも挑戦しやすいでしょう。

今の職場を辞めて、さらに刺激のある職業に就きたいと思っている方は、「面白い仕事がしたい!世の中にある珍しい職種の例をご紹介」もチェックしてみてください。

※本文中でご紹介する職種はすべてハタラクティブでご案内できるとは限りませんが、現在取り扱いのある求人は下記からご覧いただけます。また、求人からお仕事を探すこともできますが、ご自身の希望や適性などを踏まえて相談をしてみたい方はエージェントへ相談してみましょう。

高収入を狙える珍しい仕事7選

高収入を狙える珍しい仕事7選の画像

高収入を狙える珍しい仕事には、治験や執事といったものがあります。下記でご紹介するので、興味のある方はチェックしてみましょう。

1.治験

治験は、新薬の安全性を確認するための被験者になる、珍しい仕事です。正式名称は「治療の臨床試験」といいます。試験とはいっても、治験の前には十分なテストが繰り返し行われているため、危険性は低いです。報酬の高さが特徴ですが、次の治験に参加する前に数ヶ月の休薬期間が必要なので、副業として考えたほうが良いでしょう。
治験の仕事内容をより詳しく知りたい方は、「楽なバイトは存在する?仕事一覧&解説」のコラムをご参照ください。

2.執事

執事は、富裕層の家庭に給仕をする、珍しい仕事です。イギリス発祥の仕事で、家政全般を取り仕切る役目も担っています。日本ではあまり多くありませんが、場合によっては年収が1,000万円を超える場合もあるようです。

3.占い師

占い師は、人の運勢や未来を鑑定したり予言したりする、珍しい仕事です。働き方には、個人で開業する、占い事務所の運営会社に所属するなどの方法があります。口コミで評判が広がれば多くの依頼を担当でき、利益を上げられるでしょう。また、書籍が爆発的に売れて高収入を得ている占い師も少なくありません

4.潜水艦の料理人

潜水艦の料理人は、潜水艦の自衛隊員たちへ食事を作る、珍しい仕事です。潜水艦の料理人は拘束時間が長いことから、一般のレストランやホテルに勤務するよりも高収入を得やすくなっています

5.ボイスオーバーアーティスト

ボイスオーバーアーティストは、外国語の言語に日本語をかぶせる、珍しい仕事です。基本的に、原稿をその場で渡され、すぐ収録に臨むことになります。海外のドキュメンタリー番組やテレビのニュースなど活躍の場は多く、高収入を得やすいでしょう。

6.動画クリエイター

動画クリエイターは、動画を撮影・編集し、インターネット上の共有サイトにアップロードする、珍しい仕事です。人によっては、月に数十万〜数百万円稼ぐことも。ただし、高収入を得るには、品質の高い動画をアップロードし続け、再生数を伸ばす必要があります
クリエイティブな仕事とは?未経験から就職する方法や向いている人を解説!」では、動画クリエイター以外のクリエイティブな仕事も紹介しているので、創造性のある仕事に興味がある方は、ぜひご覧ください。

7.スタントマン

スタントマンは、役者の代わりに危険なアクション演技をしたり、交通安全のデモンストレーションをしたり、特撮のスーツアクターなどの現場で働いたりする、珍しい仕事です。スタントマンになるには、スタント事務所のオーディションを受けてから、事務所に所属するのが一般的。スタントシーンの危険度や難易度に合わせた報酬を受け取ることが可能です。年収は実績や仕事量によって異なります。

「高収入を狙えるなら、珍しい仕事じゃなくても良い!」という方は、「高収入をねらえる正社員の求人とは?」のコラムもチェックしてみてください。

※本文中でご紹介する職種はすべてハタラクティブでご案内できるお仕事とは限りませんが、ご自身の希望や適性などを踏まえてエージェントに相談ができます。

正社員として働ける珍しい仕事7選

正社員として働ける珍しい仕事には、遺品整理士や特殊清掃員といったものがあります。「変わった仕事がしたいけど、安定も求めたい」という方におすすめです。

1.遺品整理士

遺品整理士は、亡くなった方の住居に残された遺品を整理する、珍しい仕事です。具体的には、家具や家電、日用品などを整理して廃棄します。現金や貴重品、不動産なども遺品に含まれており、幅広い業務に携わることが可能です。
必須の資格はありませんが、「遺品整理士」の資格を持っていると、一定の知識や技能があることを証明できます。就職をできるだけ有利に進めたい方は、取得を検討してみても良いでしょう。

2.特殊清掃員

特殊清掃員とは、孤独死や自殺、他殺などで亡くなった方の部屋を掃除する、珍しい仕事です。現場には血痕があったり、異臭が充満していたりすることも多いため、強い精神力が必要といえます。ただ、その分希望者が少ない傾向にあるので、正社員を目指しやすいでしょう。
特殊清掃員の仕事内容は「清掃員は正社員で働くときつい?仕事内容やメリットを解説!」でも紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

3.探偵

探偵は、浮気調査や行方不明者の捜索、企業の情報調査などを行う、珍しい仕事です。ただし、情報収集や資料収集といった地道な作業も多いため、テレビドラマや映画に登場する探偵をイメージしていると、ギャップに戸惑うことも。入社後のミスマッチを避けたい方は、フリーの探偵やアルバイトとして働いてから正社員を目指すと良いでしょう。

4.電話相談員

電話相談員とは、悩みを抱えている人の相談を電話口で聞き、助言を行う珍しい仕事です。相談内容は、学校生活や進学、家庭の問題などさまざま。無資格で働ける場合もありますが、社会福祉士や臨床心理士といった資格や実務経験があると重宝されるでしょう。

5.ゲームデバッガー

ゲームデバッガーは、発売される前のゲームやアプリをプレイし、バグを見つけて修正を行う珍しい仕事です。まだ世に出ていない新しいゲームを、いち早く体験できるメリットがあります。ゲームが好きな方や、パソコンの知識に長けている方に向いているでしょう。
ゲーム業界の仕事に興味がある方は、「ゲーム業界の仕事」のコラムも要チェックです。

6.アウトドアガイド

アウトドアガイドは、ラフティングやキャニオニング、シャワークライミングなどのアクティビティガイドを行う、珍しい仕事です。参加者の安全を守り、楽しんで体験できるようにサポートします。場所によっては、自然散策や野生動物の観察といったガイド業務を担当することも。勤務場所は限られますが、アウトドアが好きな方が活躍できる仕事です。

7.ドレスコーディネーター

ドレスコーディネーターは、結婚式や披露宴で使うウェディングドレスをコーディネートする、珍しい仕事です。ドレスのほか、アクセサリーや靴をコーディネートする役目も。新郎新婦の要望を丁寧にヒアリングし、形にしていく、やりがいのある仕事です。

※本文中でご紹介する職種はすべてハタラクティブでご案内できるお仕事とは限りませんが、ご自身の希望や適性などを踏まえてエージェントに相談ができます。

グローバルに活躍できる珍しい仕事6選

グローバルに活躍できる珍しい仕事6選の画像

グローバルに活躍できる珍しい仕事としては、「JICA海外協力隊」「ホテルレビュアー」などが挙げられます。仕事内容は以下で解説するので、世界に飛び出して働きたいという方は、ぜひ参考にしてください。

1.JICA海外協力隊

JICA海外協力隊は、発展途上国に赴いて人道支援や資金提供を行う、珍しい仕事です。JICA海外協力隊になるには、公式サイトの募集に申し込み、選考に通過する必要があります。合格後は、語学や講座の事前学習、派遣前訓練などを行い、実際の派遣に備えるようです。

2.国境なき記者団

国境なき記者団とは、言論の自由を守る目的で、ジャーナリストによって発足された非政府組織(NGO)を指します。世界を飛び回り、弾圧されたジャーナリストの支援を行う、珍しい仕事です。ライティングスキルを磨き、ジャーナリストとして就職することが前提なので、簡単に就ける仕事ではないのが実態といえます。

3.ホテルレビュアー

ホテルレビュアーは、世界中のホテルに宿泊して評価をする、珍しい仕事です。ホテルレビュアーとして活躍するためには、旅行専門のライターとして就職するのが近道といえます。ホテルレビュアーとしての知名度が上がれば、ホテル側から宿泊を依頼されることもあるようです。

4.プロフェッショナルトラベラー

プロフェッショナルトラベラーは、世界中を旅して、その魅力を多くの人に伝える、珍しい仕事です。具体的には、SNSを通じて文章や写真、動画などを公開し、旅行のすばらしさを発信します。ただし、プロフェッショナルトラベラーとして報酬を得るには、旅行業者や専門業者とのタイアップが必要です。

5.ストリートビューフォトグラファー

ストリートビューフォトグラファーは、検索エンジンサイトが提供するストリートビューを、地球上のあらゆる場所に行って撮影する、珍しい仕事です。カメラを持って撮影するだけでなく、ストリートビュー撮影用の車をドライブする場合もあります

6.キュレーター

キュレーターとは、海外の学芸員を指します。美術館・博物館が企画展示を行うときに、クリエイティブディレクターや編集者の役割を担う、珍しい仕事です。キュレーターとして働くには、大学や大学院を卒業したあとに、インターンシップやエントリーレベルの仕事を通して実務経験を積む必要があります

今後グローバルに活躍したいと考えている方には、「就活に英語のスキルは必要?英語が必要な仕事とは?」や「外資系企業への転職をお考えの方に!特徴や適性とは」のコラムもおすすめです。

※本文中でご紹介する職種はすべてハタラクティブでご案内できるお仕事とは限りませんが、ご自身の希望や適性などを踏まえてエージェントに相談ができます。

珍しい仕事に就くメリット

珍しい仕事に就くメリットの画像

珍しい仕事に就くメリットは、初対面の相手にインパクトを与えられたり、人間関係が広がったりすることです。以下で詳しく解説しているので、確認してみましょう。

初対面の相手にインパクトを与えられる

珍しい仕事に就くと、初対面の相手に興味を持ってもらいやすくなります。ほかの人にはない経験をしていることが、魅力につながるようです。いずれ転職する際も、特殊な経験から学んだことをアピールでき、ほかの求職者と差をつけられるでしょう。

人間関係を深められる

人とのつながりを深めやすいのも、珍しい仕事に就くメリット。珍しい仕事は、求人数が少ないからこそ「珍しい」といわれる側面もあるので、狭く深く人間関係を深められる可能性が高いのです。関係を深めた結果、他者とのつながりを通じて新しい仕事をもらえる場合もあるでしょう。

珍しい仕事に就くデメリット

珍しい仕事に就くことには、働けるところが少なかったり周囲の理解を得にくかったりするデメリットがあります。珍しい仕事に興味がある方は、仕事内容や私生活への影響などを十分に考慮したうえで、就職すべきか判断しましょう。

求人数が少なめで転職のハードルが高い

珍しい仕事は、一般的な職業に比べて求人数が少なく、希望の仕事に就くのは難しい可能性があります。たとえ条件に合った仕事が見つかっても、求人の募集枠が少ないので就職倍率が高くなる傾向にあるようです。

周りの人に理解してもらえない可能性がある

珍しい仕事は、知名度が低い傾向があるため、周りの人に話が伝わりにくい可能性があります。ほかの人が経験したことのない特殊な仕事が多く、業務内容によってはマイナスイメージを抱かれることも。また、人が選ばない仕事をあえてやっていることから、「変わっている人」と捉えられる場合もあるようです。

※本文中でご紹介する職種はすべてハタラクティブでご案内できるお仕事とは限りませんが、ご自身の希望や適性などを踏まえてエージェントに相談ができます。

「珍しい仕事」の求人の探し方

「珍しい仕事」の求人の探し方の画像

珍しい仕事を探すときは、求人サイトや就職エージェントを利用するのがおすすめです。探し方は、以下を参考にしてください。

求人サイトを利用する

求人サイトを利用して珍しい仕事を探す場合は、検索窓に「珍しい仕事」と入れて検索しましょう。そうすると、あまり名前が知られていない、珍しい職種の求人が出てきます。ときには、募集が少ないレアな仕事が出てくることも。求人サイトのメリットは、自宅でも外でも気軽に求人検索ができる点です。自分に合う求人との出会いを逃さないためにも、定期的にチェックしましょう。

就職エージェントに相談する

就職エージェントを利用して、珍しい仕事を探す方法もあります。就職エージェントでは、専任のアドバイザーがつく場合が多いため、珍しい仕事を探している旨をアドバイザーに伝えましょう。対面だけでなく、チャットや電話、オンライン面談などを行なっているエージェントもあるので、利用しやすいサービスを選んでみましょう。
必ずしも希望する仕事をご案内できるとは限りませんが、ご希望や適性に近いお仕事を一緒に探すサポートが受けることができます。

求人サイトとエージェントのメリット・デメリットは、「転職エージェントより求人サイト?」で詳しく紹介しているので、選ぶ際の参考にしてみてください。

珍しい仕事を探す際の3つのポイント

珍しい仕事を探す際の3つのポイントの画像

珍しい仕事に就く際のポイントは、「自分の適性を知る」「他己分析をしてもらう」「選択肢を広げる」の3つです。珍しい仕事への就職・転職に踏み切る前に、それぞれのポイントを理解しておきましょう。

1.自分の適性を知る

珍しい仕事に就きたい方は、情報収集をしっかりと行なったうえで、その仕事が本当に自分に合うか判断することが大事です。自分の長所や短所を分析し、適性を見極めましょう。
自己分析の正しいやり方は「自己分析って何?やり方がわからない方へのヒント集」で確認できます。

2.他己分析をしてもらう

自分を客観的に見るために、性格や適性を第三者に分析してもらうのも効果的です。自分では気づいていなかった一面を知ることは、「珍しい仕事への適性があるか」の判断に役立ちます。身近にいる家族や友人、同僚など、遠慮せずに何でも言える関係性の人にしてもらうと、より効果的です。

3.1つの職種にこだわり過ぎない

珍しい仕事に就こうとしている方は、1つの職種にこだわり過ぎないようにしましょう。珍しい仕事は求人自体が少ない場合も多く、1つの職種にこだわっていると就職のチャンスを逃してしまう可能性があるからです。興味のない分野や苦手な仕事でも、深く調べれば自分に合っている場合もあるので、視野を広げて就職先を探してみてください。

「自分の適性に合った仕事を知りたい!」という方は、ぜひ就職エージェントのハタラクティブをご活用ください。
ハタラクティブは、フリーターや第二新卒、高卒などといった若年層向けの就職・転職サービスです。専任のアドバイザーが、マンツーマンのカウンセリングによって、求職者一人ひとりに合った求人を紹介します。仕事探しから内定までを一貫してサポートするので、就職活動が初めての方も安心です。サービスはすべて無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

珍しい仕事に関するQ&A

以下では、「珍しい仕事に当てはまる職種は何?」「珍しい仕事に就く方法は?」など、珍しい仕事に関するよくある質問に回答していきます。なお、ハタラクティブで珍しい仕事をご紹介できるとは限りません。ご紹介できる仕事についてはお問い合わせください。

珍しい仕事に当てはまる職種は何ですか?

ひよこ鑑別士やドローン操縦士、探偵などが当てはまります。珍しい仕事の捉え方は人それぞれですが、このコラムの「あまり知られていない珍しい仕事12選」でご紹介した職種は比較的珍しいといえるでしょう。「変わった仕事がしたい!正社員の求人はある?珍しい職業の一覧をご紹介」のコラムでも、珍しい仕事についてご紹介しています。変わった仕事の情報を詳しく知りたい方は、あわせてご一読ください。

珍しい仕事で高収入は得られますか?

珍しい仕事で高収入を得ることは可能です。このコラムの「高収入を狙える珍しい仕事7選」でもご紹介したとおり、高収入を得られる珍しい仕事には治験や執事、動画クリエイターなどがあります。「高収入の仕事に就くにはどうしたら良い?稼げる職業の共通点も紹介!」のコラムでも、高収入を狙える珍しい仕事をご紹介しているので、あわせてご覧ください。

珍しい仕事とはどんな職業ですか?

珍しい職業には、「変わっている」「面白い」「興味深い」といった特徴があります。一般的にあまり知られていない職業は、珍しい仕事といえるでしょう。「世の中に存在する面白いお仕事とは?」のコラムでは、面白い仕事について詳しくご紹介しています。面白い、珍しい仕事に興味のある方は、ぜひこちらもチェックしてみてください。

珍しい仕事に就く方法を知りたいです

珍しい仕事に就くには、必要な資格を事前に確認しておくこと、実際に職場を見学できる機会を得ることが大事です。珍しいという理由だけで選ぶのはリスクがあるので、興味のある仕事の業務内容や将来性を理解しておきましょう。
仕事探しに悩んでいる方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。プロのアドバイザーが希望条件をヒアリングし、あなたに合った求人をご紹介します。

この記事に関連するタグ