一人でできる仕事一覧!向いている人や求人の見つけ方もご紹介

一人でできる仕事一覧!向いている人や求人の見つけ方もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 一人でできる仕事とは、他人と最小限のコミュニケーションで作業を進めるものを指す
  • 一人でできる仕事で高収入が見込めるのは、システムエンジニアやWebデザイナー
  • MOSやTOEICといった資格を取得すれば、一人でできる仕事の就職に役立つ
  • 一人でできる仕事は自分のペースで進められるメリットがある一方、責任も大きい
  • ハローワークや就職支援エージェントを活用すれば、一人でできる仕事も見つけやすい

働き方の多様化が進むなか、人と関わる仕事より一人でできる仕事をしたいと考える方もいるのではないでしょうか。一人でできる仕事に取り組むなら、黙々と作業できるものやフリーランスとしての働き方がおすすめです。このコラムでは、一人でできる仕事の業務内容や必要資格、向いている人の特徴について解説。また、一人で仕事をするメリットやデメリットについてもご紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

一人でできる仕事とは?

一人でできる仕事とは?の画像

一人でできる仕事とは、他人と最小限のコミュニケーションで作業を進めるものを指します。他人に左右されずマイペースに働きたいという理由から、一人でできる仕事を望む方も多いでしょう。この項では、一人でできる仕事内容や特徴についてご紹介します。

人と関わらずに一人でできる仕事の種類

人と関わらずに一人でできる仕事には、大きく分けて以下の3つの種類に分けられます。

・工場などでの作業
・配達や戸外での仕事
・フリーランス

他人と関わらずに一人でできる仕事には、企業や団体に属しながらも、単独で黙々と作業をする仕事や社外に出て仕事を進めるものがあります。そのほかに、企業や団体などに雇用されることなく、独立した個人事業主として仕事を契約するフリーランスも一人でできる仕事の一例です。一人でできる仕事をお探しの方は、「ひとりでできる仕事とは?メリットとデメリット」もご一読ください。一人で働ける職種や就職するうえで注意すべきポイントを記載しています。

正社員でも一人でできる仕事は?

企業に雇用される正社員でありながら、業務の多くを一人でできる仕事には、以下のようなものがあります。

・エンジニア
・Webデザイナー
・コピーライター
・警備員
・清掃員
・ゲームテスター
・自動販売機のドリンク補充スタッフ

エンジニアは、IT関連企業に属してWebに関するプログラミング言語の知識を活用し、システム設計やプログラム構築をする仕事です。Webデザイナーやコピーライターは、ワードセンスやデザインセンスを活かした仕事に携われます。また、割り当てられた区間の中で仕事を行う、施設内の警備や交通整理をする警備員や清掃員、自動販売機のドリンク補充をする仕事も他人と関わることが少ない仕事です。

一人でできる仕事【黙々と作業したい人におすすめ編】

一人でできる仕事【黙々と作業したい人におすすめ編】の画像

この項では、黙々と一人でできる仕事のなかでも特別な資格やスキル、経験を必要とせず活躍できるものをご紹介します。

工場の作業員

工場の作業員はライン作業やピッキング、荷物の積み下ろしなどが主な仕事です。
ライン作業とは、ベルトコンベアに流れてくる物の加工や検品、梱包などの仕事を指します。工場で扱う製品によって作業内容はさまざまです。具体的には、機械を作る工場では溶接や塗装、クリーニング工場ではシミ抜きやアイロンがけを行います。ピッキングは、指示書や伝票を見ながら指定されたものを倉庫から取り出す作業です。

向いている人

ライン作業は、黙々と作業に集中して仕事ができるので、ルーチンワークが苦ではない人に向いています。また、欠陥品を出さないために注意深く作業に取り組む必要があるため、集中力や正確さも大切です。荷物の積み下ろしやピッキングは、取り扱う製品によっては力が必要な場合があります。
工場の仕事は基本的に一人でできる作業が多いですが、チームを組んで作業する場合もあるため、業務内容をきちんと確認しましょう。

資格

基本的に工場の作業員は、無資格・未経験でも採用されることが多いです。しかし、最大積載荷重が1トン以上のフォークリフトを使用する場合は、各都道府県労働局の登録教習機関で実施される「運転技能講習」の受講が必要です。

検針員

検針員はガスメーターや水道メーターから契約者の使用量をチェックする仕事です。ハンディタイプの検針機で各戸を巡回しながら調べ、出力された検針票をポストへ投函します。住人と会った際には挨拶を交わしますが、基本的には単独作業のため、一人でできる仕事といえるでしょう。

向いている人

検針員の仕事は、担当エリアを自転車や原付バイク、徒歩で巡回します。季節を問わず戸外を移動するので、体力に自信がある人や、身体を動かすことが好きな人に向いているでしょう。

資格

検針員に特別な資格は必要ありませんが、移動に車を使うため「普通自動車運転免許」は最低限必要になります。ガスの検針員は、消費設備の点検・調査業務を行える「保安業務員」や「調査員」の資格を持っていると有利です。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスは、オフィスビルや商業施設、病院など、規模の大きい建物の維持や管理を行います。業務を覚えるまでは、先輩スタッフからレクチャーを受けて一緒に巡回するものの、慣れてからは一人でできる作業がメインです。空調機や電気設備、ボイラーなどの点検を行うため、専門性の高いスキルや知識を習得できます。

向いている人

ビルメンテナンスは技術系の仕事なので、普段から機械いじりや工具を使ったもの作りが好きな人におすすめです。また、ビルメンテナンスに関する資格があると、就職やその後のキャリアアップで有利になるため、勉強が好きな人に向いています。

資格

ビルメンテナンスの仕事に必須の資格はありません。ただし、「危険物取扱者乙種第4類」「二級ボイラー技士」「第二種電気工事士」「三種冷凍機械責任者」などの資格を取得すると、就職にも役立つでしょう。

ポスティング

ポスティングは、各家庭の郵便受けにチラシを投函する仕事です。ポスティングの仕事は、日給制と歩合制の2種類があります。日給制の場合はノルマがあり、歩合制の場合はチラシを投函した枚数によって収入を得ることが可能です。

向いている人

ポスティングの業務中は一人になれるため、周囲との会話を極力控えたい人に向いています。マンションや住宅の多いエリアなら効率的にポスティングできるので、早く業務を終えられれば残りの時間を有効活用することが可能です。そのため、計画的に行動できる人や時間を自由に使いたい人にも適しています。

自分のペースでできる仕事を知っておこう

このほかにも、ある程度の人との関わりはあるものの、データ入力や分析といった事務系の仕事も比較的黙々と作業できるので、一人でできる仕事といえます。「コツコツできる仕事とは?タイプ別におすすめの職種をご紹介!」では、自分のペースでできる職種についてご紹介しているので、参考にしてみてください。

一人でできる仕事【交通・配送系編】

一人でできる仕事【交通・配送系編】の画像

車やバイクを使って行う配送系の仕事は、「運転免許」の資格を必要としている傾向にあります。荷物の積み下ろし時や乗客とのコミュニケーションが発生する場合もありますが、配送中や待機時間には比較的一人で過ごす時間が多い仕事といえるでしょう。下記で詳しい職種と仕事内容を解説しているので、どんな仕事があるのか確認してみてください。

タクシー運転手

タクシー運転手は乗客を車で目的地まで送り届けることが仕事です。待機場所や休憩時間を自分で決められ、待機中は一人で気兼ねなく過ごせます。ただし、状況にあわせて乗客とコミュニケーションを取りながら、目的地までのルートを決めることも。最初は道を覚えるまで苦労することもありますが、慣れてくると最短ルートで送り届けられたり、乗客から感謝されたりと、やりがいを感じられる仕事です。

向いている人

タクシー運転手は乗客の命を預かる仕事といっても過言ではないので、安全に落ち着いて運転できる人に向いています。乗客が急いでいるときは、最短で行けるルートや渋滞していない道を選ぶ必要があるため、臨機応変に対応できると良いでしょう。歩合制のタクシー会社も多いため、自分のがんばりが給与に反映されることにやりがいを感じる人にもおすすめです。

資格

タクシー運転手になるには、「第二種運転免許」が必要です。会社によっては、「第一種免許」を取得して3年以上経過していれば、入社後に第二種の取得のサポートをしてくれるところもあります。また、東京や大阪といった一部の地域では、「地理試験」の合格が必須です。

配送ドライバー

配送ドライバーは車両を運転し、荷物の運搬を行うのが主な仕事です。トラックの運転は、主に短・中距離運転、長距離運転、ルート配送に分かれます。配送距離や配送先によって人と関わる頻度も変化するのが特徴です。
長距離運転は、積荷の上げ下ろし作業時に人とのやり取りが発生することもありますが、長い運転時間内は、一人でできる仕事といえます。一方、ルート配送は、ある程度決まった取引先や個人宅に荷物を届けるため、配送先の相手とコミュニケーションが必要になるでしょう。

向いている人

配送ドライバーは長時間運転をすることがあるため、運転が好きな人はもちろん、体力に自信がある人に向いています。日によって異なる配送先に向かう場合もあり、地理に詳しい人にもおすすめです。

資格

小型トラックの運転は、普通免許のみで可能です。しかし、小型トラックを超える大きさのトラックを運転するためには、「準中型免許」「中型免許」「大型免許」など、トラックの車両総重量と最大積載量に合わせた特別な免許が必要になります。

新聞配達員

新聞配達員は、バイクや自転車を使い、担当エリアにある各家庭のポストに新聞を投函する仕事です。新聞への広告折込といった作業も発生します。販売店にいる間はスタッフ同士のコミュニケーションが発生しますが、配達は一人でできる作業です。

向いている人

朝刊配達の場合は早朝の勤務になるため、早起きが苦でない人に向いています。また、配達先によってはエレベーターがなく階段を使用して玄関まで届けることもあり、体力勝負の仕事です。

資格

新聞配達の仕事には、特別な資格は必要ありません。男女関係なく、働いている人の年齢もさまざまです。

一人でできる仕事【高収入編】

一人でできる仕事【高収入編】の画像

この項では、平均に対して比較的高い給与が見込め、かつ一人で仕事ができる「システムエンジニア」と「Webデザイナー」についてご紹介します。 なお、国税庁の「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、企業規模別にみた日本人の平均給与は、資本金2,000万円未満の株式会社が約371万円、資本金10億円以上の株式会社が約607万円、個人企業が約250万円です。

参照元
国税庁
民間給与実態統計調査

システムエンジニア

システムエンジニアの主な仕事は、システム開発における要件定義や設計、テストなどです。クライアントの要望を聞き、実現に向けて全体の設計図を作ります。プログラミングを行うのはプログラマーの役目ですが、会社によってはこの役割をシステムエンジニアが担う場合もあるようです。また、人員や予算の管理を行うこともあります。各担当者やクライアントとのやり取りをする場面もありますが、一人でできる作業を担当する場面が多いでしょう。

向いている人

システム開発では、予期せぬトラブルが起こることもあるため、責任感がある人が向いています。困難な課題に直面しても、最後まで解決に向けて取り組む姿勢が大切です。また、システムエンジニアは設計を行ううえで全体の流れを理解する必要があるため、プログラミングの知識が必須となります。

資格

システムエンジニアになるために特別な資格は必要なく、技術があれば仕事ができます。ただし、「基本情報技術者試験」や「応用情報技術者試験」に合格すれば一定のIT技術を証明でき、就職にも有利にはたらくでしょう。

厚生労働省・職業情報提供サイトの「システムエンジニア(Webサイト開発)」によると、システムエンジニアの平均年収は約511.9万円。IT業界は今後さらに需要が高まるため、人手不足が見込まれます。フリーランスになれば、クラウドソーシングを使用して仕事を得ることも可能です。パソコンがあれば、自宅で一人でできる仕事を進められる場合もあります。知識や技術を身につければ比較的高い収入が見込めるでしょう。

参照元
厚生労働省 職業情報提供サイト
システムエンジニア(Webサイト開発)

Webデザイナー

Webデザイナーは、企業や個人から依頼されたWebサイトのデザインを作る仕事です。Webサイト全体の構成やデザインを考え、コーディングも行います。スキルがあれば一連の作業を一人で進めることも可能です。ただし、クライアントの要望を聞き、イメージに沿ったものを制作する必要があるため、細かなコミュニケーション能力が求められます。
また、正社員として会社に所属する場合、業務を細分化しチームのメンバーと手分けして進めることも。クライアントやチームとのやりとりが多く発生するものの、作業自体は一人でできる仕事です。

向いている人

Webデザイナーの仕事は、Webデザインに興味のある人やものを作ることが好きな人に向いています。また、コーディングを行うため、プログラミング言語に抵抗がなく、パソコンを扱うことが好きな人であればより仕事を楽しめるでしょう。

資格

Webデザイナーに必須の資格はありません。ただし、HTMLやCSSといったコーディングの知識は最低限必要です。

厚生労働省・職業情報提供サイト「Webデザイナー」によると、Webデザイナーの平均年収は約460.9万円。センスやコーディングの知識が必要になりますが、個人のスキルが問われる仕事なので、企業で実績を積んだうえでフリーランスになることも可能です。

参照元
厚生労働省 職業情報提供サイト
Webデザイナー

そのほかの高収入の仕事については「高収入の仕事に就くにはどうしたら良い?稼げる職業の共通点も紹介!」のコラムでも詳しく解説しています。高収入の仕事が気になる方は、あわせてご一読ください。

一人でできる仕事【女性に人気編】

一人でできる仕事【女性に人気編】の画像

近年特に女性からの人気が高まってきているのが、在宅勤務が可能な一人でできる仕事です。在宅勤務は、子育てと両立しやすく資格が要らない職種が多いことから需要が高まっています。この項では、女性に人気がある、家にいながら一人でできる仕事をまとめました。

Webライター

Webライターは、Webサイトに掲載される文章を書く仕事です。勤務形態はさまざまで、会社に出勤するところもあれば、在宅勤務でライティングを進める場合もあります。在宅勤務ならメールやチャットでのやり取りで仕事を進められるため、人と直接的に関わらず一人でできる仕事といえるでしょう。ただし、取材がメインの記事を作る場合は、取材先とのやり取りが発生するほか、クライアントの要望を聞くために密な連絡が必要になります。

向いている人

Webライターの仕事は、文章の読み書きが好きな人に向いています。文章の構成力や語彙力に加えてセンスも求められるため、日頃から本や新聞を読んで腕を磨く努力ができると良いでしょう。また、専門分野に特化したWebライターもいますが、多くの場合は興味に関わらず多彩なテーマを扱うため、情報収集を一人でできる人に向いています。

資格

Webライターに必須となる資格はありません。媒体のターゲットや扱うテーマによって求められる文章もさまざま。専門的な立場で記事を書くこともあれば、個性の光る斬新な文章や、論理的で伝わりやすくWebサイト上で評価される文章を依頼されることもあるので、基本的な文章力を身につけておくことが大切です。

ネイリスト

「爪を健康的に美しくする」のがネイリストの仕事です。爪の整形や甘皮といったネイルケアを行うほか、爪に装飾を施すネイルアート、付け爪の作成も行います。
お客さまとの対面作業が多い傾向にあるものの、自宅の一室や小さなスペースでも施術ができるため、「ほかのスタッフとのコミュニケーションが必要」ということもなく、一人でできる仕事です。このほかにも、付け爪を専門サイトで売ることもできます。

向いている人

ネイリストは手先が器用な人に向いています。ネイルケアの際はお客さまに怪我をさせないよう注意したり、アートを施すときは繊細な作業を行ったりするためです。また、ネイルは技術もトレンドも日々変化していく傾向にあるので、流行に敏感で、向上心のある人にも向いているでしょう。

エステティシャンやボディセラピスト

エステティシャンやボディセラピストは、カウンセリングを通して、お客さまの悩みや要望に合わせた身体や顔のケアを行います。エステティシャンでは特に美を追求した内容が、ボディセラピストではリラクゼーションや心身の不調を和らげる効果を期待されることが多いようです。
対人の仕事にはなるものの、ネイリスト同様にほかのスタッフとのやり取りは少なめで、一人でできる仕事といえます。お客さまの中には「施術中は会話したくない」という人も多いため、コミュニケーションの負担が少ないでしょう。

向いている人

エステティシャンやボディセラピストの場合は、美容に興味があり、お客さまの喜びや変化が見られるのがやりがいになる人に向いています。ただし、施術内容や予約の状況によっては1日中立ちっぱなし・動きっぱなしな日があるので注意が必要です。体力面に自信のある人は、長く仕事を続けられるでしょう。

目的にあった資格があればスキルを証明できる

ネイリストやエステティシャンは、必須となる資格が存在せず、働きながら経験を積める点が特徴です。とはいえ、資格があればスキルを客観的に証明でき、顧客からの信頼度が上がるため、各種協会の資格や検定試験を取得している人が多い傾向にあります。カリキュラムの内容や費用は実施している団体によって異なるため、自分の目的にあった資格を選ぶと良いでしょう。

女性に人気の職業については「女性に人気の仕事を種類別に紹介!空港・ものづくり系など」でも紹介しているので、気になる方はチェックしてください。

一人でできる仕事の3つのメリット

一人でできる仕事の3つのメリットの画像

一人でできる仕事のメリットには、人間関係によるストレスの少なさや自分のペースを維持できることが挙げられます。一人でできる仕事のメリットを以下で解説しますので、参考にしてみてください。

1.人間関係のストレスが少ない

一人でできる仕事のメリットには、人間関係のストレスをそこまで感じることなく働ける点があります。一人でできる仕事は、人と一緒に行動するのが苦手な人や人間関係に苦手意識がある人、ほかの人がいると緊張して実力が出せないという人にとって、取り組みやすいものといえるでしょう。上司や同僚に気を使ったり、緊張状態になったりすることがないため、無理なく仕事を進められます。

2.自分のペースで仕事ができる

終始自分のペースで働けることも、一人でできる仕事のメリットです。ほかのスタッフに急に仕事を振られたり、話しかけられてペースを乱されたりしません。一人でできる仕事は集中しやすいため、作業効率や生産性のアップが見込まれます。また、裁量のある仕事が多いので、自分でスケジュール管理をしながら納期やプロジェクトへの参加を決められるのもポイントです。
マイペースな人に向いている仕事は?職場で高評価を得るための4つのコツ」では、自分のペースで働ける仕事を紹介しています。働く場所や時間が自由に選べる仕事なら、マイペースに作業を進められるでしょう。

3.仕事によっては在宅勤務が可能

一人でできる仕事には、作業の場所を問わず、在宅勤務ができるものが多くあります。通勤時間を削減でき、家事や育児と両立しやすい点がメリットです。また、仕事によっては、自宅ではなくカフェやコワーキングスペースで作業が可能な場合もあります。

一人でできる仕事の3つのデメリット

一人でできる仕事の3つのデメリットの画像

一人でできる仕事は、責任が重かったり確定申告が必要だったりします。人によってはデメリットと感じる場合があるので、早期離職にならないかチェックしましょう。

1.すべての責任を自分で負わなければならない

一人でできる仕事のデメリットには、すべて自分一人で責任を負わなければならない点があります。たとえば業務上でミスが発生した際、人を頼ることができないため、自分で責任を取らなくてはなりません。また、何もしなくても業務を割り振ってもらえる環境ではなく、仕事も自分の力で獲得していく難しさがあります。

2.フリーランスの場合は休んだ分の収入が得られない

一人でできる仕事でフリーランスを選んでいる人の場合、休んだ分の収入が得られないというのがデメリットです。会社とは異なり、フリーランスだと自分の代わりはいません。もしも体調を崩して仕事ができなくなると、納期を守れないどころか、次の仕事の依頼がこない…というリスクにつながります。一人で気楽にできる反面、仕事をするうえで代わりがいないので、それなりの責任を伴うでしょう。

3.確定申告の手続きが必要なこともある

1年間の事業所得が38万円を超える場合には確定申告が必要です。一人でできる仕事をフリーランスとして取り組む場合、確定申告を自分で行わなければなりません。もしも確定申告をしなかった場合、支払うべき税金に加えて追加課税が行われる可能性があるので注意しましょう。

在宅で仕事をする3つの方法とは?メリット・デメリットや注意点も解説」では在宅ワークならではの良さと欠点を解説しています。自宅で一人でできる仕事を探している方は、こちらも参考にしてみてください。

一人でできる仕事がつらいときの5つの対処法

一人でできる仕事がつらいときの5つの対処法の画像

一人でできる仕事がつらくなったときは、人と話したり休日をつくったりすることが大切です。ここでは、一人での作業がつらいときの対処法を5つご紹介します。

1.周囲の人とコミュニケーションを図る

一人でできる仕事がつらいときは、周囲の人と積極的にコミュニケーションを図ることが大切です。一人で作業を続けていると外部と接する機会が減るため、知らないうちにストレスを抱え込んでいる可能性があります。家族や友人と話す時間を確保したり、馴染みのお店をつくったりして、心身に負担をかけないようにしましょう。

2.仕事と休みのメリハリをつける

一人でできる仕事をしていると、オンオフの切り替えがうまくできずストレスがたまってしまうこともあります。意識的に、仕事を忘れてリラックスする日をつくることが大切です。一旦仕事から離れることで翌日のパフォーマンスが上がることもあります。

3.仕事や業界に関する知識を増やす

仕事や業界に関する知識を増やせば、より一層業務に集中することが可能です。専門的な分野の知識が身につくと、業務効率が向上し、つらいという気持ちを払拭できます。Webや書籍で情報収集を行い、スキルアップを心がけましょう。

4.成功イメージを持って具体的な目標を設定する

一人でできる仕事がつらくなったら、将来の成功イメージを持つようにしましょう。将来の理想や目標を立てれば、仕事に向かう姿勢も前向きになります。小さな目標からでも良いので、成功体験を積み重ねれば、意欲的に仕事に取り組むことが可能です。

5.現在の仕事が自分に合っているか見つめ直す

「一人でできるから」という理由で働いていても、企業の方針や業務内容、待遇などに不満があればモチベーションを維持できません。見つめ直した結果、いまの仕事が自分に合っていないと判断したら、転職を検討するのも一つの手です。「働き始めてからチームワークの利点に気づいた」「現在よりも一人で集中的に働けるところに行きたい」という希望に気づいたら、実現に向けて行動してみましょう。

一人でいたい人に多い悩みやその対策については、「人と関わりたくない人に適している仕事は?面倒くさいと感じる心理も解説!」もご覧ください。
できるだけ笑顔で過ごしたりネガティブな情報から遠ざかったりすることも、つらさを払拭する要素につながります。

一人でできる仕事で成功する人の5つの特徴

一人でできる仕事で成功する人の5つの特徴の画像

仕事の向き不向きだけでなく、一人でできる仕事を進める際に必要な適性が自分に備わっているかどうかを理解することも大切です。この項では、一人でできる仕事を始める人が押さえておきたいポイントをご紹介します。

1.得意なことと世間のニーズをマッチさせている

一人でできる仕事をするには、自分の実力と世間のニーズを把握することが重要です。たとえばフリーランスのブロガーを目指す場合、文章を書いた経験が少なく語彙力にも自信がない人が「稼げるブロガーになりたい」と思ってもうまくいきません。なぜなら、世間には文章が上手なブロガーは多く存在するからです。文章の上手さとは別の視点で魅力を発信する差別化ができないと、ブログへの訪問数の増加はもちろん、収入に繋がるアクションは期待できないでしょう。

2.自己管理能力が高い

在宅ワークやフリーランスは周りからの視線や勤務規定がありません。そのため、仕事の自由度が高く、依頼の引き受け方次第では「丸1週間はすべて休むけど、次の1週間は仕事を詰め込む」といった自由なペース配分が可能です。スケジュールだけでなく、体調面の管理も一人でできるかが収入を左右するでしょう。

3.自分を売り込む営業力がある

特にフリーランスで働く人は、顧客探しや仕事の依頼・取引といったほとんどの過程を自分で行う必要があります。依頼が安定するまではネームバリューもないので、急なアポイントは警戒される可能性もあるでしょう。そのためフリーになる前から人脈を作り、自分のスキルややりたいことを明確にする姿勢が求められます。独立したあとも、人脈を広げる行動や自らをアピールしていく力が重要です。

4.向上心が高い

前述のとおり、一人でできる仕事の中には、資格があると有利になるものがあります。フリーランスとして働く場合や正社員でもスキルアップが求められる職種は、資格の有無が収入や評価に影響することも。自分の望む安定した収入を目指すなら、日々資格取得やスキルアップの努力をする必要があるでしょう。

5.決断力がある

一人で仕事をする場合、スピーディな判断が大切です。場合によっては、要不要の判断を瞬時に行わなければなりません。そのため、孤独に弱い人や責任感がない人は、一人でできる仕事に適さないでしょう。自分の向き・不向きや優先させたい要素に応じ、常に自分が主体となって動ける人が向いています。

一人でできる仕事に役立つ資格やスキル

一人でできる仕事に役立つ資格やスキルの画像

ここでは一人でできる仕事をしたい方が持っておくと役立つ資格やスキルの一例をご紹介するので、参考にしてみてください。

MOS(マイクロオフィススペシャリスト)

MOSはWordやExcelといったパソコンスキルがあることを証明する資格です。IT業界に限らず多くの企業では業務にパソコンを使用しているため、MOSの資格ならどのような仕事でも役立ちます。MOSを取得すれば、データのグラフ化や研修の準備、書類の作成などを効率的に進めることが可能です。

TOEIC700点以上

TOEICは、英語のリーディングとリスニングスキルを測る資格です。特に一人でできる仕事として、翻訳の仕事や海外の方とやり取りをする場合には、700点~850点以上のスコアが役立ちます。また、似たような資格の「TOEFL」も実践では役立つものの、現在の日本の企業ではTOEICのスコアを評価する傾向が強いのが実状です。「正社員としての就職を目指している」のであれば、まずはTOEICスコアを上げることを目指しましょう。

柔道整復師・あん摩マッサージ師・鍼灸師

整体師や鍼灸師は、指圧法・解剖学を学び、技術によってお客さまの体のケア・治療を行います。いずれも国家資格で指定学校での知識・技能の履修が受験要件となり、これらの資格がなければ施術を行えません。また、資格を保有することで、接骨院や整骨院を開業できます。

税理士・会計士

税理士や会計士は、弁護士や司法書士と同様に「士業」とされ、専門分野のスペシャリストとして活躍できる国家資格です。税理士は個人・企業の税金に関わるサポートを行います。公認会計士は、監査・会計の専門家として企業・組織の財務に関する書類の監査や誤りがないことを証明する仕事です。キャリアを積むことでコンサルティング業務も担えます。どちらの資格も需要が高く、顧客を確保して独立・開業しているケースが多数あり、一人でできる仕事の代表例です。

就職に役立つ資格については「就職に役立つ資格大集合!あなたはどれを選ぶ?」も参考にしてください。目指したい業界や職種に応じて資格を取得すれば、必要な知識や技術を身につけられるでしょう。

一人でできる仕事の求人の見つけ方

一人でできる仕事の求人の見つけ方の画像

一人でできる仕事の求人を探す方法は多岐に渡ります。以下で詳細をご紹介しますので、自分に合ったやり方を試してみましょう。

就職・転職サイトで求人を探す

求人をインターネット上で掲載しているのが就職・転職サイトです。就職・転職サイトは好きな時間に閲覧でき、経験の有無や休日数、職種などの幅広い条件を絞って検索ができます。就職・転職サイトのみで求職活動を行う場合は、求人選びや応募、面接の日程調整など、企業の採用担当者との連絡を自分で行わなくてはなりません。

ハローワークで紹介してもらう

ハローワークは正式名称を公共職業安定所といい、厚生労働省が運営を行う就職支援サービスです。求人登録が無料であるため、掲載している企業が多いのが特徴。求人数が豊富なため、選択肢の幅を広げられます。また、職業相談や紹介状の作成、応募書類の作成支援などのサービスを受けられるのもメリットです。
ハローワークを利用する流れは?初めての応募申し込みや失業保険の申請方法」ではハローワークのサービスについて詳しくまとめているので、ぜひご確認ください。

クラウドソーシングサイトで仕事を受注する

クラウドソーシングサイトとは、インターネット上で企業が不特定多数の業者や個人に業務を発注するサービスです。特定の業者・個人に業務を委託するアウトソーシングとは異なり、受注側は自分のスキルを活かし、自由に時間や場所、仕事の内容を選べる点がメリット。また、時給ではなく納品する成果物によって単価が発生することが多い傾向にあります。

就職・転職エージェントを利用する

就職・転職エージェントとは、求職活動全体をサポートしてくれる民間サービスです。就職・転職サイトに掲載されていない非公開求人や求職者の適性に合った求人の紹介を受けられます。また、応募書類の添削や書き方のアドバイス、面接対策を行うほか、企業側に求職者をアピールしてくれるエージェントも。ハローワークよりもさらに踏み込んだサポートを行っているため、「自分がどんな仕事をしたいのか分からない」「一人でできる正社員求人の探し方が分からない」など、求職活動に不安を抱える人におすすめの方法です。

就職・転職エージェントのハタラクティブでは、求職者の悩みや希望を尊重した就職支援サービスを提供しています。
初回のカウンセリングをはじめ、面接対策以外のサービスはほとんどがマンツーマン。また、チャットツールを用いた相談にも対応しており、人と関わることが苦手な人でも安心してご利用いただけます。ハタラクティブでは未経験者歓迎の求人を多数ご用意。業界未経験や、社会人経験なしという方も正社員での就職を成功させています。
まずはお気軽にあなたの現状についてお聞かせください。

一人でできる仕事に関するお悩みQ&A

一人でできる仕事がしたいと考えている方は多いでしょう。ここでは、一人でできる仕事に関する疑問をQ&A方式で解決していきます。

在宅でできる仕事はありますか?

在宅でできる仕事は、ネットショップの運営やアフィリエイト、Webライターなどです。このような仕事は自由度の高さが魅力的ではありますが、収入が安定しないというデメリットがあります。「自宅でできる仕事を考えてみる」では、自宅でできる仕事のメリット・デメリットについてご紹介しているので、参考にしてみてください。

人と関わらない仕事はありますか?

清掃員や工場員は、比較的人と関わることが少ない仕事です。1人で黙々と仕事を進めることが中心となるため、対人ストレスを感じる場面も少ないでしょう。人と関わらない仕事については、「対人ストレスを軽減!人と関わらないお仕事とは?」でも詳しくまとめているので、合わせてチェックしてみてください。

一人でできる仕事のメリットは?

一人でできる仕事は、自分のペースで業務に集中でき、対人ストレスを感じにくいというメリットがあります。人付き合いが苦手な人や自分のペースで業務を行いたい人にとっては、適した働き方であるといえるでしょう。詳しくは、「ひとりでできる仕事とは?メリットとデメリット」で解説しています。

正社員で一人でできる仕事を探しています。

人と関わることが少ない正社員の仕事としては、配送ドライバーや倉庫・工場作業員などが挙げられます。このような仕事は基本的に一人で業務を進めますが、最低限のコミュニケーションは必要であることを念頭に置いておきましょう。詳しくは、「人と関わらない仕事がしたい!求人の探し方や在宅で働ける職種をご紹介」でも解説しているので、合わせて確認してみてください。

一人でできる仕事はどのように探したら良いですか?

一人でできる仕事を探したい場合は、就職・転職エージェントの活用がおすすめです。自分の希望に合った仕事を紹介してもらえるだけでなく、就職・転職に向けたサポートを行っているため、効率良く求職活動を進められます。就職エージェントのハタラクティブでは、若年層の就活を手厚くサポート。プロのアドバイザーがあなたの希望に合った仕事をご紹介します。未経験者歓迎の求人も多数用意しているので、お気軽にご相談ください。

関連タグ