マイペースな人に向いている職種12選!働き方のコツも紹介

マイペースな人に向いている職種12選!働き方のコツも紹介の画像

この記事のまとめ

  • マイペースな人には、1人でできる仕事や働く場所や時間が自由な仕事が向いている
  • マイペースな人に向いている仕事の種類は、営業やドライバーなどがある
  • マイペースな人にはチームワーク重視の仕事は向いていない
  • マイペースな人は、相談や報告をして進捗状況を伝えることが大事

マイペースな人の中には、「自分に合う仕事が分からない」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。マイペースな人は、周囲の意見に左右されず、集中力をもって自分の作業に取り組めるのが特徴。一方で、自分のペースを崩さないため、協同作業が苦手だったり「仕事が遅い」と言われたりすることもあるでしょう。このコラムでは、マイペースな人に向いている仕事を紹介。特徴を参考にして、自分に合う仕事を見つけましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

マイペースな人に向いている仕事

マイペースな人に向いている仕事の画像

マイペースな人には、1人で取り組める・自由度が高い・自分の判断で進められる・時間をかけて取り組める・クリエイティブな発想が活かせるなどの特徴がある仕事が向いています。「自分はマイペースな性格だ」と感じている方は、どんな環境だと働きやすいか、下記を参考に考えてみましょう。

1.1人で取り組める仕事

マイペースに仕事をしたい人には、1人で取り組める仕事がおすすめです。チームで働くのは、お互いに助け合える良さがある一方で、周りの状況を気にしたり、進捗状況をこまめに報告したりする必要があります。1人で進められる仕事なら、周りに合わせることなく自分のペースで作業ができるでしょう。「一人でできる仕事一覧!役立つ資格・スキルや求人の見つけ方もご紹介」のコラムでは、1人でできる仕事を紹介しているので、参考にしてください。

2.時間や場所の自由度が高い仕事

マイペースに自由に働きたいという希望がある人には、時間と場所の制約が少ない仕事がおすすめ。始業・終業時間が固定されている職場よりは、フレックスタイム制度を取り入れている、自由な働き方が認められる職場のほうが合っているでしょう。リモート勤務制度を導入している職種や会社であれば、自宅・カフェ・車の中など社外でも働けます。

3.自分の判断で進められる仕事

マイペースな人は、同僚や上司から細かく指示されたり、仕事のやり方を決められたりするのが苦手な傾向にあります。そのため、目標は設定されているとしても、1から10までマニュアルどおりではなく、自分の判断で進められるような仕事に就くのが良いでしょう

4.時間をかけて取り組む仕事

マイペースに仕事がしたい人には、時間をかけて取り組む仕事が向いているでしょう。スピード感を重視する職場でマイペースに仕事をしていると、「仕事が遅い」という印象を与えてしまうことも。一方、地道な作業を積み重ねて結果を出すような仕事であれば、自分の能力を発揮しやすいといえます。

5.クリエイティブな発想が活かせる仕事

マイペースな人の中には、自由な発想でアイデアを生み出したり、イメージを広げたりするのが得意な人もいるでしょう。発想力がある人は、芸術家やデザイナーのように、アイデアを必要とする仕事で活かせる可能性があります。クリエイティブな発想が活かせる仕事に就きたい方は、「クリエイティブな仕事がしたい!未経験から就職する方法や向いている人とは」のコラムも参考にご覧ください。

マイペースな人に向いていない仕事

マイペースな人に向いていない仕事の画像

「チームワーク重視の仕事」「柔軟性を求められる仕事」「締め切りが設けられている仕事」は、マイペースな人にはあまり向いていない仕事といえます。マイペースに仕事をしたいと考えている方は、以下を参考にしてください。

チームワーク重視の仕事

チームワークを重視する仕事は、マイペースに仕事をしたい人には向いていないでしょう。チームで取り組む仕事は、目的のために互いに協力し、達成感を仲間と共有できるというメリットがあります。しかし、自分のペースを大切にしたいと考える人にとっては、思い通りに仕事を進められないことに、ストレスを感じてしまう可能性があります

柔軟性を求められる仕事

マイペースな人のなかには、対応の柔軟性を求められる仕事が苦手な方もいるようです。たとえば、接客業でお客さまとトラブルが起きたときは、状況に応じて最善の対応を考えなければなりません。また、予定通りに仕事が進まないときには、別の方法を模索したり、予定変更を余儀なくされたりすることもあるでしょう。そのため、目の前にある仕事と同時に、イレギュラーな出来事への対応が必要な職種は、マイペースに仕事をしたい人に向いていないといえます

締め切りが設けられている仕事

マイペースな人は「納期は●月●日」のように、締め切りが設けられている仕事を窮屈に感じる方もいるでしょう。締め切りを意識するあまり、本来もっている能力を存分に発揮できないことがあるからです。また、マイペースに仕事を進めていると、スケジュールが乱れ、周囲に迷惑をかけてしまう可能性もあります。
一方で、締め切りがあるからこそ納期に向けて集中でき、実力を発揮しやすいという方もいるようです。自分の性格や希望する働き方によって、どちらが向いているかを判断すると良いでしょう。

マイペースに仕事をしたい人に向いている職種12選

ここでは、マイペースに仕事をしたい人に向いている12種類の職種を紹介します。

・営業職
・事務職
・研究職
・法務職
・図書館司書
・警備員
・マンション管理人
・ドライバー
・農家、漁師
・靴職人やガラス職人、音楽家や芸術家などのアーティスト
・店舗経営やWebサービスの提供などの自営業(フリーランス)
・システムエンジニアやプログラマーなどIT関連の仕事

前項で解説した「マイペースな人に向いている仕事」に当てはまる仕事を探してみましょう。

1.営業職

営業職というと、「ノルマに縛られて大変そう」というイメージを持つ方もいるでしょう。しかし、営業は結果が重視される仕事なので、仕事のやり方やスケジュールの立て方の自由度が高いことで知られています。マイペースであっても、「自分のやり方で結果を出したい!」という意欲があれば、営業は肌に合う可能性があります。特に、外回りの営業はオフィスにいない時間が多く、自分のペースで仕事を進めやすいでしょう。

正社員

セールス/マネージャー

  • 月給 474万円 ~ 758万円

2.事務職

事務職は営業職をはじめ、ほかの部署のサポート役として、来客対応・電話対応・データ入力・書類整理などを行う仕事です。スタッフが仕事をしやすいように気を使ったり、効率よく作業をしたりすることを求められますが、残業が少なくプライベートと両立しやすい点でマイペースな人に向いています。事務職は基本的に社外での業務がないので、1つの場所で落ち着いて働きたい方、コツコツと作業したい方にも適性があるでしょう。

正社員

コンシェルジュ(カウンセラー)職

  • 月給 379万円 ~ 433万円

3.研究職

研究職には探究心や発想力が必要です。そのため、一つの物事に対して、とことん調べたり考えたりすることが好きな人に向いているでしょう。研究職は、社会の発展に貢献できる可能性がある仕事です。ただし、研究にかけた労力が必ず結果に繋がるとは限らないので、研究そのものに楽しみを見出せる人に適しています。「研究職にはどんな種類がある?就き方や向いている人の特徴も解説!」のコラムでは、研究職の仕事のやりがいや、メリット・デメリットについて解説しているので、あわせてご覧ください。

4.法務職

マイペースに仕事をしたい人には、法務職もおすすめです。企業の法務部で契約に関わる書類の作成を行ったり、労務管理が正しく行われているかチェックしたりします。法務職に就くためには、弁護士や行政書士など、法律に関する知識や資格が必要です。一般的に、難易度が高い職業といわれていますが、1つの場所で落ち着いて仕事ができる点がメリットといえるでしょう

正社員

法務

  • 月給 315万円 ~ 510万円

5.図書館司書

図書館司書は、マイペースに静かな環境で仕事がしたい人に向いています。本の陳列や整理、カウンターで本の貸出・返却の対応などが主な仕事です。ほかにも、傷んだ本を修繕したり、イベントを発案・運営したりするのも、図書館司書の仕事となります。司書の資格を取得する方法や仕事内容については、「図書館司書の仕事内容を解説!やりがいや就職先も紹介」のコラムで詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

6.警備員

警備員は、施設内の巡回や駐車場での交通誘導などを行うのが仕事です。活躍の場は、ショッピングセンターやオフィスビルなどがあります。警備員は現場の状況に応じて、臨機応変に動くことが求められる仕事です。普段は定型的な業務が多いので、自分のペースを乱さず働けることから、マイペースな人におすすめの仕事といえます。警備員の仕事内容を詳しく知りたい方は、「警備員の仕事」のコラムもご参照ください。

7.マンション管理人

マンション管理人とは管理人室に駐在し、マンション内の清掃や設備の点検、住人・来客の対応などを行う仕事です。マンション管理人は、トラブル発生時に対応を行う必要がありますが、毎日の仕事量はそれほど多くありません。時間に追われる働き方ではないので、マイペースに働きたい方に向いているでしょう。

8.ドライバー

トラックやタクシーなどのドライバー職は、基本的に1人で業務を行います。トラック運転手は荷物の集荷や荷積み、配送などが主な仕事内容です。配送時に顧客への営業を行うこともありますが、運転中は1人。また、効率の良い配送ルートを自分で決められるので、仕事に裁量が与えられることも多いようです。タクシードライバーの場合は接客業のため、トラックドライバーと比べると、コミュニケーション能力が求められます。

正社員

タクシー乗務員(一般乗務員)

  • 月給 396万円 ~ 504万円

9.農家・漁師

農家や漁師という職種も、コツコツと努力を続けることができる人に向いています。自分の作るものや獲るものにこだわり、販売することで収益を得られる仕事は、マイペースな人に適した仕事といえるでしょう。なお、自然然の植物や生物に関わる仕事のため、天気や季節によって仕事内容や仕事量は変動します。

10.職人・アーティスト

マイペースに仕事がしたい人には、職人やアーティストもおすすめです。たとえば、靴職人やガラス職人、絵画や楽曲を製作するアーティストなどが挙げられます。「手に職をつけたい」「職人としての道を極めたい」と考える人にとっては、適した職業といえるでしょう。また、アーティストは、「いかに独創性があるか」が重要な仕事です。自分の感性やアイディアを形にして、第三者へ届けたいと考えている人に向いています。近年では、SNSをきっかけに人気が出るアーティストも増えているようです。

11.自営業(フリーランス)

自営業は企業に雇用されるのではなく、自分でお店を開いたり、クライアントから直接案件の依頼を受けたりして収入を得る働き方です。自分で働き方や働く場所を決められる点で、マイペースな人に向いています。状況によっては多忙な日々が続くこともありますが、自分の裁量で仕事が進められるのは、自由な働き方をしたい人にとってメリットです。先述した職人やアーティスト、次項で紹介するIT関連の仕事をフリーランスで行う人もいます。自営業の向き・不向きや仕事の種類は、「自営業とは?新卒でもなれる?個人事業主との違いや年収をチェックしよう」で詳しくまとめているのでご覧ください。

12.IT関連の仕事

マイペースな人のなかには、IT関連の仕事に就く方もいます。

・Webライター
・Webデザイナー
・プログラマー
・システムエンジニア
・データアナリスト

Webライターは、コラム記事やネット広告の文章などをライティングする仕事です。1人で取り組めるうえ、未経験からチャレンジしやすいのがメリット。クリエイティブな発想に自信がある人は、Webデザイナーもおすすめです。プログラマーやシステムエンジニアは、専門的な知識が必要ですが、パソコン作業が好きな人やスキルを極めたい人には向いているでしょう。データアナリストは、データを収集し細かく分析する仕事です。

外資系やスタートアップ企業の仕事もおすすめ

自主性を発揮したいマイペースな人には、外資系やスタートアップ企業の仕事もおすすめです。特に、少人数の企業の場合は、既存のやり方よりも個人の実力・行動力・発想力などが重要となります。成果を出したときは、年齢や就業年数に関係なく評価してもらえるのも特徴です。「転職するならベンチャー企業?それってどんな会社なの?」のコラムでは、ベンチャー企業のメリット・デメリットを解説しています。

マイペースに仕事をしている人の4つの特徴

ここでは、マイペースに仕事をしている人にある、「他者の意見に流されにくい」「コツコツと仕事に取り組める」「他者と自分を比較しない」「チームで働くことが苦手」といった特徴について解説します。

1.他者の意見に流されにくい

マイペースに仕事をしている人は、他者の意見に流されにくいという特徴があります。自分の中に軸やこだわりをもち、周囲の人へ意見を述べられるという点は、マイペースな人の長所といえるでしょう。

2.コツコツと仕事に取り組める

マイペースな人は自分のペースで仕事に取り組むため、コツコツと作業をすすめるのが得意なのが特徴です。自分の好きなことや、得意なことに力を入れて取り組む傾向も見られるので、仕事で高いパフォーマンスを発揮することも珍しくありません。

3.他者と自分を比較しない

他者と自分を比較しないという点も、マイペースな人の特徴といえます。仕事をするうえで競争心を抱くのは大切ですが、比較することで過度に自分を卑下しネガティブになってしまうことも。マイペースに仕事をしている人は、他者と自分を切り離して考える傾向にあるので、ネガティブ思考になりにくいのです。

4.チームで働くことが苦手

マイペースな人は、チームで働くことが苦手という特徴もあります。チームワークが必要な仕事では、自分の作業スピードがチーム全体に影響を及ぼすので、他者のペースややり方に合わせなければなりません。しかし、マイペースに仕事をしたい人は、協同作業が苦手のため、チーム意識を持てずに自分の作業だけを進めたり、チームのスケジュールに合わせなかったりする可能性があります

マイペースに仕事をする人は明確な期限を設けてみよう

マイペースに仕事をする人は、明確に「●月●日の●時まで」と、期限を設けるのがポイントです。期限が迫っているときは、周囲の人にサポートを依頼したり、忘れないよう定期的にリマインドしたりするなどの工夫をしましょう。

マイペースに仕事をする人が意識したいポイント

マイペースに仕事をする人が意識したいポイントの画像

マイペースに仕事する人は、「何を求められているかを考える」「仕事の優先順位を決める」「困ったときは誰かに相談・報告する」「納期を守る」といったことを意識するのがポイントです。「仕事が遅い」「のんびりした性格」などと周囲から言われ、悩んでいる方は、以下の解説を参考にしてみてください。

何を求められているかを考える

マイペースに仕事をする人は、自分の作業に集中するあまり「何を求められているか」を見失ってしまうことがあります。たとえば、取引先企業の意向を汲まずに、自分のこだわりばかりを優先してしまえば仕事として成立しません。自分のペースや気持ちを大事にするだけでなく、「相手がどう感じるか」も意識するよう心掛けましょう

仕事の優先順位を決める

マイペースに仕事をする人は、作業の優先順位を決めるようにしましょう。作業の締め切りや提出者などをまとめ、優先度順に並べ替えると、ひと目で情報が分かるのでおすすめです。自分がやりたい仕事から始めるのではなく、優先度の高い仕事や協同者の多い仕事から優先的に着手することを意識しましょう。

作業スケジュールを立ててToDoリストを作成しよう

マイペースな人が仕事をするときは、スケジュールを必ず確認する習慣をつけましょう。納期や締切から逆算して作業スケジュールを立て、ToDoリストを作成すると、時間の意識や優先度の高い仕事が可視化できるのでおすすめです。「作業効率を高めたい!3つの考え方とサポートツールで働き方を変えよう」のコラムでは、作業効率を上げるコツやサポートツールを紹介しているのでご一読ください。

困ったときは誰かに相談・報告する

仕事をするうえでは、「締め切りまでに間に合わないかも…」「作業の進め方が分からない…」というときは、誰かに相談や報告をするのも大切です。進捗状況を報告しないと、「本当に間に合うのか?」と、周囲に思われてしまう可能性も。また、何も報告せず納期に間に合わなかった場合、取引先からの信用を失ってしまう恐れもあります。ぎりぎりまで1人で抱え込まず、早めに相談しアドバイスやサポートを受けましょう。

納期を守る

社会人として、納期を守るのは当たり前のことです。自分のペースや進め方に、こだわりを持って仕事に取り組むのは悪いことではありません。しかし、約束を守れなければ、「仕事が遅い人」「仕事ができない人」といったネガティブな評価に繋がる可能性もあります。また、自分のペースを優先するあまり、業務に関わるメールや急を要する確認なども、後回しにしてしまう人もいるようです。作業スケジュールに影響を及ぼすこともあるので、メールの返信はできる限り早めにしましょう。

「マイペースな人」「仕事が遅い」と言われたら?

「マイペースな人」「仕事が遅い」などと言われたときは、落ち込み過ぎず「それも自分の個性だ」と捉えることが大切です。ただし、仕事をするうえでは、納期・コミュニケーション・効率は、欠かせない要素ということも忘れてはいけません。仕事に夢中になれば、高い能力を発揮できる一方で、周囲が見えなくなってしまう場合があります。日頃から上司や同僚とコミュニケーションを図り、指導やサポートを仰げる関係性を構築しておくことが大切です。周囲との関係がうまくいかない場合、環境や仕事内容が自分に合っていない可能性もあります。

マイペースな人は、自分に合った仕事に就くことで力を発揮したり、ストレスなく働けたりする可能性があります。就職・転職を考えている方は、ご紹介した仕事の例を参考に、目指す職業を考えてみましょう。どんな仕事が合うか分からなければ、就職・転職支援のハタラクティブまでご相談ください。ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒の就職に特化したエージェントです。就職のプロが、ご相談者の性格や特徴に合う求人をご紹介いたします。カウンセリングをとおして、ご自身の強みや弱みを把握することも可能です。サービスはすべて無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

マイペースな人にまつわるQ&A

マイペースな人に向いている仕事や、マイペースな人が仕事を進めるときのコツについて、Q&A形式で解説します。

マイペースな人に向いている仕事は?

チームで働くのが苦手な人には、ドライバーや警備員など1人でできる仕事がおすすめです。営業職もスケジュール管理の自由度が高く、自分のやり方で結果を出したいマイペースな方に向いています。このコラムの「マイペースに仕事をしたい人に向いている職種12選」では、ほかにも具体的な仕事の種類を挙げているので、ぜひご覧ください。また、ハタラクティブでは自分に合った仕事をお探しの方に求人をご提案しています。

マイペースな人に向いていない仕事は?

マニュアルが細かく決められているチェーン店での仕事は、マイペースな人には不向きです。また、次々とかかってくる電話に対応するコールセンターのスタッフも、あまり向いていない仕事といえます。自分のペースを大事にしたい場合は、1人でできる仕事や自分の裁量で進められる仕事が合っているでしょう。「黙々と作業したい!できるだけ人との関わりが少ない仕事」のコラムでは、自分のペースで働ける仕事を紹介しています。

マイペースに仕事をするのはダメですか?

納期を過ぎてしまったり、進捗状況を報告しなかったりすると、周りに迷惑を掛けてしまう可能性があります。マイペースであっても、締め切りを守って仕事をする人、周りの人の気持ちを考えられる人は、周囲から信頼されるでしょう。「知っておこう!仕事に必要なコミュニケーション力を解説」のコラムでは、仕事をするうえで必要なコミュニケーションの取り方を解説しているので、参考にしてください。

仕事が遅いのが悩みです…どうすれば良い?

仕事を早くするには、優先順位をつけてやらなくても良い作業を省いたり、気分が乗らないときは得意な作業から始めたり、といった工夫があります。また、仕事が遅いのは、細かなところを気にし過ぎていることが原因となっている場合もあるので、自分だけのこだわりを捨てることも大切です。ほかにも、分からないことは早い段階で質問すれば、一人で悩む時間を減らせます。「できる人はどうしてる?仕事を早く終わらせるコツとは」では、仕事が早い人のテクニックをご紹介するので、参考にしてください。

この記事に関連するタグ