地頭がいいと言われる人の特徴とは?意味や鍛え方を解説!

地頭がいいと言われる人の特徴とは?意味や鍛え方を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 「地頭がいい」とは、思考力や発想力などの高さを指す褒め言葉
  • 地頭がいいと言われる人の特徴は、物事を理解するスピードが速く解説が分かりやすい
  • 情報収集力があり視野が広いのも、地頭がいいと言われる人の特徴
  • 地頭がいいと言われる人は、効率化や最適化を意識して働いているという特徴がある
  • 好奇心を高め、あらゆる事柄に疑問を持ってリサーチすることで地頭力を鍛えられる

「地頭がいいとはどういう意味?」「地頭がいいと言われる人の特徴は?」と疑問に感じる方もいるでしょう。地頭がいいと言われる人には、「物事を理解するスピードが速い」「発想が豊か」「コミュニケーション能力が高い」などの特徴があります。企業によっては、知識力よりも地頭力を求められる場合も。このコラムでは、地頭がいいと言われる人の働き方の特徴や、地頭力を鍛えるためのステップを分かりやすく解説します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「地頭がいい」とはどんな意味?

「地頭がいい」とはどんな意味?の画像

「地頭がいい」とは、学生時代の成績や後天的に得た知識による頭の良さではなく、「思考力・発想力の高さ」を指す褒め言葉です。「地頭がいい」という表現は、もともと人材業界やコンサルタント業界で働く人から始まったといわれています。現在では幅広い業界で他者の能力を見極めるときに、「あの人は地頭がいい」「地頭が悪い」などのように使用するようになりました。

地頭力を形成する6つの要素

地頭力は、以下6つの要素によって形成されています。

1.ひらめき…経験や知識に基づいた創造力、ほかの人にはない発想力
2.好奇心…「なぜ?」「どうして?」という疑問を持ち、能動的に行動する力
3.フレームワーク思考…問題や課題を1つのパターンに当てはめて考え、自身の思考のクセや盲点に気づく力
4.仮想思考…仮説を立ててゴールまでの全体像を掴み、進めていく力
5.抽象的思考…物事をよりシンプルに捉える力
6.論理的思考…個人の感情や知識に関係なく物事を客観的に考える力(ロジカルシンキング)

フレームワーク思考の代表的な例は「3C分析」と「SWOT分析」です。3C分析とは顧客(Customer)と競合(Competitor)を分析したうえで、自社(Company)との関係性を明確にする考え方のこと。SWOT分析とは、自社の強み(Strength)と弱み(Weakness)を知り、外的環境によって得る機会(Opportunity)と脅威(Threat)を分析することを指します。
論理的思考(ロジカルシンキング)については、「問題解決能力を高めたい!ロジカルな考え方で課題を解く方法とは」のコラムで詳しく解説しているので、あわせてご一読ください。

子どものころの体験によって地頭力を養った人もいる

子どもの頃、疑問に対して自分で深く考えたり、本をたくさん読んだりした人は、地頭が良くなるといわれています。与えられたものや、指示されたことを受動的に受け入れるだけでなく、自分で仮説を立てたり、検証したりすることを多く体験すると、地頭力が養われるようです。

地頭がいいと言われる人が持つ7つの特徴

地頭がいいと言われる人が持つ7つの特徴の画像

ここでは、地頭がいいと言われる人が持つ特徴を7つ紹介します。

1.物事を理解するスピードが速い
2.解説が分かりやすい
3.応用力がある
4.発想が豊か
5.情報を集めて自分の意見を導き出している
6.コミュニケーション能力が高い
7.客観的な視点を持っている

以下で詳しく解説するので、地頭がいいと言われる人の応用力や発想力、コミュニケーション能力などを知りましょう。

1.物事を理解するスピードが速い

地頭がいいと言われる人は、物事を理解するスピードが速く、1度聞いただけで内容を把握できる場合が多いようです。また、話を聞きながら創造力も働かせているので、大まかな説明から全体像が掴めたり、本質を見抜けたりします。そのため、話を聞いた直後に、的を射た質問をすることもできるのです。また、今までに学んだ知識や直面した問題、周りの状況などから「今、自分が何をすべきか」を考えられるので、率先して行動を起こせるという特徴があります。

2.解説が分かりやすい

解説が分かりやすいのも、地頭がいいと言われる人の特徴です。相手の立場になって、「この人にはどう説明したら伝わるだろう」「この部分を詳しく解説したほうが内容が掴めるだろう」など、頭の中でシミュレーションしています。想像力と論理的思考の両方を使っているので、相手によって話す内容や伝え方を変えながら、分かりやすく伝えることができるのでしょう。

3.応用力がある

地頭がいいと言われる人は、物事の基礎をしっかり理解しているため、応用する力も高い傾向にあります。たとえば、想定外のトラブルが起きたときに、「なぜ問題が起きたのか」「対処法は何通りあって、最善策は何か」「同じ問題を繰り返さないための対策」などを冷静に分析し、答えを導き出せるのです。また、決められた手順やルールに従って仕事をするだけではなく、「よりパフォーマンスを上げる方法」も考え実践しています。現状に満足することなく、常に改善できる点がないかを考えているのが、地頭がいいと言われる人の特徴です。

4.発想が豊か

これまでの経験や好奇心などを基に、1つの物事から多種多様なイメージを膨らませる発想力がある人は、「地頭がいい」と言われる傾向にあります。発想が豊かな人からは、ほかの人が想像できないアイディアが出てくるため、新規プロジェクトの立ち上げ、あるいは大幅な軌道修正が必要なときなど、新しいものを作り出す場面で重宝されるでしょう。また、職場やプライベートの人間関係においても、発想力を活かせます。たとえば、相手の様子がいつもと違うときに、「何があったのだろう」「もしかして●●が原因かも」と、見えない部分まで深く推察することで、相手の気持ちに寄り添った行動ができます。

5.情報を集めて自分の意見を導き出している

「なぜこの結論に至ったの?」「これはどういう意味?」など、日頃から物事の本質や意味について考えているのも、地頭がいいと言われる人の特徴です。自分が疑問に感じたことは、納得するまでとことん調べて情報を集めます。そして、本やインターネット、知人との何気ない会話などから得た多くの情報を整理し、自分の意見を導き出しているのです。

6.コミュニケーション能力が高い

地頭がいいと言われる人は、相手の気持ちを想像し柔軟に対応できるため、適切な距離を保ちつつ円滑なコミュニケーションを取る能力があります。自分が持つ情報や知識、経験を駆使し、相手に合う話題を選択したり、立場によって話し方を変えたりしているのです。働くうえで、さまざまなタイプの人と良好な人間関係を築くためには、自分の意見を発言すると同時に、相手の意見を許容できるコミュニケーション能力が重要となります。「コミュニケーション能力は誰にでも身につく!その高め方とは」のコラムでは、コミュニケーション能力をアップする方法を紹介しているので、参考にしてください。

7.客観的な視点を持っている

客観的な視点を持ち、論理的な思考ができるのも、地頭がいいと言われる人の特徴です。たとえば、情報の信憑性については、自分の感情や周囲の意見に流されず、徹底的に調査を行います。また、結論が出ている物事に対しても、「整合性が取れているか?」「本当にこれが最善策なのか?」といった疑問点を挙げ、自ら考え直す習慣があるのです

「地頭がいい人」と「知識力が高い人」の違いは?

一般的に「地頭がいい人」は、未知の物事に想像力を働かせ、複数の答えを導き出せる人を指します。一方、「知識力が高い人」は、過去に得た知識を参考に、一つの答えを出す人のこと。どちらも論理的思考力が高い点は共通していますが、「地頭がいい人=無から有を生み出すのが得意」「知識力が高い人=過去の出来事から現在の問題に向き合うのが得意」といった違いがあるといえるでしょう。

地頭がいいと言われる人の働き方の特徴

地頭がいいと言われる人の働き方の特徴の画像

地頭がいいと言われる人の働き方には、「効率化や最適化を意識している」「自分以外の人の作業も把握している」といった特徴があります。以下の解説を読み、仕事で参考にできることがないか考えてみましょう。

常に効率化や最適化を意識している

地頭がいいと言われる人は、業務に関する知識の習得に余念がありません。常にあらゆる事態を想定し、「こうすればもっと良くなるかも知れない」「●●を取り入れれば作業時間を短縮できる」など、さまざまなことを考えています。いかに効率良く、高い生産性で仕事をするにはどうすれば良いかを意識しながら働いているのです。

自分以外の人の作業も把握している

地頭がいいと言われる人が考える範囲は、自分の仕事だけにとどまりません。一緒に働く同僚の様子や、チーム全体の進捗状況にも気を配る視野の広さを兼ね備えています。たとえば、「周囲の状況によく気付く」「リーダーシップがある」「自ら考えて積極的に仕事をしている」と褒められる人は、地頭の良さを発揮しているといえるでしょう。
仕事をするうえでは、学生時代の勉強ができる・できないより、地頭の良さが求められることも。どうすれば地頭を鍛えられるのかは、次の項目で紹介します。

地頭がいい人材を求めている企業は多い

インターネットの普及やAIの進化によって、情報や知識は機械から得られるようになりました。そのため、人間しかできない「問題を発見し解決する力」や、「創造力」のある地頭がいい人材を求めている企業も多くあるようです。「会社で必要とされる人になるためには?仕事ができる人の7つの特徴も解説!」のコラムでは、どのような人が会社で必要とされるのかを解説しています。

地頭力を鍛える5つのステップ

地頭力を鍛える5つのステップの画像

ここでは、地頭力を鍛える方法を5つのステップにまとめて紹介します。

1.あらゆることに疑問を持つ
2.詳しく調べる
3.1つの物事に対して多方面から考える
4.自分の意見を誰かに伝える
5.相手に伝わりやすい話し方を研究する

地頭の良さが生まれつき備わっている人もいますが、経験や習慣にも大きく左右されるため、努力次第で地頭力を鍛えることは可能です。以下のポイントを押さえて、実践してみましょう。

1.あらゆることに疑問を持つ

地頭力を鍛えるには、好奇心や探求心が重要なため、世の中にある多種多様な事柄に対し、疑問を持つ習慣をつけるのがポイントです。たとえば、仕事を教えてもらうときに、「なぜこういうルールが敷かれたのか」「どうしてこのやり方なのか」と、物事の本質に目を向けてよく考えてみましょう。背景を理解すると、より深く記憶に残すことができますし、異なる物事に対しても臨機応変に対応できるようになります。また、会話をする際、相手の発言に対して「なぜそのような意見を持ったのだろう」と考えたり、相手に直接聞いてみたりすることも大切です。何事にも理由はあると考えて、好奇心を持ち、疑問を抱く練習をしてみましょう。

2.詳しく調べる

物事に対し「なぜ?」と疑問を抱いたときは、詳しく調べてみましょう。インターネットを利用して情報を集めたり、誰かに質問してみたりして、解決するまで徹底的にリサーチします。また、リサーチする際、自分の頭の中でいくつか仮説を立てるのも大切です。あらゆる仮説を立てたあとで、答え合わせをするようなイメージで調べてみましょう。それを繰り返すことで、自然と考える力が身につきます。地頭がいいと言われている人は、「調べたけどよく分からなかった」という段階で思考をストップしません。しっかり理解し自分の意見を発言できるくらいになるまで、とことん調べる癖をつけましょう。

本をたくさん読む

本を読むと読解力・想像力・語彙力が身につきます。また、自分が知らなかった事実や知識を得ることで、考え方の幅も広がるでしょう。幅広い知識や見識を持っていると、仕事で取引先や顧客、上司などさまざまな立場の人と会話をする際にも活用できます。本を選ぶときは、自分の興味があるジャンル以外も読んでみるのがおすすめです。多くの考え方に触れることで、視野を広げたり物事を公平に考えたりするきっかけになるでしょう。
本のほか、他者のブログを読んでみるのも効果的です。多くの文章や意見に触れて、「こういう考えの人もいるのか」「自分だったらこう考える」など、読みながら意見を受け入れたり、考えたりする練習をすると良いでしょう。

3.1つの物事に対して多方面から考える

1つの物事に対して多方面から考えることで、発想力が鍛えられます。たとえば、「チラシを折って封筒に入れ、封を閉じる」といった作業を行う場合、「どうすれば短時間で効率よく終えられるか」を考えてみましょう。先にすべてのチラシを折ったほうがスムーズなのか、10枚ずつ折って封筒に入れたほうが良いのか、何通できあがれば良いのか、など考えられることはたくさんあります。また、優先順位によっても考え方は変わるでしょう。「とにかく枚数が必要」「丁寧さが大事」「今は100通あれば良い」など、求められている内容によって考え方も異なります。
仕事で新しいプロジェクトを立ち上げたり、新しい企画を考えたりする場合、斬新なアイディアや発想が必要になるでしょう。地頭がいいと言われる人は、疑問を持つだけでなく、物事を多面的に考えて効率の良い働き方や改善点を探しています。そうした日頃の考え方が、発想力へと活かされるのです。言われたことに取り組むだけでなく、あらゆる角度から考えてみてください。

4.自分の意見を誰かに伝える

自分の意見やアイディアがまとまったあとは、同僚や友人、上司などに「●●に対してよく考えてみたが、自分はこう思う」と伝えることが大切です。疑問に感じたきっかけや、どのように情報収集したか、あるいはどのような経緯でその考えに至ったか、などを付け加えると気持ちが伝わりやすいでしょう。なお、「意見は持っているが伝え方に自信がない」といった場合は、日記やブログなどで日頃から文章を書く習慣をつけるのが効果的です。「文章を書く→読み返す→分かりづらい部分を修正する」を繰り返していくうちに、分かりやすく説明する力もつくでしょう。

相手の意見も肯定的に捉えよう

相手の話を聞くときは、最初から否定せず肯定的に捉えることが大事です。相手の意見に対して、「それは違う」「絶対こっちが正しい」などと決めつけて聞いてしまうと、柔軟な対応ができなくなってしまいます。まずは、「自分の意見のほうが正しい」という思い込みをやめて、「そういう考え方もあるのか」と受け入れる姿勢を心掛けましょう。
地頭がいいと言われている人は、自分と異なる意見も大事な情報の一つと考えます。どちらの意見が正しいかという二択ではなく、それぞれの意見を取り入れて最善策を考えるのが地頭の良さです。相手の意見に耳を傾けて、視野を広げられると良いでしょう。

5.相手に伝わりやすい話し方を研究する

地頭力を鍛えるためには、相手に分かりやすい話し方を心掛けると良いでしょう。そのためには、話す内容を簡潔に、かつ具体的に伝えるよう意識するのがポイントです。たとえば、「すごく大きな魚を釣った」よりも「100センチを超える大きな魚を釣った」と伝えたほうが、相手はイメージしやすくなります。具体的な数字を取り入れた説明を意識するようにしましょう。数字だけではなく、「あれ」「それ」などで省略せずに、適切な単語を使うのも大切です。また、ただ思ったことを思いついたままに話すのではなく、話の核心や結論への繋がりを考えて伝えるようにしましょう。話す前に、自分の頭の中で整理したり、伝えたいことを一言で表してみたりするイメージトレーニングが効果的です。
相手に伝わりやすい話し方や考え方のコツは、「圧倒的に仕事ができる人の特徴とは?基本姿勢や業務に取り組むコツを解説」のコラムでも紹介しています。

自分の考え方や話し方の感想を聞くことも大事

仕事のミーティングやプレゼンなど、誰かに自分の意見を伝えたあとは、同席した先輩や上司から感想を聞いてみると良いでしょう。自分の立場や仕事の状況などによって、求められる地頭力は異なります。そのため、考え方や話し方が相手にどのように伝わったのか、意見を聞き次に活かすことは大事です。

就職・転職活動においては、地頭力を鍛えることとあわせて、面接対策をするのも重要となります。採用の合否には、ビジネスマナーや第一印象、表情などさまざまな要素が必要です。「面接で思うような結果が出ない...」「1人で就活をするのが不安」とお悩みの方は、就職・転職サービスのハタラクティブへご相談ください。ハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーが丁寧に疑問や希望をヒアリングし、適性に応じた求人をご紹介しています。応募書類の添削や面接対策といったサービスも無料で受けられるので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

地頭が良くなりたい方のお悩みQ&A

企業の採用面接などで、地頭の良さを評価される場面もあります。ここでは、地頭が良くなりたい方に向けたお悩みをQ&A形式で解決していきます。

「地頭がいい」とは、どういう人のことを指すのでしょう。

「地頭がいい」とは、勉学で身につけた知識ではなく、「論理的な考えができる」「コミュニケーション能力が優れている」など、柔軟な思考力を指します。状況に応じて、臨機応変に判断することができるため、地頭の良さはビジネスシーンにおいても高く評価されるポイントになります。詳しくは、このコラムの「「地頭がいい」とはどんな意味?」をご参照ください。

「地頭がいい」と「頭が良い」の違いはなんですか?

「地頭がいい」とは理解力や応用力が高く、柔軟な思考を持っていることを指し、「頭が良い」とは、勉学に励み続けることができ、総合的に学力が高いという違いがあります。「地頭がいい」と言われる人は、物事を速く理解・吸収する能力に長けています。たとえば、頭を使う方向が勉学だけに向くわけではないため、必ずしもテストで良い点を取れるとは限りません。一方、頭が良い人の多くは、テストで高得点を取り、成績も上位である傾向にあります。

地頭の良さは就活で有利になりますか?

有利になる可能性が高いでしょう。面接では、「質問の意図をしっかり理解しているか」「質問に対し的を射た回答ができているか」「話が分かりやすくまとまっているか」「予期していない質問にも臨機応変に回答できているか」などを判断されます。このような柔軟な思考力は、地頭がいい人こそ発揮できるポイントだといえるでしょう。ただし、採用面接は、事前の対策や準備次第である程度有利に運ぶことができます。「就職面接を成功させる方法!基本的マナーやよく聞かれる質問例などを解説」のコラムを参考に、面接対策を行ってみてください。

地頭を良くすることはできますか?

地頭力を鍛えることは可能です。地頭の良さは、生まれつき備わっている人もいます。しかし、その人の経験や育った環境、日頃の習慣などによって後天的に培うことも可能です。ハタラクティブでは、仕事の悩みや就職・転職活動における疑問などを、プロのアドバイザーが無料でカウンセリングを行っているので、お気軽にご相談ください。

地頭を鍛える効果的な方法を教えてください。

あらゆることに疑問を持ち、徹底的に調べる習慣をつけましょう。そして、自分なりに仮説を立てたり、実際に試してみたりして自分の意見をまとめ、誰かに伝えるのが効果的です。物事の本質に目を向け、考えてみることで論理的な考え方を養うことができます。このコラムの「地頭力を鍛える5つのステップ」もあわせてご覧ください。

この記事に関連するタグ