精神的に楽な仕事に転職したい!正社員で働ける?職種例や探し方をご紹介

精神的に楽な仕事に転職したい!正社員で働ける?職種例や探し方をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 精神的に楽な仕事の条件には、労働条件や職場環境が良いことなどが挙げられる
  • 精神的に楽な仕事の具体的な例としてはデータ入力や事務職、工場の軽作業などがある
  • 精神的に楽な仕事を探すためには、まず自分がストレスに感じる要素を知ることが重要
  • 精神的に楽な仕事にはメリットだけでなく「収入が少ない」などのデメリットもある

精神的に楽な仕事をしたくてもどのような仕事に就けば良いか分からないと感じている方も多いでしょう。どのような仕事が精神的に楽だと感じるかは人によって異なるので、自分がストレスに感じるポイントを把握するのが大事です。このコラムでは、精神的に楽な仕事の一般的な条件や職業の例、精神的に楽な仕事を探すために必要なことを紹介しています。精神的に楽な仕事に就きたいという方は、選ぶ際の参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

精神的に楽な仕事の6つの条件

精神的に楽だと感じる条件は人によりますが、一般的に挙げられるものには労働条件の良さや仕事に対するプレッシャーが少ない、ストレスを感じにくいなどがあります。
以下、それぞれの条件について見ていきましょう。

1.労働条件・環境が良い

労働条件・環境が良いとワークライフバランスが取りやすくオンオフを切り替えやすいため、精神的に楽な仕事だと感じられるでしょう。
良い労働条件としては有給の取りやすさや残業時間の短さ、公休どおりに休めることなどが挙げられます。仕事を探す際は、これらの条件を踏まえて考えるのがおすすめです。

2.プレッシャーが比較的かかりにくい

人は過度なプレッシャーがかかると大きなストレスを感じるもの。よって、精神的に楽な状態で働くにはできるだけプレッシャーがかかりにくい仕事を選ぶのがおすすめです。
プレッシャーを感じやすい仕事としては人の命や大金を扱う業務など、リスクの大きい仕事が挙げられるでしょう。また、実力以上のことを求められる仕事でもプレッシャーがかかりやすいといえます。そのため、難しい業務を振られやすい仕事を避けるのもポイントです。

3.人間関係が安定している

精神的に楽な仕事を探すには、人間関係も意識しましょう。「愚痴が多い」「常に怒っている人がいる」といった職場では、楽な気持ちで働けないからです。
また、人によっては社員同士の距離が関係することも。たとえば、飲み会など業務外の交流が盛んな職場を負担に感じる人もいるでしょう。精神的に楽な仕事を見つけるために、自分の望む職場の人間関係を改めて考えてみてください。

人間関係を入社前に見極める方法

入社前に人間関係を判断するのはなかなか難しいものですが、面接などで企業に出向いたときがチャンスです。面接官だけでなく受付やすれ違う社員の様子からも企業の雰囲気は伝わります。また、面接の質問で入社の際に想定される配属先の雰囲気を聞いてみるのも良いでしょう。他には、事前に企業のWebサイトをチェックし、社員のメッセージから判断するのもおすすめです。

4.自分のペースで仕事ができる

自分のペースでできるものは、精神的に楽な仕事だと感じやすいでしょう。他人に気を遣いつつ業務をすることにストレスや焦りを覚えてしまう方は、自分のペースや裁量で動けるような仕事を選ぶのがおすすめです。

5.仕事量が多すぎない

仕事量が適正であることも精神的に楽な仕事の条件。どんなに好きな仕事であっても、業務量が多すぎると精神的に辛いと感じるからです。よって、時間に追われたりこなす仕事量が多すぎたりしない仕事を選ぶと良いでしょう。

6.変化が少ない

仕事内容に変化が少ないのも精神的に楽な仕事を選ぶうえで重視すべき点。なぜなら、人は新しいことを覚えるのに少なからずストレスを感じるからです。よって、精神的に楽な仕事を選ぶならできるだけ業務内容に変化の生じにくいものが良いでしょう。

自分にとって楽な仕事を知りたい方は「楽な仕事はこの世の中には存在しないの?上手な転職の仕方を紹介!」のコラムも併せて参考にしてみてください。

精神的に楽な仕事の3つの選び方

精神的に楽な仕事は人によって違いますが、何を苦痛と感じるかが選ぶ際のポイントです。以下、主に精神的に苦痛を感じる場面別に仕事選びの基準をご紹介します。

1.人とのコミュニケーションを苦痛と感じる場合

人とのコミュニケーションが苦手であれば、単独作業が多くできるだけ他人と会わずに働ける仕事がおすすめです。たとえば、一人で黙々とする仕事や周囲に人がいない環境での仕事などが挙げられるでしょう。
他人との会話が苦手な人に向いている仕事については「コミュ障の就職活動は辛い?向いてる仕事や就活のコツを解説」のコラムを参考にしてみてください。

2.臨機応変な対応を求められるのが苦痛な場合

臨機応変な対応を求められるのが苦痛なら、決まった作業を繰り返す仕事を選ぶと良いでしょう。作業内容がいつも同じ仕事なら新しいことを覚えたり予想外のことに対応する必要がないので、精神的に楽だと感じやすいようです。また、人に応対する必要のない仕事も当てはまるといえます。

3.じっとしているのが苦痛な場合

じっとしているのが苦痛な人は、デスクワークでなく身体を動かす仕事がおすすめです。運搬作業や頻繁に外出する仕事といったものであれば一つの場所にとどまらないので、飽きずに働き続けられます。また、接客業も来客対応によってじっとしていることが少ないので向いているといえるでしょう。
身体を動かすことが好きな人は「体を動かす仕事の種類!女性が活躍できる職種を知ろう」のコラムもご覧ください。

細かい作業を苦痛に感じる場合

細かい作業を苦痛に感じる人は、人とのコミュニケーションが主な仕事を選ぶと良いようです。販売や給仕といった仕事は手先の器用さや作業の精密性を要求されないので、取り組みやすいといえるでしょう。また、同じところで長時間働くよりも適度に移動しながら働く仕事のほうが集中力が切れにくく飽きにくいのでおすすめです。

精神的に楽な仕事の10個の例

一般的に「精神的に楽な仕事」といわれるものには事務職やルート営業、ライターなどが挙げられるでしょう。以下、精神的に楽な仕事の例を10個紹介します。

1.事務

精神的に楽な仕事として、事務職を思い浮かべる人は多いでしょう。
基本的には社内でのやりとりが多いため、普段関わらない人との会話にストレスを感じる人におすすめの仕事です。また、ノルマがないためプレッシャーを感じにくい仕事ともいえるでしょう。
しかし、企業によって事務職の担当業務は違うので要確認です。受付業務や電話対応、期限付きのタスクがあるなど職場によってその実情はさまざまなので、仕事内容をしっかりチェックしましょう。

2.公務員

公務員は、都道府県や市町村の役所などで公共サービスを行います。ノルマや解雇もないことから不安を感じにくい環境で働けるため、安定した仕事に就きたい方におすすめの職業です。
しかし、業務内容や労働環境は地区や部署によっても大きく異なるため、公務員であれば必ずしも精神的に楽な仕事だとはいいきれません。よって、自分に合っているか見極めることが大切です。

3.データ入力

データ入力は、指定されたデータを端末に入力する仕事です。データの内容はアンケート結果や契約内容、伝票や売上などの数値、音声の書き起こしなどさまざま。一人で黙々とする作業であることから、人と協力しながら仕事をするのが苦手な人に向いている仕事だといえるでしょう。
スキルや経験がなくても、文字入力ができればできる仕事である反面、タイピングスピードが著しく遅いとほかの人との差がついてしまう恐れがあります。

4.ライター

ライターもデータ入力と同様に単独作業のため、一人で集中して仕事に取り組むのが得意な人におすすめの仕事です。
紙媒体のライターとWebサイトの記事を作成するWebライターの仕事がありますが、後者のほうが比較的始めやすいといえます。企業の作成したマニュアルに沿って文章を書いていくのが一般的な業務内容です。
業務内容によってはライターが取材まで行う必要があるので、会話が苦手な人は仕事内容を念入りに確認しておきましょう。

5.社内SE

社内SEは社内システムの開発やトラブルシューティングなどを行う仕事です。SEの一般的なイメージとしてはクライアント対応や厳しい納期などが想起されますが、社内SEは異なります。基本的に社外の人と関わらず納期もないので、比較的精神的に楽な仕事だといえるでしょう。
ただし、社内のシステムやパソコンでなにか困った際の相談役となることが多いため、会話が苦手な人は注意が必要です。

6.ルート営業

ルート営業の仕事では新規開拓をせずに既存の取引先をまわり、自社商品・サービスの紹介やフォローを行います。ルート営業は契約や売上のノルマ、飛び込み営業の必要がないため精神的に楽な仕事だと感じやすいようです。
業務上、取引先でのヒアリングや新たなサービスの提案をする必要があるので、コミュニケーション力が高く話をするのが得意な人に向いている仕事だといえるでしょう。

7.工場での軽作業

工場での軽作業はライン作業といった特定の工程を担当することが多いので、黙々と仕事に取り組めます。ルーティン作業を各自こなしていくので、人との交流はほとんどない場合もあるようです。よって、臨機応変な対応やコミュニケーションが苦手な人にはストレスを感じにくい環境といえるでしょう。
しかし、工場作業は夜勤や立ち仕事といった身体的負担を伴うこともあります。体力に自信のない方は、事前に就業環境を確認しておきましょう。

8.警備員

警備員はビルや施設などを巡回して異常がないか確認するのが仕事です。場合によっては、施設の鍵や来訪者の管理を行うこともあります。基本的に単独で行うため、他人と関わらずに済む仕事だといえるでしょう。
しかし、不審者侵入といったトラブルへの対処が必要なうえ夜勤もめずらしくないので、体力に自信がある人向きの仕事です。

9.ビルメンテナンス

ビルメンテナンスは、ビルの設備管理を行う仕事です。主に1人で常駐しビルの点検や保守、清掃などを行います。ビルといっても対象建造物は幅広く、病院や介護施設などさまざまです。
24時間体制のため、勤務時間は夜勤を含めたシフト制が基本。引き継ぎで他人と会話することはありますが、それ以外のコミュニケーションはあまり発生しないのも特徴です。よって、基本的に自分のペースで働けることから精神的に楽な仕事だといえます。

10.トラックドライバー

トラックドライバーはトラックを運転して荷物を配送するのが仕事です。基本的に1人で運転するので同僚との会話は少なく、コミュニケーションが苦手な人にとっては精神的に楽だと感じられるでしょう。
なかでもルート配送は運ぶ荷物や運送先も決まっているルーティン作業のため、定時に帰りやすい傾向があるようです。

楽な仕事とは?多様な職種21選を紹介!自分にとっての適職を見つけよう」のコラムでも一般的に楽だとされる職種を数多くご紹介していますので、仕事選びにお役立てください。

精神的に楽な仕事に就くメリット・デメリット

精神的に楽な仕事に就くことには情緒が安定しやすいといったメリットがある一方、収入が低いことが多いといったデメリットもあります。以下、精神的に楽な仕事に就くメリット・デメリットをご紹介するので今後の仕事選びの参考にしてみてください。

精神的に楽な仕事に就く3つのメリット

精神的に楽な仕事に就くメリットとしては、情緒が安定しやすいことやワークライフバランスが取りやすいことなどが挙げられるでしょう。以下、それぞれご紹介します。

1.情緒が安定しやすい

精神的に楽な仕事に就くメリットは、ストレスが少なく情緒が安定した生活を送りやすくなることです。精神的に負担の大きい仕事を続けていると業務時間だけでなく休日も仕事のことを考えてしまったり、気分が沈んでしまったりする恐れがあります。よって、プライベートの時間が楽しめず精神的に追い詰められてしまうこともあるようです。
精神的に楽な仕事に就いて日常生活に影響が出なくなれば、私生活が充実しやすくなるでしょう。また、休日にゆっくり休めるので仕事にも身が入りやすくなるのもメリットです。

2.身体的にも負担が少なくなる場合がある

精神的に楽な仕事に就くと、身体的にも負担が少なくなる場合があります。なぜなら、精神的に辛い仕事を続けていると、大きなストレスから身体に変調をきたす可能性があるからです。精神的に楽な仕事に就くとストレスが少なくなるので、それに伴い身体的な負担も少なくなるでしょう。

3.ワークライフバランスが取りやすい

精神的に楽な仕事に就くと、ワークライフバランスが取りやすいといえます。先述のように業務時間以外にも仕事のことに悩まされず、休日にゆっくり休めるようになる可能性が高いからです。よって、ワークライフバランスが取りやすく充実した日々を過ごせるでしょう。

精神的に楽な仕事に就く4つのデメリット

精神的に楽な仕事に就いた場合、収入の低さや雇用の不安定さに悩まされるなどのデメリットがあるでしょう。以下、それぞれ解説します。

1.収入が低い場合が多い

精神的に楽な仕事のデメリットの一つに、収入が低い場合が多い点が挙げられます。なぜなら、精神的に楽な仕事は責任が軽かったり単純作業だったりすることが多いからです。
精神的に楽な仕事を選んだとしても、収入の低さがかえってストレスになることがあります。仕事を探す際は、収入面と精神的な気楽さのバランスを考えるのも大切です。

2.非正規の仕事が多く雇用が不安定になりやすい

精神的に楽な仕事はパートやアルバイトなどの非正規の仕事が多いという点もデメリットといえます。よって、将来に不安を感じたり経済的な悩みを抱えやすかったりするのが特徴です。雇用が不安定だと働き続けることが難しいので、せっかく見つけた仕事を辞めざるを得ない可能性もあるでしょう。

3.業務内容に飽きてしまうことがある

単純作業の場合は業務に飽きてしまい「長く続けられない」「やりがいを感じられない」といった悩みが生じる恐れがあります。精神的に楽な仕事を選ぶ際には、自分にとって長く続けられる業務内容かどうか事前に見極めましょう。

4.志望動機を考える際に困る場合がある

精神的に楽な仕事を選ぼうとすると、応募の際に志望動機がうまく思いつかないこともあります。精神的に楽かどうかが最も大きな動機になるため、他の動機が思いつかず志望動機をなかなか作成できないことも。仕事を検討する際には、精神的に楽だという要素のほかに自分なりの動機を考えておきましょう。

精神的に楽な仕事に就くために必要な3つのポイント

精神的に楽だと感じる仕事は人によって異なります。自分にとって精神的に楽な仕事は、以下の基準を参考に選ぶようにしましょう。

1.自分がストレスに感じることを知る

精神的に楽だと感じる仕事は人それぞれ異なるため、まずは自分にとってストレスに感じることはなにか考えてみるのが大事です。
「ノルマや期限に追われる」「同僚や上司との会話」「残業や休日出勤が多い」など、これまで仕事をするなかでストレスに感じた場面を思い出しながら書き出していくと良いでしょう。ただし、すべての条件を避けるのは難しいため書き出した事柄に優先順位をつけておくのがおすすめです。

2.業務内容や労働条件を事前に確認する

精神的に楽な仕事を選ぶ際には、仕事内容や労働条件を事前に確認することが大切。精神的に楽だと思ったものの実際は違ったという事態を避けるためです。前項で洗い出した「自分がストレスに感じるポイント」を意識しながら項目に当てはめていくと良いでしょう。
企業のWebサイトや資料などで調べても分からない点があれば面接で質問し、疑問点や不安が残らないようにするのもミスマッチを防ぐのに大事なことです。

3.転職エージェントに相談する

精神的に楽な仕事に就きたいときは、転職エージェントに相談するのがおすすめです。なぜなら、転職エージェントでは求職者一人ひとりに合った仕事を紹介してくれるからです。また、求人サイトでは分からない実際の仕事内容や労働環境をエージェントを通して把握できるのも利点といえるでしょう。

精神的に楽な仕事をお探しの方は、20代向け転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。経験豊富な就活アドバイザーがあなたのお悩みやご希望を伺ったうえで、あなたにとっての精神的に楽な仕事をアドバイスいたします。また、ハタラクティブではポテンシャルや人柄を重視する企業の求人をご紹介していますので、経歴やスキルに自信がないという方も安心です。ハタラクティブのご登録、ご利用はすべて無料ですので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ストレスフリーな働き方を追求!精神的に楽な仕事に関するお悩みQ&A

精神的なストレスが溜まる仕事は、できるだけ避けたいと思う人は多いでしょう。ここでは、精神的に楽な仕事に関するお悩みをQ&A方式で解消していきます。

どんな仕事が精神的に楽ですか?

プレッシャーの少ない仕事に対して「精神的な負担が少ない」と感じる人が多いようです。ただし、何を「精神的に楽」だと感じるかは人によって異なるので、何が自分にとってストレスになるかを考えてみましょう。「ストレスのない仕事を見つけるには?適性別におすすめの職業も紹介」では、「ストレスのない仕事」という観点から仕事を適性別に解説していますので、参考にしてみてください。

精神的に楽な仕事には、肉体労働が多いですか?

体への負担が少ないデスクワークの中にも、ストレスが溜まりにくい仕事はあります。たとえば、ルーチンワークが多い事務の仕事は、大きな変化にストレスを感じる人におすすめ。データ入力の仕事は、自分のペースで仕事がしたい・座って仕事がしたいという人に適しているでしょう。「コツコツできる仕事とは?タイプ別におすすめの職種をご紹介!」でも、自分のペースで進められる仕事をご紹介しています。

楽な仕事がしたいと思うのは甘えですか?

「仕事が辛いから転職したい」「心にゆとりを持って仕事がしたい」と思うのは、甘えではありません。心を壊してしまう前に、転職を視野に入れて行動するのも、選択肢の一つです。仕事から逃げたくなったときの対処法については、「仕事から逃げたいのは甘え?「辛い」「怖い」と感じる原因と対処法を解説」で解説しています。

楽そうな仕事を探す方法はありますか?

1人で考えて良い方法が思い浮かばなければ、転職活動のプロフェッショナルに相談するという方法があります。若年層に特化した転職エージェントハタラクティブでは、就活アドバイザーがあなたの転職活動を徹底サポート。マンツーマン体制でじっくりカウンセリングを行い、ピッタリの仕事をご紹介しますので、一度ご相談ください。

この記事に関連するタグ