自分に合う仕事がわからないときの上手な見つけ方を解説!

自分に合う仕事がわからないときの上手な見つけ方を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・それぞれの持ち前を発揮できて、正しく評価されるのが自分に合う仕事
  • ・好きなことができるのが自分に合う仕事とは限らない
  • ・自分に合う仕事を決めるときには適職診断に頼り過ぎないことが大事
  • ・自分に合う仕事は、5つの要素をスコアリングで最終判断しよう
  • ・自分に合う仕事が見つからないときは過去を振り返ってみよう

「自分に合う仕事は何?」「今の仕事は自分に合っているの?」と不安を抱えている方もたくさんいるのではないでしょうか?
自分に合う仕事は、労働条件や持ち味を発揮できるかなどから判断できます。このコラムでは、自分に合う仕事を判断するポイントや仕事探しの注意点なども紹介します。
就活を成功させるための方法をまとめているので、就活生や転職希望者で興味のある方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

自分に合う仕事がわからないときの3つのポイント

自分に合う仕事が良くわからないという方のために、知っておくべき3つのポイントを紹介します。
以下のポイントを確認しながら仕事探しを行えば、就活を成功させられる可能性が高まるでしょう。

1.労働条件

自分に合う仕事がわからないときは、求める労働条件を洗い出してみましょう。
よほど自分が好きな仕事でない限りは、労働条件を気にしない人はいないはずです。労働条件にはいろいろな要素がありますが、給与や賞与やなどの賃金は、働く上での大きなモチベーションとなります。
他にも、就労時間や休日なども、ほとんどの企業が求人募集を出す際に応募者に伝えるべき重要な条件で、福利厚生や社会保険の内容なども気になる点です。

2.持ち味を発揮できる

自分の持ち味を発揮できるかは、仕事をするうえでとても大事な要素です。
資格やスキルなど、自分が得意なものを仕事に活用できればモチベーションアップにもつながりますし、やりがいを持つこともできます。特別な技術を持っていなくても、持ち前の明るい性格や慎重さなどを仕事に活かせれば、楽しく仕事をできる可能性が高いです。

3.頑張った成果が出る

自分が頑張ったことが成果や結果に結びつけばやる気も出て、仕事が楽しくなります。
自分の持ち前を発揮できる職場でも、成果が全く出なければモチベーションが上がりません。成果や結果は評価にもつながり、昇進の判断材料にもなります。
自分の成長を実感できれば、もっと頑張ろうという気持ちも芽生え、長く同じ職場で働こうとするテンションも高めてくれるでしょう。

自分に向いている仕事がどうしても見つけられない方は、適職を見つける方法などを紹介しているコラム「自分に向いてる仕事が分からないときはどうする?適職の見つけ方を解説」を参考にしてみてください。

自分に合う仕事探しの2つの注意点

ここでは、自分に合う仕事を探すときに注意すべき点を2つ紹介します。

1.理想の仕事を追い過ぎない

自分の好きなことを仕事にしようとするのは悪いことではありませんが、本当に好きな趣味などを職業にできる人はごくわずかです。また、好きなことを仕事にしたばかりに、楽しかった趣味が嫌いになってしまうこともあります。
たとえば、絵が昔から大好きで、念願のデザイン会社に入社して毎日絵を描くことができるようになっても、毎日納期に追われたり、自分の未熟さのせいで仕事を評価してもらえなかったりすると、好きなものが嫌いになってしまうこともあるでしょう。また、プロスポーツ選手の多くは思い通りに結果を出せなくて、早々に引退に追い込まれて、大好きなスポーツを嫌いになってしまう現実があります。

自分の好きなことを仕事にする前には、思い通りにいかないこともしっかり考慮したうえで、その道に飛び込むことを判断してください。

2.今後自分がどうしたいかを考える

今の自分に対しての向き不向きをみて仕事探しをすることは悪いことではありませんが、まずは将来的にどうしたいかを考えてみましょう。

今は何の資格もスキルも持っていなくても、自分が好きなことだとチャレンジ精神も沸いて努力もしやすいため、自然と仕事に関するスキルが身についたり、難しい資格も取得できたりする可能性は高いです。
最初はあまり好きではなかった仕事でも、やってみると意外に自分に向いていたということもあるので、はじめから毛嫌いしないで自分にどのような可能性があるかも見つめてみるといいでしょう。

入社して経験するまでは、自分に何の仕事が向いているか気づけなくても、理想の仕事に巡り合えることも少なくありません。
自分ではイメージがつかなくても、チャレンジしてみる価値は十分にあります。

自分に合う仕事を探すのが難しいという方には、仕事の見つけ方や注意点などを紹介しているコラム「自分に合った仕事の見つけ方を解説!軸を決めて自己診断してみよう」がおすすめです。

自分に合う仕事がないときの適職診断の正しい使い方

インターネットの普及により、ネット上にも適職診断ができるサイトを数多く見つけることができます。ここでは、適職診断の正しい使い方を紹介します。

特別な資格やスキルがない就活生の多くが、適職診断や適性判断を試しているようですが、診断結果を気にし過ぎることは避けた方がよいでしょう。
自分の適性の傾向を知ることは仕事探しでは重要ですが、占いと同じで結果はあくまでも参考程度にしてください。

あまりにも結果を気にし過ぎると、自ら業種の選択肢を狭めてしまいます。適職はある程度職務を経験してみないと分からないこともあります。
それに、完全に自分の適性マッチした仕事は最初からないと考えた方が良く、職種よりも自分がどんなことを望んでいて、どのような環境なら働きやすいのかを重視することが大事です。

やりたい仕事がなかなか見つからない方には、そんなときに役立つ適職診断について書かれているコラム「やりたい仕事が見つからない人は適職診断を活用して就職や転職に役立てよう」がおすすめです。
また、適職診断でどんなことが分かるのか知りたい方は、自分に合っている仕事を探すメリットなどが書かれているコラム「自分に合ってる職業って?適職診断で何が分かる?就活・転職活動のコツ!」をチェックしてみてください。

自分に合う仕事はスコアリングで比較してみよう

自分に合う仕事を探すうえで重視すべき主なポイントには、本コラムの最初でも紹介した「給与」などの収入面や「休日」などの働き方以外に、「仕事内容」「職場環境」「評価」の5つがあります。
人によって重視すべき事項は異なりますので、5つの項目に自分なりに点数をつけて、スコアリングをして総合的に比較してみましょう。

応募段階では職種や業界の幅を広げて、1社ずつスコアリングで比較してください。「評価」には、年功序列ではなく成果主義であることや企業の将来性などのほか、自分自身が自分らしく働くことができることなども題材にして点数をつけましょう。
そうすることにより、自分に合った職場を客観的に比較・判断することができ、適職を選べるようになります。

スコアリングで100点満点の職場はないことを頭に入れて、自分の中で何点なら許容範囲なのかを決めたうえで、後悔のない仕事探しを行ってください。
「自分にはこの業界や職種しかない」と思い込むと、適職を見逃してしまう可能性が高くなるので、間口を広くすることをおすすめします。

自分に本当に向いている仕事を探す方法を知りたい方は、性格別に向いている仕事も紹介しているコラム「自分に向いてる仕事の探し方!転職先の選び方と診断方法」をチェックしてみてください。
また、自分にできる仕事がわからないという方は、そう感じる原因などが書かれているコラム「自分にできる仕事がわからない原因は?適職を見つける方法を徹底解説」を参考にしましょう。

自分に合う仕事がないときは過去を振り返ってみよう

新卒の就活や転職をしたいけれども自分に合う仕事が見つけられないという場合は、過去を振り返ってみることがおすすめです。
学生時代にしたアルバイトや、これまでに就いた仕事を思い浮かべてみると、自分には何が向いていたかわかることもあります。
仕事でなくても、学生時代に経験してきた活動の中に、自分が楽しいと感じたりやりがいがあると思ったりしたことが見つかることもあるでしょう。

それがわかれば大きなヒントになり、自分に合った仕事を見つけられる確率が劇的にアップします。
さらに、過去の経験から自分に合うと思った仕事が見つかった場合は、応募先企業へ伝える志望動機としても説得力を持ち、就活を有利に進められる可能性が高まるでしょう。

じっくり過去を振り返ってみても、「自分に合う仕事は何?」「今の仕事は自分に合っているの?」などの疑問や不安が解消できない方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。経験豊富なキャリアドバイザーが、あなたの悩みや要望を丁寧にヒアリングして、理想の職場を紹介します。
面倒な履歴書や職務経歴書の作成のお手伝いもして、面接対策まで幅広くサポートさせていただきます。相談も登録も利用も完全無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。ハタラクティブが納得のいく就職を実現いたします。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION