自分に合う仕事がわからないときの上手な見つけ方を解説!

自分に合う仕事がわからないときの上手な見つけ方を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 自分に合う仕事とは、それぞれの持ち前を発揮できて正しく評価されるもの
  • 好きなことが自分に合う仕事とは限らない
  • 自分に合う仕事を決めるときは適職診断に頼り過ぎないことが大事
  • 自分に合う仕事は、5つの要素をスコアリングで最終判断しよう
  • 自分に合う仕事が見つからないときは過去を振り返ってみよう

「自分に合う仕事は何?」「現在の会社での働き方は自分に合っているの?」と不安を抱えている方もいるのではないでしょうか?自分に合う仕事は、会社の労働条件や自身の強みを発揮できるかどうかといった要素から判断できます。
このコラムでは、自分に合う仕事を判断するポイントや仕事探しの注意点をご紹介。就活を成功させるための方法についてまとめているので、就活生や転職希望者で興味のある方は、ぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

自分に合う仕事がわからないときの3つのポイント

自分に合う仕事がわからないときの3つのポイントの画像

自分に合う仕事が良くわからないという方のために、知っておくべき3つのポイントをご紹介します。以下のポイントを確認しながら仕事探しを行えば、就活を成功させられる可能性が高まるでしょう。

1.労働条件を洗い出す

自分に合う仕事がわからないときは、求める労働条件を洗い出します。会社に求める労働条件は、給与や休日数、就労時間など、人によってさまざまです。自分が働くうえで、どのような要素がモチベーションアップにつながるかを考えてみましょう。

2.強みを発揮できる環境を探す

自分の強みを発揮できるかは、仕事をするうえで大事な要素です。資格やスキル、経験など、自分が得意なものを仕事に活用できれば、やりがいを持って働けます。特別な技術を持っていなくても、持ち前の明るさや慎重さといった性格を活かせれば、楽しく仕事に取り組めるでしょう。

3.成果が出せる仕事を見つける

自身の頑張りが仕事の成果に結びつけば、やる気やモチベーションにつながり、仕事を楽しく感じられます。仕事の成果は評価にも直結するため、昇給・昇進の判断材料にもなり得るでしょう。業務を通じて自分の成長を実感できれば、これまで以上に頑張ろうという気持ちが芽生え、同じ会社で長く働こうと思えるようになります。

自分に向いている仕事がなかなか見つけられない方は、「自分に向いてる仕事が分からないときはどうする?適職の見つけ方を解説」のコラムを参考にしてみてください。現在の状況を踏まえ、適職を見つける方法についてご紹介しています。

自分に合う仕事探しの2つの注意点

自分に合う仕事探しの2つの注意点の画像

自分に合う仕事を探すときは、理想の深追いを避けたり、将来像を明確にしたりすることが重要です。ここでは、自分に合う仕事を探すときに注意すべき点を2つ解説します。

1.理想の仕事を追い過ぎない

自分に合う仕事探しを行う際は、理想を追い過ぎないようにしましょう。
趣味として好きなことが、仕事に向いているとは限りません。好きなことを仕事にしたばかりに、楽しかった趣味が嫌いになってしまう可能性も考えられます。
たとえば、昔から絵を描くことが好きな人がデザイン会社に入社したとしても、納期に追われる日々が続いたり、思うような評価をしてもらえなかったりすることもあり得るでしょう。たとえば、スポーツ選手が理想の結果を出せずに引退し、大好きな競技から遠ざかってしまうこともあります。
仕事を探すときは、思い通りにいかないこともしっかり考慮したうえで、その道に飛び込むことを判断してください。

2.今後自分がどうしたいかを考える

自分に合う仕事探しをする際は、自身が将来的にどうしたいのかを考えてみましょう。今は資格やスキルを有していなくても、理想のキャリアを実現するためならチャレンジ精神をもって努力でき、自然と仕事に関する知識が身につく可能性もあります。最初はあまり好きではなかった仕事も、やってみると自分に向いていたという場合もあるので、はじめから毛嫌いせずに向き不向きを見つめ直すのがおすすめです。
入社して経験するまでは、自分に何の仕事が向いているか気づけなくても、理想の仕事に巡り合えることも少なくありません。自分ではイメージがつかなくても、チャレンジしてみる価値は十分にあります。
自分に合う仕事を探すのが難しいという方には、仕事の見つけ方や注意点を紹介しているコラム「自分に合った仕事の見つけ方を解説!軸を決めて自己診断してみよう」がおすすめです。

自分に合う仕事がないときの適職診断の正しい使い方

特別な資格やスキルがないと心配している就活生のなかには、インターネット上で無料の適職診断や適性判断を試している人もいるでしょう。
適職診断や適性診断を活用するときは、診断結果を気にし過ぎないようにすることが大切です。結果を気にし過ぎると、自ら業種の選択肢を狭めてしまいます。適職はある程度職務を経験してみないと分からないこともあるでしょう。
また、転職先に求める条件があまりに多い場合、すべての希望を叶えられる仕事は基本的にないといえるため、条件の優先順位をよく考えることが求められます。自分の適性の傾向を知ることは仕事探しにおいて重要ですが、占いと同じで、診断の結果はあくまでも参考程度に留めるようにしてください。

適職診断をはじめとした仕事探しのポイント

やりたい仕事がなかなか見つからない方には、「やりたいことがない人は仕事探しで適職診断を活用すべき?転職のコツを紹介」のコラムがおすすめです。適職診断や自分に合う仕事を効率的に探すコツに触れています。
また、適職診断でどのようなことが分かるのか知りたい方は、「自分に合ってる職業って?適職診断で何が分かる?就活・転職活動のコツ!」をチェックしてみてください。こちらのコラムでは、自分に合っている仕事を探すメリットを解説しています。

自分に合う仕事はスコアリングで比較してみよう

自分に合う仕事はスコアリングで比較してみようの画像

自分に合う仕事を探すうえで重視すべきポイントには、給与・休日・仕事内容・職場環境・評価の5つがあります。人によって仕事で重視すべきポイントは異なるので、項目ごとにスコアリングをして総合的な比較をしてみましょう。
会社に応募する段階では職種や業界の幅を広げるためにも、1社ずつスコアリングしてください。たとえば「評価」の点数をつけるときは、年功序列と成果主義どちらを取り入れているか、会社の将来性はあるかといった題材をチェックしましょう。このように点数をつけることで、自分に合う仕事を客観的に判断できるようになります。

スコアリングの結果を仕事探しに反映させるには

自分の中で何点中何点なら許容範囲になるのかを決め、後悔のない仕事探しをすることが大事です。「自分にはこの業界や職種しかない」と思い込むと、適職を見逃してしまう可能性も。就職・転職の際は、間口を広くすることをおすすめします。

自分に合う仕事を探す方法を知りたい方は「自分に向いてる仕事の探し方!転職先の選び方と分からない時の診断方法」のコラムを、どのような仕事が合うのかわからない方は「自分にできる仕事がわからない原因は?適職を見つける方法を徹底解説」のコラムをご一読ください。それぞれ自分の特性に沿って適職を探すポイントについてまとめています。

自分に合う仕事がないときは過去を振り返ってみよう

就職や転職でなかなか自分に合う仕事を見つけられない場合は、過去を振り返ってみるのがおすすめです。学生時代のアルバイトやボランティア活動、これまでの就業経験などを思い浮かべると、自分にはどのような分野が向いているのかを判断できることもあります。
自分が楽しいと感じたことややりがいを感じたものがあれば、それらが自分に合う仕事のヒントになるでしょう。また、過去の経験から自分に合う仕事と判断できれば、応募する会社への志望動機に説得力を持たせられ、就職・転職を有利に進められる可能性が高まります。

じっくり過去を振り返ってみても、「自分に合う仕事は何?」「今の仕事は自分に合っているの?」といった疑問や不安が解消できない方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。経験豊富なアドバイザーが、あなたの悩みや要望を丁寧にヒアリングし、理想の職場を紹介します。
面倒な履歴書や職務経歴書の作成のお手伝いにも対応し、面接対策まで幅広くサポートさせていただきます。すべてのサービスは無料なので、まずはお気軽にお問い合わせください。ハタラクティブが納得のいく就職を実現いたします。

自分に合う仕事に関するFAQ

ここでは、自分に合う仕事に関する質問に回答していきます。就職や転職においてどのような仕事に就くべきなのかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

転職したいけど何がしたいのかわかりません…

転職したい理由を振り返ったり、自己分析や他己分析を通じて自分への理解を深めたりするのがおすすめです。何をしたいのかわからないまま転職活動を進めてしまうと、入社後のミスマッチやキャリアに影響する可能性もあります。何がしたいかわからないから転職に一歩踏み出せないという方は、「転職で何がしたいかわからない人に適職の見つけ方を解説!」のコラムをチェックしてみてください。

自分がどこに就職すべきかを知りたいです

どこで働きたいかわからない場合は、どのような仕事があるのかを調べたり、身につけたいスキルから考えたりするのも手です。自分にとってやりがいを感じられるものを追求し、挑戦したいと思う分野を探し出してみましょう。「仕事で何がしたいか分からない20代へ!やりたいことの探し方を解説」のコラムでは、やりたいと思えるような仕事を探す方法をご紹介しています。

30代に入ってから仕事で何がしたいのかわかりません

30代からの就職・転職では、これまでの経験やマネジメント経験などを活かせる仕事がおすすめです。過去の成功体験を振り返り、どのような場面で能力を発揮してきたか、モチベーションを向上できたかを考えてみましょう。「30代から目指せる職業を紹介!男女別におすすめの仕事を解説」のコラムでは、男女別のおすすめの職種や30代を歓迎している仕事についてまとめています。

自分に合う仕事に転職したいです

自分に合う仕事に転職するなら、プロの手を借りるのも方法として挙げられるでしょう。若年層の就職・転職支援に特化したハタラクティブなら、専任のアドバイザーがマンツーマンであなたの求職活動をサポートします。希望条件のヒアリングや転職における悩みの相談対応、求人の提案などのサービスを受けられるので、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ