やりたいことがない人は仕事探しで適職診断を活用すべき?転職のコツを紹介

やりたいことがない人は仕事探しで適職診断を活用すべき?転職のコツを紹介の画像

この記事のまとめ

  • やりたいことがない理由は、自己分析や仕事探しに必要な行動が不十分な場合が多い
  • 適職診断とは、自分に向いている業種や仕事を客観的に知るためのツール
  • やりたいことがないときは、適職診断の結果を参考に仕事を探すのも手
  • 適職診断を利用する際は、「診断の結果=やりたいこと」とは限らない点に留意しよう
  • やりたいことがないときは、希望の働き方や勤務地で仕事を絞ってみる方法もある

やりたいことがない人のなかには、仕事探しで適職診断を試してみようと考える方もいるのではないでしょうか。やりたい仕事を見つけるのに、適職診断を利用するのも一つの方法です。このコラムでは、やりたいことがないときに自分に向いている仕事を探す方法や、適職診断の活用性などを詳しく解説。関心分野別のおすすめ職業や、やりたい仕事に転職するコツについてもご紹介しているので、就職・転職活動の参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

「やりたいことがない…」と仕事探しに悩む3つの理由

「やりたいことがない…」と仕事探しに悩む3つの理由の画像

「やりたいことがない…」と仕事探しに悩む主な理由には、「十分な自己分析ができていない」「就活に必要な行動を積極的に起こせていない」などが挙げられます。また、世の中にどのような職業があるかを把握できていないのが原因で、自分に向いている仕事がわからない人もいるようです。
適職診断の活用や仕事探しの方法を検討する前に、まずは「なぜ自分がやりたいことがない」と感じるのかを考えてみましょう。

1.仕事をするうえでの自己分析が不足している

自己分析が不足していると、仕事探しの軸が曖昧になりやすいため、やりたいことがない状況に陥りやすいでしょう。自分の適職を探すには、自分の好き・嫌いや得意・不得意を知り、それらを材料に「自分に向いている仕事とは?」を考える必要があります。自己分析を深めるために、適職診断を試してみるのも有効です。

2.仕事探しや転職に慎重になり過ぎている

「もっと良い会社があるのでは…?」「転職してから後悔したくない」と慎重になり過ぎる人も、「やりたいことがない」と感じやすいようです。自身の目標や理想に向けて邁進する姿勢は大切ですが、完璧を過度に求めると、次へのステップが踏み出しづらくなることも。実際にやってみれば「やりたいこと」になっていく可能性もあるため、「少し興味がある」といった程度の仕事にも挑戦してみると良いでしょう。

3.社会にどのような仕事があるかの情報量が少ない

世の中にどのような職業があるかの引き出しが少なければ、その分「自分に向いている仕事」に出会える可能性を狭めてしまいます。「やりたいことがない…」と悩んでいる方は、まず社会に存在する業種や職種について調べてみるのもおすすめです。後述の「やりたいことがない人は世の中の多様な仕事を知ろう」では、多様な業種・職種について紹介しているので、あわせてご参照ください。

「やりたいことがない…」と悩む人は多い

就職・転職活動で「やりたいことがない…」と悩む人は少なくありません。しかし、やりたいことがない状態でも、就職・転職活動は行なえます。「就活でやりたいことがないときはどうする?自分に合う仕事の見つけ方を紹介」では、就活アドバイザーがやりたいことがない人向けに仕事探しのコツを伝えているので、ぜひチェックしてみてください。

仕事でやりたいことがないときに役立つ「適職診断」

仕事でやりたいことがないときに役立つ「適職診断」の画像

仕事でやりたいことがないときは、適職診断を利用する方法があります。やりたいことがないと悩む人のなかには、適職診断の利用を考えている方もいるでしょう。ここでは、適職診断の概要について説明していきます。

適職診断とは?

「適職診断」とは、複数の質問に回答することで、自身の性格傾向や行動特性に合った仕事を分析できるツールです。やりたいことがない場合でも、適職診断の結果は「自分に向いている仕事」を選ぶ際の一つの目安となります。Webサイト上で無料提供されている適職診断ツールであれば、パソコンやスマートフォンから気軽にアクセスでき、スキマ時間に行えるのがメリットです。

「適職診断の結果=やりたいこと」とは限らない

「適職診断の結果=やりたいこと」とは限りません。適職診断では、「できること」から導き出された仕事が表示される場合もあるからです。適職については「職業に迷うなら適職診断?転職時に適職を見つけるコツ」で詳しく説明しているので、あわせてご覧ください。

適職診断を利用する際の注意点

適職診断の結果は自身の希望とマッチしない場合もあるので、理解したうえで利用しましょう。また、偽りの回答をすると正しく診断できないため注意が必要です。

適職診断のほかにも!やりたい仕事に出会う4つの方法

適職診断のほかにも!やりたい仕事に出会う4つの方法の画像

やりたいことがないときの対処法として、適職診断以外にも、「自己分析を深める」「仕事に求めることを考える」といった方法もおすすめです。ここでは、やりたい仕事に出会う方法を4つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.自己分析を深めて仕事を探す

やりたいことがないと悩んでいる人は、自己分析を深めるところから始めると良いでしょう。自己分析とは、過去の経験から自分の長所・短所、価値観などを洗い出す作業です。冒頭の「1.仕事をするうえでの自己分析が不足している」で説明したように、自己分析が足りていないと仕事探しの軸が定まりづらくなります。自己分析を通して自分の価値観を再認識できれば、自分に向いている仕事を見出しやすくなるはずです。

自己分析のやり方って?

自己分析を行う際は、ポピュラーなやり方として「自分史を作成する」「自己分析シートを活用する」などの方法がおすすめ。そのほか、友人や家族に自分の性格や長所・短所について聞いてみる「他己分析」というやり方もあります。詳しくは、「自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介」をご参照ください。

2.スキルや資格から仕事を探す

やりたいことがない人は、今あるスキルや資格を活かせる仕事を探すのも一つの方法です。また、これから身に付けたいスキルや取得したい資格を基準に、仕事を探す手もあります。なかには資格取得サポートを行っている会社もあるので、自分の希望に合った求人を探してみると良いでしょう。以下は、仕事に活かしやすい資格の一例です。

・簿記検定
・秘書技能検定
・MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
・ITパスポート
・TOEIC

資格以外に、「集中力がある」や「コミュニケーション能力が高い」といった内面的なスキルも、仕事を探す際のヒントとなります。先述の自己分析で導き出された自身の長所とともに、持っているスキルを洗い出してみましょう。

3.自分が「仕事に求めること」を考える

「仕事に求めることは何か?」を考えると、やりたい仕事に辿り着ける可能性があります。やりたいことがないと悩んでいる方は、以下の項目も参考に、自分が「仕事に求めること」を考えてみてください。

【仕事に求めることの一例】
・やりがいを感じたい
・高く評価されたい
・社会へ貢献したい
・将来キャリアアップしたい
・安定した収入が欲しい
・福利厚生、待遇面の充実度
・ワークライフバランスを大切にしたい

厚生労働省の「平成20年版労働経済の分析(86p、第2(1)7図)」では、20~30代の働く目的として、「お金を得るため」が最も大きな割合を占めました。続いて、「自分の才能や能力を発揮するため」「生きがいをみつけるため」「社会の一員としての務めを果たすため」などが挙げられています。やりたいことがないときは、会社や仕事に求めていることを整理すると、自分がやりたい仕事に気づける場合があるでしょう。

参照元
厚生労働省
平成20年版 労働経済の分析-働く人の意識と雇用管理の動向-

4.「やりたくないこと」から仕事を探す

やりたいことがない人は、自分が「やりたくない仕事」や「嫌いなこと・苦手なこと」をピックアップして書き出し、応募職種の選択肢を絞る方法もあります。入社後のミスマッチを防ぐためにも、好きなこと・得意なことだけでなく、嫌いなこと・苦手なことも把握しておくのが重要です。
ただし、やりたくないことばかりに着目すると、選択肢を狭め過ぎて適職に出会えるチャンスを減らしてしまうことも。「これは嫌だけど、ここは頑張れる」というように、自分のなかで妥協点を見つけると良いでしょう。

やりたいことがない人は世の中の多様な仕事を知ろう

やりたいことがない人は世の中の多様な仕事を知ろうの画像

やりたいことがないときは、業界や職種などから仕事を絞るのも手です。世の中には数多くの業界や職種が存在します。そのなかから、自分が好きなこと・関心があることをもとに、どのような業界や職種があるかを調べてみましょう。たとえば、「人と接することが好き」なら、飲食業やサービス業、販売職などに適性を持っている可能性があります。
以下の例を参考に、自分の得意分野や関心分野と結びつく業界や職種を考えてみてください。

【業界】

業界の主な例を以下に挙げました。

・食品
・不動産
・建築
・IT、通信
・機械製造
・自動車
・運送
・鉄道
・メディア
・エンターテインメント
・レジャー
・飲食
・サービス

業界をある程度絞れたら、より細かく仕事を絞るために興味のある職種を考えましょう。

【職種】

職種の主な例を以下に挙げました。

・事務:受付や秘書、経理など
・企画:主にマーケティングに関する仕事
・営業:個人向けと法人向けがある
・販売、サービス:アパレルや美容、飲食など
・医療:医者や看護師、薬剤師、臨床開発など
・IT系:システムエンジニアやプログラマーなど
・コンサルタント:会社が抱える問題を解決へと導く仕事
・クリエイティブ系:映像やゲーム、出版、デザインなど
・管理系:人事や総務、広報など
・建築系の技術職:設計やデザイン、施工管理、部材開発を行う
・化学系の技術職:研究開発や品質管理を行う
・機械系の技術職:CADオペレーターや機械設計、製造を行う

上記のほかにも、警察官や裁判官といった公務員や、電気・ガスなどを供給するインフラ業など、さまざまな仕事があります。
世の中に存在する仕事の種類については、「業種とは何か?転職時に考えるポイントは?一覧や職種との違いも解説!」や「30代から目指せる職業を紹介!男女別におすすめの仕事を解説」もぜひご参照ください。

仕事は希望の勤務地から絞る方法もある

やりたいことがないときは、希望の勤務地から仕事を絞る方法もあります。たとえば、通勤で電車やバスの利用を避けたいなら、職場が現住所の近くにある会社に絞られるでしょう。そのほか、「車通勤したい」「転勤はしたくない」なども、仕事を探すうえでの条件になります。ただし、自分がやりたい・興味がある仕事が特定の場所でしかできない場合は、引っ越しも視野に入れる必要があるでしょう。

やりたいこと別に診断するおすすめの仕事を紹介!

やりたいこと別に診断するおすすめの仕事を紹介!の画像

ここでは、やりたいことがないと悩んでいる人向けに、関心のある分野ごとにおすすめの仕事をご紹介します。なお、下記はあくまで一例として挙げているため、参考程度に留めておきましょう。

1.安定した環境や地域貢献の仕事に興味があるなら…

「やりたいことがないけれど、収入・雇用が安定した職場や地域貢献できる仕事に興味はある」という人は、生活に欠かせない電気や水道、鉄道、通信網といったサービス供給を行う「インフラ業界」の仕事がおすすめです。また、「地方公務員」も安定した雇用環境のもと、地域に密着した仕事に携われる仕事といえるでしょう。

2.人と多く関わる仕事に興味があるなら…

「人と関わるのが好き」「人と多く関わりたい」という場合は、「医療・福祉業界」や「保育士」といった仕事に向いている可能性があります。医療・福祉業界の職種は、医師や看護師以外にも社会福祉士、介護士、ケアマネジャーなど多種多様です。それぞれ役割や人との関わり方が異なるため、やりたいことがない人は「自分はどのような形で、どのような人と関わりたいのか」を明確にする必要があるでしょう。
人と多く関わる仕事としては、「販売職」もおすすめです。自分が好きな商品を扱ったり、会社で働いたりすることで、やりがいをより感じやすい仕事といえます。

3.自分から提案・挑戦する仕事に興味があるなら…

やりたいことがないものの、自分から提案・挑戦する仕事に興味があるときは、「広告業界」や「営業職」などがおすすめです。これらの仕事では、クライアントや顧客のニーズに沿った提案をする必要があります。個人の実力が問われるとともに、仕事の成果も見えやすいのが特徴です。社会のトレンドを押さえつつ独自のアイデアを展開できる人が特に活躍しやすく、流行に敏感で独創的なタイプにおすすめの仕事といえるでしょう。

やりたい仕事への転職を叶える4つのコツ

やりたい仕事への転職を叶える4つのコツの画像

やりたいことがない人が気になる仕事を見つけたら、転職を成功させるためにも、事前に資格を身に付けたり貯金をしたりしておくと良いでしょう。転職を検討中の方は、以下を参考にしながら必要な転職準備を進めてみてください。

1.仕事に活かせる資格やスキルを身に付ける

やりたいことができたら、今の仕事を退職する前に、転職に活かせる資格やスキルを身に付けるのがおすすめです。資格取得やスキル向上のために行った勉強と努力は、仕事に対し前向きな意欲があることを転職活動で示せます。取得済みの資格はもちろん、現在勉強中の資格も履歴書に書けるので、転職活動で積極的にアピールしましょう。
やりたいことがないけど「転職活動の準備がしたい」という人は、適職診断の結果で出た職業に役立つ資格の勉強をしてみるのも一つの手です。たとえば、介護士なら「介護職員初任者研修」、サービス業なら「販売士(リテールマーケティング)」などの資格が挙げられるでしょう。転職に役立つ資格については、「転職に有利?社会人でも挑戦できるおすすめ資格とは?」もぜひ参考にしてみてください。

2.仕事が決まるまでに必要な費用を貯金する

現在やりたいことがないと悩んでいる人は、自己分析や適職診断を通じてやりたい仕事が見つかっても、すぐに退職せずある程度貯金をしてから転職活動をスタートさせたほうが良いでしょう
貯金が少ない状態で勢いにまかせて退職すると、転職活動が長引いた際に生活が厳しくなるリスクも考えられます。金銭面に余裕がなくなれば、転職活動に必要な交通費や服飾費、応募書類の費用などを捻出できなくなる可能性も。退職後に転職活動をするのであれば、少なくとも数ヶ月の間は問題なく過ごせる程度の貯金があると安心です。「スーツ代に交通費…転職にかかる費用はどれくらい?」もチェックして、転職活動に掛かる一般的な費用を把握しておきましょう。

3.転職者向けのセミナーに参加する

やりたい仕事に転職したいと考えている方は、転職者向けのセミナーに参加するのも一つの手です。やりたいことがない場合でも、転職セミナーを介して転職のイメージを掴めたり、自分だけでは知り得なかった会社や仕事に出会えたりする可能性があるでしょう。
転職セミナーとは、主に各地域の自治体や民間の会社が、転職活動の進め方や経験談を伝えるために開催するイベントを指します。複数の会社が集まり、実際の社員が求職者の質問に答えるといった形のセミナーもあるようです。「転職フェア」「転職イベント」「勉強会」などと呼ばれることも。転職セミナーには無料で受講できるものもあれば、参加費が掛かるものもあります。なかには、「必要以上に高い費用を請求された」「転職とは関係ないセミナーだった」といった例もあるので、参加の申し込みをする前にセミナーの内容や主催者情報をきちんと確認しましょう。

4.やりたい仕事を副業やアルバイトで始めてみる

やりたい仕事が見つかったら、転職前に副業やアルバイトで体験してみるのも良いでしょう。自己分析や適職診断の結果を参考に転職したものの、「実際に働いてみたら自分に合わなかった…」という場合もあるからです。
たとえば、クラウドソーシングを利用すれば、空いた時間でライターやWebデザインなどのパソコンを使った仕事を始められます。あるいは夜間や休日を利用し、アルバイトとしてやりたい仕事に就くのも一つの方法です。働くことで実際の仕事内容や収入額、労働環境について知れるでしょう。「やりたい仕事が自分の転職かどうか不安…」という人は、将来自分のやりたい仕事に転職するための準備期間と捉え、副業やアルバイトをしてみるのもおすすめです

副業する前に今の仕事の就業規則を確認しよう

副業やアルバイトをする場合は、現在勤めている会社の就業規則を事前に確認しましょう。会社によっては、従業員の副業を禁止していることがあります。就業規則に違反すると、懲戒処分の対象になる可能性も。円満な退職・転職を叶えるためにも、規則に反した副業やアルバイトは行わないようにしましょう。

適職診断でやりたい仕事が見つからないときは?

適職診断でやりたい仕事が見つからないときは?の画像

自己分析や適職診断などをしても仕事でやりたいことがないときは、「仕事をするのは生活のため」「やりたいことがなくても大丈夫」とある程度割り切る気持ちも大切です。また、転職について親しい人にアドバイスを求めたり、就職・転職エージェントを活用したりするのも良いでしょう。それぞれについて、以下で詳しく解説します。

「やりたいことがない自分」で就活を進めてみる

自分なりに模索したものの、やりたいことを見出せない場合は、「やりたいことがない自分」として転職活動を進めるのも一つのやり方です。「やりたいことがないと駄目な訳ではない」と割り切り、前向きに考えましょう。「転職したいけどやりたいことがない!現職の見直し方や仕事探しのコツを紹介」で説明しているとおり、転職活動をするなかで思いがけない適職と出会う可能性もあります。転職活動の期限を設け、状況に応じて柔軟に自身の気持ちを軌道修正することも、スムーズに活動を進めるためには重要です。

家族や友人の意見を参考に仕事を探してみる

やりたいことがないときは、家族や友人の意見を参考にするのも一つの手です。家族や友人から見て、自分には「どのような仕事が向いていると思うか」を質問してみましょう。適職診断や自己分析の結果とは異なる、率直な意見を聞ける場合があります。
やりたいことがないときの対処法については、「やりたいことの見つけ方とは?自分が本当にしたい仕事を見つけよう」もあわせてご参照ください。

就職・転職エージェントを活用して仕事を探してみる

適職診断の結果で出た職業に就きたいと思えなかったり、世の中にどのような仕事があるかをさらに詳しく知りたいと考えていたりする方は、就職・転職エージェントを活用しましょう。
就職・転職エージェントとは、民間の就職・転職支援サービスです。プロのキャリアアドバイザーが適性や希望条件から、自分に合った仕事を提案してくれます。選考対策や応募する会社とのやり取り代行などもサポートしてもらえるので、転職・就職活動を効率良く進められるのも魅力です。就職・転職エージェントを活用すれば、自分一人だけでは辿り着けなかった適職に出会える可能性を高められるでしょう

「やりたいことがない」「適職診断したけど、いまいちピンとこない」と仕事探しに悩んでいる方は、ハタラクティブを利用してみませんか?
ハタラクティブは、既卒・第二新卒・フリーターなどの若年層を対象とした就職・転職エージェントです。専任アドバイザーが適職診断やカウンセリングを通じて、一人ひとりに合った仕事をご紹介しています。また、応募書類の書き方や面接対策、面接日程の調整といったサポートも充実。サービスはすべて無料で利用可能です。「やりたいことがない…」とお悩みの方は、ぜひお気軽にハタラクティブへご相談ください。

仕事でやりたいことがない人のお悩みQ&A

仕事を探している人のなかには、「やりたいことがない」と悩んでいる方もいるでしょう。ここでは、やりたい仕事が見つからない人の悩みや疑問にQ&A形式でお答えしています。

やりたい仕事が見つからないのはなぜですか?

やりたい仕事が見つからない理由として、「自己分析が不十分」「仕事に関する情報が少ない」などが考えられます。自己分析が足りていないと、自分の強みや好き・嫌いが分からず「やりたいこと」も見えにくくなりがち。また、世の中にどのような仕事が存在するかの情報量が少ないほど、自分に向いている仕事に出会うチャンスは減ってしまうでしょう。仕事でやりたいことがない原因については、「やりたい仕事がない理由とは?自分に合った職場を見つける方法」で詳しく解説しています。

やりたい仕事がないと充実感を得られませんか?

やりたい仕事がないからといって、必ずしも充実感を得られない訳ではありません。最初は志望度が高くなかった職業でも、「仕事を続けていくうちにやりがいを見出せた」という場合もあります。そのため、現在やりたいことがない人も、過度に焦る必要はありません。詳しくは、「自分がしたい仕事がわからないときはどうする?診断ツールもご紹介」をご覧ください。

やりたい仕事を探すときの注意点を教えてください。

やりたいことがないときに仕事を探す場合は、「好きというだけで選ばない」「会社の知名度だけで選ばない」などのポイントに注意しましょう。好みや会社の知名度だけで仕事を選んでしまうと、入社後にミスマッチが生じる恐れがあります。仕事を探す際は、本当に自分に合っているかどうか念入りにリサーチしておきましょう。仕事探しの注意点については、「転職したいけど自分の気持ちが分からない!希望を明確にするには?」をご一読ください。

やりたい仕事を見つけるにはどうすればいいですか?

やりたい仕事を見つけるためには、仕事に求めているものや身につけたいスキル、自分が得意なことなどを明確にしておきましょう。自己分析を徹底してそれぞれ深堀りしていけば、自分のやりたい仕事に辿り着くはずです。やりたい仕事がどうしても見つからない場合は、ハタラクティブにご相談ください。アドバイザーによる丁寧なカウンセリングで、あなたの適職を一緒に見つけていきます。

この記事に関連するタグ