自己分析で自己嫌悪に陥ったときの対処法を解説!

自己分析で自己嫌悪に陥ったときの対処法を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 自己分析で自己嫌悪に陥るのは、短所ばかり目に入るのが理由の一つ
  • 自己分析で自己嫌悪に陥った場合は、友人や就職エージェントに相談するのもおすすめ
  • 自己分析に時間を掛け過ぎると、求職活動が進まず自己嫌悪に陥ることがあるので注意
  • 自己分析で大事なのは、行動を起こした動機や理由を明らかにすること
  • 自己分析で価値観が明確になると、筋の通った志望動機が答えられる

自己分析で自分の強みや価値観が見つけられず、自己嫌悪に陥る方もいるのではないでしょうか。自己分析は求職活動での企業選びや志望動機の明確化には欠かせません。このコラムでは、自己嫌悪に陥ってしまう原因と対処法をご紹介。また、効果的な自己分析のコツについてもまとめました。これから求職活動を始めようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

自己分析で自己嫌悪に陥ってしまう4つの理由

自己分析とは、長所や短所、価値観といった自分の特徴を知る作業です。就活中に自己分析を行うことで「どのような仕事をしたいのか」「どのような仕事が合っているのか」という自分の適正やキャリアプランを認識できるというメリットがあります。

自分自身を客観的に見て整理しておくと、「自分はどのような人間なのか」ということをスムーズに伝えられるでしょう。また、自分の性格を見つめ直すことで長所の向上や短所の改善にもつながります。しかし、自己分析をして自分への理解を深めていくうちに自己嫌悪に陥ってしまうことも少なくありません。自己分析をして自己嫌悪に陥ってしまう、いくつかの理由を挙げてみました。

1.自分の短所ばかり目に入ってしまう

自己分析をした結果、「やりたいものが見つからない」「人と話すことが苦手」「物事を論理的に考えることができない」といった短所ばかりが目に入ってしまい自己嫌悪に陥ることがあるようです。
その結果、「コンプレックスが原因で就活が上手くいかないのでは」「自分にできる仕事はないのかも」と考えてしまうこともあるでしょう。

2.自分を偽ってしまう

応募先の会社が求める人物像に合わせて自己分析をしてしまい、自分を偽ることで自己嫌悪に陥ることもあります。実際の自分とは異なる性格を作り上げてしまうと、アピールしている長所と実際の経験に不一致が生じてしまうでしょう。
就活でなかなか内定がとれず、「そのままの自分ではダメなのでは?」と焦った場合に陥りがちな行動と考えられます。

3.自己分析の目的を理解していない

自己分析の目的は、自分の志向性を理解することで、選択肢を広げることではありません。正しい自己分析を行うと「何がやりたいのか」「どのような分野の業界が合っているのか」などが分かるため、志望する業界や会社が絞られます。
自己分析の目的を理解せず「強みをたくさん見つけよう」「応募先を増やそう」としてしまうと、何をアピールすれば良いのか分からなくなり、自己嫌悪になる可能性があるでしょう。

4.やりたいことが分からない

自己分析をしてもやりたいことが分からなくて自己嫌悪に陥る人もいます。また、自己分析をするたびにやりたいことが変わってしまい、自己嫌悪に陥る人もいるでしょう。
前述のとおり、自己分析の目的は「自分の志向性を知ること」なので、まずは自分の価値観が分かればOKです。過去の出来事を振り返り、「なぜ、そのような行動を取ったのか」「そのとき、どう思ったのか」といったことを書き出しましょう。過去の出来事を振り返るためのヒントを「自己分析って何?やり方がわからない方へのヒント集」のコラムで紹介していますので、参考にしてください。

なりたい人物像を考えても良い
やりたい仕事が分からないときは、どのような人になりたいかを考えるのおすすめです。「一つのことを極められる人になりたい」「チームのまとめ役になりたい」といったことから、それが実現できそうな仕事を探すのも良いでしょう。

自己分析で自己嫌悪に陥った際の6つの対処法

自己分析で自己嫌悪に陥らないためには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。ここでは自己分析で自己嫌悪に陥った際の対処法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.自分の欠点を気にし過ぎない

自己分析では自分の長所・短所について考えるため、分析を進めるうちに欠点ばかりが気になってしまう人もいるようです。しかし、欠点は誰にでもあるもの。就活において重視されるのは「欠点があるかどうか」ではなく、自分の欠点といかに向き合い、問題を解決できるのかという工程です。
欠点そのものを気にし過ぎると自己嫌悪に陥ってしまうので、自分の欠点とそれを克服するために努力したエピソードを考えるのが良いでしょう。

2.第三者に聞いてみる

1人で自己分析をすると客観性に欠けることもあるので、第三者に聞いてみるのもおすすめです。第三者に聞くことで、自分が考える自己像と周りからみた印象の差異に気づくことがあります。
自分では欠点だと思っていたことが、周りから見ればそうではなかったなど、新しい発見もあるでしょう。家族や友人など周囲の人に、自分の長所や短所について聞いてみることをおすすめします。

性格診断テストや適性検査を利用する

自己分析のために、性格診断テストや適性検査を利用するのも一つの方法です。Web上でいくつかの質問に回答すると診断結果が表示されるので、自己分析の参考にするのも良いでしょう。ただし、無料で行えるものは簡易な内容となっているため、あくまでも参考として利用するのがおすすめです。
自己分析サイトの正しい使い方は?自分を知って就職や転職を成功させよう」のコラムで、Webサイトを利用して行う自己分析のやり方について解説していますので、参考にしてください。

就職・転職エージェントに相談する

1人での自己分析に不安があるなら、就職・転職エージェントに相談するのも良い方法です。就職・転職エージェントには、自己分析をサポートしてくれるサービスがあります。プロのアドバイザーに相談することで、より良い自己分析ができるでしょう。自己分析で自己嫌悪に陥ったときに相談するのもおすすめです。

3.短所を長所に言い換えてみる

自己分析で短所が明確になると自己嫌悪に陥ることもありますが、短所は言い換えれば長所にもなります。たとえば、「心配性」のは「慎重な性格」、「我が強い」は「主体性がある」というように言い換えられるでしょう。

4.友人と話し気分転換してみる

自己嫌悪に陥ってしまったときは、一度自己分析をやめて友人と話をしてみましょう。友人と話をすることで気分転換ができるのはもちろん、自分では気づかない自分の良さを知ることもあります。就職に関係のない話でも良いので、友人に話し相手になってもらうと良いでしょう。

5.自分のことばかりではなく企業にも目を向ける

自己分析を行うと自分のことばかり考えてしまいがちですが、企業に目を向けるのも大切です。自己分析で明らかになった強みが、応募先の会社で求められていなければ採用される可能性は低いでしょう。また、応募先の会社が持つ価値観や理念を知らなければ、自分とのマッチ度を判断できません。自己分析を進めながら企業研究も行い、志望する会社を絞るのが良い方法です。

6.自己分析に時間を掛け過ぎない

自己分析を熱心に行うあまり、求職活動が進まずに自己嫌悪に陥る場合もあります。求職活動では書類の作成や面接対策など、やるべきことはたくさんあるので、自己分析に時間を掛け過ぎないように注意しましょう。また、志望する業界の就職フェアや合同会社説明会などのイベントもチェックして、チャンスを逃さないのも重要です。

自己分析は深く考え過ぎないのも大事
自己分析を熱心に行う人のなかには「定年まで働くなら…」と考え過ぎてしまい、応募先の会社を決められずに自己嫌悪に陥る場合があります。自分に合った会社を探すのは大事ですが、あまりにも細かい点まで考え過ぎると応募先の会社を決められません。すべてが合う会社を探すのは難しいので、就職先に求める条件の優先順位をつけましょう。

自己分析をする際の4つのコツ

自己分析は、コツを押さえて効率的な方法で進めるのが大切です。ここでは自己分析のコツを紹介しますので、参考にしてみてください。

1.経験に紐づく感情を思い出してみる

自分の過去を思い出し、これまでの経験を振り返るために「モチベーショングラフ」を書くのも自己分析の方法の一つです。
モチベーショングラフとは、感情の揺れ動きをグラフにしたもの。これまでの人生で印象に残っていることをグラフに書き出し、モチベーションが上がったのはいつか、下がったのはどのような出来事かを明らかにします。過去の自分の感情について掘り下げていくことで、これまで気づいていなかったこだわりや価値観を見つけられます。

2.行動の動機を掘り下げる

自分の最近の行動を思い出し、なぜその行動を起こしたのかを振り返ってみましょう。自己分析にありがちなミスとして、ボランティア経験や部活の優勝経験といった行動そのものを列挙してしまうパターンがあります。大事なのは「なぜボランティアをしようと思ったのか」「優勝するためにどのような工夫をしたのか」といった点です。行動を起こしたきっかけや理由について深堀りすることで、自分の行動規範を洗い出していくことができます。

3.自分の価値観を言葉にする

自己分析で重要なのは自分の価値観について知ることです。価値観とは「自分が大事にしているもの」のことで、あらゆる判断を下す際の軸となっています。しかし、日常的に自分の価値観を意識する機会は少ないため「価値観が分からない…」と自己嫌悪に陥る人もいるでしょう。価値観は就職先とのミスマッチを防ぐために重要なポイントなので、言葉にして明確にするのがおすすめです。
仕事に対する価値観の面接での答え方について「「仕事観」とは?自分と向き合って価値観を見つめ直そう」のコラムで解説していますので、ご一読ください。

自己分析は求職活動でどう役立つ?

自己分析は求職活動の選考で、志望動機の回答や自己PRに役立つでしょう。この項では、自己分析が実際にどのように役立つのかを紹介します。

筋の通った志望動機が答えられる

自己分析によって価値観が明確化できれば、自分に合った会社の傾向が分かってきます。そのため、応募先の会社にあわせて志望動機をひねり出す必要がなくなるでしょう。また、志望する会社と自分の価値観を照らし合わせることで、筋の通った志望動機が答えられるようになります。

自分を採用するメリットをアピールできる

自己分析によって強みが明らかになっていれば、応募先の会社でどのように活かせるかをアピールできます。また、過去のエピソードから「困難の乗り越え方」「モチベーションの上げ方」などを伝えられれば、採用担当者が就職後の活躍をイメージしやすくなるでしょう。

自己分析でお悩みなら、ハタラクティブに相談してみませんか?ハタラクティブは20代の既卒、第二新卒やフリーターの方を対象にした就職・転職エージェント。プロの就活アドバイザーがマンツーマンでカウンセリングを行い、あなたの強みや価値観を洗い出します。
これまでに11万人以上の方々をカウンセリングしてきた実績がありますので、「やりたいことが分からない」「自己分析をしたら自己嫌悪に陥ってしまった」といったお悩みは、ハタラクティブへぜひご相談ください。

この記事に関連するタグ