30代からの仕事には何が向いてる?やりたい職業の探し方も合わせてご紹介

30代からの仕事には何が向いてる?やりたい職業の探し方も合わせてご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・30代未経験でも就ける仕事はある
  • ・30代での仕事探しは、20代のころに比べて求人数が減少するリスクがある
  • ・販売や事務の仕事、ドライバー職などは30代で未経験の方も就きやすいのでおすすめ
  • ・30代の仕事に就きたい方はMOSや日商簿記など仕事に役立つ資格を取得しよう

30代になると「仕事に就きたい」「職を変えたい」と思うものの、やりたいことが分からなくて悩んだり、自信がなくて求職活動に踏み出せなかったりすることはあるでしょう。
30代で仕事を変えることにはリスクがともないます。しかし、未経験でも就ける仕事はあるので、就職・転職を考える方は早めに行動することが大切です。
このコラムでは、30代未経験から目指せる職種ややりたい仕事の見つけ方をご紹介。ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

30代で未経験の仕事に就くことは可能?

社会人未経験の30代の方が仕事に就くのは簡単ではありませんが、就職することは可能です。特に、特別なスキルを必要としない職種や未経験者を積極的に採用する企業を選べば、就職は成功しやすいでしょう。
また、未経験の仕事に就きたい方は、前職で培った経験やスキルが活かせることをアピールできれば、選考で有利になります。コミュニケーション力やスケジュール管理力、プレゼン力、チームのマネジメント力など、どのような職場でも応用できる力がある場合は、積極的にアピールしましょう。

30代から仕事を変える4つのリスク

先述のとおり、30代の方でも未経験の職に就くことは可能ですが、仕事を変えることにはリスクも伴います。以下で4つのリスクをご紹介します。

1.20代のころよりも求人数が少ない

30代の転職は、20代のころに比べて求人数が減少するというリスクがあります。
20代は若くて体力があり経験が浅い分、吸収力や柔軟性の高さを見込めるのが魅力。積極的に20代の人材を募集する企業は多いものです。そのため、20代の方は意欲をアピールできれば未経験でも採用されやすい傾向にあります。
一方、企業が30代を募集する際は、即戦力となって活躍してくれる人を求めるため、未経験者を歓迎する求人は20代に比べて少なくなります。仕事で活かせるスキルや経験がないと、30代の転職活動は難しくなると考えられるでしょう。

2.前職よりも待遇が悪くなることもある

30代で仕事を変えると、前職よりも年収がダウンしたり、労働時間が増えたりすることがあります
転職によって給与アップを期待する30代の方もいますが、未経験の仕事に就く場合は即戦力としてあまり期待できないため、思いどおりの高い給与を望めない可能性があるのです。
また、30代で未経験の仕事に就く場合、最初は契約社員からのスタートになることがあります。契約社員にはボーナスの支給がなく、受けられる福利厚生も限定される場合が多いため、前職が正社員だった方は待遇が悪くなったと感じるでしょう。
また、仕事によっては、残業や休日出勤が増えてしまうこともあるので注意が必要です。

3.年下の上司や先輩がいる

30代で仕事を変えると、職場の上司や先輩が自分より年下の可能性があるため、人によってはうまく関係性が築けずに悩んでしまうでしょう
たとえば、30代で未経験の職に就く場合、最初は周りの人に仕事を教えてもらうことになります。その際、年下の上司や先輩に指示されたり注意されたりすることに我慢できない人は、ストレスに感じるでしょう。
20代後半にもなると管理職に就く人や、社長を務める人もでてくるので、企業や職種によっては自分より年下の人のほうが多い環境になることも。
年齢を気にせず仕事として割り切れる人やコミュニケーションをうまく取れる人でないと、人間関係に悩んでしまうリスクがあるでしょう。

4.仕事を覚え直さなければならない

30代で仕事を変えると、一から業務内容を覚え直す必要があるのが大変です。
20代で就職すると、たいていの企業では研修で丁寧に仕事を教えてくれるでしょう。しかし、30代になるとほとんどの場合は、現場で業務を進めながら仕事を覚えていくことになります
30代になると20代のころに比べて記憶力が低下していることもあるので、聞いたことをすぐに覚えられずに苦しむ可能性も。企業からは早く即戦力になることを求められるため、その場で覚えられない場合は、就業後や休日に復習するといった努力も必要です

転職を考える方は、上記のようなリスクのほか、転職事情を押さえておくことが大切です。転職してよかったことや後悔したことは?成功を掴むためのヒントをご紹介」では、転職して良かった・後悔したことを事例とともにご紹介しています。転職を進める前にチェックしておくと良いでしょう。

30代の募集が多い仕事

ここでは、30代を歓迎する求人が多い仕事をご紹介します。以下の職種は未経験者でも就きやすいので、仕事内容とともに見ていきましょう。

事務系

事務の仕事は体力や特別なスキルを必要としないため、未経験の30代を歓迎する求人が多いのが特徴。デスクワークを希望する30代の方に向いています。

一般事務

一般事務の主な仕事内容は、書類作成やデータ整理、来客・電話対応などです。働く場所は、企業や施設、行政機関など。在宅での仕事を許可している会社もあります。パソコンを使った業務経験がある30代の方であれば、比較的就きやすい仕事です。

コールセンター

コールセンターのスタッフは、お客さまからの問い合わせの対応や、電話で自社の商品・サービスの売り込みを行います。丁寧な言葉遣いや商品知識を身につける必要がありますが、それらは入社後に覚えれば良いことが多いので、30代で未経験でも就きやすいでしょう。

データ入力

事務職の仕事の一つであるデータ入力も、30代を対象とした求人が多くあります。データ入力は決められたソフトを使ってマニュアルどおりに進めることが多いため、ほとんどの場合は経験を問われません。数字を正確に扱える30代の方に向いています。

飲食系

飲食系の業界は、人手不足で30代向けの求人が多いので、未経験の方にもおすすめです。飲食店でのアルバイトをしたことがある方は、経験を活かせるでしょう。

飲食店のホールや調理スタッフ

居酒屋やファミリーレストランなどで働くホールや調理のスタッフは30代歓迎の求人が多くあります。調理専門・ホール専門・兼業のいずれかは店によって異なるので、希望の仕事ができる店に応募すると良いでしょう。食や接客に興味がある30代の方におすすめです。

カフェやパン屋などの販売員

カフェやパン屋、菓子店などにおける商品販売の仕事は、お客さまの接客や商品のサーブ、レジ打ち、購入品の包装など。特別なスキルは必要ありませんが、丁寧な対応力が求められます。スイーツに興味がある30代の方におすすめです。

販売系

販売の仕事も特別なスキルを要しないことが多いため、30代向けの求人が豊富にあります

スーパーのレジや品出し

スーパーマーケットの販売職は、主にレジ打ちや商品の品出し、棚の整理、在庫のチェックなどを行います。スーパーは土日も営業する店が多いので、平日休みでも構わないという30代の方におすすめです。お客さまからの質問に対応することもあるので、接客経験のある30代の方はアピールすると良いでしょう。

雑貨や衣類などの販売員

30代向けに多い求人として、雑貨や衣料品を扱う店での販売職もあります。
デパートやショッピングモール、個人経営の店、全国展開するチェーン店など働く場所はさまざまです。扱う商品も店によって異なりますが、専門知識は入社後に身につければ良いことがほとんど。自分が好きな商品を扱う店で働くと、知識を活かせたり、モチベーションが上がったりするのでおすすめです。

ドライバー系

運送業界では、40代、50代の方も活躍しているので、30代の方にも広く門戸が開かれています。また、ドライバーの仕事は、車種によっては特別な免許が必要ですが、入社後に資格の取得を支援してくれる会社もあるので30代の未経験者にもおすすめです。

タクシードライバー

タクシードライバーの仕事はお客さまを目的地まで安全に運ぶこと。道に詳しい方や人とコミュニケーションを取る仕事がしたい方に向いています。タクシードライバーの仕事に就くには、普通自動車免許と普通自動車二種免許の2種類必要です。後者の免許は、前者を取得した3年後から取得できます。目指す場合は早めに普通自動車免許を取得しておくと良いでしょう。

トラックドライバー

トラックドライバーは、荷物を運ぶのが仕事です。扱う車種や担当する配送先によっては、長時間・長距離の運転を行います。一人で運転する時間が長いので、体力に自信のある方や黙々と仕事をしたい方におすすめです。

その他

30代向けの求人が多い仕事はほかにもあります。

保育スタッフ

保育スタッフは、子どもを預かる保育所や学童などで、見守りやレクリエーションの企画・運営などを行います。資格があれば採用で有利になりますが、働く施設によっては無資格で就けることもあるので、30代で未経験の方にもおすすめです。

介護スタッフ

介護業界は少子高齢化にともない人手不足が深刻化しているため、30代の未経験者を歓迎する求人が多いのが特徴。介護スタッフは、高齢者の食事の介助や歩行の補助、生活環境の整備といったサポートを行います。今後も介護スタッフの需要は高まっていくため、将来的に安定した仕事に就きたい方におすすめです。

清掃員

清掃員は、主に企業や商業施設、駅などで掃除を行います。マニュアルどおりに進めれば良いことがほとんどなので、30代の未経験者が応募可能な求人も多数。人とコミュニケーションを取らずに黙々と仕事をしたい方におすすめです。

もし、初めて就活をする30代の方は、未経験でも就きやすい職種や業界を目指しましょう。
30代で初めての正社員を目指すには?就活のコツやおすすめの業界を解説」では、正社員を目指す場合のポイントやおすすめの業界をご紹介しているので、ぜひ参考にご覧ください。

30代からの仕事に役立つ資格や免許

ここでは、30代で仕事を変えようと考えている方におすすめの資格や免許をご紹介します。目指す職種によって、持っておくと有利になる資格は異なるので、以下で見ていきましょう。

TOEIC

TOEICは英語のコミュニケーション能力を測るテスト。海外とのやりとりがある企業を目指す方や業務で英語を使用する仕事に就きたい30代の方は、TOEICで高得点を取ると採用で有利になるのでおすすめです。試験の種類は複数あり、リスニングとリーディングのほか、ライティングやスピーキングのテストもあります。試験の点数は990点満点で、履歴書に書く場合は600点以上を目安に取得しましょう。企業によっては、750点や800点を採用の最低基準としているところもあります。

日商簿記

日商簿記は簿記に関する能力を証明する資格です。日商簿記を取得すると、企業の経営活動を管理して業績や経営状況を見られるようになります。お金の管理をする仕事に役立つので、事務職で経理に携わりたい30代の方におすすめです。試験の種類は1、2、3級、初級とあり、数字が低いほど難易度は上がります。

MOS

MOSは、マイクロソフトオフィススペシャリストの略称。この資格を持っていると、ワードやエクセルといったマイクロソフト社製のソフトを利用するスキルがあることを証明できます。これらのソフトを使用する会社は多く、特に事務系の職種の求職活動では持っていると有利に。パソコンに慣れていない30代の方も、MOSを取得することでスキルが身につくのでおすすめです。

第二種運転免許

お客さまを車に乗せて運転するドライバーの仕事に就く場合は、第二種運転免許が必要になります。前項の「30代の募集が多い仕事」でもご紹介したタクシードライバーのほか、バスのドライバーも第二種運転免許を取得しなければなりません。入社後に会社で免許の取得をサポートしてくれる場合もありますが、事前に持っておくと選考で役立つでしょう。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の仕事に携わりたい30代の方におすすめの資格です。介護に関わる資格は複数ありますが、介護職員初任者研修は入門者向け。約3カ月で取得でき、介護の仕事に役立つ基礎が学べます。30代未経験で介護職を目指す際は、持っておくと選考や仕事で役立つでしょう。

ほかにも転職・就職に有効な資格について知りたい方は、「手に職をつけたい人向け資格一覧!女性や20代・30代へのおすすめを紹介」をご覧ください。女性に人気の資格や手に職をつけられる資格についても解説しています。

30代になっても何の仕事がしたいかわからないときは

30代で「何の仕事がしたいか分からない」と悩んでいる方は、過去の体験を思い出したり、不得意なものを就職先の選択肢から外して考えてみたりするのがおすすめです。自分に合った仕事を見つける方法を、以下で詳しく見ていきましょう。

過去の成功体験を振り返る

何がしたいか分からない30代の方は、学生時代やアルバイトにおいて、自分が力を発揮できた場面を思い出してみるのがおすすめです。また、やる気が湧いた出来事や楽しいと思えた瞬間を振り返ってみましょう。
たとえば、大学時代にサッカー部のマネージャーを務めチームに貢献した経験がある方は、人をサポートするのが向いている可能性があります。また、チームメンバーに感謝の言葉をかけられたことがモチベーションに繋がった場合は、人と直接接して「ありがとう」と言ってもらえる仕事にやりがいを見出せることも。過去の体験から、仕事に活かせる力や自分に向いていることを探してみましょう

興味のあるものを書き出してみる

自分が趣味として楽しんでいることや日常生活において興味があることを書き出してみるのもおすすめ。普段何気なく好きで取り組んでいることから、自分の性格や傾向を見出せる可能性があるからです。
たとえば、プラモデルの組み立てが趣味という30代の方は、その作業が好きな理由を考えてみましょう。「一人で夢中になって作業できるから好き」という場合は、黙々と取り組む仕事が向いていることも。興味があることについて「具体的にどの部分が好きなのか」「なぜ好きなのか」と深堀りしてみましょう。

不得意な仕事を選択肢から外す

得意なことが思い浮かばない30代の方は、不得意なことを選択肢から除外して、残った仕事のなかから就職先の候補を考えるのも一つの手です。
やりたくない、自分に向いていないと思う仕事を最初から外しておけば、入社したあとに後悔するリスクは軽減できます。また、仕事内容だけでなく、職場の雰囲気や労働時間なども「これだけは避けたい」という条件を決めておくと、ミスマッチを防げるでしょう。

転職の動機をはっきりさせる

30代で転職をするならば、動機を明確にしておかないと、どのような仕事に就けばよいか迷ってしまいます。もし、動機が曖昧な場合は、現在何に不満や不安を感じているか、転職して何を変えたいかを考えてみるのがおすすめです。
「給料をアップさせたいから」「家から近い職場で働きたいから」「自分の得意分野を活かせる仕事をしたいから」など、転職して叶えたい目標がはっきりすれば、仕事を決める軸が見えてくるでしょう。

これらを試しても自分が就けそうな仕事が思い浮かばない方は「できる仕事がないと感じる原因とは?対処法とおすすめの仕事」をご覧ください。
できる仕事が見つからない原因や対処法をご紹介しています。

30代になって仕事に能力不足を感じたときは

能力不足で仕事が辛いと感じる30代の方は、現状を変える必要があります。自分の努力次第で能力不足を解消できる場合は、資格を取得したりセミナーに参加したりして、スキルアップを目指しましょう。
反対に、いくら努力してもうまくいかない場合は、仕事を変えるのもおすすめです。以下で、能力不足で辛い状況を打破するための方法を見ていきましょう。

異動を考える

仕事が辛い30代の方は、会社を辞める前に社内で異動ができないかを考えます。職種や所属チームを変えることで、辛い状況を打破できる可能性があるからです。自分のできること、苦手なことを棚卸し、能力を発揮できそうな仕事を挙げてみましょう
異動先の希望が決まったら、上司に相談します。もし、ポジションが空いていて、上司があなたを適性ありと判断すれば、異動を認めてくれるでしょう。

転職活動を開始する

社内で移れそうなポジションがない場合は、転職を考えるのも手です。転職して自分に向いている仕事に就いたことで、前向きに働けるようになった人は多くいます
反対に苦しい感情を抱えたまま無理に仕事を続けると、精神的なストレスから心身の不調に発展してしまう可能性も。現状を変えるために、すぐにでも転職に向けて準備をしましょう。

とはいえ、仕事をしながら転職活動をするのは難しいものです。前述したように30代で仕事を変えるにはリスクもともなうので、自分に合う会社や職種を慎重に見極めて効率的に求職活動を進める必要があります。
もし、一人で仕事を探せるか不安だと感じる30代の方は、就職・転職エージェントを利用するのがおすすめです。プロのアドバイザーがあなたの希望をヒアリングして、条件に合った仕事をご紹介します。マンツーマンで相談に乗り、就職・転職成功に向けてアドバイスを行うので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください。

30代で未経験の仕事に挑戦するにあたってのお悩みQ&A

ここでは、30代で未経験の仕事に挑戦する際のお悩みをQ&A方式で解決していきます。

30代でも未経験の職種に就職できる?

30代でも未経験の職種に就職することは可能です。就職・転職の際は、その仕事に就きたい理由を明確にしましょう。 ただし、30代未経験で挑戦できる求人は少ない場合があるので注意が必要です。本当にその仕事に就く必要があるかなど、自己分析や業界研究をしておきましょう。詳しくは「30代は就職できる?正社員未経験者におすすめな求人と採用されるコツ」をご覧ください。
 

30代でも未経験の職種に就くリスクは?

未経験の職種に就くリスクには、収入が減るといった条件ダウンなどの可能性があります。また、年下の先輩や上司がいたり、新しい仕事を最初から覚えなければならなかったりという注意点も考えられるでしょう。詳しくは当コラム「30代から仕事を変える4つのリスク」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

30代の転職を成功させるにはどうしたら良い?

30代の転職では、具体的にどのような貢献ができるかのアピールが重要になります。30代は即戦力が期待される年代であるため、これまでの具体的な経験を応募先の企業でどのように活かせるかを伝えることが大切です。「30代で転職を成功させるためにできること!」では、30代で転職を成功させるコツを解説していますので、ご一読ください。
 

転職活動は退職後に行っても良い?

未経験業種への転職活動は長期化する可能性があるため、できれば在職中に行うのがおすすめです。在職中であれば収入があるので、焦って不本意な転職先に決めてしまうことがなく、転職が長期化してもブランクができません。「30代業界未経験…それでも転職できる?」でも未経験業種に転職する方法について解説しているので、参考にしてみてください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION