新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 手に職で安定した働き方を!専門職の種類と目指し方

手に職で安定した働き方を!専門職の種類と目指し方

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・手に職がつくといわれる仕事には、「資格が必須のもの」と「実務経験が評価されるもの」の2つがある
    ・介護関連では理学療法士や作業療法士、金融関連ではファイナンシャルプランナーや日商簿記検定、IT関連ではインフラエンジニアやプログラマーなどがおすすめ
    ・職業が明確になっていない場合は、未経験者を歓迎している傾向が強い業種で選ぶのも1つの手

安定した雇用を求めて、手に職がつく仕事を目指す方は珍しくありません。専門性が高い職種はニーズが一定してあるため、人気が高いようです。そこで今回は、そんな専門職になりたい人に向けて、職種や目指し方について詳しく解説します。

◆手に職がつく仕事ってどんなもの?

手に職がつく仕事は、専門職のことを指しますが、以下の2タイプに分かれるようです。

【資格が必須の仕事】

以前は、手に職がつく仕事というと、資格が必須の仕事を指すことが一般的だったようです。その資格は国家資格であることが多く、「業務独占資格」や「名称独占資格」と呼ばれるほどの安定性とニーズの強さが魅力。
そのぶん、資格取得の難易度が高く、仕事に就く前の段階で苦戦している人も。勉強に多くの時間が必要なため、仕事と両立しながら資格取得を目指すのは難しいケースが多いようです。

【知識・技術・経験が必要な仕事】

近年では資格は必要ないものの、専門的な知識やスキル、実務経験が求められる仕事も、手に職がつく仕事の範疇に入るようです。
実務経験を通して学びながら、スキルアップを目指せるため、未経験の方もチャレンジしやすい求人が比較的多いでしょう。関連資格を持っていると優遇されるケースもありますが、基本的には実務経験が評価されるケースが一般的。業務範囲を広げることを目的に、日々の業務で経験を積みながら資格取得を目指す人もいるようです。

上記の通り、重視されるのが資格か経験かでそれぞれ特徴が異なります。自分の適性や状況に合わせて職種を選ぶようにしましょう。


◆手に職がつくと言われる仕事と資格

それでは、手に職がつく仕事には具体的にどのような資格や職種があるのでしょうか。カテゴリ別にいくつか挙げましたので参考にしてみてください。

【介護・福祉】

介護・福祉の現場では高齢化を背景に、リハビリテーションに関連する仕事が増加傾向にあります。その中でもニーズの高い資格・仕事として挙げられるのは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の3つ。いずれも、高齢者や障がい者に対して、社会生活に適応できるように身体機能や心の回復を図るためのサポートを行う仕事です。
介護・福祉関連の仕事は、きつそうなイメージを持つ人もいますが、以前に比べて職場環境の改善に力を入れている企業も増えています。
また、キャリアアップの可能性を広げやすいのも介護・福祉業界における特徴の1つ。現場で実務経験を3年以上積むことで、介護福祉士の資格が取得可能になったり、5年以上でケアマネジャーになれたりと、選択肢が増えるのは大きな魅力と言えるでしょう。

【金融・不動産】

金融・不動産系の資格は、ビジネスに欠かせないものが多く、長期に渡ってニーズがあるのが特徴です。おすすめの資格は宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、日商簿記検定の3つ。
宅地建物取引士は不動産の売買や賃貸の斡旋を行うために必要な資格で、不動産会社の営業職として働く場合、資格取得が条件として出されることもあります。不動産会社以外にも、建築会社や金融機関など活躍の場が広がっているのが特徴です。
ファイナンシャルプランナーは顧客の収支や負債、家族構成などの情報を基にライフプランニングや資金計画についてアドバイスをする仕事。こちらも金融、保険、不動産など幅広い業界でニーズのある資格です。日商簿記検定は経理事務に必須の資格というイメージが強いですが、企業の財政状況について把握できるという特性上、資格のレベルによってはコンサルティング職の道も拓けるでしょう。

【IT】

IT業界自体が成長傾向にあるため、職種を問わず全体的に需要があり、未経験者歓迎の企業も多いのが特徴です。チャレンジしやすい職種としては、インフラエンジニア、プログラマー、Webデザイナーの3つ。
ネットワークエンジニアは企業に必要不可欠な情報システムの管理、運用、復旧を担う仕事で、業種を問わずニーズが高まっています。
プログラマーはプログラム言語を用いてさまざまなソフトウェアやハードウェアを作る仕事。資格というよりも企業が求めるプログラミング言語を習得しているかどうかがカギになります。
Webデザイナーも特別な資格は必要ありませんが、コーディングの知識とデザインセンスが求められる仕事。デザインソフトからプログラミング言語まで幅広い知識を必要とするため、スクールに通ってから求職活動をしたという人が多いようです。


◆手に職がつく仕事を目指すなら

手に職がつく仕事を紹介しましたが、明確に職業が決まっていないのであれば、未経験を歓迎している業種から選ぶと良いでしょう。先ほども軽く触れましたが、IT業界は人材採用に積極的で未経験者を歓迎している求人が多いのでおすすめ。入社後の教育体制も手厚くしているところが多く、自分の意欲次第でスキルアップが可能です。

また、気になっている業種があるのなら、本当に自分が続けられそうな仕事なのか業務の詳細や職場環境についてしっかり調べておきましょう。大体のイメージや感覚だけで決めてしまうと、ミスマッチを生むことも。後悔しないためにも、業界・企業研究は丁寧に行いましょう。

もし、業界や企業について詳しく知りたい場合はハタラクティブでも相談を受け付けています。
ハタラクティブは、常時1,500件以上の求人から幅広い業種や職種で紹介可能。あなたの適性に合わせて、安定的に働ける仕事をご紹介します。そのほか、応募書類の添削、面接対策、日程調整など、就職・転職活動で悩みがちな部分を適切にサポート。求職者一人ひとりに専任の就活アドバイザーがつきますので、安心してご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ