営業から転職する際におすすめの職種は?活かせるスキルや成功のコツも解説

営業から転職する際におすすめの職種は?活かせるスキルや成功のコツも解説の画像

この記事のまとめ

  • 営業から転職するのにおすすめな職種は、企画職や事務職など
  • 営業から転職する際に役立つスキルは、コミュニケーション能力や計画力
  • 営業から転職すべき人には柔軟性がない、計画性に乏しいなどの特徴がある
  • 営業から転職を成功させるには、自己分析や転職理由を明確にすることが大切

「営業から転職したいけど、どんな職種を選べば良いか分からない」という方もいるでしょう。営業から転職する際は、コミュニケーション能力や課題解決能力を活かし、企画職やITエンジニアを目指すのも一つの選択肢です。
このコラムでは、営業から転職するのにおすすめの職種や役立つスキルなどをご紹介します。スムーズに営業から転職できるよう、コラムの内容を参考にしてください。

ハタラビット

ハタラクティブは20代の
フリーター・既卒・第二新卒

特化した
就職支援サービスです

営業から転職する際におすすめの5つの職種

営業から転職する際に向いている職種には、企画・マーケティング職や事務職などがあります。

1.企画・マーケティング職

営業職で分析力を磨いた人に向いている職種には、企画・マーケティング職があります。企画・マーケティング職はデータを分析し、顧客にどんなニーズがあるのかを考えるのが仕事です。企画・マーケティング職では、営業職で培ったクライアントのニーズを把握する力も活きるでしょう。

2.コンサルタント

コンサルタントは、クライアントの抱える問題を解決するための案を考え、助言をするのが仕事。営業から転職する場合、営業経験で得た傾聴力や課題発見力、問題解決力が活かせます。

3.事務職

営業から転職する際、コツコツ作業を進められる人に向いている職種として、事務職が挙げられます。事務職は、ほかの部署の仕事が円滑に回るようにサポートするのが仕事です。書類作成やデータ入力といった正確性が求められる業務を主に担当します。
営業から転職する際は、営業経験を活かして営業事務として働くのもおすすめ。営業職の業務をよく理解しているので、アシスト役として大きな力を発揮できるでしょう。

4.商品開発

営業で培った分析力・調査力を活かしたいという人は、商品開発も向いているでしょう。商品開発は、商品のイメージ・アイディアを形にするのが仕事です。アイディア・イメージが実現可能かを判断して商品化するだけでなく、必要に応じて自分もアイディアを出していきます。営業をする中で感じた「こんな商品やサービスがあれば」という気持ちを形にすることもできるので、営業から転職する際におすすめです。

5.ITエンジニア

コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力がある人に向いている職種には、ITエンジニアが挙げられます。ITエンジニアは専門知識が必要になることもありますが、「未経験OK」「第二新卒歓迎」といった求人を出す企業もあります。IT業界は慢性的な人手不足に悩まされており、「未経験者を採用して社内で育てる」と考える会社も多いので、営業から転職する際に目指しやすいでしょう。

未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」のコラムでは、未経験からチャレンジしやすい業種や求人探しのポイントをご紹介しているので、興味のある方はぜひチェックしてください。

営業から転職する際に役立つ6つのスキル

営業から転職する際は、プレゼンテーション能力や課題発見・問題解決能力といったスキルをアピールできます。

1.計画して実行に移す力

多くのクライアントを抱えながらも、一つひとつの仕事に丁寧に向き合うには段取りが大事です。そのためには、綿密に計画を立て、スピーディーにこなしていく能力が必要。営業職でこの力を身につけられれば、営業から転職したあとも活かせる可能性が高いでしょう。

2.情報収集力

クライアントと信頼関係を築くためには、あらゆる方向にアンテナを張り、常に業務に関わる最新情報を収集する姿勢が必要です。営業職にとって情報収集力が重要なのは、適切な場面で情報を引き出し、多種多様のクライアントの話に合わせるため。営業職として働く人は、主体的に新しい情報をキャッチする姿勢が普段から身についているので、あらゆる場面で最適な提案ができるのが強みです。

3.コミュニケーション能力

クライアントや同僚など多くの人とやりとりする営業職は、コミュニケーション能力が鍛えられます。コミュニケーション能力には、自社の商品・サービスを分かりやすく伝える力だけではなく、相手の気持ちに寄り添う傾聴力も含まれます。営業経験を重ねるにつれてコミュニケーション能力が磨かれ、営業から転職する際も大きな強みになります。

4.プレゼンテーション能力

自社の商品・サービスをクライアントに売り込むのが主な業務である営業職は、プレゼンテーション能力が自然と身につきます。相手との契約に結びつけるためには、単なる説明に留まらず、短時間でいかに商品を印象づけるかの工夫など、入念な準備が必要です。資料作成一つをとっても、数字を入れる、適切な言葉を選ぶ、相手に合わせた構成にするなど、あらゆる工夫をします。また、相手の信頼を得るため、営業中の話し方や行動などに細かく気を遣うことも。これらのスキルはほかの職種でも必要とされる場面が多く、汎用性が高いといえます。

5.課題発見・問題解決能力

営業職にとっては、ただ売り込むだけでなく、自社商品・サービスによって「クライアントの悩みをどう解決できるか」を示すのが、契約につなげる大事なポイント。それには、クライアントがどんな課題を持っていて、どうしたらそれを解決できるのかを考える力が必要です。
課題発見・問題解決能力は、他職種においても企業戦略を考えたり、自分の業務の成果を伸ばしたりと幅広い活用が見込めます。日常業務で課題・問題と常に向き合う必要のある営業職は、これらの能力を伸ばしやすく、営業から転職する際の強みとしてもアピールしやすいでしょう。

6.計画力

営業は単に新規顧客の獲得のために活動すれば良いわけではありません。新規顧客の獲得と並行し、既存顧客への対応などさまざまな業務を進める必要があります。
営業活動をスムーズに行い、目標やノルマを達成するためには、締め切りから逆算して、時間配分を考える計画力が必要不可欠です。営業で培った計画能力は、営業から転職する際のアピール材料にすることができるでしょう。

営業から転職を考える理由

営業から転職を考える理由には、「コミュニケーションをとるのが苦手」「ノルマがつらい」などがあります。

コミュニケーションをとるのが苦手

コミュニケーションをとるのが苦手な人は、営業職につらさを感じやすいようです。営業職は、クライアントから契約をとるのが主な業務。契約をとるためには、自社商品・サービスのプレゼンを行ったり、クライアントの言い分に傾聴してニーズをくみとったりする必要があります。
また、クライアントのニーズを社内の他部署に伝え、調整するのも営業の仕事。社内外でどれだけ活発なコミュニケーションをとれるかが、重要になるでしょう。そのため、コミュニケーションをとること自体が苦手だと、営業職として力をうまく発揮できないことも。そのような状況が続くことでストレスが溜まり、営業から転職を検討する人もいるようです。

残業が多い

会社によって状況は異なりますが、営業職は残業が多い傾向があります。勤務時間外に事務作業をこなしたり、クライアントとの付き合いで飲み会に参加したりすることも。また、ノルマを達成するために、自ら業務時間を延ばして仕事に打ち込むこともあります。勤務時間内は営業活動が中心となるので、ほかの業務を行うためには残業せざるを得ないという事情があるようです。

ノルマがつらい

営業職は、契約件数など数字で成果を判断されるのが一般的で、ノルマが課せられている場合が多いです。そのため、ノルマを達成できない状況が続くと精神的につらくなることも。毎日ノルマに追われることに疲れ、営業から転職を考える場合もあるようです。

体力的に厳しい

特に外勤の営業職の場合、1日にいくつものクライアントを訪問することがあるので、体の負担を感じる人も多いでしょう。また、状況によっては休日出勤する場合もあるため、思うように休養がとれず、営業から転職を考える人もいるようです。

飛び込み営業がつらい

新規営業では、飛び込み営業をする場合もあります。飛び込み営業はアポをとっていないうえ、そもそも自社のサービス・商品に興味が薄い相手を対象とするため、冷たい態度をとられることも珍しくありません。冷たくあしらわれ、業績につながらない状況が続くと、ストレスが溜まって「営業から転職したい」と考える人もいます。

営業がきついとされる7つの理由とは?対処法と向いていない人の特徴も紹介」のコラムでは、営業から転職を考える理由や仕事がきついと感じるときの対処法をご紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

営業から転職した方が良い人の8つの特徴

営業から転職した方が良い人の特徴には、「積極的にコミュニケーションをとるのが苦手」「計画性がない」などが挙げられます。

1.柔軟性がない

マニュアル対応のみで接していると、クライアントからの信頼獲得や継続的な付き合いが期待できないため、営業の仕事には柔軟性が求められます。契約を決める要素として、商材の魅力以外に担当者の人柄が大きく影響することは少なくありません。そのため、信頼される対応をとりつつ、自社とクライアントのどちらのニーズも満たすように売り込むことが必要です。
また、顧客一人ひとりのニーズを敏感に察知し、その人に合ったサービスを提案する必要があるため、臨機応変な対応も求められます。営業職としてノルマを達成し、高いパフォーマンスを発揮し続けるには、機械的で受け身な仕事への姿勢は控えるべきでしょう。

2.積極的にコミュニケーションをとるのが苦手

もともと人とコミュニケーションをとるのが苦手という人は、営業職に向いていないといえるでしょう。クライアントへの挨拶や他部署との連携など、営業の仕事では自らコミュニケーションをとる姿勢が不可欠です。コミュニケーションが苦手な人は、営業の仕事を進めるうえで苦労することが多いでしょう。

3.プライドが高すぎる

プライドが高すぎて、人に頭が下げられないという人も営業職には不向きです。営業職の業務では、自分に非はなくても、他人のミスで頭を下げる場合もあるでしょう。その際に真摯な態度で謝れないようであれば、クライアントの信用を失い、契約に結びつかないことも。加えて、プライドが高い人は、上司からのアドバイスなど業務に関する忠告を聞き入れないことがあります。そのような態度が表に出てしまうと、契約を逃したり、良い評価が得られず昇進のチャンスを失ったりすることも起こりうるでしょう。

4.計画性がない

業務を計画的に取り組まない人も、営業職には不向きでしょう。営業活動を行う際は、事前に資料を作成したり、営業先の周り方を考えたりと、限られた時間のなかで効率よく動く必要があります。新規開拓から既存取引先のフォローまでこなすためには、計画性を持って業務を行うことが重要です。

5.ストレスに弱い

ストレスを敏感に感じやすい人も、営業職に向いていないといえるでしょう。営業職は、多くの人とコミュニケーションをとる職種。取引先と自社の配属部署などさまざまな方面に気を遣う必要があるので、比較的ストレスに悩まされやすい仕事です。そのため、ストレスを感じやすかったり、うまく発散できなかったりすると仕事がつらくなってしまうことも。意識的にストレスマネジメントをする必要があるでしょう。

6.残業をしたくない

定時で上がりたい、できるだけ残業したくないという人にも営業は不向きです。営業職は、クライアントの都合に合わせて動くことが多く、急にクライアントに呼ばれて取引先へ向かう場合もあるでしょう。そのため、「絶対に決められた時間以上の仕事はしたくない」という人はモチベーションが下がってしまう可能性があります。

7.向上心がない

営業職は、成果を重要視されます。もっと契約をとりたい、ほかの人より成績を伸ばしたいという向上心がなければ、評価を得られず仕事を続けるのは難しいでしょう。

8.こまめな返信が苦手

返信が遅い、ついつい怠ってしまうという人は営業職にはあまり向いていないでしょう。クライアントと信頼関係を築くためには、疑問や要望に対する迅速なレスポンスが重要。クライアントからの問い合わせを数日間を放置してしまえば、「この人に任せて大丈夫だろうか」と不信感を抱かれてしまうでしょう。日常生活で連絡が遅くなりがちな方は、ビジネスシーンでも返信やレスポンスを疎かにしていないかを振り返ってみてください。

営業職に向いていない人の特徴は「営業に向いてない人」お助けコラム!」でもご紹介しているので、参考にしてください。

営業から転職する際のパターン

営業から転職する場合、「営業から営業への転職」と「営業から異職種への転職」という2つの道があります。

営業から営業へ転職する

営業から転職する場合、異業種や同業他社の営業職に転職するパターンがあります。業界や会社が違えば、とり扱う商品や営業形態が異なるので、環境が変わってやりがいを感じられる可能性があります。「営業職だからすべて一緒だろう」と考えずに、気になる仕事内容や勤務条件を見つけられたら、営業職への転職も視野に入れてみましょう。

営業から異職種に転職する

営業から転職を考える場合、異職種に転職するのも選択肢の一つです。仕事をしていく中で営業が合わないと感じたり、興味を惹かれる分野がほかに見つかったりして、営業から異職種に転職するというケースがあります。異職種に営業から転職する場合、営業の何が合わなかったのか、これまでの経験を次へどう活かしたいかを明確にして仕事を選ぶことが大切です。

営業から転職を成功させる5つのコツ

営業から転職する際は、できる限り営業経験を活かせる仕事を探したり、実績を数字でアピールしたりするのが有効です。

1.営業経験を活かせる仕事を探す

営業職で身につけた知識・スキルを活かせる仕事なら、即戦力として活躍できることを採用担当者にアピールできます。「会社への貢献度が高い」と判断してもらえれば、採用される可能性が高まるでしょう。

2.自己分析する

自己分析で、自分の長所・短所を明確にしましょう。応募先企業の業務に対し、長所をどう活かし、短所をどうフォローしていくのかを伝えるためです。また、長所・短所が明らかになれば自分に向いている職種が分かり、求人を絞り込む際に役立ちます。

3.営業から転職する理由を明らかにする

自分はなぜ営業から転職したいのか、説得力のある理由を考えましょう。スキルアップしたい、これまでの経験を活かしてより専門的な仕事がしたいなど、なぜ今の営業の仕事では成し得ないのかを採用担当者に伝えるのが大事です。

4.実績を数字でアピールする

これまでの実績を具体的な数字を交えて伝えると、自分の仕事ぶりを明確にイメージしてもらえます。たとえば、企画・マーケティング職を志望する場合、「顧客のニーズをもとに製品の改良を提案したところ、消費者の満足度が上がり、売上が30%以上アップした」といった表現でアピールするのが良いでしょう。

5.営業の仕事で頑張ったエピソードを用意する

採用担当者は、営業の仕事でうまくいかなかったことや問題の解決方法を聞き、応募者の対応力を見たいと考えています。「仕事で大変だったこと」は面接でよく聞かれるので、要となるエピソードをあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

「営業から転職したいけど、どんな仕事が向いているのか分からない」「営業職から目指したい職種があるけど、なかなか応募できずにいる」とお悩みの方は、転職エージェントのハタラクティブをご活用ください。
ハタラクティブは、20代・30代の方を対象に就職・転職支援を行うエージェントです。ハタラクティブでは、アドバイザーとのカウンセリングからスタート。あなたの仕事のお悩みやご希望を丁寧に伺い、身につけたスキルを活かせる求人をご紹介します。ハタラクティブの求人には、個人のポテンシャルを重視する企業が多数あるので、業務経験が浅い方やスキルに自信のない方も安心です。サービスはすべて無料のため、お気軽にご相談ください。

営業からの転職を検討する方に向けたお悩みQ&A

営業のノルマをつらいと感じ、営業から転職したいと考える方もいるでしょう。ここでは、営業から転職を考える方の疑問をQ&A形式でご紹介します。

営業から転職する際にスキルを活用できる仕事は?

営業から転職する際、企画職やコンサルタント、事務職などでスキルを活かせます。営業からほかの職種に転職する際は、身につけた知識・スキルを応募先企業でどのように活かせるのかを具体的に伝えましょう。「第二新卒から営業以外の仕事へ転職」のコラムでは、営業から転職を目指す際の仕事の選び方をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

営業を頑張っても成果が出ません。

改めて自分の営業職の適性を考えてみましょう。 コラム内の「営業から転職した方が良い人の8つの特徴」で、当てはまる項目がないか確認してみてください。また「営業を辞めたい…向いている人と向いていない人の特徴」のコラムでも営業職の適性について解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

営業から転職する際、未経験から挑戦できる仕事は?

営業から転職する際、未経験の職種にチャレンジしたいときは事務職や介護職、エンジニアといった仕事がおすすめです。 未経験から挑戦しやすいのは、需要の高まりに対して人手が不足している業界。ただし、人手不足でも特定の資格を必要としたり経験が求められたりする場合、未経験から挑戦するのは難しいでしょう。未経験からチャレンジしやすい職種については、「未経験でも転職しやすい業界はある?おすすめの職種や企業選びをご紹介!」のコラムを参考にしてください。

転職って仕事を辞めてから始めるもの?

転職活動は在職中に行うのが理想です。 在職中に転職活動を行えば、空白期間ができません。スケジュール的には厳しくなりますが、収入や雇用が保障されているので、焦らずに転職先を吟味できるのがメリットです。在職中の転職活動に不安があるなら、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、希望に合う求人紹介や面接対策などをマンツーマンで実施。面接の日程調整はアドバイザーが行うので、効率的に転職活動を進められます。

関連タグ

  • arrow