26歳の転職は遅い?資格なしでも大丈夫?「なにがしたいか」が成功のコツ

26歳の転職は遅い?資格なしでも大丈夫?「なにがしたいか」が成功のコツの画像

この記事のまとめ

  • 26歳の場合、資格なしや未経験からの転職も遅くない
  • 26歳の転職理由で多いのは「給与額」「労働条件」「仕事内容」など
  • 企業は、26歳の転職者に対して「若さ」「即戦力になる経験」を求めている
  • 26歳という年齢から、基本的なビジネススキルや柔軟な考え方を評価する企業も多い
  • 26歳の転職を成功させるには、多少の妥協と明確な転職理由が必要

転職を検討している26歳の方のなかには、「資格なしや未経験からキャリアチェンジするには遅いのでは?」と不安に思っている方もいるでしょう。26歳は、一般的に若さと社会人経験のバランスが取れた年齢。資格なしや未経験から別の職種へ挑戦することも可能です。しかし、転職の選択肢が多いぶんしっかり将来を考えないと理想が叶わないことも。このコラムで転職の注意点とコツを知り、満足できる働き方を叶えましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

26歳で資格なしや未経験から転職できる?

この項目では、転職に不安がある26歳の方に向けて状況別の就職事情と、その対策を紹介します。26歳の転職は決して手遅れではありません。「転職は難しいかも…」と不安になっている人は、ここで打開策を見出してみましょう。

資格がない場合

資格がなくても転職は十分にできます。有資格者でないと従事できない仕事(医師や行政書士など)や、有資格者でないと名乗れない仕事(保育士や介護福祉士など)を目指すのであれば、資格は必須です。これら以外の資格に関しては、持っていたほうが有利になる可能性はありますが、本当に業務に必要な資格であれば、募集要項に記載されたり、入社後に取得の機会を与えられたりするでしょう。取得を検討しているなら、業務に関連した資格に絞るのが得策。資格取得が目的となり転職活動がおろそかにならないよう注意も必要です。
転職におすすめの資格を知りたい方は、「社会人におすすめの資格を紹介!取得するメリットや勉強法も解説します」のコラムを参考にしてみてください。

転職が2回目もしくは3回目の場合

転職回数が多ければ、企業からの評価が下がる可能性も否定できません。26歳と若手でありながら4~5回の転職を経験していれば、「物事が長続きしない人」「なにか問題を抱えているのでは?」とマイナス印象を抱かれることも。しかし、転職経験が複数あるからといって採用されないわけではありません。企業が抱く不安に対して、相手を納得させられるよう対策を講じることが重要です
20代前半で転職回数が多いと不利?好印象を与える5つのコツ」のコラムが参考になるので、ぜひチェックしてみてください。

未経験の業界/職種に挑戦したい場合

転職を検討する方のなかには「新しい職種に挑戦したい」と、上昇志向を持っている方もいます。20代はまだまだ可能性に満ちているため、早めに転職し自分が希望する職種でスキルアップすることも大切です。実際に、多くの求人で未経験者を募集する場合は「20代未経験」 など、若手を入社させて社内で教育する傾向にあります。そのため、未経験から資格を取ったりスキルを身につけたりしたい場合は、20代前半の転職も選択肢のひとつです。

高卒の場合

最終学歴が高卒の26歳の方であれば、十分に社会人経験を持っているでしょう。社会人としての経験の豊富さや若さから、今後の成長や活躍を評価してくれる企業は数多くあります。その一方で、採用条件に「大卒以上」を掲げる企業があるのも事実。大卒以上の求人に応募することができず不利に感じることもあるでしょう。高卒の方は、やる気やポテンシャルを重視する会社を中心に検討するのがおすすめです
高卒の転職事情について詳しく知りたい方は、「高卒の転職は厳しい?おすすめの仕事は?内定のコツや求人の探し方も紹介!」のコラムも参考にしてみてください。

26歳から公務員を目指すことはできる?

「公務員試験」に合格できれば、26歳の方も公務員を目指せます。公務員試験を受験できる年齢は決まっており、自治体や職種によって29歳、30歳、35歳、40歳とさまざま。なかには26歳を上限とする例もありますが、概ね30歳と考えておきましょう。

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

26歳の転職事情

厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果の概況(13p)」によると、2021年に転職をした人の割合は、26歳が含まれる「25~29歳」の区分で男性が15.9%、女性が17.9%でした

主な転職理由

同調査から分かった主な転職理由は以下の5つです(その他を除く)。

1.給料額…男性14.8%、女性6.3%
2.労働条件…男性7.2%、女性14.8%
3.人間関係…男性6.3%、女性7.9%
4.会社の将来性…9.5%、女性6.1%
5.仕事内容…男性10.1%、女性7.5%

上記以外に「契約期間の満了」と回答した人も。このことから、20代後半まで契約社員や派遣社員、フリーターを続けている方も一定数いることが分かります。

転職理由は男性と女性とで傾向が異なる

男性は給料額や仕事内容、会社の将来が主な退職理由ですが、女性は労働条件や人間関係、結婚が目立ちます。このことから、女性は「仕事と家庭のバランスを取りたい」と考える方が男性より多い傾向にあるといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和3年雇用動向調査結果の概要

企業が26歳の社会人に求めること

企業が26歳の社会人に求めることの画像

企業が26歳の転職者に求めるのは、主に「若さと経験」「即戦力になる力」「基本的なビジネススキル」の3つです。以下で詳しく解説しています。

1.若さと経験

就職市場において、26歳はまだまだ若手とされます。若い人材に対して「柔軟な考えを持っている」「環境の変化に適応できる」「将来に期待できる」といったプラスイメージを抱く企業は多いでしょう。また、新卒や第二新卒に比べ、経験豊富な点も重視されます。

2.即戦力になる能力

新卒入社していれば4〜5年の経験を持つ26歳。一通りの業務を経験しているので、転職先でも即戦力として活躍できる能力に期待されています。

3.基本的なビジネスマナー

26歳であれば社会人としての経験を持つことから、基本的なビジネスマナーは身についているでしょう。新卒者に比べて基礎研修が必要なく教育コストがかからないため、若年の社会人経験者を積極的に採用したいと考える企業も少なくありません

26歳の転職を成功させる3つのコツ

26歳の転職を成功させる3つのコツの画像

「資格なしだけど転職したい」「未経験の職種に挑戦したい」という26歳の方が転職を成功させるには、以下の3点が重要です。勢いで退職することは避け、準備に時間をかけることがポイントです。

1.仕事をしながら転職活動をする

資格なしや未経験から満足できる転職を叶えるためには、できれば仕事を辞めないのがおすすめです。仕事を辞めれば時間ができて転職活動に打ち込めますが、余裕があることで気が緩んでしまったり、時間があるがゆえになかなか決められずに焦ったりする可能性が高まります。仕事を続けていれば、応募先と今の会社を比較してから転職を決断できるのもメリットでしょう。

2.転職の目的を明確にする

「今の仕事に飽きたから」「周囲で転職する人がいたから」といった明確な理由のない転職は失敗のもとになりがち。自分に合った転職先を見つけるには、「なぜ転職したいのか」「転職することでなにを叶えたいのか」といった転職の目的を明確にしておきましょう。転職活動のモチベーションにもつながり、理想の転職先に出会いやすくなります。

3.多少の妥協をする

転職先に、現在より好待遇を求める人は多いはず。しかし、「年収が今より高い」「残業なし」「人間関係が良好」といったすべての理想の条件を備えた転職先を探すのは困難です。自分にとって「譲れない条件」「妥協できる条件」を定め、多少の妥協は受け入れるのが、成功のコツです。また、勤務条件や待遇は働くなかで改善できるもの。何を「譲れない条件」とするか悩む場合は、業務内容や会社とのマッチ度、自分の目的が達成できるかといった業務に関する内容がおすすめです。

「26歳から始めるのにおすすめの仕事を知りたい」という方は、「20代の転職でおすすめの職種とは?未経験から目指せる人気職を解説」のコラムが参考になるので、こちらもあわせてご覧ください。

26歳の転職は「何がしたいか」が重要

ある程度の社会人経験を持つ26歳が転職を成功させるには、将来を見据えて「何がしたいか」を考えることが重要です

仕事に対する優先順位を考える

人によって、仕事に求めるものは異なります。その人の考え方はもちろん、家庭の状況によっても変わるでしょう。仕事に対する優先順位を考えなかった場合、「業務内容は理想どおりなのに勤務条件が合わない」などミスマッチが生じて再び転職することも考えられます。以下に、代表的な優先順位になる項目を挙げているので、参考にしてみてください。

・年収アップ
・残業なし
・安定
・急な休みに対応できる
・転勤なし
・ノルマがない/インセンティブがある
・長く働ける
・キャリアアップができる

将来や長期的なキャリアプランを考える

30代になれば、責任の大きな仕事を任されたり役職を持ったりするなどキャリアに準じた業務が増えていきます。その前に、将来やキャリアについて考え、理想を叶えられるような選択をしましょう。結婚や出産といったライフイベントをひかえている人は、その後の働き方について改めて考えることも大切です。結婚や出産後も働くのか、働くとしたら正規・非正規どちらなのか、配偶者の扶養に入るのかなど、具体的に検討してみましょう。
結婚を前に転職を考えている方は、「結婚を機に転職するときの成功のポイントは?男女でタイミングに違いはある?」のコラムもぜひ参考にしてみてください。

26歳は資格なしや未経験から別の職種へ転職もできる

これまでに解説したように、26歳の転職は選択肢が豊富です。現在と同じ仕事はもちろん、未経験の仕事や公務員に挑戦できるなど、経験と若さを活かせるのが最大の特徴といえます。今のキャリアを変えたいと思っている26歳の方は、20代後半のスタートである年齢をひとつの区切りとして、行動を起こしてみるのも選択肢の一つです。

行動を起こすとはいっても、自分の経験をどう活かせるのかを客観的に考えるのはなかなか難しいこと。転職活動に不安がある場合は、エージェントに相談するのがおすすめです。
ハタラクティブは、既卒やフリーター、第二新卒などの若年層を中心に就職・転職をサポートする若年層向けの転職エージェント。求人の中には、未経験者のポテンシャル採用を行っている企業も多数あります。「キャリアを変えたい」「年収アップを目指したい」といった思いに経験豊富な就活アドバイザーが対応し、その人にとって理想的な転職の実現をお手伝いします。
応募書類の添削や面接対策といったサポートがすべて無料で受けられるため、転職を検討している方はぜひご利用ください。

この記事に関連するタグ