結婚を機に転職するときの成功のポイントは?男女でタイミングに違いはある?

結婚を機に転職するときの成功のポイントは?男女でタイミングに違いはある?の画像

この記事のまとめ

  • 結婚を機に転職しても必ずしも不利になるわけではない
  • 結婚前に転職すれば選択肢が広がり、新生活が始まる前に仕事に慣れることができる
  • 転職理由が結婚の場合、長く働く意欲や会社に貢献したいという熱意を伝えるのが大事
  • 勤務地や希望年収について結婚相手と話し合い、軸を決めておくのが転職成功のポイント
  • 既婚女性が働きやすい職場かどうか、制度の有無だけでなく実態も調べよう

結婚を機に転職を検討しているものの、最適なタイミングや面接での伝え方について悩んでいる人もいるのではないでしょうか。このコラムでは、結婚を理由に転職するメリット・デメリットや不利にならず好印象を与えられる志望動機の書き方、面接での伝え方についてもまとめました。結婚前後で転職のしやすさが変わるのかも解説しているので、これから新しい職を探す方はぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

結婚を理由に転職する人はどれくらい?

結婚を理由に転職する人は一定数います。また、転職理由が出産・育児という人は女性だけでなく男性にもいるようです。

男女別・年齢別の割合

厚生労働省の「令和3年雇用動向調査結果の概況」によると、転職者が前の会社を辞めた理由が「結婚」「出産・育児」という人の割合は以下の通りです。

男性
年齢 結婚 出産・育児
20~24歳 0.0% 0.1%
25~29歳 3.3% 0.2%
30~34歳 0.8% 0.8%
35~39歳 0.0% 0.2%
男性平均 0.5% 0.1%
女性
年齢 結婚 出産・育児
20~24歳 3.7% 0.3%
25~29歳 10.0% 2.6%
30~34歳 3.1% 5.7%
35~39歳 0.7% 7.6%
女性平均 2.2% 2.1%

引用:厚生労働省「令和3年雇用動向調査結果の概況

退職理由が「結婚」という人は男女ともに25〜29歳が最多で、特に女性は突出しています。女性のほうが結婚を機に引っ越しをしたり、出産後に仕事と両立するのが難しくて退職したりする割合が高いと考えられるでしょう。

参照元
厚生労働省
令和3年雇用動向調査結果の概況

結婚を機に転職しても不利ではない理由

結婚を機に転職するのは不利なのではないかと感じる方もいますが、そのようなことはありません。不利にならない理由として、「労働力不足の深刻化」「多様な働き方への理解の浸透」「結婚による転職に理解を示す企業の増加」の3つが挙げられます。
転職理由が結婚となると、新しい働き口が見つかるか不安になることもあるでしょう。前述の通り、女性の場合は、出産・育児で退職する可能性が高いため、「すぐに辞めてしまうのでは」と見なされることを不安視する転職者もいるようです。
この項では、結婚を機に転職しても不利にならない理由を詳しく解説しますので、転職するかどうかを判断する参考にしてみてください。

1.労働力不足が深刻化している

近年、国内の労働力不足は深刻化しています。そのため、結婚しても仕事を続けられるように、職場環境を改善する企業が増えているようです。たとえば、1時間単位での有給取得を認める制度や、テレワークの導入を進める企業が増えつつあります。つまり、結婚・出産を経ても働き続けることを望んでいるのは、労働者側だけではないといえるでしょう。
また、特に人手不足といわれる飲食業やサービス業、介護業界やIT業界では、転職理由に関わらず積極的に採用している傾向があります。結婚を機に転職する方でも、貴重な労働力として重宝されるでしょう。ただし、即内定を出したり、頻繁に大量採用をしたりする企業は離職率が高い可能性があるので、結婚後も働きやすい環境かどうかを確認するのが重要です。

2.多様な働き方への理解が進んでいる

近年は多様な働き方への理解が進んでいます。前述の通り、1時間単位の有給やテレワークのほか、フレックスタイム制や副業を認める企業も増えつつあります
また、正社員のみならず、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員など、さまざまな勤務形態の人を積極的に雇用し、重要な仕事も任せて長期的に活躍してもらうことを目標にする企業も増えてきました。こうした企業では、転職理由が結婚であっても就職に不利になることはないでしょう。
そのほか、女性活躍推進のために既婚女性や子育て中の女性が働くための環境整備を重視している企業もあり、転職理由が結婚でも成功する可能性は高いといえます。
結婚後の働き方や雇用形態について「結婚後の仕事はどうしたらいい?辞める前に自分に合う働き方を考えよう」のコラムで詳しく解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

3.結婚による転職を理解してくれる企業も多い

結婚による転職が就職に不利になっていたのはもう昔の話です。厚生労働省の「平成12年版労働経済の分析」によると、「子どもができても、ずっと職業を続けるほうが良い」と考える人の割合が最も多く41.9%でした。1992年時点では男性は約20%、女性は約25%でしたが2000年にかけて右肩上がりに増えており、結婚後も働き続けることを理解する人はさらに増えていると考えられるでしょう。つまり、仕事と結婚後の生活のバランスを取ることを尊重する企業や、女性が出産、育児を両立させることを応援する企業は増えているといえます。結婚による転職に理解を示す企業も少なくありません。
自分に合った企業、働きやすい職場を見つけるためにも、結婚を機に転職したいことをごまかす必要はないでしょう。

参照元
厚生労働省
平成12年版労働経済の分析

結婚を機に転職するメリット

結婚を機に転職する場合、結婚前と結婚後でメリットが異なります。それぞれに良さがあるので、自分にとってどちらのメリットが大きいかを考えてみましょう。

結婚前に転職するメリット

結婚前なら今の環境で転職活動ができるため、活動に集中しやすいでしょう。また、新しい仕事に慣れた状態で結婚生活を始められるのをメリットと感じる人もいるようです。

新生活前に仕事に慣れることができる

結婚前に転職する最大のメリットは、新生活が始まる前に仕事に慣れておける点です。結婚直後は、慣れない新生活が始まり体力面でも精神面でも余裕がなくなる可能性があるでしょう。
その状態で転職活動を行い、新しい仕事に慣れるのは大変です。結婚前に転職してしまえば、仕事が軌道に乗った状態で結婚生活をスタートできます。

転職先の選択肢が広がる

結婚前に転職した場合、仕事の選択肢が広がりやすいというメリットがあります。独身者のほうが「転勤がしやすい」「急な残業にも対応できる」といったイメージを持つ採用担当者もいるため、企業によっては既婚者に比べて選考で不利になりにくいようです。

結婚後に転職するメリット

結婚後に転職するメリットは、必要な生活費や家事に充てる時間が分かった状態で転職先を探すため、ミスマッチが回避しやすい点です。

結婚生活と仕事を両立しやすい

結婚後の転職は、ある程度新生活にも慣れている可能性が高く、仕事との両立がスムーズになります。
新しい環境は思わぬトラブルや予期せぬストレスなどが発生しがちですが、結婚後の転職ではそのような変化も経験したうえで仕事を選べます。必要な収入や労働時間、勤務スタイルなどを考慮して転職できるのは大きなメリットです。

社内手続きが必要ない

結婚後の転職であれば、社内報告などの手続きが必要ありません。結婚前の転職の場合、職場の上司や同僚に知らせなければならなかったり、社会保険などの変更手続きなどが必要になったりします。こういった手続きに煩わしさを感じる方は、結婚後の転職をおすすめします。

結婚を機に転職するのはデメリットもある

結婚を機に転職するデメリットは、私生活における状況の変化が起こりやすい点でしょう。特に出産を考えている場合は、転職のタイミングや転職先の制度・社風などを慎重に見極める必要があります。

結婚前に転職するデメリット

結婚前の転職は、結婚後の生活がよく分からない状態で転職先を選ばなければならないのがデメリットです。結婚前には最適に思えた転職先でも、実際に結婚してから軌道修正が必要になる可能性もゼロではありません。想定よりも多くの収入が必要になったり、家事に時間がかかったりすることも。また、結婚相手の異動や配置転換などで、働き方を変えざるを得ないこともあるでしょう。独身のときに比べて想定外の事態が発生しやすくなる点が、結婚前に転職するデメリットといえます。場合によっては、再度転職を考えなければならないリスクについても考えておきましょう。

結婚後に転職するデメリット

結婚後は私生活が整っていない状態で転職活動を進めなければならない点がデメリットの一つ。また、転職後すぐには育休が取得できない場合があるので、出産時期をずらさなければならない可能性もあります。

転職活動の時間を確保しにくい

新生活が始まったばかりのときは、自分のリズムが確立していないため転職活動の時間が確保しにくくなる恐れがあります。特に1人暮らしの経験がない人は、いきなり2人分の家事を担当するのが想像以上に大変と感じることもあるようです。
また、結婚後すぐに妊娠した場合、転職活動との両立は難しい可能性があるでしょう。場合によっては、1年以上も転職を先延ばしにしなければならない事態も考えられます。

育休が取れない場合がある

産休は入社後すぐに取得できますが、育休は入社1年未満では取得できない可能性があります。厚生労働省の「育児休業制度」によると、「労使協定で、同一の事業主に継続して雇用された期間が1年未満の労働者を対象外することは可能」と明記されており、労働者が育休を申請しても企業側が断る権利を持っているからです。
ただし、企業側が認めれば入社1年目でも育休を取得できるため、出産を考えている人は事前に確認しておきましょう。
産休取得の条件とは?入社したばかりやパートでも取れるって本当?」のコラムで、産休・育休制度について詳しく紹介していますので、ご覧ください。

すぐ退職するのではないかと思われる可能性も

結婚後の転職では、出産や育児ですぐに退職するのを懸念される場合があります。
特に女性の場合は「保育所に入れなかった」「子どもに持病がある」といった理由で退職する人が実際にいるので、そういった懸念を抱かれる可能性は否めません。そのため、転職時には家族のサポートや自治体のサービスが受けられるなど、仕事への影響が少ないことを伝えられると良いでしょう。「大事な仕事があるときは、私の母が子どもを病院へ連れていけます」など、具体的な対策があると分かれば、企業側も安心できます。そのうえで、「長く働きたい」という意欲もアピールすればマイナスイメージを払拭できるでしょう。

参照元
厚生労働省
育児・介護休業法のあらまし

転職理由が「結婚」の上手な伝え方

転職理由を「結婚」にする場合、「状況が変わればすぐに辞めるかも」と思われないような伝え方にすることが大切です。採用担当者は長く働いてくれる人を採用したいと考えています。面接での伝え方次第で印象が変わるため、言葉選びや言い回しに注意が必要です。ここでは結婚を機に転職した場合の上手な伝え方をご紹介します。

例文1

「結婚と同時に転居したため、前職を退職しました。今までに培ってきた経理事務の経験を活かして、貴社で働きたいと思っています。将来は公認会計士を目指して勉強中であり、配偶者も転職を応援してくれています。少しでも早く貴社の戦力になれるように、精進していきます」

例文2

「前職は販売職で土日祝日の出勤が必須だったため、結婚後に家庭との両立が難しいと感じて退職しました。売上は全社で10位以内を常にキープしており、コミュニケーションスキルや提案力には自信があります。販売職で身につけたスキルを活かしつつ、ワークライフバランスも保てる仕事として営業職を志望いたしました。貴社はワークシェアに力を入れ、チームで売上を上げるスタイルを確立している点に魅力を感じます。私の経験やスキルを、チームへの貢献に活かしたいと考えております」

例文3

「結婚をきっかけに、ライフステージの変化があっても長く勤められる職業に就きたいと考え、以前から興味があったAIエンジニアへの転職を決意しました。10年間SEとして勤めた経験を活かして、貴社でAI開発に取り組みたいと考えております。将来はAIによって、育児や介護を理由にやりたいことを諦める人がいなくなる社会にしたいという夢があり、AI開発のパイオニアである貴社を志望しております」

転職理由を書くポイントは、家庭を持った後も働き続けたいという意欲・熱意はもちろん、ライフスタイルや自分のスキルを考慮したうえで転職を選んだというニュアンスが含まれていることです。長く働きたい、自分のスキルを会社に役立てたいという姿勢をアピールすることで、結婚をマイナスに捉えられない伝え方ができるでしょう。そのほかの転職理由の説明方法について「転職理由別の例文7つ!好印象を与えるために意識するべきポイントとは」のコラムで解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

結婚による転職を成功させるポイント

結婚による転職を成功させるには、パートナーとよく話し合って、企業選びの基準を明確にするのが重要です。

優先順位を決める

結婚による転職を成功させるためには自分の優先順位を決めることが大切です。
たとえばマイホーム購入のために早く資金を貯めたいという理由から、高収入が見込める仕事を探す人もいるでしょう。家庭を優先したい気持ちが大きければ、フレキシブルな働き方ができる職場を探すのも良い方法です。何を大事にするか、どのような働き方を望むかによって、転職先の選択肢が変わります。まずは自分の優先順位を明確にしておきましょう。

結婚相手と転職の詳細を話し合う

結婚による転職を成功させるためは、結婚相手と以下について話し合うのが重要です。

・勤務先の場所について
結婚を機に転職する際は、勤務地で絞るのも方法の一つです。新居と勤務先の場所によって生活スタイルが変わることもあるため、結婚相手と話し合って通勤時間の目安などを決めておくと良いでしょう。結婚後は、結婚相手の通勤時間や子育て環境、実家へのアクセスなど、さまざまなことを考慮しなければなりません。転職後に「こんなはずじゃなかった」とならないためにも、「どこで働くか」を企業選びの基準の一つに入れておくと安心です。

・年収について
結婚相手と家計について話し合い、希望年収を明確にするのも大事です。生活費の分担や毎月の貯金額、今後の出費などについて具体的に話しましょう。志望企業の年収が希望額に届かない場合、どうしてもやりたい仕事なら結婚相手に理解を求める必要があります。勝手に決めてしまうと関係に影響を及ぼす恐れもあるので、事前の話し合いは丁寧に行いましょう。

・社会保険や年金について
結婚後に転職活動が長引いた場合、国民年金や国民健康保険への切り替えで社会保険料の支払いが高くなり、生活費に影響する可能性があります。厚生年金は給料をもとに計算されるため一概にはいえませんが、人によっては国民年金になったことで負担が増える場合もあるでしょう。国民健康保険は前年度の所得に応じて保険料が決まるので、無収入になったとしても請求額は高いままです。そのほか、住民税を退職時に一括徴収にしなかった人は、給与天引きから普通徴収になるので、毎月の支払いが発生します。
すぐに転職先が決まらなかった場合の社会保険や年金の毎月の支払額を計算しておき、結婚相手にも伝えておきましょう。状況によっては扶養に入ることも話し合っておくのがおすすめです。

・勤務時間について
志望する業界・職種によっては、土日出勤や夜勤がある職場もあります。その場合、家事の分担や子どもができたらどうするのかを話し合っておくと安心です。お互いに話さないと「休みの日は家事をやってくれると思っていた」「こんなに帰宅時間が遅いと思わなかった」など、不満が溜まってしまいます。事前に認識をすり合わせることで協力しやすくなり、仕事に集中できる環境を作れるでしょう。

転職したあとの生活はパートナーにも大きな影響を及ぼします。自分だけでなく、生活をともにするパートナーの意見もきちんと取り入れる必要があるため、転職活動の進め方や働き方も、独身時代とは異なるでしょう。
パートナーとの話し合いの期間は数週間から1ヶ月程度取っておくのが望ましいです。そうすれば、勤務地や働き方、勤務時間帯、税金、年金などについて詳しく調べたり細部まで話し合ったりできます。

転職スケジュールを立てる

結婚準備と転職活動を両立させるために、スケジュールを立てるのがおすすめです。結婚を機に転職する場合、相手との話し合いに1カ月、転職活動に3〜4カ月、今の会社での引継ぎに1〜2カ月、結婚準備に3〜6カ月ほどかかる場合があり、全体で8カ月〜1年以上を見込んでおく必要があります。
志望する業界の求人が増える時期や今の会社の繁忙期なども考慮して、スケジュールを考えておくと転職活動が進めやすくなるでしょう。一般的な転職期間について「転職活動にはどれくらいかかる?長引く要因や短期間で終わらせるコツを解説」のコラムで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

結婚後も女性が働きやすい転職先の4つの特徴

結婚を機に転職する女性におすすめする企業の特徴は「結婚・出産後も活躍している女性が多い職場」「育休や産休の取得・復帰の実績」「仕事と家庭を両立しやすい」「残業や出張・転勤が少ないか」の4つです。

1.結婚・出産後も活躍している女性が多い

既婚女性が多い企業や職場は、女性が働きやすい環境が整っている可能性が高いといえます。業種にもよりますが、女性の少ない職場は男性優位の考え方があったり、出産や育児への理解が足りなかったりして、女性の離職率が高い可能性が考えられるでしょう。

2.産休・育休から復帰した実績が豊富

育休や産休の制度を設けているだけでなく、取得実績がある企業は働きやすい可能性が高いでしょう。制度自体を設けている企業は多いですが、重要なのは実際にその制度を利用した社員がどれぐらいいるかです。また、育休や産休を取得したものの、そのまま離職になっている場合もあります。育休・産休取得後の復職率もあわせて確認しておきましょう。

3.柔軟な働き方ができる

転職した後、仕事と家庭を両立させる柔軟な働き方ができるかも重要な点です。
柔軟な働き方ができる企業は、出産や育児の際にも仕事を続けやすい環境といえます。たとえば、フレックス制度を活用している企業であれば、決められた時間に出社する必要がないため育児をしている方でも働きやすい環境です。テレワークを取り入れている企業の場合、昼休みに買い出しに行けたり、家族揃って食事ができたりするなど、結婚後もライフワークバランスが取りやすくなるでしょう。

4.残業や出張・転勤が少ない

結婚を機に転職する場合には、残業や出張、転勤が少ないかどうかもチェックしておきましょう。結婚によって環境が一新された状態で、残業や出張が多い、転勤で引っ越ししなければならなくなった、といった事態は大きなストレスとなる可能性が高いです。特に転勤は、結婚生活を変えるか、再び転職するかを考えなければなりません。結婚してすぐに転勤を命じられたという経験を持つ方もいますので、注意しておきましょう。

男性の場合は結婚前の転職がおすすめ

結婚を機に転職する場合、男性が主な稼ぎ頭になるなら結婚前に転職するのがおすすめです。
結婚後は一般的に支出が多くなるので、無収入の状態が続くと生活に悪影響が及んでしまうでしょう。また、未経験の業界・職種に転職する場合は、一時的に収入が減ったり、転職活動が長引いてしまったりする恐れがあります。そのほか、結婚後に車や家など大きな買い物を考えている方は、転職後は勤務年数の関係からローンを組みにくくなることも覚えておきましょう。
結婚前に転職すれば生活費の試算ができ、出産やマイホーム購入のタイミングについて計画を立てることもできます。

女性であれ男性であれ、結婚が理由の転職活動を成功させたいなら、転職支援サービスの利用も視野に入れてみましょう。「自分に最適なタイミングが分からない」「既婚女性でも未経験職種に挑戦できるのか不安」という方は、ハタラクティブに相談してみませんか。ハタラクティブは20代の若手を対象とした転職エージェント。転職に慣れていない方や、未経験の仕事に挑戦する方を多数サポートしています。
就活アドバイザーがカウンセリングを行い、転職時期や今後のキャリアについて一緒に考えますので、悩みや不安を1人で抱え込むことがなく安心です。女性社員の割合や、産休・育休制度の実施についても就活アドバイザーを通して確認できますので、自分に合った職場を探しやすいでしょう。
サービスはすべて無料ですので、ぜひ活用ください。

結婚を機に転職する際の疑問に関するQ&A

ここでは、結婚を機に転職する際の疑問や不安をQ&A方式で解消します。

転職後すぐに結婚しても良い?

問題ありません。ただし、結婚休暇や家族手当が発生する場合は、結婚時期が決まっているなら早めに伝えましょう。また、女性の場合は早期離職や転職後すぐの産休を懸念されるため、「結婚後も長く働きたい」「しばらく出産は考えていない」といったことを説明したうえで、結婚を報告しておくのが安心です。「面接練習の方法とは?必要な準備や選考の流れを解説!」のコラムで紹介しているように、面接では仕事で大切なことや前職を辞めた理由について聞かれる可能性が高いので、その際に結婚について触れるのも良いでしょう。

女性の転職に最適なタイミングはいつ?

一概にはいえませんが、未経験職種への転職なら20代前半、今あるスキルを伸ばしたいなら20代後半が良いとされています。また、管理職を目指しての転職なら、20代のうちにリーダー経験を積んで、30代が転職するのがおすすめです。「女性が転職する時期として最適なのはいつ?」のコラムで、女性の転職時期について詳しく解説していますので、ご一読ください。

転職と引っ越しはどちらを優先すべき?

転職を優先するのがおすすめです。転職前に引っ越しすると、収入と家賃が見合わなかったり、配属先の勤務地が想定より遠かったりする可能性があります。また、転職先によっては引っ越し費用を補助してもらえる場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。「転職と引越しのタイミングはどちらが先?」のコラムでも詳しく紹介していますので、こちらも併せてご覧ください。

結婚するのを隠して転職するとどうなる?

問題はありませんが、ミスマッチとなる恐れがあります。選考で結婚することを伝えなかったとしても、法的にも社会通念上も問題はありません。しかし、結婚すると伝えたうえで、それでも採用してくれる企業に入ったほうが、自分に合った働き方ができる可能性が高いでしょう。もし、結婚の予定があるのを理由に不採用にする企業だとしたら、柔軟な働き方に理解がない恐れがあります。「転職理由は本音で答えた方が良い5つの理由!」で転職理由の伝え方や注意点を解説していますので、参考にしてみてください。面接に不安がある方は、ハタラクティブで面接練習を行うのもおすすめです。

この記事に関連するタグ