休職後の転職は不利?タイミングと就職成功のポイントを解説

休職後の転職は不利?タイミングと就職成功のポイントを解説の画像

この記事のまとめ

  • 休職後に転職を考えているのであれば、まずは治療や療養に専念しよう
  • 休職や短期離職を繰り返さないためにも、転職活動を始めるタイミングは休職後がベター
  • 源泉徴収票や住民税などから休職していたことがばれる可能性がある
  • エージェントを上手に利用すれば、休職後の転職をよりスムーズに進められる

「休職していたら選考で不利になるの?」と、休職後の転職に不安を抱く人は少なくないでしょう。休職していたら不利になるというわけではなく、理由が重要です。面接官に納得してもらえるように休職理由を説明すれば、不利になることはないでしょう。このコラムでは、休職後の転職に成功するためのポイントをご紹介します。休職していた事実を気負うことなく、前向きに転職活動に臨めるよう、参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職活動のタイミングは休職中?休職後?

転職活動のタイミングは休職中?休職後?の画像

転職活動におすすめのタイミングは、職場復帰を果たしている「休職後」です。ここでは、「休職後」だけでなく、そのほかのタイミングとして考えられる「休職中」と「休職後に退職したあと」の転職活動のメリットとデメリットもまとめました。

休職後に復職してから転職活動を行う場合

休職後は、休職を終えて職場に復帰している時期です。家庭の事情や体調などがもとに戻り、問題なく働ける状態のほうが、転職先の企業も不安や疑問を抱かないので転職活動を行いやすくなります。また、休職していた事実は履歴書に記載する必要がなく、経歴が理由で不利になることもないでしょう。ただし、仕事をしながら転職活動をすることになるため、面接や入社日などのスケジュール調整が難しいといったデメリットもあります。

休職中に転職活動を行う場合

法律的には、休職期間中に転職活動をしても問題はありません。ただし、休職は病気やけが、家庭の事情などで長期間仕事を休んでいる状態で、復帰することを前提としています。そのため、休職中の転職活動は積極的に勧められるものではありません。心身の健康状態が理由で休職している場合は、治療や療養に専念することを第一に考えましょう。
また、休職中に転職活動をすると、応募先企業は「なぜ休職しているのか」「なぜもとの職場に復帰しないのか」と疑問を持ちます。心身の調子が万全でない人を採用するのは、企業にとってリスクです。休職中の転職活動は、「何か問題がある」といったネガティブなイメージを持たれやすく、選考において不利になる可能性があります。「休職中の転職活動は違法?ばれるとどうなる?リスクや注意点を解説」では休職中の転職活動がおすすめできない理由をご紹介しているので、あわせてご一読ください。

休職後に退職してから転職活動を行う場合

休職後に復職してから退職、または休職期間を終えてそのまま退職してから転職活動を行うこともあるでしょう。この場合は「退職後」に転職活動を行うため、選考スケジュールを合わせやすく内定が出ればすぐに働けるのがメリットです。また、面接で聞かれやすい退職理由も、休職していたことを交えながら説明できます。
デメリットとして考えられるのは、転職活動が長引けば空白期間が増えることと、経済的な不安でしょう。特に、心身の不調が理由で休職をし、そのまま退職している場合は転職活動が厳しくなることが予想できます。将来への不安や焦りなどから闇雲に動くよりも、治療に専念してから休職後に転職活動を進めるのが賢明な判断です。企業が納得できる理由がなければ休職がマイナス評価になることも考えられるので、転職活動は休職後にするのが良いでしょう。

ハタラビット

自分に合う仕事とは?
適職相談しませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分の経験で就職・転職できるのかな…
  • 自分に合う仕事ってなんだろう?
  • 求人の選び方がわからない

仕事探しや就活の悩みにも、1人1人の状況に向き合ってサポートします。

就活のプロがあなたの強みや希望を引き出し、ぴったりの求人をご紹介!
ハタラクティブでは、面談から求人の選び方・面接対策・内定に至るにまで、一貫して丁寧なサポートを強みとしています。
内定まで最短で2週間。まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

休職後の転職は不利になるのか

休職期間が転職活動に不利になるかどうかは、休職理由によります。たとえば、スキルアップを目指した場合です。スクールに通ったり資格を取得したりを目的とした休職なら、マイナスイメージを与えにくいでしょう。また、事故などの外傷が理由で休職した場合も、不利になりにくい傾向が強め。後遺症などもなく、日常生活・業務に影響がなければ選考結果に影響は及ばないようです。
一方、精神的な理由や家庭の事情で休職していた場合は、会社によっては不利になることもあります。心の不調は広く認知されるようになりましたが、外傷のように「目に見えて回復している」ことが分かりにくいのが懸念点です。再発の可能性を理由に、採用を見送られることもあるでしょう。家庭の事情は、人事評価そのものに影響はなくても、勤務時間が限られ業務に影響が出るなら、休職後であっても不利になる可能性があります。どのような理由であっても、面接官が納得できるよう、しっかりと休職理由を伝えることが大切です

休職後でも履歴書には記載する?

履歴書に休職期間を記載するかは本人の自由です。面接では、聞かれない限りあえて休職に触れる必要はありません。職場復帰をしているならその会社での経歴に変更はないので、書かない方も多いようです。ただし、休職の理由が業務に影響するものだったり、転職先に伝えておくべきことだったりするなら、記載したほうがトラブルを防げます。「職務経歴書への休職期間の書き方は?ブランクを書かないのはOK?」では職務経歴書への休職期間の書き方を解説していますので、これから応募書類を作成する方は参考にしてみてください。

転職の面接で退職や休職の理由を聞かれたら?

採用面接では、「退職理由」をよく聞かれます。以下の例文を参考に、面接で退職理由を聞かれた際の答え方のコツを押さえておきましょう。

【質問】以前の会社を辞めた理由は何ですか?

良い例:営業職として数字と向き合う仕事を長年続けてきましたが、新しいことに挑戦したいという気持ちが強くなったからです。

良くない例:一度休職してしまい、もとの職場へ復帰することが難しくなったからです。

履歴書に書いた休職期間について聞かれたら、心身の不調など正直な理由を伝えましょう。その際は、休職理由に加えて、現在は回復して問題なく働ける点を強調することが大切です。「業務に支障はないが月○回の通院が必要」という人は、その旨を面接で伝えておくと入社後のトラブルを防げます。
面接官からの好感度を下げない退職理由の答え方は、「退職理由を面接で聞かれたら?印象を下げない伝え方と例文」も参考にしてみてください。

休職中の転職活動で起こり得るリスク

休職中の転職活動で起こり得るリスクの画像

ここでは、休職中に転職活動を進める際に注意したい点をご紹介します。休職中に転職活動をしても問題ないですが、ばれた場合にはリスクがあることを覚えておきましょう。リスクを最小限におさえるためにも、転職するなら休職後がおすすめです。

転職先や在籍中の会社にばれる

基本的に、休職中に転職活動をしてもばれることはありません。ただし、以下のことがきっかけとなって会社にばれることがあるようです。転職先企業・在籍中の会社とに分けて説明します。

転職先に「休職」の事実がばれる

年度中に転職する場合は、源泉徴収票から発覚する場合があります。源泉徴収表とは、1年間に支払われた給与額や納めた所得税額などが記された書類のことです。新しい会社で年末調整をする際に、前職の源泉徴収の内容を合算して納税額を算出するため、転職後には前職の源泉徴収票の提出が求められます。そのため、「給与が少ない、税金などが低い…」という理由から休職に気づかれてしまう可能性があるのです。
そのほか、住民税の納税額や傷病手当金の手続きからばれることもあります。会社員の場合、住民税は給与天引きで支払うのが一般的です。前年の所得額に応じて納付額が異なるため、住民税の納税額が不自然に少ないと不信感を抱かれてしまいます。傷病手当金は、業務以外で生じた疾病が原因で休職した際に、健康保険から支給されるお金です。最初の支給日から1年半以内しか支給されないため、転職先で傷病手当金の手続きを再度するようなことがあれば、過去の受給歴の照会でばれることがあります。傷病手当に関しては「休職手当とは?仕事を休んでいる間の収入や評価はどうなる?」で詳しく解説していますので、気になる方はこちらもご一読ください。

在籍中の企業に「転職活動中」がばれる

勤務先に転職活動を行っているのがばれる原因の多くは、SNS経由や上司・同僚への相談などから、人づてに伝わることです。ただし、自分から言わなければ、休職中に転職活動をしていることが明らかになることはありません。今の勤務先にばれるようなことがあるとしたら、それは自分の不注意によるミスと考えられるでしょう。休職中に転職活動をする場合は、SNSに投稿したり、上司・同僚などへ相談したりするのは避けたほうが無難です

内定取り消しの可能性もゼロではない

前項で「休職期間は履歴書に記載する必要はない」と述べましたが、採用後に何らかの理由で休職が明らかになることもあります。休職期間が発覚したからといって、簡単に内定取り消しになることはないでしょう。しかし、健康上の問題から勤務に支障があったりと、理由によっては企業側が不安を抱き、内定が取り消しとなる場合もあります。

休職後で転職に成功するための4つのポイント

休職後の転職を成功に導く秘訣を解説します。自分にできそうなことから始めてみましょう。

1.心身の健康状態を良くする

心身の健康状態が理由で休職している場合は、まず治療や療養に専念することが大切です。転職するとなれば、新たな職務に慣れたり、人間関係を築いたりする必要があります。「新しい環境に適応しなくては…」と、知らず知らずのうちに無理をし、病気が再発してしまう恐れも考えられるでしょう。無理なく新しい環境に慣れるためにも、完治してからの転職をおすすめします

2.休職期間を前向きに伝える

休職について質問されたときは、誤魔化さず正直に伝えることが大切です。ただし、そのまま伝えるとネガティブな印象になってしまう可能性があるため、伝え方を工夫し、前向きな回答になるようにしましょう。心の病気や体調不良が原因の場合は、治療が済んでいることを伝え、採用担当者の疑問や不安を取り除くことが重要です。さらに治療だけでなく、休職期間中にスキルアップのための勉強をしていたことなどをアピールすれば、前向きな印象を与えられるでしょう。

3.将来の自分の姿を明確にする

転職活動をする際は、キャリアプランや将来のビジョンなど、目標を具体的に描くことが重要です。希望の業種や職種だけでなく、「新たな環境でどのような仕事をしたいか」「○年後にどのような姿でありたいか」など、これからのキャリアについてきちんと考えることで、休職や短期離職を回避できるでしょう。また、理想とする将来の姿を明確にして前向きな気持ちで転職に臨めば、転職成功の可能性は上がるはずです。目先のことだけにとらわれず、5年後10年後と、腰を据えてキャリアを築いていける会社であるかを見極めるのが、転職を成功させるポイントの一つといえます。

4.転職エージェントを利用する

転職を成功させるには、転職支援のプロであるエージェントに力を借りるのも一つの手です。求人の紹介をはじめ、応募書類の添削や面接の日程調整、条件交渉など、転職活動を幅広くサポートしてもらえます。転職エージェントには専任のキャリアアドバイザーがいるため、プロによる客観的な意見をもとに転職活動を進められるのがメリットです。マンツーマンでサポートしてくれるところが多く、個人の事情を理解したうえで、自分に合った仕事を紹介してくれます。

休職後に転職を考えている人、転職の仕方に自信がない人は、転職エージェントのハタラクティブがおすすめです。転職エージェントのハタラクティブでは、アドバイザーが求職者に合わせた求人をご紹介。休職理由のアドバイスや面接対策などのサポートも行っています。ほかにも、入社日の調整や条件交渉、内定後のアフターケアなど転職サポートが充実。マンツーマンでカウンセリングを実施しているので、休職後の転職に対して疑問や不安がある方は、ぜひ一度ご相談ください。

休職後の転職にまつわるお悩みQ&A

休職後に転職を始めることに不安を抱える人もいるでしょう。ここでは、休職後の転職で想定されるお悩みをQ&A方式で解決します。

休職後の転職は不利?

休職期間の転職活動が不利になるかどうかは、休職理由によります。資格取得や事故による怪我などが理由で休職した場合は、不利になりにくいです。ただし、精神的な理由や家庭の事情による休職は不利になる恐れもあるでしょう。詳しくは、このコラムの「休職後の転職は不利になるのか」でも解説しています。

休職後でも上手くいく転職方法は?

将来、自分がどうなりたいか明確に考えてみましょう。転職活動をするにあたり、キャリアプランや目標は重要なものです。理想の自分を想像し、目先のことだけでなく10年先まで想定した将来図が転職を成功させる鍵になります。転職方法はこのコラムの「休職後で転職に成功するための4つのポイント」で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

離職期間が長いと就職は難しい?

離職期間が長くても、やる気があり、企業の求める人材とマッチしていれば問題ありません。「離職期間が長いと不利になるのでは」と不安に思う人も多いかもしれませんが、休職理由は正直に説明しましょう。詳しくは「履歴書でブランクを前向きに伝える書き方!空白期間が長い場合はどうする?」を参考にしてみてください。

休職期間は履歴書に書いた方が良い?

休職期間が半年以上の場合は、理由を書いておくのが無難です。「転職活動が長引いた」「療養中だった」など、正直な理由を書きましょう。しかし、何もしていなかったにも関わらず「資格取得をしていた」などの嘘をつくと、入社後にトラブルになりかねないため避けてください。

休職してもやりたいことが見つからない…

まずは自己分析から始めることで、自分の行動の特性や思考の方向性を知ることができます。次に企業・業界研究をして、興味のある会社や業界を見つけましょう。詳しくは、「転職で何がしたいかわからない人に適職の見つけ方を解説!」でも触れています。転職活動に不安がある方は、ハタラクティブにご相談ください。就活アドバイザーが転職活動を全面的にサポートします。

この記事に関連するタグ