1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 29歳の転職事情は?2回目や3回目だと難しい?女性ならではのお悩みとは

29歳の転職事情は?2回目や3回目だと難しい?女性ならではのお悩みとは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・29歳は若さとスキルを武器に転職できる年齢
    ・29歳は30歳を前にキャリアに悩む人が多い年代でもある
    ・29歳は未経験業種に転職できるラストチャンス
    ・転職の難易度に男性、女性の違いはない
    ・正社員を目指すなら20代のうちに就活しよう

29歳の転職事情は?2回目や3回目だと難しい?女性ならではのお悩みとはの画像

「29歳での転職は難しいかな…」と転職を迷っている方はいませんか?
29歳は社会人としての実力が評価され、なおかつポテンシャルのある若手として扱われる年齢。若手を求める企業はもちろん、即戦力を求める企業からもニーズが高い年齢です。
また、年齢を重ねると難しくなる未経験業種への転職は、29歳がラストチャンス!
29歳で転職を成功させるポイントを知り、新たなスタートを切りましょう。


監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!


29歳での転職は難しい?

29歳での転職は、ほかの年齢に比べて特別難しいわけではありません。転職の難しさは、その人の積んできた経験や転職希望の業界・職種よるので、一概に「〇歳だから難しい」とはいえないでしょう。
一部では、「29歳の転職は難しい」という声もありますが、なぜそのような説が広まっているのでししょうか?


29歳での転職が難しいと言われる理由

29歳の転職が難しいといわれる理由の1つは、29歳がそれなりのスキルを求められる年齢だからです。29歳といえば、大学新卒で入社してから7年がたった年齢。多くの人が仕事の実力をつけ始めている時期といえます。
ただ、なかには転職を繰り返していたり、自分に合った仕事が見つけられなかったりして、年齢に対してスキルが身についていない人もいるでしょう。その場合の転職は、順調にスキルを積み重ねてきた人に比べてハードルが高くなる可能性が考えられます。29歳の転職が難しいといわれるのは、そういった人の存在があるからです。


実際は29歳で転職成功する人は多い

年齢にふさわしいスキルが身についているのであれば、29歳は転職に有利な年齢です。
また、スキルが不十分な人にとっても、29歳は若さを武器に転職できるぎりぎりの年齢。たった1歳ではありますが、29歳と30歳では企業が受ける印象が異なります。20代前半の第二新卒よりは不利になる可能性がありますが、29歳はまだまだ若手を求める企業のニーズがあるはずです。


29歳はキャリアに悩む人が多い

29歳は今の仕事を続けるか、転職するか迷う人が多い年齢です。なぜ、29歳というタイミングでキャリアに悩む人が増えるのでしょうか?


30歳を前に正社員になりたい

アルバイトや派遣・契約社員として働いている人の中には、「30歳になる前に正社員になりたい」と就職・転職を考える人がいます。
20代前半では将来のことを考えなかった人も、30代を前にして結婚などのライフプランを計画するようになったり、老後が不安になったりするようです。なかには親が高齢で働けなくなり、「自分がしっかりしなければ」と思う人もいるでしょう。


家庭を持って働き方を変えたくなった

29歳になると結婚したり、子供を持ったりする人が増えてきます。そのため、「家族との時間を増やしたい」という理由で残業が少ない職場を探したり、土日休みの業界に転職したりする人が増えるようです。


出産・育児と両立できる仕事を見つけたい

家庭を持つ人の場合は、「出産・育児の支援制度が整った職場で働きたい」と転職を決意するパターンがあります。また、子育て中は正社員で働く難しさを感じ、契約社員や派遣・パートなどに転職する人も多いようです。


30代、40代を見据えて本当に今の仕事で良いのか迷う

30代を前にして、本当に今の仕事を続けるか迷って転職を考える人もいます。
20代前半は目の前の業務に精一杯で、それ以外の事柄に目を向ける余裕がありません。しかし、仕事に慣れた20代後半になると、会社の将来性や自身の適性について考える余裕が出てきます。その結果、転職という発想に至る人もいるでしょう。


29歳なら未経験業種にチャレンジできる

未経験の業種に転職したいのであれば、29歳はラストチャンスともいえるタイミングです。29歳での転職を迷っている人は、自分の志望する業界について考えてみましょう。


30代になると未経験業種への転職ハードルは上がる

異業種への転職では、仕事の知識や経験不足がネックになるといわれます。
しかし、転職者が若ければ、入社後の成長を期待して採用する企業が多いのも事実。そのため、20代はスキルがなくても、ポテンシャルを評価されて採用に至る可能性が高いでしょう。一方で、30代、40代と年齢を重ねていくと、年齢に応じた経験やスキルと求められるため、異業種への転職のチャンスは狭まっていきます。
29歳という年齢は、異業種への転職ハードルが上がる境目のタイミング。転職を迷っている人は、早めに結論を出すと良いでしょう。


30歳を過ぎても転職できないわけではない

30歳を過ぎると異業種への転職が難しくなりますが、人手不足の業界は例外。介護業界や飲食業界、IT業界などは、異業種からの転職者を積極的に受け入れる傾向にあります。
また、職種でいうと、営業職は未経験者歓迎の求人が多く、経験がなくても採用される可能性が高い仕事です。
このように、異業種への転職は、業種によって難易度が異なることも頭に入れておきましょう。


未経験業種への転職は前職の経験をうまくアピールしよう

未経験業種への転職であっても、前職で培ったスキルをアピールできます。例えば、パソコンスキルやビジネスマナー、コミュニケーション能力はどの業界でも活かせるスキルです。今までに身につけたスキルを洗い出し、応募先でどう活かせるかを考えましょう。
未経験者の採用では、熱意やポテンシャルが重視されます。入社後のキャリアプランは具体的に考え、説得力のある志望動機で入社意欲を示しましょう。


転職市場における29歳ってどんな年齢?

転職市場において、29歳は即戦力が期待される人材。そのほかは、どのように評価されるのでしょうか?自分が置かれたポジションを知ることで、転職活動の方針が考えやすくなります。


即戦力になる

29歳は新卒入社から7年ほどが経ち、基本的なビジネススキルが身についている年齢。後輩の指導をすることも増え、人によってはマネジメント経験があったり、規模の大きなプロジェクトに携わったりしているでしょう。
ビジネスマナーが身につていることは、採用する企業は1から教育するコストが省けることを意味します。そのため、29歳は即戦力を求める企業のニーズが高く、転職のチャンスがある年齢といえるでしょう。


ポテンシャルも評価される

29歳はビジネススキルや実績が評価される一方で、まだ若手として扱われる年代。新卒や第二新卒と同様に、人柄やポテンシャルが評価されます。スキルに多少不十分なところがあっても「入社後成長してくれれば良い」と考える企業は多く、未経験業種にもチャレンジが可能。即戦力に欠けていたとしても、成長意欲を示すことで一定の評価を得られるでしょう。


年収アップも期待できる

同業種で転職する場合、29歳は年収アップも期待できる年齢です。企業が求めるスキルが身についていれば、即戦力として良い条件で転職できる可能性があります。
また、年収アップを狙って転職前に資格を取得する人も。語学力をつけて外資系企業に転職し、年収アップを叶える人もいるようです。


ライバルは26~28歳の若手

29歳の転職活動のライバルは、26~28歳の若手人材。26~28歳でも実績を残す人はいるので、若さも加えると手強いライバルになります。
自分より若い20代のライバルに勝つには、より専門的なスキルを習得することが鍵。若さの点では26~28歳には勝てないので、年齢を上回るアピールポイントが必要です。


29歳女性の転職は厳しい?

女性の場合、出産や育児を考えると「29歳での転職は難しい?」と感じる人もいるようです。女性は仕事とライフプランの両立を考える傾向があり、転職したくても迷う人が多いのでしょう。
しかし実際に、女性の転職が男性と比べて難しいかといわれれば、そんなことはありません。


転職の難易度に性別は関係ない

確かに、一部の企業では、出産や育児などのライフプランが採用の懸念材料になることがあります。たとえば、深刻な人手不足で働き手を求める企業では、産休・育休をとる可能性のある女性の採用を控える動きもあるでしょう。
しかし、多くの企業はスキルや人柄を重視しており、29歳の女性だからといって転職が特別不利になることはありません。企業が求める能力があれば、転職は成功するでしょう。転職活動では、自分のスキルを客観的に見極め、自分の能力を必要としている企業を探すことがポイントです。


自分にとっての優先順位を考えよう

女性の転職では、仕事に求める優先順位を考えたうえで職場を見つける必要があります。たとえば、キャリアを重視する人は、女性の管理職登用が盛んな職場を選ぶと良いでしょう。子育てと仕事を両立したいなら、時短勤務などの子育て支援が充実した職場が合っています。


女性の需要が高い業種

転職の参考に、現在女性の需要が高いといわれる業種をご紹介します。
業界でいうと、医療福祉業界などは女性のニーズが高い仕事。職種としては、看護助手や介護職は未経験OKの求人も多く、異業種を目指すなら狙い目です。
また、営業・販売も女性に人気の職種。デスクワークを希望するなら、事務職も女性のニーズが高い仕事です。


29歳で2回目の転職は厳しい?

結論から述べると、2回目までの転職歴なら問題ありません。3回以上転職している場合は、理由によって企業が抱く印象が異なります。


転職回数が多いと不利になる理由

一般的に、転職回数が多いと次の転職に不利になるといわれています。特に短期で転職を繰り返している人は、「入社しても長続きしない」と思われる可能性が。
転職回数が多い人は、転職理由に一貫性があることや、複数の企業を経験することで得られたスキルを伝えましょう。


2回目までなら大丈夫

何回から転職回数が多いと思われるかは、業界や採用担当者の感覚によって異なります。転職によるキャリアアップが当たり前の業界であれば、転職回数はそれほど気にされないでしょう。
そのうえで目安を示すとすれば、20代の転職は3回以上だと多い印象。転職理由を詳しく聞かれる可能性があるので、回答できるよう準備をしましょう。


転職理由が明確なら3回目も問題なし

転職理由に一貫性がある場合、回数が多くても面接官の理解を得られるでしょう。目的意識を持って転職している人は、仕事に対して前向きで、伸びしろがあると思われるからです。
転職回数で不利にならないためには、退職理由や転職先でやりたいこと、今後のキャリアプランを明確に示すことが大事。何となく転職を繰り返しているのではなく、目標に向けて行動している伝えましょう。


29歳が転職を成功させる6つのポイント

転職をする気があっても、「実際にどのよう対策を取れば良いのか分からない…」という方もいるようです。
ここでは、転職活動を始める前の準備と転職中の心構えを解説。転職エージェントの活用についても考えていきます。


1.自己分析をする

自己分析をして、自分のアピールポイントを抽出していきます。
まず、自分の性格や好きなもの、趣味や特技といったものを書き出してみましょう。さらに、学生生活、アルバイト経験、前職(現職)において、自分が好んで取り組んでいたことや、周囲から褒められたことも書き加えます。


次に、それらを通して得た経験や学びを考えてみましょう。
たとえば、サッカー部で活躍したことがある人は、「チームプレイが身についている」、接客業の経験がある人は、「コミュニケーションスキルが磨かれている」など。
このように分析していくと、自分の好みや強み、向き不向きなどが明らかになってきます。それをもとに転職先を探したり、自己アピールに盛り込んだりしてください。


2.視野を広げる

思い込みを捨てて新しいことに挑戦すると、チャンスが広がります。今の業界とはまったく違う業種でも、興味があれば候補に入れてはいかがでしょうか。未経験者歓迎の求人なら、経歴やスキルを気にすることなく、新たなチャレンジができます。
自分に対する固定概念にとらわれずに転職活動できるのも、29歳のうちがチャンスです。「転職したいけどやりたいことがない」という人は、視野を広げると意外な適職が見つかる可能性があります。


3.企業が求めていることを理解する

企業が掲げているビジョンや求めている人材について理解すると、自分が活躍できるか否かが見えてきます。
企業によっては経験やスキルに重きを置くところもあるでしょう。一方、個々人の意欲や将来性を重視する企業もあります。
企業理念やビジョン、求人内容などにしっかり目を通し、どのような人材が求められているのかを読み解いていきましょう。


4.とにかく多くの求人に応募する

少しでも興味や好感がもてる求人には、とにかく応募することが大切です。
「A社からもB社からも内定が出たらどうしよう」と心配になって、応募しようか迷う人もいるでしょう。しかし、応募しなければ採用されることもありません。活躍できるか否かも、実際に働いてみないと分からないものです。
もし、複数社から内定をもらった場合は、そのときにじっくりと吟味しましょう。


なかには、企業と自分とのミスマッチを心配する人もいます。もちろんそれは大切なことですが、心配のあまり、自分でチャンスを減らしてしまうのはもったいないこと。
頭で考え過ぎてしまう人は、「駄目だったら違う仕事を探せば良い」という気持ちで応募すると、転職成功につながることもあるようです。


5.大手にこだわらない

応募者数の多い大手企業にこだわると、なかなか内定が出ずに転職活動が長引くリスクがあります。「自分の実力からいって大手も射程内」であれば問題ありませんが、不採用が続く場合は方向転換を考えましょう。
そもそも、大手企業はイメージで志望する人が多いですが、大手だからといって働きやすいとは限りません。自分に合った職場を見つけるには、知名度や企業規模だけにこだわらず、仕事内容や社風に目を向けましょう。知名度が低い中小企業にも、優良企業はたくさんあります。


6.転職エージェントを利用する

求人探しや選考対策に不安がある人、第三者のアドバイスを聞いたうえで転職したい人は、転職エージェントを利用するのも良いでしょう。
転職エージェントでは、専任の担当者が希望をもとに求人を提案してくれます。さらに企業別の選考対策をしてくれるので、応募書類や面接をしっかり対策したい人におすすめ。
自分の強みが分からない人も、転職エージェントに行けば適切なアドバイスが得られます。


29歳で正社員になるのは難しい?

29歳まで正社員経験がなくても、適切な方法で求人を探せば正社員として採用される可能性は高まります。ここでは、29歳から正社員を目指す人へのアドバイスをご紹介。就活の参考にしてください。


若手を求める企業を探そう

29歳で正社員経験がない人は、スキルを武器に就職するのは難しいでしょう。そのため、「未経験者歓迎」の求人を中心に仕事を探すのがおすすめ。
若手を求める企業では、職歴がなくてもやる気がある人材を積極的に採用しています。入社後成長したいという姿勢を見せ、正社員採用を目指しましょう。


1日も早く就職活動を開始しよう

スキルがない状態では、年齢の若さが就職の武器になります。そのため、正社員経験がない人は1日も早く就職活動を始めましょう。すでに述べたように、29歳と30歳では、1歳だけでも印象が違います。就職を希望する人は今すぐ行動を起こして、20代での就職を目指してください。


自分に合った企業を見つけよう

正社員になることを目標に仕事を探すと、「就職できればどこでも良い」という発想になりがちです。しかし、自分に合わない職場は長く続きませんし、仕事にやりがいが感じられません。就職しても早期に離職し、フリーターに戻る恐れもあるでしょう。
就職を目指す人は、「正社員なら何でもOK」ではなく、自分に合った職場を見つけることが大切です。そのためには、応募前に自己分析と企業研究をしっかり行いましょう。


29歳が就職・転職しやすい仕事

29歳までの方が、職歴の有無に関わらず就職しやすい職種というものがあります。詳しく見ていきましょう。


営業職(ルートセールス)

得意先を定期的に訪問し、商品のリース交換やメンテナンスサービス、新商品の紹介などを行います。飛び込み営業がないため、営業経験がなくても挑戦しやすいのが特徴接客経験がある方や、車の運転が好きな方に向いているでしょう。


介護職

老人ホームなどの介護施設において、利用者さんが入浴や排泄、食事をする際に介助を行います。
介護職の求人は、未経験者でも比較的取り組みやすいものから、専門的な知識が必要なものまで幅広いのが特徴です。入職後の資格取得でスキルアップできる職種でもあります。


接客・サービス業(ホテル、飲食、小売)

旅館やホテル、飲食店、ショッピングセンター、結婚式場といった店舗や施設で、接客を行います。
人とコミュニケーションをとるのが好きな方、体を動かすのが苦にならない方に適した職種です。また、お客さまから直接お礼を言われる機会が多いため、やりがいを感じながら勤務できるでしょう。


工場の作業員

工場内で、縫製や組み立て、調理補助、検品などを流れ作業で行います。
学歴を問われることが少ないため、就職しやすい職種です。また、大手企業の傘下に入っている工場も多く、福利厚生が充実しているというメリットもあります。


タクシードライバー

タクシーに乗車されたお客さまを、目的地まで車でお連れする仕事です。
普通自動車免許の取得が必要ですが、年齢や性別に関係なく活躍できる傾向にあります。車の運転が得意な方や人と話すことが好きな方に適した職種です。


配送ドライバー

自社もしくは委託先と取引がある企業、コンビニ、スーパーなどへ車で商品を届ける仕事です。
あらかじめ決められた順序で配送するため、地理に不案内な方でも慣れやすいでしょう。また、主に1人で行動するので、人への気疲れが少ない職種だとも言えます。


IT関連(プログラマー、SE)

主に、PC機器のハードウェアやソフトウェアの開発を行っています。
ウェブサイトやアプリの制作をすることもあり、スキルに合わせて幅広く活躍可能です。また、ブラッシュアップが図りやすいジャンルだとも言えます。


29歳のうちに就職・転職するメリット

ご説明したように、29歳は年齢的にも若く、就職・転職に有利なタイミング。29歳までならば、未経験でチャレンジできる業種もあり、初めての就職やキャリアチェンジが図れます。
ここでは、29歳のうちに就職・転職する具体的なメリットについて確認していきましょう。


金銭的な余裕ができる

会社員の給与額は、勤続年数や年齢、能力、最終学歴、雇用先の経営状態などによって、個々人に差が生じます。仮に、家族を養っている人が30歳代後半で転職した場合、必ずしも十分な生活ができる給与がもらえるとは限りません。


しかし、若いうちに就職・転職すると、年齢に比例して給与もコンスタントに増えていく可能性が高いです。転職後、順調に実績を積み重ねていけば、年齢やライフイベントに応じた金額を得られるでしょう。


仕事・人間関係を通して成長できる

29歳までに就職・転職し、しっかりと働くことで、若いうちから責任感が身に付けられます。また、周囲の人との関わりや仕事を通して、自己成長を図ることもできるでしょう。


職場に慣れるのが早い

30歳以上になってからの就職・転職は求人数が少ないばかりか、新しい環境に馴染むのに時間がかかるようです。
環境への適応力はその人の性格によりますが、一般的には年齢が若いほど適応が早いといわれます。適応能力が高いうちに就職・転職する方が、本人にとっても苦労が少ないでしょう。


社会的信用を得られる

非正規から正社員に就職できた場合、収入面はもちろん社会的な信用を得られることもメリットです。住宅の賃貸契約、大型家電や車などのローン審査が通りやすくなるため、将来的なビジョンが描きやすくなります。


さまざまな出会いがある

社会に出ると、上司や同僚、取引先など、さまざまな人に関わる機会が増えます。性別・年齢・出身地・信条・職業などの違いを通して、あなた自身の視野も広がるでしょう。


29歳は即戦力・ポテンシャルの両方を備えた転職に有利な年齢。正社員就職を目指す方も、20代の若さを武器にできる最後の時期です。
29歳での就職・転職を目指す方は、若年層の就職・転職支援を行うハタラクティブにご相談ください!ハタラクティブではカウンセリングのうえでその方に合った求人を提案。応募企業が決まったら、企業別の選考対策をマンツーマンで行います。
30歳を前に新しい仕事を見つけたい人は、ハタラクティブのアドバイザーと一緒にチャレンジしましょう!

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる